脱毛を始める前に毛周期について理解しよう!

毛周期

毛には「成長期」と「退行期」、「休止期」という3段階の生まれ変わりのサイクルがあります。エステ脱毛と医療脱毛いずれも、この毛の性質を理解した上で施術を受けなければなりません。脱毛処理できるのは「成長期」の毛だけです。この時期に潜在していた毛はしばらくするとまた生えてきます。つまり、このサイクルに合わせて数か月に一度のペースで、何度か脱毛の施術をする必要があります。これは、医療レーザーのワキ毛脱毛も同様です。

脱毛サロン通いは1回では終わりません

脱毛サロンに通えば、すぐにムダ毛なしのツル肌になると思っている人は多いようですが、体毛には毛周期というものがあり、施術で処理できるのは、「成長期」にある毛だけです。このため数回にわたって行う必要があり、一般的にサロンに通うペースは2~3ヶ月に一度のペースで通うことになります。

フラッシュ脱毛(光脱毛)について

IPL(Intense Pulsed Light)などを用いて光を照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを活性化させて脱毛を促すことで、フラッシュ脱毛を実現することができます。サロンによって、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。レーザー脱毛よりも出力が低く、肌への当たりがソフトで、痛みが少ないことが、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛の違いです。ところで、毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階からなるサイクルを経ており、これを「毛周期」と呼んでいます。毛が成長する成長期に治療を行うため、2~3カ月に1回のペースで治療を受ける必要があります。この施術を約1~2年行うことで治療が終了します。レーザー脱毛に比べ、フラッシュ脱毛は弱い光を使用するため、研修を受けたエステティシャンであれば誰でも施術を行うことが可能です。

医療レーザー脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は、皮膚表面の黒い色素(メラニン)にのみ反応するレーザー光を照射し、毛穴の中の毛の黒い部分(黒色)に反応させます。レーザーの熱で毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛を永久的に除去する仕組みになっています。そのため、毛が細く薄い場合よりも、太く黒い毛の方が効果が大きいと言われています。これは研究でも裏付けられています。毛周期に合わせて決められた回数の施術が必要ではありますが、エステサロンよりも少ない施術回数で済みます。正しく処理すれば、ほとんどの場合、毛は完全に生えなくなり、その結果、肌は滑らかでつるつるの質感になります。レーザー脱毛は医療行為であるため、皮膚科や美容クリニックでしか行えません。

光脱毛のデメリット

・脱毛を完了させるためには、時間と回数が必要
・脱毛の効果は、エステサロンや施術者により大きく異なる。

いかがでしたでしょうか?クリニックでしか受けられない脱毛と、エステや脱毛サロンで受けられる脱毛の区別や、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。毛の種類や肌の性質も様々で、どの程度の体毛を取り除きたいかということも人それぞれです。エステサロン、クリニックどちらにしても、それなりの額の施術費が必要になりますから、それぞれの利点を比較検討して、自分の条件に一番合う脱毛技術を選ぶことがポイントです。

結婚式の披露宴に肌を露出した服を着たい! 海水浴や温泉にも行けるようにツルツル肌になりたい! そんな時は、自宅での脱毛よりもプロによる脱毛をおすすめします。一方、脱毛は毛周期を考えて時間を選ばないと、効果が出ません。結婚式や休日の予定がある場合、脱毛サロンに通うのはいつが理想的なのでしょうか?

脱毛のタイミングと毛周期の長さ

「毛周期」とは、体毛に起こる発毛のサイクルのこと。サロンでは、この毛周期に合わせて脱毛を実施しています。毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。サロンでの脱毛は、成長期にある毛に効果があります。手や足の毛の再生には平均3~5ヶ月かかると言われています。人によって、年齢によって、部位によって、毛周期はそれぞれ異なります。そのため、適切な時期に脱毛治療を受けないと、肝心な時に美肌になれないということもあり得ます。毛を完全に除去してしっかり処理できるようになるまでには、何度も脱毛サロンに通う必要があります。しかし、結婚式や旅行などのイベントに合わせて、タイミングよく脱毛をしなければならない場面もあります。そんなとき、1回の施術でツルツル肌を実現できる可能性があります。しかし、難しいのは、いつ脱毛するかということです。脱毛のスケジュールは、イベントのだいたい3~4週間前に決めておくと、余裕を持って施術を受けることができます。レーザー脱毛と光脱毛、どちらの方法で施術を受けるかにもよりますが、約2週間後に毛が抜けてきます。逆に言えば、イベントの3~4週間前にサロンに通えば、イベント時にはきれいなツルツルの肌になっているということです。
この記事では、脱毛する前に知っておきたい、毛周期についてご紹介します。サロンでの脱毛は、1回の来店で完了するわけではありません。すべての毛を処理するためには、何度も通う必要がありますが、それは毛が生えてくる周期である「毛周期」に関係しているためです。
毛周期によって、脱毛のペースなども影響してきますから、理解しておくといいですね。

ヘアーサイクルとは

私たちのヘアーサイクルは、「毛周期」と呼ばれています。毛周期に関しては、大きく分けて3つの段階があります。「発育期」は、毛が発育する時期です。皮膚の下で毛母細胞が分裂を始め、新しい毛が生えます。その毛は、毛細血管から栄養を吸収しながら、上へ上へと成長していきます。「後退期」は、毛母細胞の分裂が止まるため、毛の発育が止まります。毛穴の組織と毛のつながりが切れ始めるため、毛が切れたり抜け落ちたりします。「休止期」は、毛の発育が止まる時期です。3つのヘアーサイクルの中で「発育期」に脱毛すると最も高い脱毛効果を得られます。 

身体の部位によって異なる毛周期

体毛には毛周期というものがあり常に生え変わっています。成長期にはムダ毛を処理しても、毛母細胞が活発なためすぐに生えてきます。毛周期は、身体の部位によって少しずつ異なります。個人差や年齢差はありますが、頭髪は体の部位の中で最も毛周期が長く、生え変わるまでに何年もかかると言われています。逆に眉毛やまつ毛は毛周期がとても短く、およそ2カ月で生え変わります。手や足の毛は3~5カ月で生え変わると言われています。そのため、顔と体の両方を同時に脱毛した場合でも、顔のうぶ毛の方が早く生え始めることがあります。脱毛サロンで使用するレーザーや光脱毛は、一部を除き成長期の毛しか処理できません。休止期の毛には効果がないので、1回の脱毛施術ですべての体毛を処理するのは不可能なんです。そのため、サロンでの脱毛は、毛周期に合わせて複数回行う必要があります。

ケノンを使えば自分の好きな時間に脱毛することが可能

エステサロンでの脱毛は仕上がりがキレイですが予約が取りにくい、もし予約が取れても当日急に都合が悪くなったりすることもあり得ます。せっかくの海水浴のために脱毛しようとしているのに時期に間に合わなかったら元も子もありません。ケノンなら自宅で好きな時間に脱毛できますし、予約する必要もありません。営業時間を考えることなく、自分の毛周期に合わせて脱毛を完了することができるのでエステサロンよりも早く処理できるのが大きな魅力です。

ワキ脱毛は好きな時に通えないの?

ワキ脱毛は、早く脱毛したいからサロンに頻繁に通えばいい、という訳にはいきません。それぞれ各サロンによって若干の違いがありますが、一般的には2~3か月の間隔をあけて施術を受けることになります。なぜそのような長い期間を開けるべきなのでしょう?それは「毛周期」という毛が生え変わるサイクルと関係があります。

ワキ脱毛は毛周期に合わせて脱毛

機器による脱毛をする際重要なことは「毛が生える周期」に合わせて施術することです。効果があるのは、毛周期の中でも最も細胞分裂が活発な「成長期」のみ。脱毛機器により、ワキ毛の毛根にある「毛母細胞」という部分に光を照射し、メラニン色素という黒い色素のみにダメージを与えて毛根を破壊します。ところが、成長期以外の毛根はその色素が薄くなっていて効果が出にくくなってしまいます。このことは、脱毛サロンでもクリニックでも同じです。毛周期は部位によって異なるのですが、ワキの場合は2~4ヶ月だと言われています。どんなに早く脱毛したいからといっても、ワキの毛周期に合わせて施術しなければ適切な効果が得られません。毛周期は人によって差があるのでスタッフと相談しながら施術してください。

ワキ脱毛にはどの程度の期間が必要なのか?

通常、エステサロンで使用している脱毛機器は医療用のものに比べ、出力が弱く抑えられているため、より多くの時間を必要とします。
ムダ毛が目立たず薄くなるまでには10回程度の施術が必要になり、期間にすると1年半から2年程度。完全にワキ毛を脱毛したいと考えるのでしたら15~18回程度、約2年半から3年以上はかかる計算になります。
ただし、毛周期や毛質など個人差があるため、完了までに必要な期間が前後しますので、あくまでも目安の一つとして捉えてください。

サイクルを守ってキレイにワキ脱毛を体験しましょう

いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンに通う前に知っておくと役に立つ基礎知識についてまとめました。自己処理に慣れてきた人にとってサロンでの脱毛は、時間がかかるし、好きな時に通えないので不便に感じるかもしれません。脱毛10回コース の場合、毎月通って10ヶ月で完了する!と自分で思い込んでいるかもしれません。ところが脱毛機器でワキ脱毛をする場合、ムダ毛の生えてくる“毛周期”を無視して頻繁に通っても効果がないばかりか肌にダメージを与えてしまいます。脱毛は、体内の細胞分裂が最も盛んな“成長期”にしか効果がありません。焦る気持ちは分かりますが、毛周期に合わせて間隔を空けてつるつるすべすべのワキを手に入れましょう!
脱毛サロンで全身脱毛をする場合、いくつかの方法と特徴があります。あなたはいつもサボることなく、ムダ毛の処理ができていますか?肌の露出が少なくなる季節に、見えないからとムダ毛処理をサボっていたら、急なお泊まりや暑いからと服の袖をまくり上げた時に、ムダ毛処理を忘れていた!と恥ずかしい思いをしたことはありませんか?他にもムダ毛処理をサボったことで、恥ずかしい経験をしたことがあると思います。最近は脱毛サロンの料金もリーズナブルになったので、全身脱毛にトライしてみたい人も多いでしょう。そんな人のために、脱毛サロンの特徴や脱毛方法についてまとめてみました。

わき毛脱毛を目的としたサロン通いは継続しないと効果がありません

1回目の施術後、おおよそ1週間から2週間で大量に毛が抜け落ちます。しかし毛には毛周期というものがあり、ここでは表面的、すなわち皮膚上に生えている毛が抜けているだけなのです。ですから皮膚の下にある毛にも脱毛施術が必要です。

ワキ毛を完全に脱毛するには、最低でも1年かかります

大多数の方は、およそ6回の施術で脱毛が完了するそうです。そのため、ほとんどのエステサロンでは、脱毛コースに最低6回は通う必要があります。では、なぜ期間が1年かかるのでしょうか?毛周期に合わせて施術を行った場合、1回の施術から次の施術まで大体2ヶ月ほどかかります。その結果、人は毎年最大6回までしか施術を受けることができません。
これまで面倒な「ムダ毛の自己処理」を長い間繰り返して、もういい加減にこの終わりのない重労働から解放されたい、なんて思ったことはありませんか?
誤ったムダ毛の処理方法で肌荒れや色素沈着を起こし、最終的に黒ずみになってしまうなんて絶対に嫌ですよね。
そんな悩みを抱えているのが嫌で、思い切って脱毛サロンに初挑戦してみたい!と考えている方も居らっしゃるのではないでしょうか。
しかし、決死の覚悟をもって脱毛サロンに初来店したものの、いわゆる「脱毛の施術前のお約束事」を知らなかったせいで、施術を拒否されてしまった!なんて方も実際いらっしゃるようなのです。
そこで今回はそんな悲しい結末にならないように、大事な「脱毛の施術前のお約束事」の中身についてご紹介させていただきたいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました