脱毛のカウンセリングで気をつけることは何ですか?

脱毛施術当日にお風呂に入らない方がいい理由

湯船につかると、身体が温まりますね。しかし、施術後はそれが悪影響になってしまいます。体温が上がることで、肌がかゆくなる可能性があるからです。また、かゆいからと肌を掻いたり、こすったりすると、肌を傷つけてしまいます。脱毛後に保冷剤で肌を冷やすのは、肌のかゆみや赤みが抑えられるからです。ですから、湯船に浸かるのはよくありません。ただし、水やぬるめのシャワーでしたらOKです。ただし、体を洗うときは、あまりゴシゴシと強く洗わないようにしてください。その代わり、手で泡を転がすようにして体を洗ってください。原則として、治療当日だけ気をつけていただき、翌日からは通常通り入浴していただいて結構です。翌日以降も赤みやかゆみ、腫れが引かない場合は、数日間シャワーのみで済ませた方がよいでしょう。
エステサロンで脱毛をしようと考えたとき、どの方法で行うかを決める必要があります。主に使われているレーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、どちらも同じところで出来るわけではなく、脱毛の仕方が違うので、カウンセリングに行く前にいろいろと調べておくと良いでしょう。この文章では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについてご紹介します。

レーザーとフラッシュ、どちらの脱毛方法を選ぶべき?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組みがかなり似ていますが、上記で説明したように、この2つの方法にはいくつかの違いがあります。レーザー脱毛でよく言われるのは、痛みを感じることが多いということですが、光脱毛ははるかに痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人は、フラッシュ脱毛にした方がいいかもしれません。余談ですが、以前はフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方がはるかに高額でしたが、近年は医療脱毛の専門家が行うレーザー脱毛のコースを低価格で提供しているサロンも増えています。また、レーザー脱毛は、脱毛後の毛の再生が少ない、あるいは頻度が少ないという報告もあり、多少費用がかかっても、最終的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらを選ぶか悩んだら、カウンセリングに参加したり、各コースの無料体験をしてみることをおすすめします。
手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。しかし、自己処理には限界があると考える人も多くいます。では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?今回は、脱毛サロンと医療脱毛の違いと共通点を見ていきたいと思います。

医療脱毛も検討すべき選択肢の一つ

いかがでしたでしょうか?脱毛を考えている人は、脱毛サロンと医療脱毛のどちらに通うべきか迷うことがあるようです。効果、痛み、費用の3つの要素を考慮した結果、筆者は医療脱毛が最も効果的な方法であると感じました。最終的にムダ毛と「永久に」サヨナラできるのが、何よりのポイントです。医療脱毛を検討し始めたら、すぐに医療脱毛クリニックの予約を!もちろん、脱毛サロンと同じように、脱毛前にしっかりとした丁寧なカウンセリングを受けることができますよ。
夏の訪れとともに、肌を露出する機会が増えることでムダ毛の存在が目立ちますね。自己処理といっても、カミソリやシェーバーでは限界がありますし、肌トラブルを起こす可能性もあります。また、エステサロンやクリニックで脱毛できることは知っていても、「痛くないのかな……」と不安を抱えている可能性もあります。今回は、エステサロンやクリニックで採用されている数種類の脱毛施術と、それぞれのアプローチの特徴についてご紹介します。

定期的に脱毛サロンに通うこと

では、脱毛サロンに通う頻度は、どれくらいが適当なのでしょうか。毛が伸びるスピートには、もちろん個人差があります。ただ、一般的には、2・3カ月の周期で通う方が多いようです。その理由としては、多くの方が利用されるレーザーや光脱毛が皮膚表面に現れる成長期の毛だけを処理することにあります。そのため、回数を抑えたコスパの良い脱毛をするには3カ月程度がベストなのです。しかし、これらはあくまで一般的なことで脱毛部位によって期間は異なります。サロンと事前のカウンセリングを行ってしっかり確認することをおススメします。

ケノンは、エステティッククリニックよりはるかに安価

エステに行かない理由で最も多かったのは「費用がかかりすぎる」で、38%の人が理由に挙げています。エステサロンでは、光脱毛はワキなど一部分の脱毛ならお手頃価格ですが、全身を脱毛しようとすると、エステサロンの費用は高くなります。全身脱毛にかかる費用は、エステサロンにもよりますが50万円程度かかる場合もあります。一方、ケノンは定価でも8万円で購入できますし、分割払いなら毎月3?4千円程度で済みます。さらに、エステティックサロンに行った人の半数以上が、高額なコース受講を持ちかけられたと回答しています。また、無料カウンセリングを受けただけなのに、その場で契約を迫られた人も10%いました。ケノンは、一度買えば全身に使える商品です。衛生面に厳しくにこだわらない方であれば、家族みんなで使うこともできるので良いですね。

脱毛サロンへ行こうと決めたなら

脱毛サロンへ行く前日か2日前までに自己処理をしなければなりません。VIOラインの脱毛を受ける場合は是非自分でデリケートゾーンの処理をしていきましょう。ただ、背中や腰、I.Oラインなど自己処理が難しい部位は当日にシェービングしてくれることもありますが、サロンの中には剃り残しがあるとそこだけ脱毛できないこともあります。またサロンによっては、シェービングが有料になることもあるので是非事前に確認しておきましょう。
今回は脱毛サロンで行われる全身脱毛の技術や特徴、施術の流れについてご紹介させていただきました。光脱毛には2つの形態がありそれぞれの特徴を知ったことでさらに理解を深めていけたと思います。おさらいをしますと、毛根に直接働きかける結果、「I.P.L.テクニック」の方が効率的であり、肌への影響も嬉しいという事でしたね。
サロン選びの際に特に痛みについての不安が強い方は事前のカウンセリングで体験しておくとより安心できるかもしれません。今回の記事を参考に自分にあったサロンを選んで、全身ツルツル肌を楽しみましょう。
最近のサロンでは、手ごろな価格でできるということでわき脱毛が人気です。ただし、その効果を感じられるまでには少し時間が必要なようです。そこで変な誤解をしてサロンとの関係が悪くなることを避けるためにも、わき脱毛の効果を実感できるまでに必要な期間について確認しましょう。

脱毛サロンでの施術の方法

初回に「無料カウンセリング」が行われ、その後、ムダ毛の毛根に脱毛専用機械で照射を行う事によって毛根を弱らせ、最終的には殆ど生えない状態までもっていくというものです。一般的には「美容脱毛」と呼ばれています。

美容脱毛を受ける前に、ムダ毛を自己処理した方がいいのでしょうか?

これは「YES」です。むしろ、しなければなりません。初めて脱毛サロンに行く場合、大抵はまず無料カウンセリング を受けることになります。気になる部分についてや、費用はどれくらいかかるのか、どんなコースがあるのかなどを、このカウンセリングで質問できます。その結果に納得いったら契約を結ぶ形となります。サロンでは通常、独自の機器で照射するのはムダ毛の根元だけで、根元から生えている毛は施術の妨げになると、担当者から説明があります。その為、施術前に自分でムダ毛を処理しておく必要があるのです。

各サロンが行う敏感肌やアトピーの方への対策

ほぼすべてのサロンで実施されている対策としては、事前のカウンセリングがあります。このカウンセリングで症状をしっかり確認することで施術による悪化の可能性をなくします。さらに、レーザーや光脱毛の場合では、テスト照射で肌の状態を見極めてから本格的な施術が行われます。アフターケアでもステロイド使用などについて個別対応してくれるサロンが登場しており、アトピーや敏感肌の人が安心して利用できる環境はすでに整っていると言えるでしょう。

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。
最近、体毛の事が原因でいじめにあう子もいるそうです。お母さん世代の頃に比べると子供達の成長は早く、若い年齢のうちに体毛の悩みも出てくるようになってきています。最近、子供も利用できる脱毛サロンの宣伝が出ていますが、皆様はどう思われますか?

脱毛のためのラボ

全身脱毛を専門とするこの施設では、12歳から脱毛が可能です。また、中学生でも保護者同伴であれば脱毛が可能です。どの店舗も徒歩0~5分圏内にあり、駅近で便利な立地です。また、万が一効果がなかった場合の100%返金保証も行っています。エステティックサロンで初めて「月額定額制」を導入し、全身脱毛が毎月9,980円からとなっています。カウンセリングの現場 子供向けの脱毛サロンを選ぶ場合も、大人向けのサロンを選ぶ場合とほぼ同じ流れになります。子どもの肌はとても弱いので、安全性や不快感、肌への負荷には気をつけたいものです。また、店内や従業員間で、若い人が気持ちよく過ごせるような環境を整えることも肝心です。お近くのサロンの無料カウンセリングを予約し、サロンの雰囲気や接客を吟味した上で、どのサロンにするか選ぶことを提案します。
皆さんは、普段どんな方法でムダ毛の処理をしていますか?自宅で簡単に使えるカミソリや毛抜き、塗って拭き取るだけの除毛ローション、電気シェーバー、家庭用脱毛器など、さまざまなものがありますよね。そんな中、自宅でのムダ毛処理をせず、脱毛サービスを選ぶ人が増えているそうです。その原因、きっかけは一体何なのでしょうか?脱毛サロンに乗り換えた人たちの証言をもとに、今回はその理由を探っていきます。

安さにひかれて行ったはずが……。

まずは、A子さんが体験した脱毛サロンでのお話をご紹介します。ある日、家のポストに入っていた脱毛サロンのチラシに興味を持ったA子さん。そこには、『全身脱毛定額制』と書かれてありました。こんなチャンスを逃す手はない!と早速翌日のカウンセリングを予約しました。当日、訪問したそのサロンは小さなマンションの一室にありました。まずは脱毛したい箇所や希望の仕上がりについてカウンセリングで聞いてみようと思っていたA子さんですが、いざ始まってみると支払い方法やグレードアッププランの話ばかり聞こえてきます。チラシには『全身脱毛定額制』と書いてあったのに、実際は脱毛完了までにパーツごとにいくつかの代替えプランの追加が必要だと言うのです。これでは安心して通うことはできません。

脱毛サロンにて恐怖を感じる

以下は、B子さんが訪れた脱毛サロンのお話です。大きなターミナル駅の近くにある脱毛サロンに入ったB子さんでしたが、店内に入ってすぐ愕然としました。スリッパはくすんでおり、受付カウンターには埃がいっぱい…さらに運ばれてきたドリンクのカップには茶渋までついていました。ここで嫌な予感がして、カウンセリングが終わるやいなや早々にサロンを出たそうです。不衛生な環境で肌に直接施術を受ける脱毛を行われるなんて考えられませんよね?

次から次へと出てくる勧誘に驚愕!

最後に、C子さんの体験談を紹介します。参考にしてみてください。C子さんは自宅近くの個人経営の脱毛サロンで、カウンセリングを受けてみることにしました。しかし、施術の話は早々に切り上げられ、脱毛するなら美白も一緒にするべきと、予定していなかった美白コースを勧められた上に、もっとキレイになりたいなら、豊胸もおすすめですよ!と、全く望んでいないバストアップまで提案されてしまいました。失礼な勧誘にうんざりしたC子さんは、結局なんの施術も受けずにサロンを後にしたそうです。お客さんの要望を無視してお金儲けのことばかり考えているサロンには行くべきではありません。ここまで、カウンセリングを受けられるサロンを選ぶ際のポイント3つを紹介してきました。値段や立地に加えて、カウンセリングの対応の善し悪しを見て、脱毛サロンを選びましょう。
脱毛施術後のケアは見過ごされがちですが、正しい保湿が必要になります。今回はその手法を理解しマスター、自信あるツルツル肌を獲得しましょう。

脱毛サロンのシミュレーション

まずは、初めて脱毛サロンに行く時のシミュレーションをしてみましょう。まずは病院の問診票と同じように、脱毛サロンで渡されるカウンセリングシートに、名前や連絡先、これまでの病歴やアレルギーについて記入します。次に、そのカウンセリングシートに基づいてサロンスタッフとのカウンセリングを行います。スタッフは「どの部位のムダ毛が気になりますか?」「どのくらいの期間で脱毛を完了させたいですか?」など、あなたの希望を聞き取ります。あなたからも「実際にどんな施術をするんですか?」「何回、どれくらい通えばいいですか?」など、気になることを積極的にたずねましょう。自分の希望をしっかりと伝えたら、次のステップです。

プランを決定

スタッフの説明を聞き、疑問や不安を解消してください。そして、具体的なプランを決めましょう。各脱毛サロンでは様々な脱毛パックが用意されており、パーツごとに分かれていたり、何回かに分かれていたりと様々です。カウンセリングの結果をもとに、スタッフがあなたに最適な作戦を提案します。プランが決定した後に治療が開始されます。

次回の予約

施術が終わり、初めての脱毛サロン体験が終了したら、次の予約を入れましょう。施術後に肌トラブルがあった場合は、すぐに脱毛サロンに電話をしてください。
2回目からはシミュレーション2~4を繰り返していただきます。ご希望があれば、いつでもカウンセリングを受けることができます。実際に体験してみてどうでしたか?
初めて脱毛サロンに行くのは不安ですよね。このシミュレーションでじっくりと勉強して、自信を持って脱毛サロンに通いましょう。
脱毛サロンに体験で行くと、商品を勧誘されるのは本当なのでしょうか?もし、そうなら結構、重い話ですよね?どちらかと聞かれたら、おそらく体験者のほぼ100%が「ある」と答えるでしょう。
しかし、その「ある」という回答にも、人によって違う訳です。そこで、今回は脱毛サロンに来店された方に、別商品の勧誘をする件について、考えていきたいと思います。

気になることがあれば、カウンセリング時に相談する

いかがでしたか?
脱毛で火傷をする可能性がある、と思っている方もいると思います。
しかし、その大半は心配するほどのことではありません。
それでも不安な場合は、脱毛サロンの担当者に相談し、肌への負担が少ない施術を選びましょう。
これから脱毛サロンに通う事をお考えの方、通われるサロンにどんな保証システムがあるかご存知ですか?電化製品の故障トラブルに保証がある様に、脱毛サロンもトラブルに対応するための保証が用意してある事が多いです。慌てて契約書を見ようする前に、今一度、一緒に脱毛サロンの提供する保証について検討してみましょう。

サロン選びの3つのポイント

私は脱毛をするにあたり、コスト、雰囲気、アクセスの良さの3点を意識していました。特に金額についてはサロンを決める上で重要視していました。美しくなるための支出が負担やストレスになっては意味がありません。サロンの多くは月額制のシステムとなっています。私が通っているサロンは毎月現金での支払いのため、ローンを組む必要がないので気軽に通うことができます。しかし料金が安くても、サロンの雰囲気が良くなければ通い続けるのは難しいですよね。担当者の接客が失礼だったり、勧誘が何度もあるサロンも多いと聞きます。この点を考慮すると大手のサロンの方が安心感があるかもしれません。そして通い続けるにはアクセスの良さも大切です。仕事帰りに来店できるサロンだと仕事の休みをとる必要もありません。最近は1時間以内で全身脱毛ができるサロンが増えてきています。実際に私もこのサロンと出会うまでに何店舗ものサロンでカウンセリングを受けてきました。カウンセリングは無料で受けることができるので色々なサロンのカウンセリングを受けてしっかりと比較をしてから検討をするのも1つの方法かと思います。皆さんも綺麗な素肌を目指して頑張りましょう。
水着やノースリーブを着ると、ワキがキレイか気になりますね。今は一年中ワキのお手入れをしている人がほとんどなのではないでしょうか?多くの女性が気にしているワキのムダ毛処理について、色々な角度から徹底的に調査してみました!

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛は痛みが少ないにも関わらず顔の産毛を綺麗に処理できる方法です。顔の産毛処理について簡単なご紹介をいたします。サロンでの顔の産毛脱毛なら、痛みが少なく、お肌にも優しく低刺激なハイパースキン脱毛がおすすめです。ハイパースキン脱毛は、敏感肌の方だけではなく、子どもでもできてしまうほどお肌に優しい脱毛方法です。脱毛サロンや医療脱毛を利用する際には、事前のカウンセリングでしっかりと疑問点や不安を相談し、安心感を持って施術を受けられるようにしておきましょう。
ムダ毛を処理する場合、カミソリを活用することにはメリットとデメリットがあります。顔の産毛や手足のムダ毛、デリケートな場所のハミ毛など、女性には毛に関する悩みが山ほどあります。そんな多くの女性にとって、カミソリやシェーバーで剃ることは、最も手軽な脱毛方法と言えるでしょう。今回は「剃る」ことを改めて見つめ直し、そのメリットとデメリットをご紹介します。

デリケートゾーンをより清潔な状態に保てます

デリケートゾーンのムダ毛は雑菌が繁殖しやすいので不潔になりやすく、いろいろなトラブルをひき起こす可能性があります。なのでサロンの正しい脱毛方法で処理する事で、蒸れや不潔さを改善し、ニオイを防止します。特に月経の時、経血が毛に付着することを防げるので月経時のあの不快感を解消する事ができます。エステサロンでのデリケートゾーンの脱毛は、すこし抵抗があるという人が結構いますが、脱毛する事でたくさんのメリットがあり、サロンによってはプロモーションが用意されているので、気になっている人は、是非、無料カウンセリングに申し込んでみて下さい。
除毛クリームは毛を溶かして体外に排出することができるクリームです。使い方はとても簡単で、気になる部分にクリームを塗って5~10分ほど放置し、余分なクリームを拭き取って、しっかりと汚れを落とすだけです。ムダ毛の処理に関してはそれだけです。 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました