脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介!

脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介します。ムダ毛の処理には様々な方法があり、シェーバーやカミソリによる自己処理から、エステサロンや医療クリニックでの本格的な施術まで多岐に渡ります。その中でも、近年徐々に人気を集めている脱毛方法が、”ハレンチ肌脱毛 “です。この方法は、一体どのようなものなのでしょうか?

「ハイパースキン脱毛」とはどのようなものでしょうか?

これは、今までクリニックやエステサロンなどで施術されてきた脱毛方法とは異なる、新しい方法です。従来の脱毛は、医療レーザーも光(フラッシュ)脱毛もニードル脱毛もすべて、「毛乳頭」という毛根部分に光や電気の熱を当ててダメージを与え、脱毛するというしくみです。毛の生える周期でいうと、毛根が元気な状態にある「成長期」に施術しなければほとんど効果がありません。そのため2?3ヵ月程度の間隔を空けて施術しなければならず、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまうのが普通です。つまり、今生えている毛の根元を破壊して、少しずつムダ毛が生えてこないようにアプローチするわけです。ところが「ハイパースキン脱毛」は、これから生えてくる毛の種ともいえる「発毛因子」に光を照射します。毛の細胞分裂を抑えることによってムダ毛が生えるのを防ぐのです。見た感じでは施術は光(フラッシュ)脱毛などと変わらないのですが、従来の脱毛方法のように熱をほとんど発生させないので、痛みやヤケドのようなリスクがありません。

ハイパースキン脱毛の特徴・メリット

“ハイパースキン脱毛 “の最も決定的なメリットは、”痛くない “ということです。熱を発しないため、他の脱毛とは異なり、不快感を伴うことがありません。最も痛みの少ない光(フラッシュ)脱毛でも、V・I・Oラインなどの脇毛が濃く敏感な方や、皮膚が薄い方は、不快感を感じる方が多くいらっしゃいます。その点、ハイパースキン脱毛は違和感がありませんので、気兼ねなく施術を受けていただくことができます。

肌へのダメージが少ない

光を照射したり、針で電気を伝えたりして毛根を熱する従来の脱毛方法は、肌にダメージを与え、不快感や炎症を起こすことがあります。ハイパースキン脱毛は、光線を照射しても熱を発生せず、有害な光線を除去するフィルターが装着されているため、肌へのダメージが少ないのが特長です。そのため、若い人や敏感肌の人、アトピーや肌が荒れている人でも安心して施術を受けることができます。

産毛でもきちんと脱毛の効果が得られる

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する光を照射することにより、毛穴の奥の毛根にダメージを与えるものです。そのため、産毛のような細くて色の薄い毛には、効果的とはいえません。ハイパースキン脱毛は、その点で「発毛因子」つまり「毛の種」に作用し、細い毛や薄い毛であってもきれいな脱毛が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みもないので、特におすすめの部位は『顔』です。デリケートで痛みを感じやすい『顔脱毛』は産毛の処理も手間がかかります。
これまでの脱毛施術は、脱毛効果を十分に発揮するために毛の成長サイクルのうち「毛根の成長期」に合わせて施術を受ける必要がありました。そのため、これまでの方法では施術に時間がかかり、終了するまでに何年もかかることがありました。しかし、ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛方法とは異なっているため、施術間隔を最短にすることができます。施術間隔が約3週間と短く、短いスパンで集中して施術を受けることが可能です。施術を始めてから、できるだけ早く脱毛効果を実感したい方におすすめの方法です。
いかがでしたか?今回は新しい脱毛法、「ハイパースキン脱毛」をご紹介しました。従来の脱毛方法では難しかった、敏感肌・肌トラブルに悩む人やお子さんにも安心して施術できる方法のようです。まだ取り扱っているエステサロンが少なく、通常のエステサロンのフラッシュ脱毛などよりも費用が高めであるというデメリットはありますが、今まで脱毛できなかった人でも利用できるのは嬉しいですね。体験脱毛などを活用して自分に合うかどうかしっかり試してみましょう!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました