日焼けした肌は脱毛できません?

日焼けした肌は脱毛できません

春から夏にかけて肌の露出が増えるため脱毛サロンに通い始める方が増えます。しかし脱毛は、施術方法にもよりますが一般的には日焼けした肌では脱毛効果を実感しにくい傾向にあります。そのため脱毛サロンへ通う季節は、秋から冬にかけてがオススメです。

レーザー脱毛と光脱毛について

これらの脱毛は黒い色素に反応して脱毛します。つまり肌の色が白い場所の脱毛は可能ですが、反対にもともとの体質や日焼け、色素沈着で肌の色が黒みを帯びている場所の脱毛はできません。他にも太くて黒い毛は脱毛できますが、産毛や白色または金色を帯びているような毛には脱毛の効果は期待できません。

脇の下を剃ると黒ずむ理由

それは「メラニン」が原因なのです。メラニンとは、お肌を守るために作られるものであり、紫外線や剃刀での摩擦などの刺激によってお肌の中で作られます。例えば、紫外線をたくさん浴びて日焼けした肌は黒くなりますよね。それはメラニンが作られているからなのです。しかし、日焼けで黒くなった肌も時間が経つといつのまにか元の肌色に戻ります。なぜならお肌の中で作られたメラニンは、お肌の生まれ変わりのサイクルにのって、自然と垢となって排出されるからです。ところが何らかの理由でお肌のサイクルが遅れてしまっている場合は、メラニンがうまく排出されずお肌の中に残ってしまうのです。これが黒ずみとなり、そのまま放っておくとシミになってしまいます。

脱毛サロンでの施術後は、保湿ケアが大切

脱毛サロンでの脱毛は、レーザー脱毛などでムダ毛を焼いて処理するため、夏の日焼けのような影響を肌に与えます。この日焼けを放置しておくと、肌の黒ずみの原因となってしまいます。脱毛後も白さと綺麗さを維持するためには、保湿をしっかりと行うのが良いでしょう。脱毛クリニックでもある程度は保湿をしてくれますが、自分でも自宅でのシャワー後や洗顔後などに保湿をして、肌の健康を保つようにしましょう。

痛みの感じ方について

日焼けをした人はレーザー脱毛をさせないという医師もいるようです。理由は レーザー脱毛の強い光でやけどをする可能性があるからです。光が強いという事は、痛みも強くなるという傾向があります。痛みの感じ方は人それぞれです。痛みを感じない人もいれば、チクチク、ピリピリとした痛みを感じる人もいます。しかし、耐えられないほどひどい痛みではありません。もう一つの違いは、費用です。レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛より少し費用がかかるようです。

医療レーザー脱毛のいくつかのデメリット

・比較的痛みが強い
・黒い色に反応するため、日焼けした肌への施術はできない場合がある
・レーザーの出力によっては、火傷をする可能性がある。

ニードル脱毛のさまざまなメリット

・高い脱毛効果
・永久脱毛が可能
・毛が隠れている場合や、日焼けした肌でも可能

フラッシュ脱毛では脱毛できない部位があります

ほくろ、しみ、あざ、色素沈着、日焼けした肌、乳首周り、タトゥーのある部位など、一般的に色素沈着が強い部位はフラッシュ脱毛を行わない方が良いとされています。また、日焼けした肌にもフラッシュ脱毛はおすすめできません。

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。
最近、体毛の事が原因でいじめにあう子もいるそうです。お母さん世代の頃に比べると子供達の成長は早く、若い年齢のうちに体毛の悩みも出てくるようになってきています。最近、子供も利用できる脱毛サロンの宣伝が出ていますが、皆様はどう思われますか?

光(フラッシュ)脱毛ができない部位(場所)

1.色素が強い部分(ほくろ、タトゥー、日焼け部分等)
光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光がメラニンと言われる毛の黒い色に反応し、その部分を熱処理するという方法で脱毛します。そのため、ほくろなどの皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるのでお断りの可能性が。
2.粘膜部分
粘膜部分にも光(フラッシュ)脱毛の光を照射することができません。理由は、粘膜部分はデリケートで傷つきやすいためです。個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高くなります。

生理中の脱毛サロンの利用について

生理中の脱毛を拒否するサロンもあると言われています。生理中のお肌への影響を考慮しているという理由とは別に、サロンの本音としては「衛生面の管理」という理由もあるようです。確かに、生理中だけどワキならOKであったとしても、仰向けになって施術を受けるとなるとモレなどが心配な場合もあります。サロンのトイレを使わなければならないこともあり、エステサロンでは衛生面や清潔感が重要視されますので、「VIOを除き生理中の施術もOK」と書いてあるサロンでも、生理1日目~3日目は、サロンでのマナーを守るためにも行くのは避けた方が良いでしょう。
近頃は、エステサロンでの脱毛がかなり楽にできるようになってきました。しかし、日焼けをしたことによって、スケジュールを変更されたり、施術を断られた方も多いのではないでしょうか。現在エステサロンで使われている光脱毛は、日焼けした肌や色素沈着した肌には使用することができないのです。その理由は、主に2つあります。

脱毛では肌に強い負担が

例えば日焼けした肌は、紫外線により強いダメージを受けています。その弱った肌へ、キツい光を当てると肌細胞はさらに弱ってしまいます。脱毛マシンの光はかなり強い為、日焼けによって弱った肌の後に施術をすると、火傷を起こしてしまう危険があるのです。
2つ目の理由は、光脱毛の特性によるものです。光脱毛は、黒い色に反応して熱を加えます。つまり、肌が白ければ毛だけに反応するわけですが、肌が黒色に近ければ近いほど肌の色にも反応してしまうというわけです。なので、そのままの強い光ではお肌にやけどのようなダメージを与えてしまう恐れがあります。そのため、肌に負担がかかったり火傷を防ぐために照射レベルを下げて対応するのが一般的なんです。しかし、あまりレベルを下げ過ぎると今度は肝心の毛根へのダメージも減り、脱毛効果が得られにくくなってしまいます。このような理由から、エステでは日焼けした肌では脱毛出来ないと言われています。

脱毛をした後は、日焼けをしないように

日焼けした後に脱毛することも注意が必要です。光脱毛により肌が弱い状態になっているので、少し日焼けしただけで火傷のようになってしまう可能性があります。脱毛後は通常よりも肌のダメージを受けていることを自覚して、長時間紫外線を浴びないことが大切です。
ムダ毛のないツルスベ肌を目指して通いたい脱毛サロンですが、脱毛でやけどをするなどのちょっぴり不穏なウワサを聞きつけました。もしもそれが本当だとしたら、ツルスベ肌どころか、傷を負ってしまいます……。脱毛サロンは危険?というのは本当でしょうか。実際に脱毛とやけどの関係性についてリサーチしてみます。

毛穴が広がる原因

稀にですが、脱毛サロンで脱毛をしたことで、毛穴が大きくなったり、目立つようになったという方がいらっしゃいます。そのような場合は、脱毛施術後の自分の行動をよく振り返ってみてください。アフターケアは万全ですか?脱毛施術後は、肌が脱水状態になりやすいため、しっかりと保湿をする必要があります。また、治療の種類によっては、脱毛後に日焼けすることも禁止となっているのです。これらの注意点を守らないと、毛穴の開きなどの肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました