脱毛器ケノンとは

脱毛は女性にとって面倒なものですが、身だしなみとしては怠ける訳にはいかない大事なことですよね。
最近ではエステサロンでの脱毛もだいぶリーズナブルになってきましたし、格安の脱毛サロンも登場しています。
庶民も気軽にサロンで脱毛できる時代になったものの、なかなかサロンの予約が取れないケースもあるようです。
また、お仕事や育児でお忙しい方は、サロンに行く時間が作れないという方もいらっしゃいます。
脱毛サロンやエステに通って施術を受けることがなかなか難しい場合、やはり、頼りになるのは、家庭で使える脱毛機でしょう。
最近ではプロ並の効果が期待できる家庭用脱毛器も登場しています。
家庭用脱毛器で売れ筋のあるなかでも「ケノン」の人気は高いようです。
以前のバージョンから、その効果の高さで注目されていた「ケノン」ですが、さらにバージョンアップし、話題になりました。
使いやすさそのままで、効果がさらにアップし、強力なパワーで頑固な剛毛も処理する事ができます。
どのようにバージョンアップしたのかと言えば「ケノン」のカートリッジのショット数が増えた事でしょう。
ショット数が、これまでの最大、13万2千発だったものが16万発と数段も上がりました。
ショット数が増えたということは、1発の単価が下がるということです。
1発あたり0.05円だったものが0.048円になりました。
ケノンで全身脱毛をしようとすれば、かなりのショット数が必要ですから、その分、お得になったことになります。

ユーザーのことを考え、たびたびのバージョンアップをしているケノンは素晴らしい脱毛器だと思いますし、愛用者が多いことも納得です。
バージョンアップしたケノンは、さらに脱毛の際の照射範囲も広がりました。
ケノンの照射面積は世界最大サイズとなっています。
一回で照射できる面積は3.7センチの2.5センチほどで、脇の脱毛程度でしたら、ケノンのエクストララージカートリッジを使えば、照射はわずか3カ所で済むほどです。
夏は脇の脱毛はマメに行いたいものですから、これだけ手軽な家庭用脱毛器があると便利ですよね。
脱毛効果が高いケノンを使えばあっという間に終わりますので、面倒だと感じないでしょう。
もちろん脱毛にはクーリング処理も大切ですので、最初と最後のクーリングはしっかり行いましょう。
そうは言っても、全身を短時間でつるつるにすることはできません。
全身にむだ毛がなくて、つるつるの肌になるためには、むだ毛の生える周期を理解し、その周期に合わせて、ケノンを使います。
ケノンは効果が高い脱毛器ですが、ケノンを使えば、すぐにピカピカの肌になるわけではなく、肌の下に眠っている毛が出て来たときに合わせて何度か脱毛しなければなりません。
だいたい2週間くらいで次のむだ毛が出てくるので、その間隔でケノンを5回くらい照射すると脱毛効果も出てくると言われています。
むだ毛の周期は4週間から6週間と言われています。
特に成長期の段階はメラニン数値が高くなっているので、フラッシュ脱毛としては最も効果的なのです。

脱毛器のケノンを使い続けていると、そのうち毛が細くなったり量が減ったりして効果を感じられることでしょう。
また、ケノンを使っても次の毛が出てくる事は当然であり、フラッシュ効果が届いていない休止期だった毛が出て来たということです。
そこで勘違いして「ケノンは効果がない」と思わないように注意しましょう。
また、ケノンは脱毛で開いてしまった毛穴にも効果的で、だんだんと毛穴が締まり、肌のきめも整ってきます。
そもそも、ケノンなどのフラッシュ脱毛器が効果を出せる毛は全体の20パーセント程度ですから、すべてのむだ毛に効果を出すまでは時間がかかるのです。
ですから、ケノンは継続して使うことが大事で、続ける事によって、むだ毛のないきれいな肌になることができます。
それから、むだ毛は部位によって生える周期が違っているので、それを知った上で効果的な使い方をしてほしいと思います。
周期を知らずに、毎日、ケノンで照射しても脱毛効果が高くなる事もなく、状態も特に変わりませんから、カートリッジを無駄に使うことになってしまいます。
家庭用脱毛器を使う際は、まず、むだ毛の生えてくる仕組みを知っておくことは、正しく使用するためにも必要な事です。
そうしないと、使っているうちに不安になってやめてしまうこともあり、また、信頼して使い続ける事も難しくなってしまうからです。
せっかくの効果のある脱毛器でも使い方を間違っていたらもったいないですよね

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました