埋没毛とは何かご存知でしょうか?

ムダ毛の自己処理は危険と言われる理由や肌トラブルのリスクについてまとめました。日常的に行っているムダ毛の自己処理。しかし、自己処理することが正解なのか私自身も悩まされております。ムダ毛が皮膚の下に埋もれてしまう埋没毛が悩みの原因です。これがお肌にとっても良くないこと状態なの十分理解しています。いったい埋没毛とは何が原因で、お肌にどんなダメージがあるのでしょうか。今回はムダ毛の自己処理によって起こるトラブル、主に埋没毛についてまとめてみました。

ムダ毛の自己処理は様々な問題を引き起こします

毛抜きやカミソリ、除毛クリーム等を使用した自己処理は、簡単に綺麗な肌を手に入れることができるので、人気な方法です。一方で、それによる肌トラブルが気になることもありますよね。例えば、毛抜きは毛根が付いたままのムダ毛を引き抜いてしまうので、毛穴が開いたままになります。毛抜きを繰り返し使用することによって毛穴は開きっぱなしとなり、ポロポロの肌になる可能性があります。また、肌に直接刃を当てるカミソリは、毎回皮膚の表面を削り取っていることになります。除毛クリームも、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因となりうるのです。

埋没毛の意味とは?

望ましくない毛の自己処理によって生じるこれらの問題のうち、最も顕著なのが埋没毛です。埋没毛とは自分で脱毛した後、再び生えてきたムダ毛が皮膚の表面に出ず、皮膚の下に生えてしまう状態のことを言います。皮膚の上に微妙に黒いものが見えるのが特徴です。埋没毛を発見すると、毛抜きで皮膚を激しく削り、埋没毛を表皮の上に引き出して抜いてしまう人がいます。しかし、これは皮膚を傷つけるだけでなく、さらに隠れた毛の成長を促すのでオススメできません。

埋没毛の正しい処理方法とは

自宅でできる埋没毛の処理方法は様々ですが、埋没毛はいずれ表皮の上に出てくるものですので、そのままにしておくことも一つの方法です。次におすすめするのは、スクラブ剤などで、表皮を削り、埋没している毛を外に出す方法もあります。もしもご自宅での処理が不安な方は、プロの力を借りましょう。美容クリニックなど、皮膚の専門家では、埋没毛を解消するサポートをしてくれます。

ムダ毛の自己処理、隠し毛に注意!自分で余分な毛を処理しようとして、悩みを抱えている女性は今、たくさんいます。特に、埋没毛は美観的にも肌にも悪い問題の一つです。ぜひ早めに適切な処理方法を試して、人前に出しても恥ずかしくないツルツル肌を手に入れて下さい。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました