施術後に火傷症状を残さないために

医療レーザー脱毛のいくつかのデメリット

・比較的痛みが強い
・黒い色に反応するため、日焼けした肌への施術はできない場合がある
・レーザーの出力によっては、火傷をする可能性がある。

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。
最近、体毛の事が原因でいじめにあう子もいるそうです。お母さん世代の頃に比べると子供達の成長は早く、若い年齢のうちに体毛の悩みも出てくるようになってきています。最近、子供も利用できる脱毛サロンの宣伝が出ていますが、皆様はどう思われますか?

脱毛では肌に強い負担が

例えば日焼けした肌は、紫外線により強いダメージを受けています。その弱った肌へ、キツい光を当てると肌細胞はさらに弱ってしまいます。脱毛マシンの光はかなり強い為、日焼けによって弱った肌の後に施術をすると、火傷を起こしてしまう危険があるのです。
2つ目の理由は、光脱毛の特性によるものです。光脱毛は、黒い色に反応して熱を加えます。つまり、肌が白ければ毛だけに反応するわけですが、肌が黒色に近ければ近いほど肌の色にも反応してしまうというわけです。なので、そのままの強い光ではお肌にやけどのようなダメージを与えてしまう恐れがあります。そのため、肌に負担がかかったり火傷を防ぐために照射レベルを下げて対応するのが一般的なんです。しかし、あまりレベルを下げ過ぎると今度は肝心の毛根へのダメージも減り、脱毛効果が得られにくくなってしまいます。このような理由から、エステでは日焼けした肌では脱毛出来ないと言われています。

脱毛をした後は、日焼けをしないように

日焼けした後に脱毛することも注意が必要です。光脱毛により肌が弱い状態になっているので、少し日焼けしただけで火傷のようになってしまう可能性があります。脱毛後は通常よりも肌のダメージを受けていることを自覚して、長時間紫外線を浴びないことが大切です。
ムダ毛のないツルスベ肌を目指して通いたい脱毛サロンですが、脱毛でやけどをするなどのちょっぴり不穏なウワサを聞きつけました。もしもそれが本当だとしたら、ツルスベ肌どころか、傷を負ってしまいます……。脱毛サロンは危険?というのは本当でしょうか。実際に脱毛とやけどの関係性についてリサーチしてみます。

実際の脱毛にはどのような方法があるでしょうか?

一般にはレーザー脱毛、光脱毛、針脱毛、電気脱毛といった手法が主なところです。ではこれらの中で火傷のリスクを考慮した場合、どの程度までは安全だと言えるのでしょう?

脱毛は火傷を起こす可能性が

脱毛施術が火傷の原因になると言われているのは、熱源を使用して脱毛していることが話の発端になっています。レーザーや光はすべて熱を持つものですよね?これらを直接肌に当ててムダ毛や毛根、毛の種を除去をするのですが、その熱でやけどをするのではないかという噂が流れているのです。しかし、よく考えてみるとこれらの脱毛方法はとってもメジャーなものです。もし、施術するたびに火傷をしていたら、誰も脱毛しませんよね?言い方を変えると、脱毛施術の中には、いくつか熱を利用するものもあります。しかし、それはやけどにはならない程度の熱でダメージを与えるほど焼くわけではありません。とはいえ、怪しい脱毛サロンで誤って脱毛器を肌に近づけてしまった場合、火傷をしないとは言い切れません。しかし、評判の良い脱毛施設で十分な施術を受ければ、やけどになる危険性は非常に少ないと言えます。

気になることがあれば、カウンセリング時に相談する

いかがでしたか?
脱毛で火傷をする可能性がある、と思っている方もいると思います。
しかし、その大半は心配するほどのことではありません。
それでも不安な場合は、脱毛サロンの担当者に相談し、肌への負担が少ない施術を選びましょう。
これから脱毛サロンに通う事をお考えの方、通われるサロンにどんな保証システムがあるかご存知ですか?電化製品の故障トラブルに保証がある様に、脱毛サロンもトラブルに対応するための保証が用意してある事が多いです。慌てて契約書を見ようする前に、今一度、一緒に脱毛サロンの提供する保証について検討してみましょう。

施術後はしっかりと保湿すること

近年、ムダ毛を自分で処理するのではなく、プロの手で脱毛することを選択する女性が増えています。プロによる脱毛は、自己処理と比較すると、当然ながら効果は高く、長持ちしますし、自然な仕上がりになります。せっかく手に入れた「つるつる」肌を維持するためにはどうすればよいでしょうか?脱毛後は肌が乾燥しやすくなるため、その後の保湿ケアが重要になります。しかし、まず脱毛をする前に、肌の保湿をしなければならないことをご存知でしょうか?
レーザーを照射した後の肌は、軽く火傷をしたような状態になります。レーザーは毛根を加熱するため、施術中に肌の水分が一部失われるのは当然のことなのです。しかし、施術が終わったときにしっかりと保湿をしていただければ、特に気にする必要はありません。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました