永久脱毛のアフターケアについて

永久脱毛のアフターケアについて

医療レーザー脱毛や光脱毛の施術後のアフターケアについてご紹介します。

痛みがある場合はもちろん、赤みがある場合も、できるだけ触れず、刺激も避けて頂くのが基本です。

それでは、細かくみていきましょう!

※効果や感じ方には個人差があります。

洗顔・化粧水・乳液・メイク

当日から可能です。

しみる場合は翌日から可能です。

シャワー

当日から可能です。

赤みのあるうちは照射部位を強くこすることはせず、刺激のある物のご使用は避けてください。

例えば、クール作用のあるボディソープなどのメンソール入りのものは、施術部位に刺激になるためお控えください。

入浴

24時間後から可能です。

赤みがある場合は、赤み焼失後から可能です。

クーリング

赤み・かゆみがでることがあります。

症状が続く場合は、冷たいタオルで十分に冷やしてください。

水で濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やすと効果的です。

UVケア

施術を受けている期間は、日常的に日焼け止めを使用し、屋外でのスポーツや海水浴、ゴルフ、スノーボードなどの日焼けする環境は避けてください。

施術後に日焼けをすると色素沈着、色素脱失の原因となります。

保湿ケア

施術後は、肌の水分量が少なくなり、乾燥やかゆみを生じることがあります。

保湿ケアを行うことで、乾燥やかゆみを防ぐだけでなく、肌が柔らかくなり、次回の施術時に効果的に脱毛を行うことができます。

また施術時の痛みが軽減する効果もあるためおすすめです。

マッサージ

施術部位のマッサージは、1週間後から可能です。

色素沈着の原因となるので、1週間はマッサージを避けることが推奨です。

照射間隔

顔や首は、1ヶ月以上あける必要があります。

それ以外の部位は、2ヶ月以上あける必要があります。

その他

赤みが引くまでは、お肌への刺激が強いものは避けます。

プールは、強い塩素が含まれているので、入らないようにします。

激しいスポーツや飲酒、サウナ、ホットヨガ、温泉は、血行が良くなることで、炎症が長引いたり、悪化する原因となるため避けるようにします。

施術後は、残っているムダ毛を引き抜いてはいけません。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました