家庭用脱毛器の注意点とは?

家庭用脱毛器もあり

家庭で使えるレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の機械も売られています。自分のペースで脱毛できるので、時間やお金がない人はこちらの方がいいかもしれませんね。
脱毛サロンで行われている脱毛の中で、最もよく見かけるのがフラッシュ脱毛(光脱毛)ではないでしょうか。少し前までは、レーザー脱毛が主流でしたが、最近は医療脱毛でも人気が出てきました。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)は一見似ているようですが、そのプロセスは大きく異なっています。この2つの脱毛方法の違いは、どちらの方法を選ぶか迷っている人にとって気になるかもしれません。ここでは、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて比較していきます。

エステでの脱毛は予約が取りにくいのが難点

脱毛に通うのを辞めた人は、その理由として「予約が取りにくい」ことを2番目に挙げているくらいです。エステサロンは新規顧客を獲得するために、待ち時間を埋めることに躍起になっています。そのため、コースに申し込んでもキャンセル待ちが混雑しているため、予約を取るのが難しいのが現状と言えます。脱毛の施術は、毛の生え変わりの周期に合わせて行うことが望ましいとされています。それで基本的には、1年に4?6回エステに通う必要があります。でもケノンなら、自分の毛の周期に合わせて、年に10回でも20回でも行うことができます。自宅で好きな時に脱毛できる家庭用脱毛器のケノンが家にあれば、エステに通う手間もいりません。時間とお金をかけてエステサロンに通う必要が無くなるのです。さらに、エステサロンの営業時間とは関係なく、好きな時間に施術を受けることができます。小さなお子様がいて、定期的にエステサロンに通うのが難しいというお客様にとっても、これは魅力的ではないでしょうか。

ケノンは日本のブランド

ケノンは、日本人の肌に合うように作られた日本製の商品です。日本人の肌を徹底的に研究し、日本人の肌に合わせて作られているので、とても安全です。またフェイスケアにも使えるので、脱毛だけでなく美顔効果も期待できます。エステではフェイスケアは別コースになるので、そう考えると1台2役はとてもお得ですよね。エステサロンからケノンに移行される方が急増しており、芸能関係者や元エステティシャンの方にもケノンは多く使われています。それだけ、プロの目から見ても、優秀な脱毛器ということです。エステでの脱毛とケノン、どちらにするか迷っている方にはケノンをおすすめします。
家庭用の光脱毛器ケノンを使ってみたいけど、使いこなせるかどうか不安・・・という人は結構いるのではないでしょうか。そんな方のために、ケノンを効果的、効率的に活用するためのポイントをご紹介していきます。ケノンの購入を検討している方も、すでに購入されている方も、せっかくなら最大限有効活用したいですよね。そこで、ケノンを使う上で最も重要なことをまとめてみました。

ケノン使用後は十分な保湿を心がけて

ケノンの脱毛処理は光を照射して行います。これは肌に負担のかかる行為です。そのため、照射前の冷却と施術後の保湿ケアは大変重要になります。ケノンを使用した後は、お肌が乾燥した状態になるため、バリア機能が低下し、少しの刺激でも肌のトラブルを起こしやすくなります。ケノンで脱毛をした後は、ローションや保湿クリームなどでしっかりと肌の保湿ケアをするよう心がけてください。正しい使い方をすれば脱毛ケノンで簡単に脱毛できます。ただし、使用前と使用後のスキンケアはとても重要です。ケノンは使用後1週間ほどで毛が抜け落ちます。きれいに脱毛を行うためにも、使用前に正しい使い方を確認してから使用してください。
海に行くときなど、ビキニラインのムダ毛が気になりますよね。ビキニラインの肌は敏感なので、ムダ毛の処理により肌トラブルが起こり、長い間治療が必要になるケースもあります。しかし、エステに通って、VIO脱毛の施術を受けることに抵抗のある人もいると思います。そんな人には、家庭用光脱毛器のケノンを使用することをおすすめします。

ケノンは、日本国内で販売されている家庭用光脱毛器

光脱毛は、エステサロンで行われている脱毛の中で最も一般的なもので光が黒い色素と相互作用することを利用した脱毛技術です。脱毛したい部分に光を当て、毛根にダメージを与え、脱毛します。ケノンは、エステサロンとほぼ同等の光脱毛ができるように開発されています。 

脱毛のためのラボ

全身脱毛を専門とするこの施設では、12歳から脱毛が可能です。また、中学生でも保護者同伴であれば脱毛が可能です。どの店舗も徒歩0~5分圏内にあり、駅近で便利な立地です。また、万が一効果がなかった場合の100%返金保証も行っています。エステティックサロンで初めて「月額定額制」を導入し、全身脱毛が毎月9,980円からとなっています。カウンセリングの現場 子供向けの脱毛サロンを選ぶ場合も、大人向けのサロンを選ぶ場合とほぼ同じ流れになります。子どもの肌はとても弱いので、安全性や不快感、肌への負荷には気をつけたいものです。また、店内や従業員間で、若い人が気持ちよく過ごせるような環境を整えることも肝心です。お近くのサロンの無料カウンセリングを予約し、サロンの雰囲気や接客を吟味した上で、どのサロンにするか選ぶことを提案します。
皆さんは、普段どんな方法でムダ毛の処理をしていますか?自宅で簡単に使えるカミソリや毛抜き、塗って拭き取るだけの除毛ローション、電気シェーバー、家庭用脱毛器など、さまざまなものがありますよね。そんな中、自宅でのムダ毛処理をせず、脱毛サービスを選ぶ人が増えているそうです。その原因、きっかけは一体何なのでしょうか?脱毛サロンに乗り換えた人たちの証言をもとに、今回はその理由を探っていきます。

なぜ脱毛にはアフターケアが必要なのか?

まず、脱毛になぜ施術後のメンテナンスが必要なのか、という根本的なテーマについて説明します。毛抜きなどで毛を抜くと、毛根がついたまま無理やり引き抜かれるため皮膚は大きなダメージを受けます。家庭用脱毛器を使用する場合、外部から熱源を皮膚に導入することがあります。この熱源は、皮膚を熱くする原因となります。これも肌へのダメージがかなり大きいです。つまり、脱毛というのは、どのような手法であれ、肌に負担をかけることに変わりはないのです。だからこそ、脱毛にはアフターケアが重要なのです。

どのクリニック・サロンで脱毛するかを選びましょう

自分がどこまでの脱毛効果を期待しているかによって決めるのがひとつの方法です。どうしても「永久脱毛」にこだわりたい場合はやはりクリニックで医療脱毛するのがいいでしょうし、自己処理をしなくていい程度の脱毛でよければエステサロンでも十分でしょう。また、価格の問題もあります。1本ずつ処理をするニードル脱毛は部分脱毛でもかなり高額になりますし、医療レーザーも保険適用外なので全身脱毛には相当の費用がかかります。一方、エステサロンの場合は「ワキ脱毛○○円!」といったキャンペーンなどもあり、全身脱毛でもレーザー脱毛の半額程度で受けることができます。トータルの費用と期待している脱毛効果の両方を十分に考えたうえでどこで脱毛するかを決めましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は「永久脱毛」についてご紹介しました。エステサロンで行われる施術は「永久脱毛」とは呼べませんし、「永久脱毛」は「永久に一本も毛が生えてこない」という意味ではない、という根拠があるそうです。医療機関もエステサロンも、脱毛には多額の費用がかかります。後で後悔しないためには、事前によく比較・検討し、自分の希望に合ったものを選びましょう。
家電量販店などでは、家で使えるいろいろな脱毛器が販売されています。種類も多く、値段もさまざま。欲しいと思う人が多いのもうなずけます。では、実際に家庭用脱毛器を使用した効果はどうなのでしょうか?今回、脱毛器を購入したいと考えている人が知りたい、種類や効果についてのお得な情報を詳しくお届けします。

家庭用脱毛器の魅力はどこにあるでしょうか?

家庭用脱毛器の魅力のひとつがお値頃感です。種類によって異なりますが、一般的に家庭用脱毛器はエステサロンで同じ回数の施術を受けるよりも安価であることが多いです。気になる部位を好きなだけケアできるので、長期的に見るとサロンに通うより脱毛費用を安く抑えることができます。そして、もうひとつの魅力が手軽さにあります。わざわざエステサロンに通う必要がなく、好きなときに自宅でお手入れできるので、忙しい方にもおすすめです。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・熱線式除毛という異なる3つの方式が主に採用されています。その違いを見ていきましょう。一つ目のフラッシュ脱毛器は光を当ててムダ毛を処理をします。照射範囲が広く一度に多くの毛を処理することが出来ます。光を当てるだけなので痛みも中々感じません。使用される光はフラッシュ光というもので、美肌効果も期待出来ると言われており、脱毛と美肌対策が一度に出来る優れものです。二つ目はレーザー脱毛器です。クリニックなどで専門的に使用されているレーザーを一般家庭用に出力を下げ調整したもので、その効果は抜群です。ただし、比較的施術時の痛みが出やすいタイプなので、痛みに敏感な方は別のタイプをおすすめします。最後に熱線式除毛器です。熱を使用して毛を焼いて処理するものなので、これまでの二つとは違い毛根の処理をすることはありません。ムダ毛を根本的になくすことは出来ませんが、手軽に処理が出来ると言う面で、敢えて好んで使用する方もいます。

脱毛器に効果があるって本当?

脱毛器はどのくらい効果があるのでしょうか?それは本当です!多くのサロンで採用されているフラッシュ式脱毛器は脱毛効果が実証されています。家庭用脱毛器も原理は同じですから、脱毛効果はあるとみてよいでしょう。レーザー脱毛器も同様です。これらは医療用レーザーと同じ仕組みで動き、すべてのムダ毛を完全に根絶することができるでしょう。しかし、これらの脱毛器は即効性はありません。使用回数はお持ちの脱毛器の種類や毛の量、濃さによって異なりますが、10回前後を目安に使用するとよいでしょう。いかがでしょうか?これから購入を考えている方は、自分のニーズに合った種類を選び、早速自宅で脱毛にチャレンジしてみてください。
一般的なワキ脱毛やVIO脱毛はサロンや皮膚科で知られていますが、顔の脱毛はそれほど認知されていないでしょう。しかし、この顔脱毛は化粧ノリが良くなるということで、今注目を集めています。そこで、今号の特集は「顔脱毛」です。

皮膚に毛が埋もれてしまうことも

これは、すね毛を抜くということを繰り返すうちに、毛が表面にでてこず、皮膚の下で渦を巻いてしまうことがあります。これを「埋没毛」といいます。すね毛を無理矢理抜くことで皮膚を傷つき、かさぶたができてしまします。これが毛穴をふさぎ、毛が皮膚の表面に出てこなくなってしますのです。針などを使って埋没毛を取り出すことも可能ですが、自分でやると皮膚を傷つけてしまう可能性があるので、その場合は専門家にしっかり診てもらうことをおすすめします。
足のムダ毛はこまめに処理しておきたい箇所ですよね。濃いすね毛のセルフケアの方法として、家庭用脱毛器を使う人も増えているようです。
家庭用脱毛器なら、自分の好きな時間に処理できるというメリットもあります。
そこで、すね毛を家庭用脱毛器でセルフケアすることのメリットとデメリットについて、まとめてみました。

家庭用脱毛器のメリットに注目

家庭用脱毛器には様々なメリットがありますが、中でも注目すべきは「いつでも脱毛できる」という点です。サロンに通う際の脱毛は、忙しい人にとっては時間的に厳しいときもあります。しかも、サロンは何十万円もかかるかもしれませんが、家庭用脱毛器は長く使うことができ、サロンと同じような効果が期待できます。ワキ毛、腕毛、すね毛などの気になる部位に、数週間にわけて活用することにより、毛が薄くなっていくのを実感でき、継続して行えます。また、家族で共有することもできるため、コストパフォーマンスも抜群です。

家庭用脱毛器には欠点も多い

メリットはいくつかありますが、サロンにある機器よりも弱く作られていたり、すぐに毛を抜くことができなかったりします。また、自分で手の届かない部分や見えない部分は、家族や友人にお願いするしかないのが不便ですね。サロンに通う必要はありませんが、毛の周期をある程度自分で考えて脱毛しなければならないので、自分で計画を立てて実行する形になります。また、素人が脱毛をしているので、肌トラブルが発生しても対処できないことがデメリットとして挙げられます。

脱毛器を使用してすね毛を処理することにはいくつかのメリットが

。濃くないすね毛であっても剃刀で処理し続けると断面が広がり目立つようになります。しかし家庭用脱毛器を使用し処理することで毛を少しずつ薄くしていくことが可能です。すね毛は毛が太くないため、脱毛をする際の痛みもあまり感じずに行うことができます。私自身も使用しているオススメの家庭用脱毛器、ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器で照射範囲が広く、他の脱毛器よりも使用時間が短くて済みます。濃いすね毛にお悩みの男性にもオススメです。

すね毛を脱毛するデメリット

一般的に男性のすね毛は女性に比べて濃いと言われています。個人差はありますが、男性の濃いすね毛は家庭用脱毛器で処理することが難しいことが多いです。また脱毛前に一度剃らなくてはならないため、生えてくるまでのチクチク感が気になる方も多いです。
自己処理でも脱毛サロンでの施術でも、ワキ脱毛後のアフターケアとして保湿は欠かせません。ここでは、ワキ脱毛後の保湿ケアが重要である理由とその方法についてご紹介します。健康な肌を保つためにもぜひ参考にしてみてください。

3勢いよく剥がす

シートを剥がす際の痛みを気にして恐る恐る剥がしてしまうと、脱毛の効果は期待できません。一気に剥がすことで痛みも軽減されます。シートは上方向ではなく、肌と平行に、毛の流れに逆らうようにはがすのがコツです。ぜひ、これらを参考に、より効果的に脱毛できるワックス脱毛にチャレンジしてみてください。
脱毛器には、デリケートゾーンに使えるものと使えないものがあります。
家庭で気軽に脱毛ができると最近多くの方が話題にし始めている家庭用脱毛器ですが、せっかくならデリケートゾーンの脱毛も行いたいですよね!
ですが、デリケートゾーンの肌は角質層が薄くとても敏感ですので家庭用脱毛器によっては使用禁止になっているものもあるので注意が必要です。
また、脱毛の際には光を当てて細胞にダメージを与えるのですが、この光は黒い色に反応するようになっています。デリケートゾーンの皮膚は他の部位よりも色が黒いため、ダメージを受けることがあります。脱毛機の購入の際はデリケートゾーンにも使用可能かどうか確認するようにしましょう。
サロンに行かずに自宅で簡単にデリケートゾーンのムダ毛処理ができる家庭用脱毛器は忙しい方にはぴったりです。全身使用も可能なので是非お試しください。
体の中で最も敏感な部位であるデリケートゾーンに使用できる家庭用脱毛器の選び方は、最初に、VIOを活用したい場所それぞれに使えるかどうかを判断します。Vラインには使えるものが多いですが、IOラインには使えるものが多くありません。次に、出力レベルにも気を付けましょう。デリケートゾーンに使用すると違和感を覚える人が多いので、そもそも出力レベルができるだけ低いものを選ぶようにしましょう。最後に、照射回数が制限されているものや、必要に応じて交換できるものなどがありますから、自分にとって操作が簡単な種類を選んで購入するようにしましょう。
脱毛クリームを使ったデリケートゾーンのムダ毛処理と3つのコツについてご紹介いたします。デリケートゾーンは肌のなかでもとても敏感な部分です。そのため処理をする際にはデリケートゾーン専門の脱毛クリームを使用します。最初に使用する前にパッチテストを行い、問題がないことを確認して処理を進めた方が安全です。また、クリームが粘膜部分に付着すると思わぬトラブルが生じることもあります。クリームを一度に大量に塗ることは避け、少量ずつ優しく塗っていくことが肌を守るために必要です。一定時間置いた後はクリームをふき取り、ぬるま湯で十分洗い流します。最後にアフターケア専用のクリームをつけ、保湿を忘れないことも大切です。
脱毛クリームを使うには3つのポイントがあります。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました