脱毛当日の服装に決まりはある?全身・部位別のポイントを解説!

脱毛当日の服装に決まりはある?全身・部位別のポイントを解説

脱毛を初めて受けるという方であれば、当日はどんな服装で行けばいいのか悩んでしまいますよね。

結論から言うと脱毛当日の服装に決まりはありませんが、肌への刺激や着脱のしやすさなど、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

そこで今回は、脱毛当日の服装選びのポイントを全身と部位別に分けて詳しく解説していきます。

脱毛が快適になる服装が気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※効果や感じ方には個人差があります。

全身脱毛を受ける日の服装のポイントは3つ!

脱毛当日の服装は基本的に自由ですが、以下のようなポイントを押さえておくと快適に脱毛を受けることができます。

  • 着脱しやすい服装
  • 肌への負担が少ない服装
  • 露出の少ない服装

特に脱毛後の肌は敏感になっているため、負担をかけない服装を選ぶことが大切です。

それぞれの内容を詳しく解説するので、脱毛を検討している方はチェックしてみてくださいね。

1.着脱しやすい服装

1つ目のポイントは、着脱しやすい服装を選ぶことです。

特に全身脱毛は、下着を含めた全ての着衣を脱いだり、施術着に着替える必要があるため、短時間で着替えることができる服装を選ぶ必要があります。

着替えに時間をかけてしまうと、施術時間が短くなってしまう可能性もあるため、できるだけ着脱しやすい服装を選びましょう。

具体的には、ワンピースやオールインワンなど、サッと着替えられる服装がおすすめです。

2.肌への刺激が少ない天然素材や締め付けのない服装

2つ目のポイントは、肌への刺激が少ない天然素材や締め付けのない服装です。

脱毛の施術後の肌はレーザーや光が照射されて敏感になっているため、刺激を与えてしまうと炎症を起こしてしまう可能性があります。

そのため、シルクなどの天然素材でできた服や、サラッと着られるゆとりのある服など、肌に負担をかけない服装を選びましょう。

3.紫外線が当たらないよう露出は避ける

3つ目のポイントは紫外線が当たらないよう露出の多い服装は避けましょう。

紫外線で日焼けした肌に脱毛をしてしまうと、レーザーや光が過剰に反応してしまい、火傷や痛みを引き起こし、トラブルの原因になることがあります。

特に夏場は、露出の多い服装を選びがちですが、脱毛施術部の日焼けがあると、脱毛の施術の際を断られてしまう可能性もあるため注意が必要です。

特に短パンは避け、ノースリーブを着る際は薄手のカーディガンを羽織るなど、工夫しましょう。

部分脱毛はどんな服装がいい?部位別におすすめを紹介!

部分脱毛は、全身脱毛のように全ての着衣を脱がなくてもいい場合が多いため、脱毛箇所に応じた服装を意識する必要があります。

以下では、下半身・上半身・顔脱毛の3つに分けておすすめの服装を紹介していきます。これから部分脱毛を受けるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【下半身】脚・VIO脱毛など

VIOや脚など、主に下半身を脱毛する場合は、紫外線を浴びるような、短い丈のものは避け、締め付けの少ないボトムスを選びましょう。

特にVIOはデリケートなうえ、レーザーや光が反応しやすい箇所なので、締め付けの少ない綿素材の下着と、サラッとはけるパンツやスカートがおすすめです。

また、下半身だけであればトップスを脱がなくてもいい場合もあるため、上と下が別れた服装を選ぶと簡単に着替えることができます。

【上半身】腕・脇脱毛など

上半身のみを脱毛する場合は、ボトムスを脱がなくていい場合も多いため、上下分かれた服装や、ゆとりのあるトップスを選びましょう。

例えば、大きめのパーカーやふわっと着られるブラウスは着脱しやすく締め付けもないためおすすめです。

ノースリーブのみだと腕に紫外線を浴びてしまうため、重ね着をするなど工夫してみてくださいね。

また、脇・腕脱毛のみであれば、キャミソールで施術を受けられる場合も多いため、カウンセリングなどで事前に確認しておきましょう。

顔脱毛

顔脱毛のみの場合、着替えが必要ない脱毛サロンやクリニックが多いため、来店してそのまま施術を受けられます。

ただ、タートルネックやフード付きのパーカーは、施術に使用するジェルが襟などについてしまう可能性もあるため、首元の広いトップスがおすすめです。

冬場の脱毛はどんな服装がいい?

冬は夏に比べて厚着になってしまうため、脱毛当日の服装に迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで以下では、冬場の脱毛に最適な服装のポイントを3つご紹介します。

意外に知られていない脱毛当時の冬服の注意点もご紹介するので、夏になる前に脱毛を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トップスは着脱しやすければ重ね着もOK!

冬場の脱毛は、着脱しやすいよう保温性の高い服を選んで、着込む枚数を減らせば、重ね着をしても問題ありません。

例えば、アウターを厚手のダウンにして、中は肌に優しい天然素材(コットン・カシミヤなど)でできたニットにすると、着脱がスムーズになるためおすすめです。

施術中の寒さが気になるかもしれませんが、ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、室内の温度調整をしたり、タオルをかけたりなどの防寒対策を行っています。

特に全身脱毛は施術時間が長くなるため、寒さを感じる際は遠慮せず気軽にスタッフへ伝えましょう。

タイツではなく脱ぎやすいボトムスがおすすめ

寒い時期はタイツやストッキングを履きたくなりますが、肌に擦れて負担がかかってしまいます。

そのため、タイツやストッキングは使用せず、着脱しやすく締め付けのない厚手のワイドパンツなどを選びましょう。

寒さを感じやすい足元は、靴下やブーツなどを履いてしっかり防寒してあげてください。

ヒートテックは肌が乾燥しやすいため注意

冬場のインナーとして人気の高いヒートテックですが、汗などの水分を吸収する性質があり、肌を乾燥させてしまうデメリットがあります。

脱毛時の乾燥は肌トラブルの原因になるため、できるだけ通気性がよく吸湿性のある服を選びましょう。

特に、背中やお腹などを広範囲を脱毛した後にヒートテックを着ると、発疹などの肌荒れが起こりやすいので注意が必要です。

脱毛当日に服装以外の身なりで気を付けること

ここまで、脱毛当日の服装選びについてお話ししましたが、その他にも以下のような身なりに気を配るとより施術がスムーズになります。

  • 髪型
  • アクセサリー
  • メイク
  • コンタクトレンズ

お出かけや仕事の合間に通う場合は、髪型やアクセサリー、メイクにも気を配りたいところですよね。

ただ、脱毛を受けるうえで邪魔になってしまう場合もあるため、以下で紹介する身なりの注意点を確認しておきましょう。

髪型

施術時は照射箇所に合わせて、仰向けになったりうつ伏せになったりするため、髪が乱れてしまいます。

そのため、脱毛当日は髪型が崩れることを前提に、ラフなヘアスタイルにして髪型や崩れてもいいようにヘアゴムを持参するのがおすすめです。

また、ピン留めをさしていると仰向けになった時に頭皮に当たってしまうこともあるため、施術前に外しておきましょう。

脱毛サロンやクリニックによっては、ドライヤーやヘアアイロンを用意してくれているところもあるため、髪型を崩したくない方は事前に確認してみてください。

アクセサリー

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、施術前に外す必要があるため、できるだけ付けていかない方が着替えもスムーズになります。

また、小物入れがない脱毛サロンやクリニックだと、紛失してしまう可能性も。

アクセサリーは施術後にパウダールームやトイレで付けることもできるため、来店時は外した状態が無難です。

メイク

メイクは毛穴を塞いでしまうため、顔脱毛を受ける場合は施術前に落とさなくてはいけません。

着替えに加えメイク落としにも時間がかかれば、その分施術時間も短くなってしまいます。

そのため、脱毛当日はできるだけ何も付けていないすっぴんの状態で来店するようにしましょう。

パウダールームがあるところだと、施術後にゆっくりお化粧直しができるので、用事がある方はメイク道具を持参するのもおすすめです。

コンタクトレンズ

コンタクトの方は、脱毛の部位によっては、脱毛の施術前にコンタクトを外す必要があるので、注意が必要です。

カウンセリングの際に、事前に確認をしておきましょう。

もし、外す必要がある場合は、コンタクトケースの持参を忘れずに!

脱毛施術の時は、すっぴんメガネの方が、気楽に脱毛の施術を受けることができるかも知れません。

メンズ脱毛に服装の決まりはある?

メンズ脱毛を受ける男性の服装も、気をつけるべきポイントは基本的に女性と同じです。

できるだけ着脱しやすく、肌への負担が少ない、ゆとりのある服を選びましょう。

ヒゲ脱毛のみであれば着替えの必要はないため、首もとが空いたTシャツや胸元を広げられるブラウスがおすすめです。

施術時の服装についてよくある質問

脱毛用のガウンの着方は?

ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、施術用のガウンや紙ショーツが用意されています。

どのようなガウンを採用しているかは様々ですが、水泳の円形タオルのように脇の下で止められるものが多いようです。

施術着の着用方法は事前に伝えられるため、わからないことがあれば気軽に質問してみてくださいね。

脱毛箇所に関係なくブラジャーは外さなきゃいけない?

ブラジャーは上半身の脱毛をする際は外す必要がありますが、下半身のみであればそのままでも大丈夫です。

脇脱毛や腕脱毛のみの場合も、脱毛サロンやクリニックによっては脱がなくていいところもあるため、事前に確認しておきましょう。

脱毛箇所が露出できていれば着替えはいらない?

部分的な脱毛をする際、脱毛箇所の露出ができていれば着替えなくていい場合もあります。

ただ、脱毛サロンやクリニックによっては、脱毛部位に限らず施術着に着替えるルールになっているところもあるため、事前に確認が必要です。

【まとめ】脱毛当日は着脱しやすく肌に優しい服装を選ぼう!

脱毛当日の服装には、基本的に決まりはありませんが、着脱しやすく肌に優しいものを選ぶと、スムーズに脱毛を進めることができます。

特に天然素材や紫外線予防に考慮した服装を選ぶことは、術後の肌トラブルを防ぐことにもつながるため、ぜひ取り入れましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました