永久脱毛の痛み

ムダ毛を自分でお手入れする場合、その痛みというのは、それほど苦痛なものではないと思いますが、いかがでしょうか。
たとえば、剃刀を使用してムダ毛を剃っているときに、手が滑るなどで皮膚も切ってしまったということは、あるかもしれません。
いえ、どなたにも一度や二度はあることでしょう。
そのような痛みであったり、または皮膚が弱くて、剃刀負けしてしまうというかたもいらっしゃいますので、そのようなかたも、それなりの痛みはあるでしょう。
しかし、ご自身で剃刀負けをするとわかっていらっしゃるかたは、剃刀自体を使いませんからね。
脱毛テープや、脱毛ワックスでムダ毛を根こそぎ抜いてしまう方法は少々痛いです。
普通に髪の毛を引っ張ってみても痛いのと同じように、抜けるくらいの力をかけるわけですから、痛いのは当然ですね。
ただし、この痛みは一瞬のものです。
一瞬ではありますが、それを数回繰り返します。
永久脱毛するときの痛みというのは、この根こそぎ抜く痛みに近いといえば近いでしょう。
最近の永久脱毛というのは、ムダ毛の毛根を破壊するための光を放射するという方法が一般的ですが、光を放射するだけだから、痛くないというのは的確ではありません。
根元を破壊するのですから、痛みはやはりあります。
一般的に肌の上で輪ゴムを弾く程度の痛さという言われ方をします。
女性のほとんどが永久脱毛したいと願うワキのムダ毛は、太さもありますし、根元もしっかりとしていますので、他の部位よりも痛みが多少強いかもしれません。
ですが、感覚は人それぞれで、ワキよりも腕や脚のほうが痛みを感じたというかたもいますし、ほとんど痛くなかったというかたもいらっしゃいます。
少なくとも、心配したり不安になったりするほどの痛さではありませんので、まずは体験コースなどで試してみるのがお勧めです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました