剃刀で危機一髪!脱毛サロンに行こうと決意した日

剃刀で危機一髪!?脱毛サロンに行こうと決意した日

A子さんは前々から家で剃刀を使ってムダ毛の処理をしていたそうです。大事な面接の前日の夜、お風呂の中でいつもの様に剃刀でムダ毛を剃っていました。ところが、明日の大事な面接を控えたその日に限って、剃刀が滑ってしまい右足を切ってしまいました。翌日の面接には、大きな絆創膏を貼った格好で面接を受け、大変な屈辱を味わったそうです。この苦い経験からA子さんは、安全なムダ毛処理をするために脱毛サロンでのムダ毛の処理を考え始めました。そこでA子さんが選んだのは、自分の都合に合わせて通う事ができる、最寄り駅にある著名エステサロンに通う事にしました。

脇のムダ毛を処理する方法

まず大きく分けて考えると、自宅で処理する方法と、プロにお願いして処理する方法、の二種類があります。自宅で処理する方法としては、①毛抜きで抜く、②剃刀を使って剃る、③電気シェーバーを使って剃る、④薬剤を使って溶かす、といったやり方があります。プロにお願いして処理する方法としては、①レーザー脱毛をしてもらう、②フラッシュ脱毛をしてもらう、③ワックス脱毛をしてもらう、などがあります。ずいぶんとたくさんの方法があることがおわかりいただけたでしょうか。では、これから、上にあげた各方法について、長所と短所を説明いたします。

脇の下を剃ると黒ずむ理由

それは「メラニン」が原因なのです。メラニンとは、お肌を守るために作られるものであり、紫外線や剃刀での摩擦などの刺激によってお肌の中で作られます。例えば、紫外線をたくさん浴びて日焼けした肌は黒くなりますよね。それはメラニンが作られているからなのです。しかし、日焼けで黒くなった肌も時間が経つといつのまにか元の肌色に戻ります。なぜならお肌の中で作られたメラニンは、お肌の生まれ変わりのサイクルにのって、自然と垢となって排出されるからです。ところが何らかの理由でお肌のサイクルが遅れてしまっている場合は、メラニンがうまく排出されずお肌の中に残ってしまうのです。これが黒ずみとなり、そのまま放っておくとシミになってしまいます。

脱毛器を使用してすね毛を処理することにはいくつかのメリットが

。濃くないすね毛であっても剃刀で処理し続けると断面が広がり目立つようになります。しかし家庭用脱毛器を使用し処理することで毛を少しずつ薄くしていくことが可能です。すね毛は毛が太くないため、脱毛をする際の痛みもあまり感じずに行うことができます。私自身も使用しているオススメの家庭用脱毛器、ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器で照射範囲が広く、他の脱毛器よりも使用時間が短くて済みます。濃いすね毛にお悩みの男性にもオススメです。

を肌の表面に、薄く均等に塗る

ついついカンペキに脱毛しようとたっぷり塗りたくなってしまいますが、これはデリケートな肌へ大きなダメージがあります。そのため毛を覆うように、表面に薄くのばして塗ることがオススメです。一度に全てのムダ毛を処理しようとせず、何度かに分けて、肌のケアをしながら、少しずつムダ毛の処理をしましょう。
はじめに、デリケートゾーンをきちんと清潔にしましょう。ここで汚れが残っていると毛穴に汚れが入り込み、肌のトラブルの原因になってしまいます。その後低刺激性のシェービングローションを塗り、ムダ毛を処理します。アンダーヘアの毛の流れに沿ってカミソリの刃を動かしながら毛を剃っていきます。剃り終わったらしっかりと洗い流し、しっかりと保湿をします。このときも刺激が少ない専用の保湿剤を使用することをおすすめします。
剃刀で自己処理する際の3つのポイントをご紹介します。

ハサミで長さを整えて

脇毛の長さを剃るのではなく、あらかじめある程度までカミソリの刃で整えておくのです。そうすることで剃刀での負担が少なくなるだけでなく、剃刀でアンダーヘアを整える際の失敗を減らすことができます。そこから、アンダーヘアをどのように見せたいかをイメージし、ハサミである程度形を整えてから、カミソリの刃で仕上げていくと理想の形に仕上げやすいでしょう。

温めておくことが大切

デリケートゾーンは、熱くなりすぎない程度に温めておくことが大切です。お風呂に入ったり、蒸しタオルなどでムダ毛を処理したい部分を事前に温めることで、毛穴や毛を温めることができ、剃刀を使ったときのダメージを少なくすることができます。カミソリの刃は想像以上に肌にダメージを与えるので、面倒でも少し時間をかけ、肌の負担を軽減することが大切です。

剃刀で剃り終えたら冷水で冷やしましょう

特にVIOの部位の毛は太くて硬いため、剃刀で剃ると毛穴に大きく負担がかかります。その負担により毛穴は大きく開き、そこから雑菌が入って肌トラブルの原因になることもあります。そのため、ムダ毛処理が終わったら剃った部位に冷水をかけ冷やし、毛穴をきゅっと引き締めてあげてください。そうすることで雑菌が毛穴に入り込むことを防ぎ、さらには乾燥も防ぐことができます。自己処理はコストもかからず気軽にできますが、デリケートゾーンにかかる負担が大きいのでアフターケアはきちんと行いトラブルを防いでいきましょう。
ワキ下、ヒジ、ヒザなどの黒ずみって気になりますよね。しかし、全身の黒ずみに効果的な商品が今までは中々登場しませんでした。が、今、「アットベリー(黒ずみ対策専用ジェル)」がネット上の口コミで話題沸騰中となっています。さっそく、「アットベリー」の良さとその理由を見ていきましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました