医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、皮膚や毛根に含まれるメラニン色素(黒い色)に対し、レーザーを照射します。照射の出力が高い脱毛方法と言われています。

レーザーは黒い毛にのみ反応するため、照射した箇所の毛が熱を吸収します。そして、その時の温度上昇によって、毛根にある”毛を再生させる組織”にダメージを与えるのが医療レーザー脱毛のメカニズムです。この仕組みにより、新しい毛が生えてくるのを抑え、脱毛効果を発揮します。

※効果や感じ方には個人差があります。

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛は、名前の通り医療行為であるため、医療クリニックが行うことができる脱毛になります。一方、光脱毛は医療行為ではないため、エステサロンでも行うことができます。

医療レーザー脱毛は、脱毛力が強いため、5回程度で永久脱毛の効果を得ることができますが、光脱毛は、脱毛力が医療レーザーと比較すると弱いため、期間が1年~2年と長期の時間が掛かります。

医療脱毛におけるリスク

じぶんクリニックでは、医療脱毛におけるトラブルが起こらないように努めてくれています。
万が一トラブルが起こってしまった場合はじぶんクリニックまで問い合わせましょう。

  • 赤みやヒリヒリ感
    レーザー照射を受けた箇所は、赤みやヒリヒリ感が生じることがあります。
    これは正常な反応であることが多く様子をみて頂きます。
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
    脱毛後まれにニキビのようなもの(毛嚢炎)ができることがあります。
    一時的なものであることが多く1~2週間程度で自然に治癒します。
  • やけど
    やけどのリスクをできる限り回避する対策が施されています。
    万が一やけどが起こってしまった場合じぶんクリニックまで問い合わせましょう。
  • 色素沈着
    照射後1ヶ月は、強い日焼けや摩擦などは避けましょう。
    刺激が加わることで一時的にシミのような色素沈着が残る場合があります。
  • 増毛・硬毛化
    照射の影響で脱毛部分の毛が濃く硬くなったり、毛が増えたりする場合があります。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました