医療脱毛とエステ脱毛、どちらが良い?

医療脱毛とエステ脱毛、どちらが良い?

夏の訪れとともに、肌を露出する機会が増えることで、手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。

しかし、カミソリやシェーバーといった自己処理には限界があると考える人も多くいますし、肌トラブルを起こす可能性もあります。

では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?

医療脱毛と脱毛サロン、聞いたことはあると思いますが、よくわからないことも多い人がいるかも知れません。

「脱毛って痛くないのかな……」

そんな不安を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、脱毛サロンと医療脱毛の採用されている数種類の脱毛施術と、それぞれのアプローチの違いと共通点を見ていきたいと思います。

※効果や感じ方には個人差があります。

脱毛サロンvs医療脱毛!まずは効果の比較

その前に、脱毛施術で最も重要な部分のひとつである「効果」について比較します。

ずばり答えは、医療脱毛の勝利です。

これは、医療機関で使用できる機器と脱毛クリニックで使用できる機器では、出力が大きく異なるためです。

認定を受けた医療機関でないサロンでは、最大限の効果を発揮することはできません。

医療脱毛を行うクリニック

医療レーザー脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は、皮膚表面の黒い色素(メラニン)にのみ反応するレーザー光を照射し、毛穴の中の毛の黒い部分(黒色)に反応させます。

レーザーの熱で毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛を永久的に除去する仕組みになっています。

そのため、毛が細く薄い場合よりも、太く黒い毛の方が効果が大きいと言われています。

これは研究でも裏付けられています。

毛周期に合わせて決められた回数の施術が必要ではありますが、エステサロンよりも少ない施術回数で済みます。

正しく処理すれば、ほとんどの場合、毛は完全に生えなくなり、その結果、肌は滑らかでつるつるの質感になります。

レーザー脱毛は医療行為であるため、皮膚科や美容クリニックでしか行えません。

医療レーザー脱毛のさまざまなメリット

  1. 一度に広い範囲の毛をなくすことができる
  2. 黒い色素だけに限定して反応させるため、肌にダメージを与える可能性が低い
  3. 通院回数を減らせる

医療レーザー脱毛のいくつかのデメリット

  1. 比較的痛みが強い
  2. 黒い色に反応するため、日焼けした肌への施術はできない場合がある
  3. レーザーの出力によっては、火傷をする可能性がある。

針を使った脱毛(ニードル)

「ニードル脱毛」とは、脱毛に針を使用することを指します。

最も古くからある脱毛方法です。

細い針を毛穴に刺した後、電流や高周波を流して毛乳頭や毛母細胞を死滅させ、脱毛を行います。

1本ずつ針を刺していく必要があるため、レーザー脱毛のように一度に広い範囲を処理することができず、レーザー脱毛よりも脱毛完了までにかなりの時間がかかります。

しかし、針が毛根を直接刺激するため、脱毛の方法としては最も効率的です。

ただし、針を刺す関係上、強い痛みを伴います。

また、施術料金の他に、針の購入費用などが発生するため、施術とは別に支払う必要があります。

これは、直接人体に針を刺すため、針を他の人に使いまわすことができないためです。

ニードル脱毛のさまざまなメリット

  1. 高い脱毛効果
  2. 永久脱毛が可能
  3. 毛が隠れている場合や、日焼けした肌でも可能

ニードル脱毛のデメリット

  1. 痛みがある(クリニックによっては麻酔を使用できる場合もあります)
  2. 時間と費用がかかる(1本1本処理するため)
  3. 施術者の力量に左右される。

エステサロンでの脱毛

光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンや脱毛サロンでは、「光脱毛」が最も多く行われている脱毛方法です。

黒い色素「メラニン」と相互作用しやすい波長の光を肌に当てて、ムダ毛の黒い毛乳頭にダメージを与え、その結果、毛の再生細胞にダメージを与えて新しい毛が生えてこないようにする仕組みです。

クリニックのレーザー脱毛との最も大きな違いは、この光線の強さです。医療レーザー脱毛と比較すると、光脱毛は約3分の1の弱さで、痛みがほとんどなく、肌への負担が少ない脱毛法です。

ただし、光が弱いため、施術の回数も増えることになります。

光脱毛の様々なメリット

  1. 一度に広い範囲の脱毛が可能
  2. 痛みが軽減される
  3. リーズナブル

光脱毛のデメリット

  1. 脱毛を完了させるためには、時間と回数が必要
  2. 脱毛の効果は、エステサロンや施術者により大きく異なる

脱毛サロンと医療脱毛の痛みの違い

一方、治療中に感じる痛みについてはどうでしょうか。

医療脱毛は効果的ですが、特に体の広い範囲に施術する場合は痛みを伴います。

一方、脱毛サロンは、出力の強さが弱いこともあり、肌への痛みが少ないのが特徴です。

脱毛サロンは、痛みに敏感で、できるだけ痛くない脱毛を必要とする人にとって好ましい選択肢かもしれません。

サロンでの脱毛と医療脱毛の費用比較

では、この2つの選択肢に価格設定の差はあるのでしょうか?

脱毛サロンより実績のある医療脱毛ですが、はっきり言って脱毛サロンよりコストがかかります。

確かに料金を比較すると脱毛サロンの方がリーズナブルですが、この比較をする際に考慮すべき要素が1つあります。

それは、施術にかかる期間です。

前にも言いましたが、医療脱毛は他の方法よりも効果が強く、脱毛の効率が高いとされています。

そのため、キメの整ったツルツルの肌を実現するために必要な時間が短縮されるのです。

さらに、通常「永久脱毛」と呼ばれるものは、医療機関でしか行えないものです。

別の言い方をすれば、安い費用で長期間脱毛サロンに通ってムダ毛が再発するリスクを負うより、多少費用がかかっても短期間でムダ毛のない永久脱毛を実現して良い結果を出す方が、長い目で見ればコストパフォーマンスがいいということです。

医療脱毛も検討すべき選択肢の一つ

いかがでしたでしょうか?

脱毛を考えている人は、脱毛サロンと医療脱毛のどちらに通うべきか迷うことがあるようです。

効果、痛み、費用の3つの要素を考慮した結果、筆者は医療脱毛が最も効果的な方法であると感じました。

最終的にムダ毛と「永久に」サヨナラできるのが、何よりのポイントです。医療脱毛を検討し始めたら、すぐに医療脱毛クリニックの予約を!

もちろん、脱毛サロンと同じように、脱毛前にしっかりとした丁寧なカウンセリングを受けることができますよ。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました