子どものムダ毛処理、一体どうしたらいいのでしょうか?

ある調査によると、小学校3年生になる頃には、約1割がムダ毛を気にするようになるそうです。私たちの時代はそんなこと気にしていなかったのに・・・と思われる親御さんもいるかもしれません。しかし、テレビやインターネットの普及によって、小学生でも簡単に情報が手に入りやすくなっている昨今、親が思っている以上に子どもはムダ毛に対して悩みを抱えているのかもしれません。そんな子どものムダ毛処理、一体どうしたらいいのでしょうか?

ムダ毛の処理にはどのような方法があるのでしょうか?

成長期の若者のムダ毛処理は、大人と全く同様の方法で行なってはいけません。若者の肌の厚さは大人の1/3?2/3程度と言われています。大人と比べて薄くて弱く、皮脂も少ないため、より注意しなければなりません。できるだけ肌に負担をかけない方法を選びましょう。

抑毛ローションとは

抑毛ローションは肌に極力負担をかけず、ムダ毛が生えるのを抑えるものです。ほとんどの製品は天然成分から作られています。使用後の即効性はありませんが、徐々に毛を細く、薄くしていき、再びムダ毛が生えにくくなる効果があります。また高い保湿効果があるので、肌荒れも防止できます。そしてなにより、刺激を与えたくない子供の肌のムダ毛処理に使えるのが大きな利点です。

シェービングなら電気シェーバーでの処理がおすすめ

ムダ毛処理の際にカミソリを使用してしまうと、毛と共に皮膚の角質を削ってしまう為肌への負担が大きくなります。一方で肌に直接触れることのない電気シェーバーであれば摩擦が起こりにくく、肌へ与えるダメージもカミソリより少なく済みます。電気シェーバーの中でも一番のおすすめは女性用のフェイスシェーバーです。ムダ毛処理をする時は毛の流れに逆らわないように剃るのがポイントです。電気シェーバーでの処理の後は比較的早めに毛が伸びてきますので、水泳や体育など肌の露出が気になる授業の前の日には、お子様の処理状況をこまめに確認してあげるようにするといいですね。

除毛クリームについて

子どもの肌はデリケートなので、大人と同じ除毛クリームを使用するのは推奨できません。脱毛クリームで子どもが使用できるものは少ないのですが、最近では子どもでも使える、天然素材を使用するなどした除毛クリームが販売されています。試してみるのもよいと思います。メーカーによって配合成分に違いがあるので、できるだけ肌に優しい成分が入っているものを購入することをおすすめします。

子供のムダ毛を処理する上手な方法は

子供の肌は大人と比べると、弱くて敏感です。
大人と同じようなやり方をすれば、負担が大きくなりすぎることがあります。ご家庭で行う場合は、まずは電気シェーバーで処理を行い、その後は抑毛ローションを薄く塗るとよいでしょう。
抑毛ローションを使うことで毛は細く薄くなり処理の回数を減らせますし、また肌への保湿効果も期待できます。
どの方法でムダ毛処理をするとしても、処理後の子供の肌はいつも以上にデリケートな状態です。処理後のダメージや細菌の感染を防ぐために、きちんと化粧水、乳液などで保湿するアフターケアが重要です。もし、あなたのお子さんがムダ毛で悩んでいるのなら、子どもだから・・と軽く考えず、しっかりと相談にのってあげて、子どもに合った方法でムダ毛の悩みを解消してあげましょう!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました