生理中や妊娠中は脱毛してはいけないの?

生理中に脱毛してはいけない理由

では、なぜ生理中はエステ脱毛を受けることができないのでしょうか?それは、生理中はホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になっていることが原因です。通常よりも不快感や肌荒れを起こしやすいため、肌トラブルや危険を防ぐために施術を断るサロンもあるようです。また、VIOの施術を受けない場合でも、生理の前後3日程度を目安に予約を入れることをおすすめします。

妊娠中や生理中の時期

これもフラッシュ脱毛ができない時期でもあります。脱毛器の光が、妊娠中のお腹の赤ちゃんに影響を与えることはないと言われています。しかし、痛みやストレスなどから、子宮が収縮して陣痛を引き起こす恐れが無いとは言い切れません。そして、妊娠中や生理中において、肌が荒れる女性がいらっしゃることが知られています。特に妊娠中は肌が刺激に弱くなるため、この時期のフラッシュ脱毛は避けた方が良いと言われているのです。脱毛サロンによって、脱毛を避ける部位や時期は異なる場合があるので、慎重に検討してから契約することをおすすめいたします。
「生理中はエステ脱毛はしない方がいい」「生理だと伝えると施術を断られてしまった」という話をきいたことがありませんか?ですが「VIO以外の施術なら可能」というお店は多く存在しています。もちろんサロンによっては生理中の施術はVIO、VIO以外であってもNGということもありますのでまずは事前に確認しておくことが大切です。

脱毛の予約日に生理が重なった場合は

ご来店当日に生理が始まることが分かっている場合は、前日までに連絡すれば、ご予約をキャンセルすることができます。当日キャンセルの場合、キャンセル料がかかるのかなど、詳細はサロンに確認しましょう。ご予約の際は、生理が来そうな日はなるべく避けてください。

生理中の脱毛サロンの利用について

生理中の脱毛を拒否するサロンもあると言われています。生理中のお肌への影響を考慮しているという理由とは別に、サロンの本音としては「衛生面の管理」という理由もあるようです。確かに、生理中だけどワキならOKであったとしても、仰向けになって施術を受けるとなるとモレなどが心配な場合もあります。サロンのトイレを使わなければならないこともあり、エステサロンでは衛生面や清潔感が重要視されますので、「VIOを除き生理中の施術もOK」と書いてあるサロンでも、生理1日目~3日目は、サロンでのマナーを守るためにも行くのは避けた方が良いでしょう。
近頃は、エステサロンでの脱毛がかなり楽にできるようになってきました。しかし、日焼けをしたことによって、スケジュールを変更されたり、施術を断られた方も多いのではないでしょうか。現在エステサロンで使われている光脱毛は、日焼けした肌や色素沈着した肌には使用することができないのです。その理由は、主に2つあります。

他人に見られたくない場所の脱毛も可能

いくらエステティシャン相手でも、デリケートゾーンのような部分を他人に見せるのは抵抗があるでしょう。しかし、ケノンなら自分で施術するので、デリケートゾーンの脱毛も気軽にすることができます。エステに通っている方でも、VIO脱毛には抵抗があるので自分で処理してしまうという方も多くいらっしゃいます。さらに、エステサロンでの脱毛だと、サロンの予約が取れたともしても、生理中だと脱毛することができません。せっかくの予約が無駄になってしまいます。最悪の場合、次の予約は3ヶ月先になってしまうかもしれません。

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました