小学生の女子でヒゲが濃い場合、どうしたらいいのでしょうか?

子供を持つ親にとって、我が子の悩みは尽きません。ある日、子供が学校から帰ってきて、友達に「○○ちゃん、口の周りにヒゲが生えてるよ」と言われ、自分の産毛を気にするようになったら、親としてはどうしたらいいのか戸惑うことがあるかもしれません。小学生の女子のヒゲは高学年になると目立ってくる場合が多いといわれています。ホルモンバランスの乱れから、「産毛」の段階を越えてヒゲが濃くなることもあります。子供のムダ毛は産毛のような細い毛ですが、それでも口の周りに生えればヒゲのように目立ってしまいます。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

小学生の女の子の毛が濃いと、将来さらに毛が伸びてコンプレックスにならないか、学校でクラスの男子や仲間からバカにされないか、親として心配になることもありますよね。一方で、小学生のムダ毛処理なんてまだ早い!と思う方もいるかもしれません。この場合、「子供が何を望んでいるのか」というのが問題となります。月経が始まり、女性ホルモンが活性化すると、女の子の体毛は自然と減っていくことがあるのです。若い子が気にしないのであれば、放置しておいてもよいでしょう。しかし、小学生のお子さんが、同級生から「ヒゲが生えたね!」とからかわれ、悩みを抱えてしまうようなことがあれば注意が必要です。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

小学生の気になる「ひげ」対策

親にとって、子どもの悩みは自分の悩み以上に気になることです。正しいケアでお子さんの悩みを一つでも減らし、楽しい学校生活を送れるように助けてあげてくださいね!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました