脱毛ワックスを使って、デリケートゾーンのムダ毛を処理するおすすめの方法

デリケートゾーンのムダ毛を脱毛するためのワックスの使い方についてです。この方法では、ムダ毛に付着するワックスの特性を利用します。まず処理したい部位にワックス脱毛の施術を行います。その後、シートをはがすだけでムダ毛が一気になくなり、自宅でも簡単にムダ毛処理することができます。ワックストリートメントの多くはオーガニック成分を含んでおり、肌に刺激を与えることなく脱毛することができます。また、毛根からムダ毛を取り除くことができるので、肌触りも抜群です。ただし、永久脱毛の効果はないため、2?3週間程度でムダ毛が再生され、定期的なお手入れが必要になります。

1.ワックスの硬さ

ワックスの硬さを気にしてみましょう。ワックスは温度によって硬さが変化するので、温かいと柔らかくなり、冷たいと硬くなります。柔らかすぎるワックスでは毛に絡みつく力が弱まり、望ましくない毛を処理する効率が落ちてしまいます。そのため、水あめほどの硬さが理想的です。室温に合わせて、ワックスを冷蔵庫内で冷やしたり、ホットカーペットの上で温めるなど硬さを調節してから使うとよいでしょう。

2.毛の長さ

毛の長さを整えてから、ワックスをつけてください。毛が長すぎると上手くつけることが出来ず、良い効果を得られません。また、短すぎてもいけません。ワックスが上手く絡まらないのです。最低でも1センチは必要なので、初めは2センチほどに整えて使用するのが良いでしょう。

3勢いよく剥がす

シートを剥がす際の痛みを気にして恐る恐る剥がしてしまうと、脱毛の効果は期待できません。一気に剥がすことで痛みも軽減されます。シートは上方向ではなく、肌と平行に、毛の流れに逆らうようにはがすのがコツです。ぜひ、これらを参考に、より効果的に脱毛できるワックス脱毛にチャレンジしてみてください。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました