脱毛サロンと医療機関の違いとは

永久脱毛を考えたときに多くのかたが迷うのが、脱毛してもらう部分、そして脱毛サロンにしようか、それとも医療機関でやってもらおうか、ということでしょう。
多くの女性は、まず「ワキ」から処理したいと思うのですが、ワキを行ったところで引き続き他の部位もやってしまうケースが多いので、やはり最初が肝心であるとも言えます。
本気で永久脱毛を考えたことのあるかたは、すでにこの両者の違いをわかっていると思いますが、まだ漠然としか考えていないかたは、そこまで調べていない場合もあると思います。
ですので、今回は両者の違いを簡単に説明してみようと思います。
ちなみに、エステティックサロンで脱毛も行っているところは、脱毛サロンに含みます。
何故なら、使用している脱毛機器が同じか、もしくは同等のものだからです。
さっそくですが、それが一番大きな違いなのですが、脱毛サロンではレーザーを使用することが出来ないので、レーザーでの脱毛を望むかたは、医療機関しか選択肢がありません。
レーザーではなくとも、フラッシュ脱毛でも脱毛さえきれば良いというかたは、他の違いも考慮して、どちらかを選ぶことが可能です。
他の違いというのは、医療機関には医師が常駐していて、医師の管理下のもとで脱毛が行われるということです。
施術をするのは、大概、看護師さんです。
脱毛サロンの場合には、医師がいませんし、施術するのは脱毛の専門技術を学んだ一般のかたか、エステティックサロンであれば、エステティシャンです。
たとえば、お肌に何かあった時に対処してくれる専門家はいません。
そのため、出力の弱いフラッシュ脱毛を行っているわけでもありますし、また、この脱毛法になってから、脱毛サロンのトラブルは激減したのも事実です。
レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛に比べて回数は少なくてすみますが、その分、料金は高めです。
現在の両者の違いは、これくらいでしょうか。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました