脱毛当日の注意点とは?

脱毛施術の当日は、シャワーだけで

汗をかくからお風呂に入りたいという人も、シャワーを浴びるだけにすることを強くおすすめします。脱毛することで肌が荒れてしまうことがあるからです。ここ数年、肌を傷つけない脱毛方法が開発されています。それでも、肌へのダメージは完全になくすことはできません。脱毛すると、肌はとても傷つきやすく、小さな傷でも炎症やかゆみなどの症状が出ることがあるのです。

脱毛施術当日にお風呂に入らない方がいい理由

湯船につかると、身体が温まりますね。しかし、施術後はそれが悪影響になってしまいます。体温が上がることで、肌がかゆくなる可能性があるからです。また、かゆいからと肌を掻いたり、こすったりすると、肌を傷つけてしまいます。脱毛後に保冷剤で肌を冷やすのは、肌のかゆみや赤みが抑えられるからです。ですから、湯船に浸かるのはよくありません。ただし、水やぬるめのシャワーでしたらOKです。ただし、体を洗うときは、あまりゴシゴシと強く洗わないようにしてください。その代わり、手で泡を転がすようにして体を洗ってください。原則として、治療当日だけ気をつけていただき、翌日からは通常通り入浴していただいて結構です。翌日以降も赤みやかゆみ、腫れが引かない場合は、数日間シャワーのみで済ませた方がよいでしょう。
エステサロンで脱毛をしようと考えたとき、どの方法で行うかを決める必要があります。主に使われているレーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、どちらも同じところで出来るわけではなく、脱毛の仕方が違うので、カウンセリングに行く前にいろいろと調べておくと良いでしょう。この文章では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについてご紹介します。

ケノンを使えば自分の好きな時間に脱毛することが可能

エステサロンでの脱毛は仕上がりがキレイですが予約が取りにくい、もし予約が取れても当日急に都合が悪くなったりすることもあり得ます。せっかくの海水浴のために脱毛しようとしているのに時期に間に合わなかったら元も子もありません。ケノンなら自宅で好きな時間に脱毛できますし、予約する必要もありません。営業時間を考えることなく、自分の毛周期に合わせて脱毛を完了することができるのでエステサロンよりも早く処理できるのが大きな魅力です。

脱毛サロンへ行こうと決めたなら

脱毛サロンへ行く前日か2日前までに自己処理をしなければなりません。VIOラインの脱毛を受ける場合は是非自分でデリケートゾーンの処理をしていきましょう。ただ、背中や腰、I.Oラインなど自己処理が難しい部位は当日にシェービングしてくれることもありますが、サロンの中には剃り残しがあるとそこだけ脱毛できないこともあります。またサロンによっては、シェービングが有料になることもあるので是非事前に確認しておきましょう。
今回は脱毛サロンで行われる全身脱毛の技術や特徴、施術の流れについてご紹介させていただきました。光脱毛には2つの形態がありそれぞれの特徴を知ったことでさらに理解を深めていけたと思います。おさらいをしますと、毛根に直接働きかける結果、「I.P.L.テクニック」の方が効率的であり、肌への影響も嬉しいという事でしたね。
サロン選びの際に特に痛みについての不安が強い方は事前のカウンセリングで体験しておくとより安心できるかもしれません。今回の記事を参考に自分にあったサロンを選んで、全身ツルツル肌を楽しみましょう。
最近のサロンでは、手ごろな価格でできるということでわき脱毛が人気です。ただし、その効果を感じられるまでには少し時間が必要なようです。そこで変な誤解をしてサロンとの関係が悪くなることを避けるためにも、わき脱毛の効果を実感できるまでに必要な期間について確認しましょう。

安さにひかれて行ったはずが……。

まずは、A子さんが体験した脱毛サロンでのお話をご紹介します。ある日、家のポストに入っていた脱毛サロンのチラシに興味を持ったA子さん。そこには、『全身脱毛定額制』と書かれてありました。こんなチャンスを逃す手はない!と早速翌日のカウンセリングを予約しました。当日、訪問したそのサロンは小さなマンションの一室にありました。まずは脱毛したい箇所や希望の仕上がりについてカウンセリングで聞いてみようと思っていたA子さんですが、いざ始まってみると支払い方法やグレードアッププランの話ばかり聞こえてきます。チラシには『全身脱毛定額制』と書いてあったのに、実際は脱毛完了までにパーツごとにいくつかの代替えプランの追加が必要だと言うのです。これでは安心して通うことはできません。

脱毛の予約日に生理が重なった場合は

ご来店当日に生理が始まることが分かっている場合は、前日までに連絡すれば、ご予約をキャンセルすることができます。当日キャンセルの場合、キャンセル料がかかるのかなど、詳細はサロンに確認しましょう。ご予約の際は、生理が来そうな日はなるべく避けてください。

脱毛前に保湿は必要?

治療後の保湿アフターケアの意義については、ご理解いただけたかと思います。では、脱毛を受ける「前」に肌の保湿をしなくても問題ないのでしょうか?実は、施術後だけでなく、施術前にも保湿をすることが望ましいのです。これには2つの要因があります。1.脱毛施術の効果を高めるため。1つ目の理由は、脱毛前に肌が乾燥していると、レーザーが毛根に届きにくくなり、脱毛施術の効率が下がるからです。サロンによっては、肌が乾燥した状態ですと施術を断られる場合もあるほどです。2.痛みを軽減するため。乾燥肌の状態ではレーザーによる痛みがより強く感じられるケースがあります。ほとんどのサロンでは、施術前後のケアの方法を説明・アドバイスしてくれるので、きちんと指導を受け、施術が終わったときには確実に「ツルツル肌」を手に入れられるようにしましょう。
まず言えることは、エステ脱毛の施術を受けた日はお風呂に入ってはいけないということです。シャワーのみにしてください。エステサロンに行くと、脱毛当日はお風呂に入らないようにと言われることが多いのですが、これは脱毛クリニックのルールにも書かれていることです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました