脱毛の際の自己処理とは?

自己処理について

利点としては、いつでも思った時にできることが挙げられます。欠点としては、道具、方法、手間に関して挙げられます。道具に関してはカミソリやシェーバーなどでの肌トラブルの恐れがあります。方法に関しては埋没毛が生じたり、傷による色素沈着が起こる恐れがあります。手間に関しては生えてきた毛を処理する作業を延々と繰り返す必要があります。

サイクルを守ってキレイにワキ脱毛を体験しましょう

いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンに通う前に知っておくと役に立つ基礎知識についてまとめました。自己処理に慣れてきた人にとってサロンでの脱毛は、時間がかかるし、好きな時に通えないので不便に感じるかもしれません。脱毛10回コース の場合、毎月通って10ヶ月で完了する!と自分で思い込んでいるかもしれません。ところが脱毛機器でワキ脱毛をする場合、ムダ毛の生えてくる“毛周期”を無視して頻繁に通っても効果がないばかりか肌にダメージを与えてしまいます。脱毛は、体内の細胞分裂が最も盛んな“成長期”にしか効果がありません。焦る気持ちは分かりますが、毛周期に合わせて間隔を空けてつるつるすべすべのワキを手に入れましょう!
脱毛サロンで全身脱毛をする場合、いくつかの方法と特徴があります。あなたはいつもサボることなく、ムダ毛の処理ができていますか?肌の露出が少なくなる季節に、見えないからとムダ毛処理をサボっていたら、急なお泊まりや暑いからと服の袖をまくり上げた時に、ムダ毛処理を忘れていた!と恥ずかしい思いをしたことはありませんか?他にもムダ毛処理をサボったことで、恥ずかしい経験をしたことがあると思います。最近は脱毛サロンの料金もリーズナブルになったので、全身脱毛にトライしてみたい人も多いでしょう。そんな人のために、脱毛サロンの特徴や脱毛方法についてまとめてみました。

脱毛サロンへ行こうと決めたなら

脱毛サロンへ行く前日か2日前までに自己処理をしなければなりません。VIOラインの脱毛を受ける場合は是非自分でデリケートゾーンの処理をしていきましょう。ただ、背中や腰、I.Oラインなど自己処理が難しい部位は当日にシェービングしてくれることもありますが、サロンの中には剃り残しがあるとそこだけ脱毛できないこともあります。またサロンによっては、シェービングが有料になることもあるので是非事前に確認しておきましょう。
今回は脱毛サロンで行われる全身脱毛の技術や特徴、施術の流れについてご紹介させていただきました。光脱毛には2つの形態がありそれぞれの特徴を知ったことでさらに理解を深めていけたと思います。おさらいをしますと、毛根に直接働きかける結果、「I.P.L.テクニック」の方が効率的であり、肌への影響も嬉しいという事でしたね。
サロン選びの際に特に痛みについての不安が強い方は事前のカウンセリングで体験しておくとより安心できるかもしれません。今回の記事を参考に自分にあったサロンを選んで、全身ツルツル肌を楽しみましょう。
最近のサロンでは、手ごろな価格でできるということでわき脱毛が人気です。ただし、その効果を感じられるまでには少し時間が必要なようです。そこで変な誤解をしてサロンとの関係が悪くなることを避けるためにも、わき脱毛の効果を実感できるまでに必要な期間について確認しましょう。

ワキ毛を完全に脱毛するには、最低でも1年かかります

大多数の方は、およそ6回の施術で脱毛が完了するそうです。そのため、ほとんどのエステサロンでは、脱毛コースに最低6回は通う必要があります。では、なぜ期間が1年かかるのでしょうか?毛周期に合わせて施術を行った場合、1回の施術から次の施術まで大体2ヶ月ほどかかります。その結果、人は毎年最大6回までしか施術を受けることができません。
これまで面倒な「ムダ毛の自己処理」を長い間繰り返して、もういい加減にこの終わりのない重労働から解放されたい、なんて思ったことはありませんか?
誤ったムダ毛の処理方法で肌荒れや色素沈着を起こし、最終的に黒ずみになってしまうなんて絶対に嫌ですよね。
そんな悩みを抱えているのが嫌で、思い切って脱毛サロンに初挑戦してみたい!と考えている方も居らっしゃるのではないでしょうか。
しかし、決死の覚悟をもって脱毛サロンに初来店したものの、いわゆる「脱毛の施術前のお約束事」を知らなかったせいで、施術を拒否されてしまった!なんて方も実際いらっしゃるようなのです。
そこで今回はそんな悲しい結末にならないように、大事な「脱毛の施術前のお約束事」の中身についてご紹介させていただきたいと思います。

美容脱毛を受ける前に、ムダ毛を自己処理した方がいいのでしょうか?

これは「YES」です。むしろ、しなければなりません。初めて脱毛サロンに行く場合、大抵はまず無料カウンセリング を受けることになります。気になる部分についてや、費用はどれくらいかかるのか、どんなコースがあるのかなどを、このカウンセリングで質問できます。その結果に納得いったら契約を結ぶ形となります。サロンでは通常、独自の機器で照射するのはムダ毛の根元だけで、根元から生えている毛は施術の妨げになると、担当者から説明があります。その為、施術前に自分でムダ毛を処理しておく必要があるのです。

ムダ毛の自己処理をやめ、脱毛サロンに通う理由は、主に三つ

一つ目は、自己処理による肌トラブルがなくなることです。二つ目は、脱毛後の仕上がりが綺麗なことです。三つ目は、自己処理の手間がなくなり当然時間もかからないことです。長い目で見ると、自己処理による脱毛はかなりの時間と労力を要します。それを考えると、仕上がりが綺麗でトラブルが少なく、手間を削減できるので、コストパフォーマンスは脱毛サロンのほうがよいかもしれません。脱毛サロンへの乗り換えを考えている方は、ぜひご参考ください。
サロンに行く前にNGサロンの見分け方を事前に知っておきたいものです。みなさんは、脱毛サロンを選ぶ際にどのような点を重視しますか?立地や価格、サービスなど、いろんな基準があるかと思います。脱毛サロンを選ぶポイントはたくさんあります。では、どのサロンが自分に一番あっているのでしょうか?今回は、「こんなサロンは絶対にいけない!」という「NGリスト」をご紹介したいと思います。

脱毛後に毛穴の開きが大きくなる理由は様々

まずは、脱毛によって「毛穴が大きくなった」「毛穴が目立つようになった」と答えた方に、その理由をお聞きしました。毛抜きを使用しているとのご回答が多いですね。皆さん、世に言うところの自己処理をしているようです。ムダ毛の自己処理によって、毛穴が大きくなる可能性はあるのでしょうか?答えは、「イエス」です。肌トラブル、特に毛穴の開きは、間違った自己処理によって引き起こされます。毛抜きによる脱毛は、毛根とつながったままの不要な毛を無理に引き抜きます。毛抜きで脱毛した結果、毛穴が開いてしまいます。本来、毛穴は自然に閉じるはずですが、定期的に毛抜きによる脱毛を行うと、毛穴を塞ぐ力が弱まり、毛穴が広がってしまいます。たしかに脱毛で毛穴が広がったり目立ったりすることはあるので、この考え方は論理的ですね。

脱毛で毛穴が大きくなることは少ない

いかがでしたか?脱毛すると、毛穴が開いて目立つようになるという人が多いんです。これは半分嘘で、半分本当です。毛穴が開くのは、自己処理の仕方やその後のケアの仕方が原因である可能性が高いことがわかっています。脱毛はプロにお任せして、その後の自己処理はしっかり行いましょう。
近年、多くのエステサロンで脱毛キャンペーンが実施されており、エステサロンでの脱毛を始める人が増えています。エステサロンで脱毛すると、面倒な自己処理から解放され、さらに肌がキレイになったという話を聞いたことはありませんか?脱毛と美肌のW効果を期待できるというのは本当なのでしょうか?

「S.S.C方式」の場合

「S.S.C方式」では、「I.P.L方式」のようなフォトフェイシャル効果は残念ながら期待できないのですが、施術前に塗布する「ビーンズジェル」に含まれている「フィリニーブ」という成分の中に、美肌作用があると考えられています。植物由来の成分が配合された「フィリニーブ」には、肌を柔らかくしリラックスさせる作用があるため、特に肌荒れには効果的です。また「S.S.C方式」は、肌に光を直接照射するのではなく、あらかじめ塗布したジェルにだけ反応するので肌に優しく、敏感肌の方でも使用できるのが特徴です。つまり、肌に与えるダメージを最小限にすることができるのです。
いかがでしたか?エステサロンでの脱毛は主に2つの脱毛形態があり、どちらも脱毛だけではなく美肌効果も期待できるようです。美肌効果は、どちらかというと美容メニューにも使用される方式を選んだほうが効果は高いといわれています。しかし、脱毛のみを目的として脱毛サロンを選ぶのであれば、自分の肌に合った施術を選択する必要があります。最近では独自の美容成分を配合しているエステサロンも多いようですので、お試しコースなどで詳しく確認してみるといいかもしれません。
脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介します。ムダ毛の処理には様々な方法があり、シェーバーやカミソリによる自己処理から、エステサロンや医療クリニックでの本格的な施術まで多岐に渡ります。その中でも、近年徐々に人気を集めている脱毛方法が、ハレンチ肌脱毛 です。この方法は、一体どのようなものなのでしょうか?

すべての毛を除去するのにかかる時間

脱毛する部位にもよりますが、自己処理が不要になるまで、最低でも6~12回程度必要になります。そのため、脱毛サロンとのお付き合いは長期にわたることが多いので、通い始めには賢くサロンを選びたいところです。

脱毛施設への訪問は、前もって計画を

なぜなら、暖かくなったら 脱毛サロンに行くと考えていても、いつの間にか夏が来て、今年も予約がいっぱいで行けなかったりするからです。脱毛には長い時間かかると想定し、計画的に脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。
女性はいつでも魅力的でありたいですよね。白く滑らかで、ツルツルの肌は誰もが憧れるものです。女性の間では、脱毛を選択する人が増えてきています。最近では、大手サロンから個人サロンまで、多くの脱毛サロンがオープンしています。ムダ毛の自己処理は、肌荒れやトラブルが起こる可能性があるので、専門家に任せるべきだと私は思います。しかし、あまりにも多くのサロンがあり、どこから手をつけていいかわからないというのが現状ではないでしょうか。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。
「永久脱毛」という言葉に惹かれませんか?ムダ毛の自己処理は肌トラブルを起こしやすく、時間もかかるので、エステサロンやクリニックに通って一生ムダ毛とおさらばしたいと思う人は多いでしょう。しかし、「永久脱毛」は必ずしも永久に「毛が全く生えてこない」という意味ではありません。では、具体的にはどのようなことを意味しているのでしょうか。

どのクリニック・サロンで脱毛するかを選びましょう

自分がどこまでの脱毛効果を期待しているかによって決めるのがひとつの方法です。どうしても「永久脱毛」にこだわりたい場合はやはりクリニックで医療脱毛するのがいいでしょうし、自己処理をしなくていい程度の脱毛でよければエステサロンでも十分でしょう。また、価格の問題もあります。1本ずつ処理をするニードル脱毛は部分脱毛でもかなり高額になりますし、医療レーザーも保険適用外なので全身脱毛には相当の費用がかかります。一方、エステサロンの場合は「ワキ脱毛○○円!」といったキャンペーンなどもあり、全身脱毛でもレーザー脱毛の半額程度で受けることができます。トータルの費用と期待している脱毛効果の両方を十分に考えたうえでどこで脱毛するかを決めましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は「永久脱毛」についてご紹介しました。エステサロンで行われる施術は「永久脱毛」とは呼べませんし、「永久脱毛」は「永久に一本も毛が生えてこない」という意味ではない、という根拠があるそうです。医療機関もエステサロンも、脱毛には多額の費用がかかります。後で後悔しないためには、事前によく比較・検討し、自分の希望に合ったものを選びましょう。
家電量販店などでは、家で使えるいろいろな脱毛器が販売されています。種類も多く、値段もさまざま。欲しいと思う人が多いのもうなずけます。では、実際に家庭用脱毛器を使用した効果はどうなのでしょうか?今回、脱毛器を購入したいと考えている人が知りたい、種類や効果についてのお得な情報を詳しくお届けします。

キレイな肌って憧れる…

透明感のあるキレイな肌を作るために欠かせないのがこまめな産毛の処理です。化粧ノリも良くなるし、くすみの解消にも繋がります。ただ、カミソリや毛抜きでの自己処理は肌トラブルを起こすことも…。プロに任せるのが1番だとは思っても、痛みがあるのではないか…と不安になってしまいます。
産毛の脱毛処理法はさまざまありますが、色素が少ないため、光やレーザー脱毛法ではうまく反応せず、その効果は少ないと言われています。しかしハイパースキン脱毛なら効果的で、同時に痛みや肌へのダメージも少ないのです。

ムダ毛の正しい剃り方

では、肌トラブルを防ぐためにムダ毛の正しい剃り方をご紹介します。まずは剃りたい箇所をホットタオルでしっかりと温めます。手足や全身を剃りたい方はゆっくりとお風呂に浸かるのもおすすめです。毛穴が開いてから、シェービングフォームやジェルを塗ります。その後、毛の生えている方向に剃っていきます。毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きくなってしまいトラブルを生む可能性があります。ムダ毛を剃り終えたら、次は冷たいタオルで処理した箇所をクールダウン。開いた毛穴を閉じさせます。その後、化粧水や乳液、アフターシェービングローションなどでしっかりと保湿してください。シェービング後の肌はかなり敏感になっているので、爽快感をうたうようなアイテムより、マイルドな付け心地のものを選ぶとさらに効果的です。処理をした後に赤みや刺激を感じたら、迷わず一度、皮膚科を受診してください。いかがでしたか?女性が日常的に取り入れている“剃る”という処理方法。手軽さというメリットもありますが、リスクがないわけではありません。正しい剃り方でトラブルが少ない方法を身につけてください。
ワックス脱毛は手軽にできて、ある程度の期間はムダ毛のない状態を維持できます。自宅で処理できる自己処理用のワックス以外にもワックス脱毛をおこなっているサロンもあり、ムダ毛に悩む多くの女性からの支持を集めています。では、ワックス脱毛にはどのような効果があるでしょうか?

ムダ毛の正しい抜き方

メリット、デメリットのあるムダ毛の処理ですが、正しいやり方は案外知られていません。今回は、美容のプロが勧めるムダ毛の処理方法をご紹介します。まずは、処理を行いたい箇所をホットタオルなどで温め、毛穴が開いた状態にします。次に毛の流れを確認し、流れの方向に沿ってムダ毛を抜きます。不要な毛を抜き終えたら、冷やしたタオルで毛を抜いた箇所を十分に冷やします。そうすることで、開いた毛穴が閉じます。最後は化粧水や乳液でたっぷりと保湿をします。アフターケアをしっかり行うことで、肌の負担を軽減することができます。以上が、正しいムダ毛の処理方法です。
いかがでしたか?ムダ毛に悩む女性の、毛抜きによるムダ毛ケア。これは肌トラブルの元になる可能性があります。ホットタオル、冷やしたオルでのアフターケアを入念に行って正しいお肌のお手入れを行ってくださいね。
わき毛の自己処理をする時、せっけんを使っても大丈夫なのか、それともよくないのか、気になるところです。では、わき毛の自己処理にせっけんを使うのは問題ないのか、それとも避けた方がよいのか、2点に分けて解説していきます。
ワキ毛の自己処理をする際、いきなりカミソリを当てると、肌の角質層を傷つけてしまう恐れがあります。カミソリを当てる部分にせっけんやボディーソープなどを使うとスムーズに剃れ、脱毛ローションを使わなくてもキレイに処理できます。一方で、ワキ毛を自己処理するのはおすすめしないという意見もあります。ワキ毛を自己処理するのは確かに誰にでも簡単にできるのですが、正しい知識がないと石鹸を泡だてすぎてしまったり、色々な方向に剃ったりしてしまいます。これでは、皮膚を傷つけて、出血までしてしまいます。また、せっかくワキ毛の処理をしたのにワキの黒ずみが目立つようになることもあります。そして、日頃からワキ毛の自己処理をしている肌には、せっけんやボディソープは洗浄力が強すぎて油分を多くとってしまうため、当然、乾燥や肌荒れの原因にもつながります。やはり、ワキ毛の自己処理にはせっけんを使わない方が良いでしょう。
肌を露出するファッションが楽しい季節になると、大切になってくるのがわきの下のお手入れですよね。わきの下のムダ毛をカミソリなどで剃る人は多い様ですが、そのムダ毛処理が皮膚の黒ずみを引き起こしているかもしれないということはご存知でしょうか。ここでは、わきのムダ毛を剃ることで黒ずんでしまう理由を簡単にご説明します。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

小学生の気になる「ひげ」対策

親にとって、子どもの悩みは自分の悩み以上に気になることです。正しいケアでお子さんの悩みを一つでも減らし、楽しい学校生活を送れるように助けてあげてくださいね!
もうすぐ暖かい季節がやってきますね。この時期はワクワクしながら楽しいことを考えたいものですが、毛穴の開きや黒ずみといった肌トラブルで憂鬱になっていませんか?トラブルの原因は、ムダ毛の自己処理の失敗かもしれません。今一度、どんな自己処理にどのようなリスクがあるのか、考えてみませんか?

毛穴の開きの原因とは?

ここでは、毛穴の大きさに影響を与える理由を簡単に見ていきましょう。それは毛穴を圧迫する毛抜きによるムダ毛の自己処理のせいです。毛抜きはムダ毛を毛根からスッキリと除去できる処理方法ですね。でも、ちょっと待ってください。毛根からムダ毛を抜き取れば毛穴が全開になってしまいます。これを何度も繰り返すことで毛穴が開いたままになり、毛穴ブツブツの原因になってしまうのです。

お肌の黒ずみの原因は一体何でしょうか

お肌が黒ずんでしまう原因はひょっとするとムダ毛処理に使っているカミソリかもしれません。
カミソリはお手軽なムダ毛処理手段ですが、よくよく考えてみるとお肌に直接刃物を当てているわけですよね?
ムダ毛だけを剃っているつもりでも、実は皮膚そのものも削られていることがあるのです。
見た目が傷になっていなくても、皮膚の表面…表皮はカミソリで自己処理をする度にはがされていきます。はがされた皮膚は慌てて再生を開始するのですが、それを繰り返していると肌の負担が大きくなり、結果として黒ずみになってしまいます。
一度黒ずんだ肌は簡単には元には戻りません。
多くの女性にとってムダ毛は処理したいものですが、それが黒ずみを生んでしまうこともあるのです。

毛穴の開きや黒ずみを解消する方法とは?

毛穴の開きや黒ずみを気にせず、ムダ毛を処理する方法はあるのでしょうか?もちろん、あります。肌やムダ毛の専門家の力を借りる方法がおすすめです。美容クリニックや脱毛サロンでの脱毛施術は、ムダ毛をなくすだけでなく、肌トラブルを防いで若々しい肌を保つことを目的としています。サロンによっては、脱毛しながら美肌になれる施術もあります。もう毛穴の開きや黒ずみを気にする必要はないのです。日頃行っているムダ毛の自己処理が、毛穴の広がりや黒ずみの原因になっているかもしれません。自己処理の方法を吟味してみましょう。肌トラブルが気になる方は、専門家による脱毛の優れた施術を試してみてはいかがでしょうか?
ムダ毛の自己処理は危険と言われる理由や肌トラブルのリスクについてまとめました。日常的に行っているムダ毛の自己処理。しかし、自己処理することが正解なのか私自身も悩まされております。ムダ毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛が悩みの原因です。これがお肌にとっても良くないこと状態なの十分理解しています。いったい埋没毛とは何が原因で、お肌にどんなダメージがあるのでしょうか。今回はムダ毛の自己処理によって起こるトラブル、主に埋没毛についてまとめてみました。

ムダ毛の自己処理は様々な問題を引き起こします

毛抜きやカミソリ、除毛クリーム等を使用した自己処理は、簡単に綺麗な肌を手に入れることができるので、人気な方法です。一方で、それによる肌トラブルが気になることもありますよね。例えば、毛抜きは毛根が付いたままのムダ毛を引き抜いてしまうので、毛穴が開いたままになります。毛抜きを繰り返し使用することによって毛穴は開きっぱなしとなり、ポロポロの肌になる可能性があります。また、肌に直接刃を当てるカミソリは、毎回皮膚の表面を削り取っていることになります。除毛クリームも、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因となりうるのです。

埋没毛の意味とは?

望ましくない毛の自己処理によって生じるこれらの問題のうち、最も顕著なのが埋没毛です。埋没毛とは自分で脱毛した後、再び生えてきたムダ毛が皮膚の表面に出ず、皮膚の下に生えてしまう状態のことを言います。皮膚の上に微妙に黒いものが見えるのが特徴です。埋没毛を発見すると、毛抜きで皮膚を激しく削り、埋没毛を表皮の上に引き出して抜いてしまう人がいます。しかし、これは皮膚を傷つけるだけでなく、さらに隠れた毛の成長を促すのでオススメできません。

ムダ毛の自己処理、隠し毛に注意!自分で余分な毛を処理しようとして、悩みを抱えている女性は今、たくさんいます。特に、埋没毛は美観的にも肌にも悪い問題の一つです。ぜひ早めに適切な処理方法を試して、人前に出しても恥ずかしくないツルツル肌を手に入れて下さい。
自分でワキ毛を処理するとき、カミソリを使う人もいればピンセットを使う人もいます。ピンセットを使ってもいいのか、それとも使わないほうがいいのか。それぞれのメリット・デメリットについてお教えします。

自己処理中にピンセットを使ってもいいの?

ピンセットで毛を抜くと、だんだんと毛が消えてなくなり、楽になるという話があります。確かに、他の自己処理(カミソリで剃るなど)と比べても、最もシンプルで楽な手法と言えます。カミソリで剃った場合、表面だけしか処理することができず残ってしまいます。ピンセットでワキ毛を自己処理することで不要な毛を根元から抜くことができるので、次に生えてくるまでに時間がかかり効果が長続きします。

ピンセットのデメリット

脱毛サロンに通おうと思った時、もしピンセットで自己処理していると分かった場合、お店から断られる事があります。
なぜなら、脱毛の施術中にピンセットでワキ毛の自己処理をしてしまうと、脱毛の効果がなくなってしまう可能性があるからです。
さらに、ピンセットでの自己処理は雑菌が繁殖し、感染症に繋がるケースもあります。その為、ピンセットでの自己処理は禁止されています。
脚は年間を通して露出することが多い部分なので、いつもムダ毛を処理しておきたいです。すね毛が濃い人にとっては深刻な問題ですが、自宅でムダ毛を自己処理するとき、どのような方法があるのでしょうか。自宅でのすね毛の自己処理について、オススメの方法をまとめました。

プロに任せることも考えて

すね毛を自分で一時的に処理しても、時間が経つと再生してしまいます。そのような場合、経験豊富な専門サロンで専用の機器を使って脱毛してもらうことで、再発を防ぐことができます。施術後は自分で処理することは不要になります。専門サロンで使用されている機器は、毛根の働きを抑制する効果が高いので、繰り返し施術を受けることで毛が生えにくくなり、肌の状態を良好に保つためのサポートもしてくれます。
脚のムダ毛の自己処理といえば、カミソリを使う方が大多数でしょう。カミソリですね毛をカットするのは、最も手軽で便利な自己処理方法ですが、いくつかのデメリットもあります。ここでは、すね毛をカミソリで剃ることのメリットとデメリットをまとめています。

すね毛をカミソリで剃る行為は肌にとって良い事?

カミソリで事故処理をする事は肌に良くないと脱毛サロンでは言われます。理由として乾燥肌になってしまったり、肌が弱い人の場合カミソリ負けをしてしまう事もある為、電動のシェーバーで処理をする方が肌には良いそうです。万が一カミソリでの処理しか手段がない場合は、剃った後に保湿クリームを塗ったり、ローションで保湿をするなどして肌のケアをしましょう。また、肌が赤くなったり痒くなったりした場合は、冷たいタオルで冷やすと良いでしょう。
濃いすね毛の自己処理方法として毛抜きで抜くという方法のメリットは、仕上がりがきれいになることです。逆にデメリットとしてリスクが高く危険な方法でもあるので注意が必要です。すね毛を毛抜きで抜くことのメリットとデメリットについて、ご説明させて頂きました。

すね毛を脱毛するデメリット

一般的に男性のすね毛は女性に比べて濃いと言われています。個人差はありますが、男性の濃いすね毛は家庭用脱毛器で処理することが難しいことが多いです。また脱毛前に一度剃らなくてはならないため、生えてくるまでのチクチク感が気になる方も多いです。
自己処理でも脱毛サロンでの施術でも、ワキ脱毛後のアフターケアとして保湿は欠かせません。ここでは、ワキ脱毛後の保湿ケアが重要である理由とその方法についてご紹介します。健康な肌を保つためにもぜひ参考にしてみてください。

わき毛の自己処理後には必ず保湿ケアがおすすめ

カミソリやピンセット、除毛クリームなどの自己処理での脱毛は、手軽な反面わき毛処理するだけではなく肌の表皮までも傷つけてしまいます。
一般的に手足などの皮膚よりも、特にデリケートと言われているのが脇の皮膚です。
身体のほかの肌よりも傷つきやすいうえ、繰り返し自己処理をした肌には深刻なダメージが残ってしまいます。
これを保湿もせずにそのまま放置してしまうと、皮下にあるメラニンが傷つけられ刺激を受けた肌に集中し、黒ずみの原因となってしまいます。
深剃りなどの無理な処理は絶対に避けて、正しい自己処理を行いましょう。
また、わき毛の処理をした後は、保冷剤や冷やした濡れタオルなどを使って肌を冷却してから、化粧水などで保湿すると良いでしょう。

肌への負担を軽減できます

自己処理の場合、ムダ毛が生えるたびに処理する必要があるので肌へのダメージが蓄積されてしまいます。特にデリケートゾーンの肌はとても敏感なので、自己処理による負担が原因となり、ニオイの発生やかゆみ、黒ずみを引き起こす可能性があります。一方、脱毛サロンで脱毛すれば、すぐに効果を実感でき、脱毛の頻度も少なくてすみます。肌への負担も軽減されるので、敏感な肌を良い状態に保つことができます。

プロがあなたの好みに合わせて整えてくれます

近年ではデリケートゾーンのムダ毛処理用の製品も一般的になってきましたが、ムダ毛を自己処理して失敗してしまった方もいらっしゃるかもしれません。サロンでの脱毛だと、アンダーヘアをあなたの好みの形に整えてくれるのです。自己処理でありがちな剃り残しや肌荒れを気にすることなく、綺麗に仕上がるので男性からも人気です。また、自分では手が届きにくいIラインやOラインも、プロがやさしく丁寧に脱毛してくれるので、肌が傷つく心配もなく、安心してムダ毛処理ができますよ!

を肌の表面に、薄く均等に塗る

ついついカンペキに脱毛しようとたっぷり塗りたくなってしまいますが、これはデリケートな肌へ大きなダメージがあります。そのため毛を覆うように、表面に薄くのばして塗ることがオススメです。一度に全てのムダ毛を処理しようとせず、何度かに分けて、肌のケアをしながら、少しずつムダ毛の処理をしましょう。
はじめに、デリケートゾーンをきちんと清潔にしましょう。ここで汚れが残っていると毛穴に汚れが入り込み、肌のトラブルの原因になってしまいます。その後低刺激性のシェービングローションを塗り、ムダ毛を処理します。アンダーヘアの毛の流れに沿ってカミソリの刃を動かしながら毛を剃っていきます。剃り終わったらしっかりと洗い流し、しっかりと保湿をします。このときも刺激が少ない専用の保湿剤を使用することをおすすめします。
剃刀で自己処理する際の3つのポイントをご紹介します。

剃刀で剃り終えたら冷水で冷やしましょう

特にVIOの部位の毛は太くて硬いため、剃刀で剃ると毛穴に大きく負担がかかります。その負担により毛穴は大きく開き、そこから雑菌が入って肌トラブルの原因になることもあります。そのため、ムダ毛処理が終わったら剃った部位に冷水をかけ冷やし、毛穴をきゅっと引き締めてあげてください。そうすることで雑菌が毛穴に入り込むことを防ぎ、さらには乾燥も防ぐことができます。自己処理はコストもかからず気軽にできますが、デリケートゾーンにかかる負担が大きいのでアフターケアはきちんと行いトラブルを防いでいきましょう。
ワキ下、ヒジ、ヒザなどの黒ずみって気になりますよね。しかし、全身の黒ずみに効果的な商品が今までは中々登場しませんでした。が、今、「アットベリー(黒ずみ対策専用ジェル)」がネット上の口コミで話題沸騰中となっています。さっそく、「アットベリー」の良さとその理由を見ていきましょう。

施術後はしっかりと保湿すること

近年、ムダ毛を自分で処理するのではなく、プロの手で脱毛することを選択する女性が増えています。プロによる脱毛は、自己処理と比較すると、当然ながら効果は高く、長持ちしますし、自然な仕上がりになります。せっかく手に入れた「つるつる」肌を維持するためにはどうすればよいでしょうか?脱毛後は肌が乾燥しやすくなるため、その後の保湿ケアが重要になります。しかし、まず脱毛をする前に、肌の保湿をしなければならないことをご存知でしょうか?
レーザーを照射した後の肌は、軽く火傷をしたような状態になります。レーザーは毛根を加熱するため、施術中に肌の水分が一部失われるのは当然のことなのです。しかし、施術が終わったときにしっかりと保湿をしていただければ、特に気にする必要はありません。

レーザーとフラッシュ、どちらの脱毛方法を選ぶべき?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組みがかなり似ていますが、上記で説明したように、この2つの方法にはいくつかの違いがあります。レーザー脱毛でよく言われるのは、痛みを感じることが多いということですが、光脱毛ははるかに痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人は、フラッシュ脱毛にした方がいいかもしれません。余談ですが、以前はフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方がはるかに高額でしたが、近年は医療脱毛の専門家が行うレーザー脱毛のコースを低価格で提供しているサロンも増えています。また、レーザー脱毛は、脱毛後の毛の再生が少ない、あるいは頻度が少ないという報告もあり、多少費用がかかっても、最終的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらを選ぶか悩んだら、カウンセリングに参加したり、各コースの無料体験をしてみることをおすすめします。
手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。しかし、自己処理には限界があると考える人も多くいます。では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?今回は、脱毛サロンと医療脱毛の違いと共通点を見ていきたいと思います。

医療脱毛も検討すべき選択肢の一つ

いかがでしたでしょうか?脱毛を考えている人は、脱毛サロンと医療脱毛のどちらに通うべきか迷うことがあるようです。効果、痛み、費用の3つの要素を考慮した結果、筆者は医療脱毛が最も効果的な方法であると感じました。最終的にムダ毛と「永久に」サヨナラできるのが、何よりのポイントです。医療脱毛を検討し始めたら、すぐに医療脱毛クリニックの予約を!もちろん、脱毛サロンと同じように、脱毛前にしっかりとした丁寧なカウンセリングを受けることができますよ。
夏の訪れとともに、肌を露出する機会が増えることでムダ毛の存在が目立ちますね。自己処理といっても、カミソリやシェーバーでは限界がありますし、肌トラブルを起こす可能性もあります。また、エステサロンやクリニックで脱毛できることは知っていても、「痛くないのかな……」と不安を抱えている可能性もあります。今回は、エステサロンやクリニックで採用されている数種類の脱毛施術と、それぞれのアプローチの特徴についてご紹介します。

脱毛サロンには長期間通うことになります

脱毛サロンで施術を受けても、数週間後には毛が生えてきます。これは、休止期から成長期に移行した毛が再生するためです。もちろん、通い続けることで徐々に毛が薄くなり、自己処理の頻度も少なくなっていきます。しかし、部位にもよりますが、自分でムダ毛処理をしなくてすむようになるまでに、最低でも6~12回の施術が必要になります。つまり、2ヶ月に1回の施術なら2年程度、3ヶ月に1回の施術なら3年程度かかるということです。そのため、できる限り早く脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。
女性なのに濃いすね毛が生えているとちょっと恥ずかしいと言う気持ちになりませんか?コンプレックスに感じている人も多いと思います。実際に私も濃いすね毛に悩まされていましたので、女性の濃いすね毛を薄くする方法を調べてみました。その方法を皆さんに紹介したいと思います。

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

「S.S.C方式」について

「S.S.C方式」とは「Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)」の略で、脱毛手法の一つです。
「クリプトンライト」と呼ばれる光と、その光に反応する専用のジェル、「ビーンズジェル」を使用する方式のことを言います。
「S.S.C方式」では、まず「ビーンズジェル」を施術する前に塗ります。
その「ビーンズジェル」に光が反応し、ジェルに含まれる抑毛成分が毛穴に浸透していきます。
そして、その成分が毛根の機能を停止させて脱毛する仕組みとなります。
毛根に直接熱を加えることがないので刺激が少なく、術後の痛みも「I.P.L方式」よりも弱いのが特徴です。す。
「S.S.C方式」は「I.P.L方式」よりも肌へのダメージが少ないのが利点で、デリケートな肌の人にもおすすめです。
脱毛サロンでの脱毛治療の流れです。初めて脱毛サロンに通おうと考えている人は、施術がどのように行われるのか不安になるのも無理はありません。脱毛サロンにより違いは多少ありますが、大まかな流れは以下の通りです。ほとんどのサロンでは事前に毛を剃っておく必要がありますので、予約した日の前日には剃っておきましょう。予約時間の15分前までにはサロンに行きましょう。次に、別室に案内されますので、そこでガウン(またはその他の適切な服装)に着替えます。そして両ワキに多量のジェルを塗布します。その後ジェルにフラッシュ脱毛器の光を照射します。両ワキなら3分以内で終わります。仕上げにジェルを拭き取り、冷たい布や保冷剤で患部を数分冷やします。単にワキを脱毛するだけなら、服を着替えて次回の予約を取るまで30分程度で済みます。
いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンでのワキ脱毛の手順や様子について解説しました。脱毛サロンで受けられる主な脱毛の種類2種類と、施術方法についてご紹介しました。簡単なワキ脱毛であれば、たった30分程度で施術が終わるので、時間がない人でも気軽にできます。また少し痛みを感じますが効果を早く実感したい人には「I.P.L方式」、少し時間はかかりますが痛みを感じたくない人や敏感肌の人には「S.S.C方式」など、自分のコンディションにあった施術方法を選ぶ事ができます。今まで脱毛サロンに通うことに少し不安があったかもしれませんが、もうこれで不安が取り除かれたのではありませんか?あなたも脱毛サロンで楽にワキのムダ毛を処理してみませんか?
自己処理ではなかなかキレイにできない脇のケア。どう処理していいかわからず大手のサロンでお手入れを考える女性も多いかと思います。でもサロンに行くその前に知っておいた方がいい脇脱毛の必須情報があります。まとめましたのでご覧ください。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました