粘膜部分の脱毛はできる?

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。
最近、体毛の事が原因でいじめにあう子もいるそうです。お母さん世代の頃に比べると子供達の成長は早く、若い年齢のうちに体毛の悩みも出てくるようになってきています。最近、子供も利用できる脱毛サロンの宣伝が出ていますが、皆様はどう思われますか?

光(フラッシュ)脱毛ができない部位(場所)

1.色素が強い部分(ほくろ、タトゥー、日焼け部分等)
光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光がメラニンと言われる毛の黒い色に反応し、その部分を熱処理するという方法で脱毛します。そのため、ほくろなどの皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるのでお断りの可能性が。
2.粘膜部分
粘膜部分にも光(フラッシュ)脱毛の光を照射することができません。理由は、粘膜部分はデリケートで傷つきやすいためです。個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高くなります。

勢いよく剥がす

シートを剥がす際の痛みを気にして恐る恐る剥がしてしまうと、脱毛の効果は期待できません。一気に剥がすことで痛みも軽減されます。シートは上方向ではなく、肌と平行に、毛の流れに逆らうようにはがすのがコツです。ぜひ、これらを参考に、より効果的に脱毛できるワックス脱毛にチャレンジしてみてください。
脱毛器には、デリケートゾーンに使えるものと使えないものがあります。
家庭で気軽に脱毛ができると最近多くの方が話題にし始めている家庭用脱毛器ですが、せっかくならデリケートゾーンの脱毛も行いたいですよね!
ですが、デリケートゾーンの肌は角質層が薄くとても敏感ですので家庭用脱毛器によっては使用禁止になっているものもあるので注意が必要です。
また、脱毛の際には光を当てて細胞にダメージを与えるのですが、この光は黒い色に反応するようになっています。デリケートゾーンの皮膚は他の部位よりも色が黒いため、ダメージを受けることがあります。脱毛機の購入の際はデリケートゾーンにも使用可能かどうか確認するようにしましょう。
サロンに行かずに自宅で簡単にデリケートゾーンのムダ毛処理ができる家庭用脱毛器は忙しい方にはぴったりです。全身使用も可能なので是非お試しください。
体の中で最も敏感な部位であるデリケートゾーンに使用できる家庭用脱毛器の選び方は、最初に、VIOを活用したい場所それぞれに使えるかどうかを判断します。Vラインには使えるものが多いですが、IOラインには使えるものが多くありません。次に、出力レベルにも気を付けましょう。デリケートゾーンに使用すると違和感を覚える人が多いので、そもそも出力レベルができるだけ低いものを選ぶようにしましょう。最後に、照射回数が制限されているものや、必要に応じて交換できるものなどがありますから、自分にとって操作が簡単な種類を選んで購入するようにしましょう。
脱毛クリームを使ったデリケートゾーンのムダ毛処理と3つのコツについてご紹介いたします。デリケートゾーンは肌のなかでもとても敏感な部分です。そのため処理をする際にはデリケートゾーン専門の脱毛クリームを使用します。最初に使用する前にパッチテストを行い、問題がないことを確認して処理を進めた方が安全です。また、クリームが粘膜部分に付着すると思わぬトラブルが生じることもあります。クリームを一度に大量に塗ることは避け、少量ずつ優しく塗っていくことが肌を守るために必要です。一定時間置いた後はクリームをふき取り、ぬるま湯で十分洗い流します。最後にアフターケア専用のクリームをつけ、保湿を忘れないことも大切です。
脱毛クリームを使うには3つのポイントがあります。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました