子供の脱毛とは?

子供の脱毛の影響・効果は?

小学生や低学年の子供の脱毛は良くも悪くも様々な意見があり、まだ早いと考える人も多いようです。女の子の場合、ホルモンバランスが整う20歳くらいまではムダ毛の状態も不安定であり、子供の頃に一度脱毛してもまた生えてくる可能性があります。ただ子供がどうしても悩んでいて対策をしたいようであれば、「またムダ毛が生えてもその時はその時だ」と思って、エステに相談してみるのも良いでしょう。

子供向けの脱毛ができるエステサロンは?

サロンによっては、小学生でも安全・綺麗に、かつ確かな効果を出してくれます。また、親子が同じ脱毛コースに通う場合、割引が適用されるサロンもあります。このように子供でも脱毛可能な大手サロンも増えてきていますが、年齢制限はサロンによって異なります。

Dioneディオーネ

3歳のお子様から脱毛の施術を受けることが可能です。そのDioneディオーネの施術方法は、ハイパースキン脱毛です。小さな子供のために「無痛で肌に害がない」をコンセプトに開発された脱毛方法なので、アトピーやニキビ肌、敏感肌、色黒の方の間で大変人気が高まっています。子供の肌は大人より弱く、紫外線にあたる時間が多いので、気にせず脱毛できるのがメリットです。また多くのサロンではフラッシュ脱毛が主流なので、施術中に熱く感じる事がありますが、ハイパースキン脱毛は強い熱量を使用しないため、3歳のお子様でもほとんど無痛で施術が可能です。ですがその分料金が、他のサロンと比べると少し割高になります。

脱毛のためのラボ

全身脱毛を専門とするこの施設では、12歳から脱毛が可能です。また、中学生でも保護者同伴であれば脱毛が可能です。どの店舗も徒歩0~5分圏内にあり、駅近で便利な立地です。また、万が一効果がなかった場合の100%返金保証も行っています。エステティックサロンで初めて「月額定額制」を導入し、全身脱毛が毎月9,980円からとなっています。カウンセリングの現場 子供向けの脱毛サロンを選ぶ場合も、大人向けのサロンを選ぶ場合とほぼ同じ流れになります。子どもの肌はとても弱いので、安全性や不快感、肌への負荷には気をつけたいものです。また、店内や従業員間で、若い人が気持ちよく過ごせるような環境を整えることも肝心です。お近くのサロンの無料カウンセリングを予約し、サロンの雰囲気や接客を吟味した上で、どのサロンにするか選ぶことを提案します。
皆さんは、普段どんな方法でムダ毛の処理をしていますか?自宅で簡単に使えるカミソリや毛抜き、塗って拭き取るだけの除毛ローション、電気シェーバー、家庭用脱毛器など、さまざまなものがありますよね。そんな中、自宅でのムダ毛処理をせず、脱毛サービスを選ぶ人が増えているそうです。その原因、きっかけは一体何なのでしょうか?脱毛サロンに乗り換えた人たちの証言をもとに、今回はその理由を探っていきます。

抑毛ローションとは

抑毛ローションは肌に極力負担をかけず、ムダ毛が生えるのを抑えるものです。ほとんどの製品は天然成分から作られています。使用後の即効性はありませんが、徐々に毛を細く、薄くしていき、再びムダ毛が生えにくくなる効果があります。また高い保湿効果があるので、肌荒れも防止できます。そしてなにより、刺激を与えたくない子供の肌のムダ毛処理に使えるのが大きな利点です。

子供のムダ毛を処理する上手な方法は

子供の肌は大人と比べると、弱くて敏感です。
大人と同じようなやり方をすれば、負担が大きくなりすぎることがあります。ご家庭で行う場合は、まずは電気シェーバーで処理を行い、その後は抑毛ローションを薄く塗るとよいでしょう。
抑毛ローションを使うことで毛は細く薄くなり処理の回数を減らせますし、また肌への保湿効果も期待できます。
どの方法でムダ毛処理をするとしても、処理後の子供の肌はいつも以上にデリケートな状態です。処理後のダメージや細菌の感染を防ぐために、きちんと化粧水、乳液などで保湿するアフターケアが重要です。もし、あなたのお子さんがムダ毛で悩んでいるのなら、子どもだから・・と軽く考えず、しっかりと相談にのってあげて、子どもに合った方法でムダ毛の悩みを解消してあげましょう!
お子さまの眉毛がつながっていることや、口の周りの毛が濃いなどが気になり、産毛をきれいにした方がいいのか悩む母親も多いと思います。それが原因となって、友達からいじめを受けるのではないかということも心配になることもあると思います。一方で、自己流の処理をして、大切なお子さまの肌に傷がついてしまったら大変です。そんな、お子さまの産毛の処理、したほうがいいのか解説していきます。

子供の肌は非常にデリケート

より正確に表現すると、角質が薄く、その厚みは大人の3分の1から3分の2ほどしかないと言われているほどです。そのため、ちょっとした刺激で肌に傷がついてしまいます。また、皮脂も少ないので、ムダ毛を処理する際には大人以上に注意して行う必要があります。できるだけ肌に優しい方法でムダ毛処理を行いましょう。

子供の毛について、いつから処理すべきなのか悩まれる方は多い

何歳からすべきといった決まりはありません。赤ちゃんには産毛が多いですが、その心配は不要です。じきに産毛ではなくしっかりとした毛が生えてくるでしょう。幼稚園に入ると中には体毛がしっかりしていることでいじめられるお子さんもいらっしゃいます。お子さんとの対話の中で、いじめなどが起こってないかを探ると良いかもしれません。女の子は小学3年生あたりで体毛について悩みを持つようになるといいます。そのくらいの年齢であれば脱毛したり、エステに行ったりすることが可能です。ただし、肌が弱い方は肌トラブルなどを起こすこともあるので注意してください。つまり、体毛の処理ついてはお子さんご本人の意思を尊重し、悩みがあれば対処してあげましょう。自宅でムダ毛を処理するのであれば、女性用の電動シェーバーなどで剃った後、ローションをなることで毛を薄くすると肌への負担が少なく、良いかもしれません。いずれにせよ、肌へはどうしてもダメージを与えてしまいます。ムダ毛を処理した後には化粧水や乳液を使って保湿し、ダメージをなるべく最小限に抑えましょう。
子供を持つ親にとって、我が子の悩みは尽きません。ある日、子供が学校から帰ってきて、友達に「○○ちゃん、口の周りにヒゲが生えてるよ」と言われ、自分の産毛を気にするようになったら、親としてはどうしたらいいのか戸惑うことがあるかもしれません。小学生の女子のヒゲは高学年になると目立ってくる場合が多いといわれています。ホルモンバランスの乱れから、「産毛」の段階を越えてヒゲが濃くなることもあります。子供のムダ毛は産毛のような細い毛ですが、それでも口の周りに生えればヒゲのように目立ってしまいます。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

小学生の女の子の毛が濃いと、将来さらに毛が伸びてコンプレックスにならないか、学校でクラスの男子や仲間からバカにされないか、親として心配になることもありますよね。一方で、小学生のムダ毛処理なんてまだ早い!と思う方もいるかもしれません。この場合、「子供が何を望んでいるのか」というのが問題となります。月経が始まり、女性ホルモンが活性化すると、女の子の体毛は自然と減っていくことがあるのです。若い子が気にしないのであれば、放置しておいてもよいでしょう。しかし、小学生のお子さんが、同級生から「ヒゲが生えたね!」とからかわれ、悩みを抱えてしまうようなことがあれば注意が必要です。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

わき毛が濃いことの原因について

先天性の体質由来のため解決が不可能なこととしてホルモンと遺伝があります。ホルモンについて、男性ホルモンに含まれるテストロンには毛を濃くする作用があり、男性ホルモンが多く分泌される人はわき毛が濃くなる傾向にあります。遺伝について、親のわき毛が濃いと子供も濃くなることがあります。

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。
最近、体毛の事が原因でいじめにあう子もいるそうです。お母さん世代の頃に比べると子供達の成長は早く、若い年齢のうちに体毛の悩みも出てくるようになってきています。最近、子供も利用できる脱毛サロンの宣伝が出ていますが、皆様はどう思われますか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました