レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の効果とは?

脱毛の効果や早さにも大きな差が

こう聞くと、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛の方が早そうな気がしますが、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛ほど光を使わないので、脱毛が終わるのに2年程度かかることもあります。その代わり、フラッシュ脱毛の最大のメリットは、光の出力が小さいので、脱毛するときに肌を傷つけにくいということです。レーザー脱毛の場合、痛みを伴ったり、肌を傷つけてしまうこともあります。レーザー脱毛の場合は光の出力がかなり強いので、5~6回ほど通院すれば脱毛が完了します。

脱毛サロンvs医療脱毛!まずは効果の比較

その前に、脱毛施術で最も重要な部分のひとつである「効果」について比較します。ずばり答えは、医療脱毛の勝利です。これは、医療機関で使用できる機器と脱毛クリニックで使用できる機器では、出力が大きく異なるためです。認定を受けた医療機関でないサロンでは、最大限の効果を発揮することはできません。

脱毛サロンと医療脱毛の痛みの違い

一方、治療中に感じる痛みについてはどうでしょうか。医療脱毛は効果的ですが、特に体の広い範囲に施術する場合は痛みを伴います。一方、脱毛サロンは、出力の強さが弱いこともあり、肌への痛みが少ないのが特徴です。脱毛サロンは、痛みに敏感で、できるだけ痛くない脱毛を必要とする人にとって好ましい選択肢かもしれません。

サロンでの脱毛と医療脱毛の費用比較

では、この2つの選択肢に価格設定の差はあるのでしょうか?脱毛サロンより実績のある医療脱毛ですが、はっきり言って脱毛サロンよりコストがかかります。確かに料金を比較すると脱毛サロンの方がリーズナブルですが、この比較をする際に考慮すべき要素が1つあります。それは、施術にかかる期間です。前にも言いましたが、医療脱毛は他の方法よりも効果が強く、脱毛の効率が高いとされています。そのため、キメの整ったツルツルの肌を実現するために必要な時間が短縮されるのです。さらに、通常「永久脱毛」と呼ばれるものは、医療機関でしか行えないものです。別の言い方をすれば、安い費用で長期間脱毛サロンに通ってムダ毛が再発するリスクを負うより、多少費用がかかっても短期間でムダ毛のない永久脱毛を実現して良い結果を出す方が、長い目で見ればコストパフォーマンスがいいということです。

医療脱毛も検討すべき選択肢の一つ

いかがでしたでしょうか?脱毛を考えている人は、脱毛サロンと医療脱毛のどちらに通うべきか迷うことがあるようです。効果、痛み、費用の3つの要素を考慮した結果、筆者は医療脱毛が最も効果的な方法であると感じました。最終的にムダ毛と「永久に」サヨナラできるのが、何よりのポイントです。医療脱毛を検討し始めたら、すぐに医療脱毛クリニックの予約を!もちろん、脱毛サロンと同じように、脱毛前にしっかりとした丁寧なカウンセリングを受けることができますよ。
夏の訪れとともに、肌を露出する機会が増えることでムダ毛の存在が目立ちますね。自己処理といっても、カミソリやシェーバーでは限界がありますし、肌トラブルを起こす可能性もあります。また、エステサロンやクリニックで脱毛できることは知っていても、「痛くないのかな……」と不安を抱えている可能性もあります。今回は、エステサロンやクリニックで採用されている数種類の脱毛施術と、それぞれのアプローチの特徴についてご紹介します。

医療レーザー脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は、皮膚表面の黒い色素(メラニン)にのみ反応するレーザー光を照射し、毛穴の中の毛の黒い部分(黒色)に反応させます。レーザーの熱で毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛を永久的に除去する仕組みになっています。そのため、毛が細く薄い場合よりも、太く黒い毛の方が効果が大きいと言われています。これは研究でも裏付けられています。毛周期に合わせて決められた回数の施術が必要ではありますが、エステサロンよりも少ない施術回数で済みます。正しく処理すれば、ほとんどの場合、毛は完全に生えなくなり、その結果、肌は滑らかでつるつるの質感になります。レーザー脱毛は医療行為であるため、皮膚科や美容クリニックでしか行えません。

ニードル脱毛のさまざまなメリット

・高い脱毛効果
・永久脱毛が可能
・毛が隠れている場合や、日焼けした肌でも可能

光脱毛のデメリット

・脱毛を完了させるためには、時間と回数が必要
・脱毛の効果は、エステサロンや施術者により大きく異なる。

いかがでしたでしょうか?クリニックでしか受けられない脱毛と、エステや脱毛サロンで受けられる脱毛の区別や、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。毛の種類や肌の性質も様々で、どの程度の体毛を取り除きたいかということも人それぞれです。エステサロン、クリニックどちらにしても、それなりの額の施術費が必要になりますから、それぞれの利点を比較検討して、自分の条件に一番合う脱毛技術を選ぶことがポイントです。

結婚式の披露宴に肌を露出した服を着たい! 海水浴や温泉にも行けるようにツルツル肌になりたい! そんな時は、自宅での脱毛よりもプロによる脱毛をおすすめします。一方、脱毛は毛周期を考えて時間を選ばないと、効果が出ません。結婚式や休日の予定がある場合、脱毛サロンに通うのはいつが理想的なのでしょうか?

脱毛のタイミングと毛周期の長さ

「毛周期」とは、体毛に起こる発毛のサイクルのこと。サロンでは、この毛周期に合わせて脱毛を実施しています。毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。サロンでの脱毛は、成長期にある毛に効果があります。手や足の毛の再生には平均3~5ヶ月かかると言われています。人によって、年齢によって、部位によって、毛周期はそれぞれ異なります。そのため、適切な時期に脱毛治療を受けないと、肝心な時に美肌になれないということもあり得ます。毛を完全に除去してしっかり処理できるようになるまでには、何度も脱毛サロンに通う必要があります。しかし、結婚式や旅行などのイベントに合わせて、タイミングよく脱毛をしなければならない場面もあります。そんなとき、1回の施術でツルツル肌を実現できる可能性があります。しかし、難しいのは、いつ脱毛するかということです。脱毛のスケジュールは、イベントのだいたい3~4週間前に決めておくと、余裕を持って施術を受けることができます。レーザー脱毛と光脱毛、どちらの方法で施術を受けるかにもよりますが、約2週間後に毛が抜けてきます。逆に言えば、イベントの3~4週間前にサロンに通えば、イベント時にはきれいなツルツルの肌になっているということです。
この記事では、脱毛する前に知っておきたい、毛周期についてご紹介します。サロンでの脱毛は、1回の来店で完了するわけではありません。すべての毛を処理するためには、何度も通う必要がありますが、それは毛が生えてくる周期である「毛周期」に関係しているためです。
毛周期によって、脱毛のペースなども影響してきますから、理解しておくといいですね。

ヘアーサイクルとは

私たちのヘアーサイクルは、「毛周期」と呼ばれています。毛周期に関しては、大きく分けて3つの段階があります。「発育期」は、毛が発育する時期です。皮膚の下で毛母細胞が分裂を始め、新しい毛が生えます。その毛は、毛細血管から栄養を吸収しながら、上へ上へと成長していきます。「後退期」は、毛母細胞の分裂が止まるため、毛の発育が止まります。毛穴の組織と毛のつながりが切れ始めるため、毛が切れたり抜け落ちたりします。「休止期」は、毛の発育が止まる時期です。3つのヘアーサイクルの中で「発育期」に脱毛すると最も高い脱毛効果を得られます。 

身体の部位によって異なる毛周期

体毛には毛周期というものがあり常に生え変わっています。成長期にはムダ毛を処理しても、毛母細胞が活発なためすぐに生えてきます。毛周期は、身体の部位によって少しずつ異なります。個人差や年齢差はありますが、頭髪は体の部位の中で最も毛周期が長く、生え変わるまでに何年もかかると言われています。逆に眉毛やまつ毛は毛周期がとても短く、およそ2カ月で生え変わります。手や足の毛は3~5カ月で生え変わると言われています。そのため、顔と体の両方を同時に脱毛した場合でも、顔のうぶ毛の方が早く生え始めることがあります。脱毛サロンで使用するレーザーや光脱毛は、一部を除き成長期の毛しか処理できません。休止期の毛には効果がないので、1回の脱毛施術ですべての体毛を処理するのは不可能なんです。そのため、サロンでの脱毛は、毛周期に合わせて複数回行う必要があります。

ストレスとすね毛の関係について

もしすね毛を薄くしたいと悩んでいる方がいたら、ぜひ日頃のストレス度を見直してみましょう。ストレスを減らし、ホルモンバランスを整えることで、男性ホルモン優位の状況を解消することができます。他にもストレスをためると、男性ホルモン優位になることから毛が濃くなるだけではなく、肌が荒れたり、ニキビなどの他の美容的な問題も引き起こします。それぞれ、自分に合ったストレス解消法を見つけながら、すね毛の解消に役立ててみてはいかがでしょうか。個人的なストレス解消のオススメは、カラオケで大声を出して熱唱することです。日頃の鬱憤も晴らせてスッキリしますし、日常から離れて歌の世界に没頭することもよい効果をもたらします。

濃いすね毛にお悩みの方に試していただきたいこと

ローションを使ってみる方法があります。この方法でしたらご自分で手軽にお試しいただけます。最近では、ムダ毛を薄くする効果が期待できるローションも販売されています。このローションは、大豆イソフラボンの力を利用したもので、使っているうちにムダ毛が薄くなるというものです。足のムダ毛処理を行った後のアフターケアとしても使えますので、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。
わき毛には、空気の流れを妨げたり、臭いを発生させたりすることがあります。もちろん肌を外部の刺激から守る役割もあるので一概に敵とは言えませんが、濃いわき毛が悩みの種となっている人が多いのも事実です。では、ワキ毛の濃さを抑えるには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、特に食べ物でワキ毛を薄くするアプローチに重点を置いてお届けしたいと思います。

ワキ毛を薄くするための食べ物はあるのでしょうか

さて、ここからは本題の「ワキ毛を減らす効果が期待できる食べ物」について見ていきましょう。
そもそも、人間の体毛の濃さや薄さには、ホルモンが影響しています。男性ホルモンが多いと体毛は濃くなり、女性ホルモンが多いと体毛は薄くなるというのが通説です。ですから、女性ホルモンの分泌を促す食事が、わき毛を薄くする食べ物なのです。女性ホルモンに作用する食事としては、イソフラボンを多く含む大豆が有名です。その他、豆乳や納豆など大豆由来の食品も、脇毛の成長を抑える効果があるとされています。

効果が出るまでどのくらいかかるの?

副作用のリスクはありますか?わき毛を薄くするという点では、イソフラボンが豊富な大豆や大豆関連の食事はどの程度効果があるのでしょうか?一言で言ってしまうと、かなり長いスパンでの変化となります。だって、今日大豆を食べて、明日わき毛が薄くなるなんて、怖いですもんね……。このように、食べ物を積極的に摂取して体内環境を変化させる方法は、1日や2日ではなく、数カ月、数年単位で持続します。しかし、そのような長期間にわたって大豆を摂取することで副作用が出てしまっては元も子もありません。

ケノンは日本のブランド

ケノンは、日本人の肌に合うように作られた日本製の商品です。日本人の肌を徹底的に研究し、日本人の肌に合わせて作られているので、とても安全です。またフェイスケアにも使えるので、脱毛だけでなく美顔効果も期待できます。エステではフェイスケアは別コースになるので、そう考えると1台2役はとてもお得ですよね。エステサロンからケノンに移行される方が急増しており、芸能関係者や元エステティシャンの方にもケノンは多く使われています。それだけ、プロの目から見ても、優秀な脱毛器ということです。エステでの脱毛とケノン、どちらにするか迷っている方にはケノンをおすすめします。
家庭用の光脱毛器ケノンを使ってみたいけど、使いこなせるかどうか不安・・・という人は結構いるのではないでしょうか。そんな方のために、ケノンを効果的、効率的に活用するためのポイントをご紹介していきます。ケノンの購入を検討している方も、すでに購入されている方も、せっかくなら最大限有効活用したいですよね。そこで、ケノンを使う上で最も重要なことをまとめてみました。

ケノンで脱毛する前と後は冷却を

ケノンを使って脱毛する時は、必ず肌を冷やして完全に冷えている事を確認してから行って下さい。照射後も必ず肌を冷やして下さい。これは、痛みを和らげるとともに、赤みや炎症を防ぐ効果があります。保冷剤や冷やしたタオルなどを使っても良いです。暑い夏の時期だけでなく、寒い冬の時期においても肌トラブルを防ぐために必ず冷却を行って下さい。

ケノンをできるだけ肌に近づけて

ケノンを使って脱毛している間は、ハンドピースを常に肌に密着させておくことが大切です。肌に優しく触れるだけでも照射は可能ですが、光漏れを防ぐためにハンドピースをしっかりと肌に密着させる方が効果的なのです。強く押し当てる必要はありませんが、レーザーを照射した後、皮膚に何らかの跡を残しておくことで、どこに照射したのか判断しやすくなります。また、皮膚に悪影響を及ぼす可能性があるため、同じ場所に重複して照射することは避けてください。

照射レベルはかなり低く

ケノンはレベル7以上で使うのが一番効果的です。ただし、肌の色や状態によって個人差があるため、初めて照射する時は低いレベルから始める事をおすすめします。そして慣れてきたら徐々にレベルを上げて行くと良いでしょう。もし痛みなどの異常を感じた時は、無理をせず直ちにレベルを下げて下さい。

ケノンは連続して使用して

エステサロンの脱毛もそうですがケノンでも一度の施術で脱毛が完了する事はありません。ケノンを使って脱毛する場合は、4~6回目の使用で効果を実感する人が大半です。ですが、完全に脱毛できるまでの回数には個人差があるため、何回すれば満足する効果が得られるのかと言う質問には、一概にお答えする事は出来ません。毛は本来、周期的に生えてくるものです。なので、ケノンでも毛穴から完全に除去できないので、毛の周期に合わせて継続して使用する事が重要です。

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

I.P.L.テクニック

「I.P.L.メソッド」は、Intensivepulsedlight という特殊な光線を使用しています。そのため、この光を脱毛するワキに照射すると、メラニン色素と相互作用して熱を発生させます。この手法は、毛根に直接作用するため、効果が非常に高いというメリットがあります。なお、この方法で使用する「キセノンランプ」は、エステサロンでシミやそばかすのフォトフェイシャルにも使用されており、脱毛効果に加え、美肌効果も得られるというメリットがあります。しかし、他の治療法と比較すると、治療中に輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じるという患者様もいらっしゃいます。

「S.S.C方式」について

「S.S.C方式」とは「Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)」の略で、脱毛手法の一つです。
「クリプトンライト」と呼ばれる光と、その光に反応する専用のジェル、「ビーンズジェル」を使用する方式のことを言います。
「S.S.C方式」では、まず「ビーンズジェル」を施術する前に塗ります。
その「ビーンズジェル」に光が反応し、ジェルに含まれる抑毛成分が毛穴に浸透していきます。
そして、その成分が毛根の機能を停止させて脱毛する仕組みとなります。
毛根に直接熱を加えることがないので刺激が少なく、術後の痛みも「I.P.L方式」よりも弱いのが特徴です。す。
「S.S.C方式」は「I.P.L方式」よりも肌へのダメージが少ないのが利点で、デリケートな肌の人にもおすすめです。
脱毛サロンでの脱毛治療の流れです。初めて脱毛サロンに通おうと考えている人は、施術がどのように行われるのか不安になるのも無理はありません。脱毛サロンにより違いは多少ありますが、大まかな流れは以下の通りです。ほとんどのサロンでは事前に毛を剃っておく必要がありますので、予約した日の前日には剃っておきましょう。予約時間の15分前までにはサロンに行きましょう。次に、別室に案内されますので、そこでガウン(またはその他の適切な服装)に着替えます。そして両ワキに多量のジェルを塗布します。その後ジェルにフラッシュ脱毛器の光を照射します。両ワキなら3分以内で終わります。仕上げにジェルを拭き取り、冷たい布や保冷剤で患部を数分冷やします。単にワキを脱毛するだけなら、服を着替えて次回の予約を取るまで30分程度で済みます。
いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンでのワキ脱毛の手順や様子について解説しました。脱毛サロンで受けられる主な脱毛の種類2種類と、施術方法についてご紹介しました。簡単なワキ脱毛であれば、たった30分程度で施術が終わるので、時間がない人でも気軽にできます。また少し痛みを感じますが効果を早く実感したい人には「I.P.L方式」、少し時間はかかりますが痛みを感じたくない人や敏感肌の人には「S.S.C方式」など、自分のコンディションにあった施術方法を選ぶ事ができます。今まで脱毛サロンに通うことに少し不安があったかもしれませんが、もうこれで不安が取り除かれたのではありませんか?あなたも脱毛サロンで楽にワキのムダ毛を処理してみませんか?
自己処理ではなかなかキレイにできない脇のケア。どう処理していいかわからず大手のサロンでお手入れを考える女性も多いかと思います。でもサロンに行くその前に知っておいた方がいい脇脱毛の必須情報があります。まとめましたのでご覧ください。

ワキ脱毛は毛周期に合わせて脱毛

機器による脱毛をする際重要なことは「毛が生える周期」に合わせて施術することです。効果があるのは、毛周期の中でも最も細胞分裂が活発な「成長期」のみ。脱毛機器により、ワキ毛の毛根にある「毛母細胞」という部分に光を照射し、メラニン色素という黒い色素のみにダメージを与えて毛根を破壊します。ところが、成長期以外の毛根はその色素が薄くなっていて効果が出にくくなってしまいます。このことは、脱毛サロンでもクリニックでも同じです。毛周期は部位によって異なるのですが、ワキの場合は2~4ヶ月だと言われています。どんなに早く脱毛したいからといっても、ワキの毛周期に合わせて施術しなければ適切な効果が得られません。毛周期は人によって差があるのでスタッフと相談しながら施術してください。

サイクルを守ってキレイにワキ脱毛を体験しましょう

いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンに通う前に知っておくと役に立つ基礎知識についてまとめました。自己処理に慣れてきた人にとってサロンでの脱毛は、時間がかかるし、好きな時に通えないので不便に感じるかもしれません。脱毛10回コース の場合、毎月通って10ヶ月で完了する!と自分で思い込んでいるかもしれません。ところが脱毛機器でワキ脱毛をする場合、ムダ毛の生えてくる“毛周期”を無視して頻繁に通っても効果がないばかりか肌にダメージを与えてしまいます。脱毛は、体内の細胞分裂が最も盛んな“成長期”にしか効果がありません。焦る気持ちは分かりますが、毛周期に合わせて間隔を空けてつるつるすべすべのワキを手に入れましょう!
脱毛サロンで全身脱毛をする場合、いくつかの方法と特徴があります。あなたはいつもサボることなく、ムダ毛の処理ができていますか?肌の露出が少なくなる季節に、見えないからとムダ毛処理をサボっていたら、急なお泊まりや暑いからと服の袖をまくり上げた時に、ムダ毛処理を忘れていた!と恥ずかしい思いをしたことはありませんか?他にもムダ毛処理をサボったことで、恥ずかしい経験をしたことがあると思います。最近は脱毛サロンの料金もリーズナブルになったので、全身脱毛にトライしてみたい人も多いでしょう。そんな人のために、脱毛サロンの特徴や脱毛方法についてまとめてみました。

I.P.L方式とは

特定の波長の光線”インテンス・パルス・ライト”を毛根の黒い部分に照射し毛根を破壊する方法です。この方法では毛に直接照射することで熱が発生し、毛根にダメージを与えることで毛の再生能力を低下させます。”インテンス・パルス・ライト”は美肌効果を目的としエステサロンで使用されているため、脱毛と同時にシミを薄くしたり毛穴を引き締めるといった美肌効果も期待できます。しかし、黒い部分にしか反応しないため産毛などの色の薄い部分には効果がない可能性もあります。

S.C.S方式とは

スムース・スキン・コントロールと呼ばれる方式のことで、イタリアの有名な医療会社が考案した除毛法です。
毛根やバルジ領域などに直接作用する他の除毛法とは異なり、ビーンジェルという特殊なジェルにクリプトンライトを照射することで、制毛・抑毛効果のある有効成分が生成され、この有効成分を毛穴から浸透させることで毛根の活動を抑えるという仕組みになっています。
クリプトンライトから発せられる熱や光はジェルに吸収されるため、痛みがなく刺激も少ないため、デリケートゾーンや敏感肌の方でも安心して施術することができ、産毛や太い毛などを問わず広い範囲に施術することが出来るという点がメリットになります。
全身脱毛の施術について説明します。脱毛サロンの全身脱毛には、全身の部位を同時に施術する方法と、全身を部分的に分けて施術する方法の2種類があります。個人の好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができます。では、サロン脱毛の施術のおおまかな流れについて見てみましょう。予約時間までに受付を済ませます。次に個室へ通されたら、服と下着を脱いで用意されているガウン(タオル)に着替えます。(VIOの施術がない日は下着を着けてもOKです。)そして施術部分にジェルを塗り、脱毛機器の光を照射していきます。姿勢などはスタッフの指示に従ってください。最後に脱毛した部分のジェルを拭き取り、冷たいタオルや保冷剤などで冷やして終了です。施術がすべて終わったら、服を着替えて次回の予約をお取りください。

脱毛サロンへ行こうと決めたなら

脱毛サロンへ行く前日か2日前までに自己処理をしなければなりません。VIOラインの脱毛を受ける場合は是非自分でデリケートゾーンの処理をしていきましょう。ただ、背中や腰、I.Oラインなど自己処理が難しい部位は当日にシェービングしてくれることもありますが、サロンの中には剃り残しがあるとそこだけ脱毛できないこともあります。またサロンによっては、シェービングが有料になることもあるので是非事前に確認しておきましょう。
今回は脱毛サロンで行われる全身脱毛の技術や特徴、施術の流れについてご紹介させていただきました。光脱毛には2つの形態がありそれぞれの特徴を知ったことでさらに理解を深めていけたと思います。おさらいをしますと、毛根に直接働きかける結果、「I.P.L.テクニック」の方が効率的であり、肌への影響も嬉しいという事でしたね。
サロン選びの際に特に痛みについての不安が強い方は事前のカウンセリングで体験しておくとより安心できるかもしれません。今回の記事を参考に自分にあったサロンを選んで、全身ツルツル肌を楽しみましょう。
最近のサロンでは、手ごろな価格でできるということでわき脱毛が人気です。ただし、その効果を感じられるまでには少し時間が必要なようです。そこで変な誤解をしてサロンとの関係が悪くなることを避けるためにも、わき脱毛の効果を実感できるまでに必要な期間について確認しましょう。

わき毛脱毛を目的としたサロン通いは継続しないと効果がありません

1回目の施術後、おおよそ1週間から2週間で大量に毛が抜け落ちます。しかし毛には毛周期というものがあり、ここでは表面的、すなわち皮膚上に生えている毛が抜けているだけなのです。ですから皮膚の下にある毛にも脱毛施術が必要です。

サロンでの脱毛効果を実感する方法

ワキ脱毛でサロンに通うのが2回目から4回目になると、回数を重ねるにつれて毛の生えてくるスピードが遅くなっていることに気がつきます。しかし、必ずしも全員が同じタイミングでそれを実感できるわけではなく、個人差があるため、人によってはすぐに効果を実感できない場合もあります。またワキ脱毛の効果を実感し始めるまでの時間は、脱毛施術の方法によっても異なります。

脱毛方法による効果の違いについて

例えばニードル脱毛やレーザー脱毛は1度施術すれば二度と毛が生えてこなくなる、いわゆる永久脱毛です。
ですから施術毎にムダ毛が少なくなることが実感出来ます。
一方、フラッシュ脱毛の場合は1度の施術では少し毛が細くなったり生えるペースが遅くなるといったくらいで、脱毛効果実感しにくいと言えます。
ですがその後に生えてくる毛は細くなりますので、次第に毛が目立ちにくくなっていきます。
比べてみると、ニードル脱毛やレーザー脱毛の方がいいのかと思う人もいるでしょう。
結局、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあるということですので、その点も考慮して脱毛方法を選ぶとよいでしょう。

アトピーの人でもエステ脱毛は受けられます

いかがでしたでしょうか?そもそも、敏感肌の人はもちろん、アトピーの人であっても、脱毛の施術を受けることは可能です。脱毛サロンによってさまざまなケアが用意されているので、脱毛をしたい。そう思っている人は、まずは脱毛サロンに相談してみましょう。
光脱毛に伴う痛みについてのお話です。
現在、多くの脱毛サロンでは光脱毛が主流になっています。
光脱毛とは、ムダ毛の元となる部分に特殊な光を当てて、広範囲のムダ毛を処理することができるものです。
広範囲に一度に効果がある便利な脱毛法なのですが、永久脱毛ではないので一定期間が過ぎるとまたムダ毛が生えてきてしまうという欠点もあります。
とはいえ、光脱毛は痛みが少ない、あったとしても小さな痛みで済みますので、痛みが苦手な人にはピッタリの脱毛方法と言えるでしょう。

子供の脱毛の影響・効果は?

小学生や低学年の子供の脱毛は良くも悪くも様々な意見があり、まだ早いと考える人も多いようです。女の子の場合、ホルモンバランスが整う20歳くらいまではムダ毛の状態も不安定であり、子供の頃に一度脱毛してもまた生えてくる可能性があります。ただ子供がどうしても悩んでいて対策をしたいようであれば、「またムダ毛が生えてもその時はその時だ」と思って、エステに相談してみるのも良いでしょう。

子供向けの脱毛ができるエステサロンは?

サロンによっては、小学生でも安全・綺麗に、かつ確かな効果を出してくれます。また、親子が同じ脱毛コースに通う場合、割引が適用されるサロンもあります。このように子供でも脱毛可能な大手サロンも増えてきていますが、年齢制限はサロンによって異なります。

脱毛のためのラボ

全身脱毛を専門とするこの施設では、12歳から脱毛が可能です。また、中学生でも保護者同伴であれば脱毛が可能です。どの店舗も徒歩0~5分圏内にあり、駅近で便利な立地です。また、万が一効果がなかった場合の100%返金保証も行っています。エステティックサロンで初めて「月額定額制」を導入し、全身脱毛が毎月9,980円からとなっています。カウンセリングの現場 子供向けの脱毛サロンを選ぶ場合も、大人向けのサロンを選ぶ場合とほぼ同じ流れになります。子どもの肌はとても弱いので、安全性や不快感、肌への負荷には気をつけたいものです。また、店内や従業員間で、若い人が気持ちよく過ごせるような環境を整えることも肝心です。お近くのサロンの無料カウンセリングを予約し、サロンの雰囲気や接客を吟味した上で、どのサロンにするか選ぶことを提案します。
皆さんは、普段どんな方法でムダ毛の処理をしていますか?自宅で簡単に使えるカミソリや毛抜き、塗って拭き取るだけの除毛ローション、電気シェーバー、家庭用脱毛器など、さまざまなものがありますよね。そんな中、自宅でのムダ毛処理をせず、脱毛サービスを選ぶ人が増えているそうです。その原因、きっかけは一体何なのでしょうか?脱毛サロンに乗り換えた人たちの証言をもとに、今回はその理由を探っていきます。

最後に確認しておきたいのが、正しい保湿の方法

脱毛後、肌にボディーローションや化粧水をたっぷりと塗布します。保湿は、補った水分をしっかりと肌に浸透させ、キープすることが大切ですので、できれば脱毛後すぐに行います。そこで、ボディークリームや乳液を塗って、肌を守るバリアを作ってあげてください。これで正しい保湿の方法はおしまい。たった2ステップですが、脱毛による負担を負った肌には効果があります。脱毛後に特に乾燥が気になる方は、ボディーローションや化粧水をたっぷり含んだコットンやティッシュを脱毛した箇所にあて、水分補給パックを行うのも効果的です。

脱毛サロンに通っていて経験した勧誘の種類は、大きく3つ

別のパーツの脱毛を勧めること、脱毛ではなく痩身などのコースを勧めること、美容のためのケアアイテムを勧めること、の3種類です。この3つのうち、別のパーツの脱毛を勧められた時は、心惹かれました。なぜなら、施術を受けていて、脱毛の効果を実感していたからです。しかし、痩身の勧めは断りました。確かに太ってはきていたものの、本来の目的ではなかったからです。ケアアイテムの勧めにも惹かれるものがありましたが、予算を超えていたので断りました。

ワキ汗が気になる場合

ワキ汗が気になる場合は、制汗剤を使うとよいでしょう。スプレータイプより、ロールオンタイプの制汗剤がおすすめです。スプレータイプの制汗剤は、皮膚だけに付着するため、汗をかくと流れてしまい、効果が長続きしません。ロールオンタイプの制汗剤か、あるいは、汗腺を塞いで汗腺の働きを抑えるタイプの制汗剤を試してみましょう。

脱毛では肌に強い負担が

例えば日焼けした肌は、紫外線により強いダメージを受けています。その弱った肌へ、キツい光を当てると肌細胞はさらに弱ってしまいます。脱毛マシンの光はかなり強い為、日焼けによって弱った肌の後に施術をすると、火傷を起こしてしまう危険があるのです。
2つ目の理由は、光脱毛の特性によるものです。光脱毛は、黒い色に反応して熱を加えます。つまり、肌が白ければ毛だけに反応するわけですが、肌が黒色に近ければ近いほど肌の色にも反応してしまうというわけです。なので、そのままの強い光ではお肌にやけどのようなダメージを与えてしまう恐れがあります。そのため、肌に負担がかかったり火傷を防ぐために照射レベルを下げて対応するのが一般的なんです。しかし、あまりレベルを下げ過ぎると今度は肝心の毛根へのダメージも減り、脱毛効果が得られにくくなってしまいます。このような理由から、エステでは日焼けした肌では脱毛出来ないと言われています。

脱毛サロンの保証サービス、返金保証

これは、脱毛サロンが契約内容を守らなかった場合に、お客様がサロンに対し支払った金額の全額または一部が返金されるというものです。そして、守るべき契約内容としては、契約した期間や回数内で脱毛を終了させることや契約した回数で事前に説明した脱毛効果を実現することなどが挙げられます。

脱毛で毛穴が広がるのはイヤ

どんな脱毛なら毛穴が広がらないのでしょうか?それはプロによる脱毛、そう、脱毛サロンです。脱毛効果と肌への負担の絶妙なバランスを考えて生み出されている脱毛サロンの施術ならば、肌トラブルの危険性も少ないですよね?しかも、光脱毛など一部の脱毛施術なら、毛穴が広がらない&目立たないだけではなく、特殊な光の効果で毛穴の引き締め効果もあるというから驚きです。

脱毛で毛穴が大きくなることは少ない

いかがでしたか?脱毛すると、毛穴が開いて目立つようになるという人が多いんです。これは半分嘘で、半分本当です。毛穴が開くのは、自己処理の仕方やその後のケアの仕方が原因である可能性が高いことがわかっています。脱毛はプロにお任せして、その後の自己処理はしっかり行いましょう。
近年、多くのエステサロンで脱毛キャンペーンが実施されており、エステサロンでの脱毛を始める人が増えています。エステサロンで脱毛すると、面倒な自己処理から解放され、さらに肌がキレイになったという話を聞いたことはありませんか?脱毛と美肌のW効果を期待できるというのは本当なのでしょうか?

I.P.L.

I.P.L.メソッドとは、どのような方法でしょうか?I.P.L.メソッドとは、インテンス・パルス・ライトと呼ばれる独自の光線を使用して効果を得る方法です。レーザー脱毛の光線と比較すると、光線の強さは3分の1程度ですが、毛根にある「毛母細胞」を破壊し、細胞内のタンパク質を加熱することで、毛を抜けさせて脱毛させることができます。

S.S.C.のアプローチとは?

Smooth Skin Control Method の略で、スムース・スキン・コントロール・メソッド のことです。治療中は、クリプトナイトライトに加え、「ビーンジェル」と呼ばれる特殊なジェルを利用することで、患者さんの快適性を保ちます。このジェルに光を当てると反応し、光の温熱効果でジェル内の抑毛効果のある成分を浸透させ、毛根の働きを止めて毛をなくします。毛根や周辺組織に害を与えず、脱毛を促進する点が特徴です。肌が敏感な方に最適な施術です。

まずは「I.P.L方式」を見てみましょう

「I.P.L方式」で使用される「インテンス・パルス・ライト」は、出力可能な波長が幅広く、調整して波長を変えることができます。この機器は出力によって美顔効果の高い、美容エステ「フォトフェイシャル」にも使用することができます。実際、脱毛サロンによっては「フォトフェイシャル」をメニューにしているところもあるほどです。この「インテンス・パルス・ライト」には、シミやくすみ、そばかすなどの原因となる「メラニン」にダメージを与えて薄くする効果があるといわれています。さらに、コラーゲンの生成を助けて肌を活性化する効果もあるので、ムダ毛を処理しながらキメをととのえ、さまざまな肌トラブルの解消も期待できるというわけです。また光脱毛の場合、サロンによって多少の違いはあるものの、ムダ毛処理をした後に保湿ケアとしてコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分が含まれたローションやジェルを使用します。これらの相乗効果で肌が潤い、美しい肌が導かれるのです。

「S.S.C方式」の場合

「S.S.C方式」では、「I.P.L方式」のようなフォトフェイシャル効果は残念ながら期待できないのですが、施術前に塗布する「ビーンズジェル」に含まれている「フィリニーブ」という成分の中に、美肌作用があると考えられています。植物由来の成分が配合された「フィリニーブ」には、肌を柔らかくしリラックスさせる作用があるため、特に肌荒れには効果的です。また「S.S.C方式」は、肌に光を直接照射するのではなく、あらかじめ塗布したジェルにだけ反応するので肌に優しく、敏感肌の方でも使用できるのが特徴です。つまり、肌に与えるダメージを最小限にすることができるのです。
いかがでしたか?エステサロンでの脱毛は主に2つの脱毛形態があり、どちらも脱毛だけではなく美肌効果も期待できるようです。美肌効果は、どちらかというと美容メニューにも使用される方式を選んだほうが効果は高いといわれています。しかし、脱毛のみを目的として脱毛サロンを選ぶのであれば、自分の肌に合った施術を選択する必要があります。最近では独自の美容成分を配合しているエステサロンも多いようですので、お試しコースなどで詳しく確認してみるといいかもしれません。
脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介します。ムダ毛の処理には様々な方法があり、シェーバーやカミソリによる自己処理から、エステサロンや医療クリニックでの本格的な施術まで多岐に渡ります。その中でも、近年徐々に人気を集めている脱毛方法が、ハレンチ肌脱毛 です。この方法は、一体どのようなものなのでしょうか?

「ハイパースキン脱毛」とはどのようなものでしょうか?

これは、今までクリニックやエステサロンなどで施術されてきた脱毛方法とは異なる、新しい方法です。従来の脱毛は、医療レーザーも光(フラッシュ)脱毛もニードル脱毛もすべて、「毛乳頭」という毛根部分に光や電気の熱を当ててダメージを与え、脱毛するというしくみです。毛の生える周期でいうと、毛根が元気な状態にある「成長期」に施術しなければほとんど効果がありません。そのため2?3ヵ月程度の間隔を空けて施術しなければならず、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまうのが普通です。つまり、今生えている毛の根元を破壊して、少しずつムダ毛が生えてこないようにアプローチするわけです。ところが「ハイパースキン脱毛」は、これから生えてくる毛の種ともいえる「発毛因子」に光を照射します。毛の細胞分裂を抑えることによってムダ毛が生えるのを防ぐのです。見た感じでは施術は光(フラッシュ)脱毛などと変わらないのですが、従来の脱毛方法のように熱をほとんど発生させないので、痛みやヤケドのようなリスクがありません。

産毛でもきちんと脱毛の効果が得られる

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する光を照射することにより、毛穴の奥の毛根にダメージを与えるものです。そのため、産毛のような細くて色の薄い毛には、効果的とはいえません。ハイパースキン脱毛は、その点で「発毛因子」つまり「毛の種」に作用し、細い毛や薄い毛であってもきれいな脱毛が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みもないので、特におすすめの部位は『顔』です。デリケートで痛みを感じやすい『顔脱毛』は産毛の処理も手間がかかります。
これまでの脱毛施術は、脱毛効果を十分に発揮するために毛の成長サイクルのうち「毛根の成長期」に合わせて施術を受ける必要がありました。そのため、これまでの方法では施術に時間がかかり、終了するまでに何年もかかることがありました。しかし、ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛方法とは異なっているため、施術間隔を最短にすることができます。施術間隔が約3週間と短く、短いスパンで集中して施術を受けることが可能です。施術を始めてから、できるだけ早く脱毛効果を実感したい方におすすめの方法です。
いかがでしたか?今回は新しい脱毛法、「ハイパースキン脱毛」をご紹介しました。従来の脱毛方法では難しかった、敏感肌・肌トラブルに悩む人やお子さんにも安心して施術できる方法のようです。まだ取り扱っているエステサロンが少なく、通常のエステサロンのフラッシュ脱毛などよりも費用が高めであるというデメリットはありますが、今まで脱毛できなかった人でも利用できるのは嬉しいですね。体験脱毛などを活用して自分に合うかどうかしっかり試してみましょう!
夏が近づくにつれて脱毛サロンの広告が目立つようになり、「自分でムダ毛を処理するのは難しいのでは」と不安になる方も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンに通い始めるのは夏よりも秋から冬にかけてがおすすめです。なぜ夏場ではなく、秋冬に脱毛サロンに通うのが望ましいのか、その理由を説明させてください。

日焼けした肌は脱毛できません

春から夏にかけて肌の露出が増えるため脱毛サロンに通い始める方が増えます。しかし脱毛は、施術方法にもよりますが一般的には日焼けした肌では脱毛効果を実感しにくい傾向にあります。そのため脱毛サロンへ通う季節は、秋から冬にかけてがオススメです。

夏になると脱毛サロンの予約がとりにくくなります

特に大手の脱毛サロンですと、夏場は新規が増えて混み合ってしまうため予約がとりにくくなります。
効果的な脱毛のペースとしてはできれば2~3ヶ月おきに予約を取りたいところですが、実際には4ヶ月先まで予約が埋まっているということも少なくありません。
また、サロンによっては秋から冬にかけてお得なキャンペーンを行っていることもありますので、時期によって通常よりもお得に申し込むこともできかもしれません。
そのあたりもチェックしておきましょう。

わき下の専用美容ジェルを使ったお手入れ方法

最近ではわき専用の美容ジェルも販売されています。色々なブランドから乾燥やぶつぶつ、黒ずみなど症状別に色々なタイプのものが発売されているので気になる方は試してみではいかがでしょうか。中には返品保証がついているものもありますので、気軽にお試しできます。
ワキの脱毛を行う際、ムダ毛処理をしつつもきれいな肌を維持するために、エステサロンやクリニックでの脱毛を考えている人も少なくありません。永久脱毛には様々な方法がありますが、医療レーザーを用いた脱毛が最も一般的で効果的な方法のようです。

医療用レーザーは、脱毛用レーザーよりも強力

また医療用レーザーは医療機関でのみ使用が許可されていますが、エステサロンでは同様の動作をするフラッシュライトによる光脱毛を行うことができます。医療用レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、新しいムダ毛が生えてこないようにするために、特殊な光を使って毛根の部分にダメージを与えます。医療用レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じような脱毛施術ですが、医療レーザーで使う光は深く直線的な光です。そのため皮膚の奥にまで脱毛効果を及ぼすことが可能です。また医療レーザーの光は、照射範囲において奥深くの毛にも働きかけることができるのが特徴です。医療用レーザーの脱毛力は、高濃度フラッシュ脱毛の光に匹敵します。

医療レーザーを使用した施術は、医療行為に該当

医療行為であるため、クリニックや医院のみが行えます。医療レーザーを使った施術後は滑らかな肌に仕上がるので、より効果的なワキ脱毛を希望する場合、医療レーザーを使った脱毛を検討するのがおすすめです。
ニードル脱毛は、毛穴一つひとつに針を刺して電流を流して脱毛します。そのため、広い範囲の脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が使われることが多いです。しかし、レーザー脱毛や光脱毛では施術できない部位もあります。その場合に、針を使った脱毛という方法があります。

レーザー脱毛と光脱毛について

これらの脱毛は黒い色素に反応して脱毛します。つまり肌の色が白い場所の脱毛は可能ですが、反対にもともとの体質や日焼け、色素沈着で肌の色が黒みを帯びている場所の脱毛はできません。他にも太くて黒い毛は脱毛できますが、産毛や白色または金色を帯びているような毛には脱毛の効果は期待できません。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。
「永久脱毛」という言葉に惹かれませんか?ムダ毛の自己処理は肌トラブルを起こしやすく、時間もかかるので、エステサロンやクリニックに通って一生ムダ毛とおさらばしたいと思う人は多いでしょう。しかし、「永久脱毛」は必ずしも永久に「毛が全く生えてこない」という意味ではありません。では、具体的にはどのようなことを意味しているのでしょうか。

永久脱毛の効果はどのくらい

「永久脱毛」をうたうことができる医療クリニックで行われる脱毛のうち、その永久性が確認されているといってよいのが「ニードル脱毛」です。ニードル脱毛は130年以上の歴史があり、アメリカの最も厳しいといわれる審査機関で唯一「永久脱毛」として認められています。それ以外の脱毛は、医療クリニックや美容外科のみで行える「医療レーザー脱毛」でも機械は1997年に開発されたもので、その歴史は20年にも満たないため完全に無毛になる「永久脱毛」である証明はまだされていませんが、「永久脱毛」に近い効果を期待することができます。

どのクリニック・サロンで脱毛するかを選びましょう

自分がどこまでの脱毛効果を期待しているかによって決めるのがひとつの方法です。どうしても「永久脱毛」にこだわりたい場合はやはりクリニックで医療脱毛するのがいいでしょうし、自己処理をしなくていい程度の脱毛でよければエステサロンでも十分でしょう。また、価格の問題もあります。1本ずつ処理をするニードル脱毛は部分脱毛でもかなり高額になりますし、医療レーザーも保険適用外なので全身脱毛には相当の費用がかかります。一方、エステサロンの場合は「ワキ脱毛○○円!」といったキャンペーンなどもあり、全身脱毛でもレーザー脱毛の半額程度で受けることができます。トータルの費用と期待している脱毛効果の両方を十分に考えたうえでどこで脱毛するかを決めましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は「永久脱毛」についてご紹介しました。エステサロンで行われる施術は「永久脱毛」とは呼べませんし、「永久脱毛」は「永久に一本も毛が生えてこない」という意味ではない、という根拠があるそうです。医療機関もエステサロンも、脱毛には多額の費用がかかります。後で後悔しないためには、事前によく比較・検討し、自分の希望に合ったものを選びましょう。
家電量販店などでは、家で使えるいろいろな脱毛器が販売されています。種類も多く、値段もさまざま。欲しいと思う人が多いのもうなずけます。では、実際に家庭用脱毛器を使用した効果はどうなのでしょうか?今回、脱毛器を購入したいと考えている人が知りたい、種類や効果についてのお得な情報を詳しくお届けします。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・熱線式除毛という異なる3つの方式が主に採用されています。その違いを見ていきましょう。一つ目のフラッシュ脱毛器は光を当ててムダ毛を処理をします。照射範囲が広く一度に多くの毛を処理することが出来ます。光を当てるだけなので痛みも中々感じません。使用される光はフラッシュ光というもので、美肌効果も期待出来ると言われており、脱毛と美肌対策が一度に出来る優れものです。二つ目はレーザー脱毛器です。クリニックなどで専門的に使用されているレーザーを一般家庭用に出力を下げ調整したもので、その効果は抜群です。ただし、比較的施術時の痛みが出やすいタイプなので、痛みに敏感な方は別のタイプをおすすめします。最後に熱線式除毛器です。熱を使用して毛を焼いて処理するものなので、これまでの二つとは違い毛根の処理をすることはありません。ムダ毛を根本的になくすことは出来ませんが、手軽に処理が出来ると言う面で、敢えて好んで使用する方もいます。

脱毛器に効果があるって本当?

脱毛器はどのくらい効果があるのでしょうか?それは本当です!多くのサロンで採用されているフラッシュ式脱毛器は脱毛効果が実証されています。家庭用脱毛器も原理は同じですから、脱毛効果はあるとみてよいでしょう。レーザー脱毛器も同様です。これらは医療用レーザーと同じ仕組みで動き、すべてのムダ毛を完全に根絶することができるでしょう。しかし、これらの脱毛器は即効性はありません。使用回数はお持ちの脱毛器の種類や毛の量、濃さによって異なりますが、10回前後を目安に使用するとよいでしょう。いかがでしょうか?これから購入を考えている方は、自分のニーズに合った種類を選び、早速自宅で脱毛にチャレンジしてみてください。
一般的なワキ脱毛やVIO脱毛はサロンや皮膚科で知られていますが、顔の脱毛はそれほど認知されていないでしょう。しかし、この顔脱毛は化粧ノリが良くなるということで、今注目を集めています。そこで、今号の特集は「顔脱毛」です。

化粧ノリが良くなる嬉しい効果

顔脱毛により、化粧が浮きにくくなるだけではなく、化粧のノリが明らかに変わりました。顔脱毛せず、産毛がびっしり生えていた場合、ファンデーションを産毛が邪魔してノリが悪くなります。また、光が当たった時、顔に影が出来てしまい、顔が暗い印象になってしまいます。加齢が影響し、ホルモンバランスが崩れると、口の周りの産毛が濃くなってしまいます。そうなってしまうと、どんなに良いファンデーションを持ってしても、黒っぽい産毛や、その産毛を剃ったとしても剃り跡が目立ってしまう場合もあります。ですが、脱毛してしまい産毛が無くなれば、ファンデーションはうす塗でもしっかり定着してくれますし、顔色の明るさが高じて気分まで明るくなること間違いなし。顔脱毛で、化粧ノリが良くなるという口コミは、本当のようです。

キレイな肌って憧れる…

透明感のあるキレイな肌を作るために欠かせないのがこまめな産毛の処理です。化粧ノリも良くなるし、くすみの解消にも繋がります。ただ、カミソリや毛抜きでの自己処理は肌トラブルを起こすことも…。プロに任せるのが1番だとは思っても、痛みがあるのではないか…と不安になってしまいます。
産毛の脱毛処理法はさまざまありますが、色素が少ないため、光やレーザー脱毛法ではうまく反応せず、その効果は少ないと言われています。しかしハイパースキン脱毛なら効果的で、同時に痛みや肌へのダメージも少ないのです。

ムダ毛の正しい剃り方

では、肌トラブルを防ぐためにムダ毛の正しい剃り方をご紹介します。まずは剃りたい箇所をホットタオルでしっかりと温めます。手足や全身を剃りたい方はゆっくりとお風呂に浸かるのもおすすめです。毛穴が開いてから、シェービングフォームやジェルを塗ります。その後、毛の生えている方向に剃っていきます。毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きくなってしまいトラブルを生む可能性があります。ムダ毛を剃り終えたら、次は冷たいタオルで処理した箇所をクールダウン。開いた毛穴を閉じさせます。その後、化粧水や乳液、アフターシェービングローションなどでしっかりと保湿してください。シェービング後の肌はかなり敏感になっているので、爽快感をうたうようなアイテムより、マイルドな付け心地のものを選ぶとさらに効果的です。処理をした後に赤みや刺激を感じたら、迷わず一度、皮膚科を受診してください。いかがでしたか?女性が日常的に取り入れている“剃る”という処理方法。手軽さというメリットもありますが、リスクがないわけではありません。正しい剃り方でトラブルが少ない方法を身につけてください。
ワックス脱毛は手軽にできて、ある程度の期間はムダ毛のない状態を維持できます。自宅で処理できる自己処理用のワックス以外にもワックス脱毛をおこなっているサロンもあり、ムダ毛に悩む多くの女性からの支持を集めています。では、ワックス脱毛にはどのような効果があるでしょうか?

ワックス脱毛の特徴は?

それでは、ワックス脱毛にはどんな効果があるのでしょうか?まず第一には先程の通り、施術の間隔が長いことが挙げられます。ワックス脱毛は毛根から処理をするので、最長で1ヶ月間ほどムダ毛のない状態を保てます。そしてその結果、長期間のムダ毛処理による肌トラブル防止につながります。またムダ毛と一緒に古い角質も取ることができるため、ピーリング効果も期待されます。同時にスキンケアになるというのはワックス脱毛の大きな特長ですね。ただワックス脱毛も完璧とは言えません。他の脱毛方法と同じく、肌には負担をかけるので、直射日光を避ける、保湿を徹底する、ワックス脱毛後はプールや温泉には入らない等、注意が必要な点があります。いずれにせよ、手軽で長持ち、美肌効果もあるかも!?というのが、他で得難いワックス脱毛の利点ですね。
いかがでしたでしょうか?欧米を中心に人気が高まっているワックス脱毛ですが、日本でも人気が出てきて広まっています。自宅で簡単にできる一般的な脱毛で、サロンでは処理しづらい場所の脱毛も可能で、美肌効果まであることが判明しました。ムダ毛が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?
きれいな女性を見て素敵な人だなぁと思っていたら、腕にムダ毛が生えていたのを見てしまった…という経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。ムダ毛は女性の大敵です。季節を問わず、いつでもツルツルの美しい肌でいたいものです。皆さんは、どのようにムダ毛のお手入れをしていますか?カミソリや永久脱毛、それとも手軽に使える除毛クリームでしょうか?今回は除毛クリームをテーマとして、ご紹介していきます。

除毛クリームのメリット

それでは、除毛クリームを使ってみる前に、なぜ除毛クリームがムダ毛の処理に効果的なのかを説明します。ほとんどの除毛クリームは、アルカリ性の薬剤で毛のタンパク質に働きかけて溶かし、除毛する仕組みになっています。しかし、タンパク質で出来ているのは毛だけではありません。皮膚もタンパク質で出来ているため、除毛クリームは皮膚への負担となるのです。このことを考慮して除毛クリームを使用する前には、パッチテストを行うことが必要になります。パッチテストの手順としては、腕の裏側などの目立たない場所にクリームを塗って、そのまま5分ほど放置します。その後、説明書に従ってクリームを除去したら、24時間その部位に問題が起きないか、経過を観察します。そのときに、かゆみや赤みといった症状が現れた場合は除毛クリームの使用を中止してください。パッチテストに問題がなければ、除毛したい部位にクリームを塗って、説明書に記載の時間放置した後に、ヘラなどで取り除いてください。

抑毛ローションとは

抑毛ローションは肌に極力負担をかけず、ムダ毛が生えるのを抑えるものです。ほとんどの製品は天然成分から作られています。使用後の即効性はありませんが、徐々に毛を細く、薄くしていき、再びムダ毛が生えにくくなる効果があります。また高い保湿効果があるので、肌荒れも防止できます。そしてなにより、刺激を与えたくない子供の肌のムダ毛処理に使えるのが大きな利点です。

子供のムダ毛を処理する上手な方法は

子供の肌は大人と比べると、弱くて敏感です。
大人と同じようなやり方をすれば、負担が大きくなりすぎることがあります。ご家庭で行う場合は、まずは電気シェーバーで処理を行い、その後は抑毛ローションを薄く塗るとよいでしょう。
抑毛ローションを使うことで毛は細く薄くなり処理の回数を減らせますし、また肌への保湿効果も期待できます。
どの方法でムダ毛処理をするとしても、処理後の子供の肌はいつも以上にデリケートな状態です。処理後のダメージや細菌の感染を防ぐために、きちんと化粧水、乳液などで保湿するアフターケアが重要です。もし、あなたのお子さんがムダ毛で悩んでいるのなら、子どもだから・・と軽く考えず、しっかりと相談にのってあげて、子どもに合った方法でムダ毛の悩みを解消してあげましょう!
お子さまの眉毛がつながっていることや、口の周りの毛が濃いなどが気になり、産毛をきれいにした方がいいのか悩む母親も多いと思います。それが原因となって、友達からいじめを受けるのではないかということも心配になることもあると思います。一方で、自己流の処理をして、大切なお子さまの肌に傷がついてしまったら大変です。そんな、お子さまの産毛の処理、したほうがいいのか解説していきます。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

自己処理中にピンセットを使ってもいいの?

ピンセットで毛を抜くと、だんだんと毛が消えてなくなり、楽になるという話があります。確かに、他の自己処理(カミソリで剃るなど)と比べても、最もシンプルで楽な手法と言えます。カミソリで剃った場合、表面だけしか処理することができず残ってしまいます。ピンセットでワキ毛を自己処理することで不要な毛を根元から抜くことができるので、次に生えてくるまでに時間がかかり効果が長続きします。

ピンセットのデメリット

脱毛サロンに通おうと思った時、もしピンセットで自己処理していると分かった場合、お店から断られる事があります。
なぜなら、脱毛の施術中にピンセットでワキ毛の自己処理をしてしまうと、脱毛の効果がなくなってしまう可能性があるからです。
さらに、ピンセットでの自己処理は雑菌が繁殖し、感染症に繋がるケースもあります。その為、ピンセットでの自己処理は禁止されています。
脚は年間を通して露出することが多い部分なので、いつもムダ毛を処理しておきたいです。すね毛が濃い人にとっては深刻な問題ですが、自宅でムダ毛を自己処理するとき、どのような方法があるのでしょうか。自宅でのすね毛の自己処理について、オススメの方法をまとめました。

除毛クリームを利用する

最近のすね毛の処理には、簡単に扱える便利さからクリームを利用する方が多いようです。除毛クリームに含まれる成分には毛を溶かす効果があり、短時間で無理なくすね毛処理ができるためです。使い方は、除毛したい箇所に直接クリームを塗っていきます。ただ、この方法だと肌が弱い方が利用できないという心配があります。しかし、その心配は必要ありません。敏感肌の方でも利用できる商品が発売されています。化粧品やボディソープの刺激で反応してしまうような方でも安心して使える商品です。さらに、処理後の見た目を特に気にされる方にも肌をきれいに整えることができるクリームはおススメです。

プロに任せることも考えて

すね毛を自分で一時的に処理しても、時間が経つと再生してしまいます。そのような場合、経験豊富な専門サロンで専用の機器を使って脱毛してもらうことで、再発を防ぐことができます。施術後は自分で処理することは不要になります。専門サロンで使用されている機器は、毛根の働きを抑制する効果が高いので、繰り返し施術を受けることで毛が生えにくくなり、肌の状態を良好に保つためのサポートもしてくれます。
脚のムダ毛の自己処理といえば、カミソリを使う方が大多数でしょう。カミソリですね毛をカットするのは、最も手軽で便利な自己処理方法ですが、いくつかのデメリットもあります。ここでは、すね毛をカミソリで剃ることのメリットとデメリットをまとめています。

すね毛をカミソリで剃ることのメリットについて

すね毛をカミソリで剃るという方法のメリットは、第一に費用がかからないことです。
除毛クリームは繰り返し使わないと効果が感じられませんし、毎回クリーム購入する必要があり、コストがかかります。
電動シェーバーについても、1万円以上するものもありますので、金に余裕がないときなど、カミソリで剃るのが最も手軽で安価だといえます。
第二のメリットは、カミソリですね毛を剃る場合、自分の好きなタイミングで処理できると言うことです。
電動シェーバーは使いたい時に充電をしておかないといけませんし、除毛クリームや脱毛クリームは使用後に洗い落とさなければならない為、お風呂のタイミングで使わないと不便です。
カミソリは思い立ったときに手軽に処理できるので、忙しいワーキングママや子育て中のママには大助かりです。

家庭用脱毛器のメリットに注目

家庭用脱毛器には様々なメリットがありますが、中でも注目すべきは「いつでも脱毛できる」という点です。サロンに通う際の脱毛は、忙しい人にとっては時間的に厳しいときもあります。しかも、サロンは何十万円もかかるかもしれませんが、家庭用脱毛器は長く使うことができ、サロンと同じような効果が期待できます。ワキ毛、腕毛、すね毛などの気になる部位に、数週間にわけて活用することにより、毛が薄くなっていくのを実感でき、継続して行えます。また、家族で共有することもできるため、コストパフォーマンスも抜群です。

きれいなお肌を保つために、保湿はとても重要

効果的な保湿は、お顔に化粧水を塗って蒸発する前に、両手でお顔をやさしく包み込み、化粧水を浸透させます。化粧水がお肌から逃げてしまう前に、塗った直後に乳液や保湿バームを塗ることで、潤いのあるお肌が保てます。忘れがちですが、わきの下のお手入れ後も、同様の保湿を行うことで、黒ずみが予防できます。
なぜ、わき毛が濃い人と薄い人がいるのでしょうか?その違いはいったい何なのでしょうか?ワキ毛を処理しなければならないのは面倒なことですよね。ワキ毛が濃い人もいれば、薄い人もいる。ワキ毛や体毛が濃い人と薄い人の違いは何なのでしょうか?体毛の濃さに影響する要素をまとめてみました。

医薬品には、わき毛や体毛が濃くなる副作用があるものも

例えば、皮膚の病気をステロイドで治療した場合、副作用として多毛症、つまり体毛が濃くなる可能性があります。例えば、アトピー性皮膚炎の患者さんがステロイドを常用すると、症状の出ている部分の毛が濃くなることがあります。また、飲み薬としてステロイドを使用する場合には、全身的に多毛症となる場合もあります。ただし、これは薬の副作用であり、薬の服用を中止すれば元に戻ります。
脱毛クリーム(除毛クリーム)は、自宅で簡単に脇毛をなくすことができる方法の一つです。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、カミソリのように肌に摩擦が生じないため、剃るだけの処理よりもきれいな仕上がりになります。でも、使い方がよくわからない…。そんな方のために、脱毛クリーム(除毛クリーム)の効果的な活用法をご紹介します。

脱毛クリーム(除毛クリーム)の使用頻度

わきの毛の太さや濃さ、生えるスピードは人によって異なりますが、3日に一度脱毛クリームを使用することをおすすめします。最近の製品には、抑毛効果があるものもあります。定期的に使用することで、わきの毛が生えにくくなるのです。ただし、肌への負担が大きいので、毎日の使用は避けた方が良いでしょう。

お風呂で除毛クリーム(除毛クリーム)を肌に塗ります

より強い除毛効果を得たい人は、お風呂での使用がおすすめです。除毛クリーム(脱毛クリーム)は、毛穴に浸透してムダ毛を破壊します。そのため、お風呂などで体を温めて毛穴を開くことで、クリームが浸透しやすくなります。さらに、体の側面にクリームを塗ってからラップで覆うと、より早くクリームが毛穴に浸透し、よりきれいな仕上がりになります。

脱毛クリーム(除毛クリーム)はムダ毛を処理するための簡単なアプローチ

脱毛クリーム(除毛クリーム)の効果的な使い方についていくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?普段カミソリを使っている方は、「時間と手間がかかる」と思い込んで、このグッズを試すのをためらっていたかもしれませんね。ですが、脱毛クリーム(除毛クリーム)はとても手軽で、塗るだけで簡単に脱毛できます。これから暖かい季節になってくると肌を露出する機会も増えます。脱毛クリーム(除毛クリーム)を使い、脇の下をピカピカにして、周りと差をつけてみませんか?
脱毛クリーム(除毛クリーム)を使って、腋毛を処理する方法があります。今回は、この方法を使う場合、どんなクリームを使えばよいのかについて書いていきます。まず、そもそも脱毛クリームについてよく知らない、という方もいらっしゃるでしょう。そういう方のために、脱毛クリームとはどんなものなのか、説明します。

自分の毛量や毛質に適したクリームを選びましょう

脱毛クリーム(除毛クリーム)には毛量が多い人や毛が太い人向けのもの、毛量が少ない人や毛が細い人向けのものなどさまざまなものがあります。自分の毛の状態を把握し、最適な脱毛クリーム(除毛クリーム)を選ぶことが大切です。以上がわき毛処理をおこなうときの脱毛クリーム(除毛クリーム)の選ぶポイントです。こうすることで、自分に合った脱毛クリーム(除毛クリーム)を見つけることができ、安全で効果的なわき毛処理ができるようになります。
お風呂に入って身体を洗うついでにそのままわきの処理を行っている人はかなり多いと思います。実は、その習慣には多くのリスクが潜んでいるということを知っていますか?そこで、入浴中のわき毛処理がおすすめ出来ない理由をリストアップしてみました。コレを読んできれいな仕上がりと肌に優しいムダ毛処理の両方を手に入れましょう。

肌への負担を軽減できます

自己処理の場合、ムダ毛が生えるたびに処理する必要があるので肌へのダメージが蓄積されてしまいます。特にデリケートゾーンの肌はとても敏感なので、自己処理による負担が原因となり、ニオイの発生やかゆみ、黒ずみを引き起こす可能性があります。一方、脱毛サロンで脱毛すれば、すぐに効果を実感でき、脱毛の頻度も少なくてすみます。肌への負担も軽減されるので、敏感な肌を良い状態に保つことができます。

デリケートゾーンの除毛クリーム活用のポイントは3つ

使用する前には、必ずパッチテストを行うこと。デリケートゾーンの肌はとても傷つきやすいものです。さらに、除毛クリームは肌への刺激が強いため、場合によっては肌と相性が悪いこともあります。まずは、デリケートゾーン専用に作られた低刺激のものを探し、パッチテストを行い、安全に使用できることを確認して自分にあった製品を使いましょう
敏感なデリケートゾーンの肌に使用する場合、たくさん塗ってしまうと黒ずみや乾燥が起きる可能性があるため薄く均等に塗ってください。また、急いで雑に塗ってもムダ毛処理の効果が発揮されないため丁寧に行いましょう。デリケートゾーンのムダ毛をキレイに処理したいのであれば、絶対に焦りは禁物です。
クリームを拭き取る際には、円を描くように優しく拭き取りましょう。強くこすると摩擦で肌に負担がかかり黒ずみの原因になります。肌に刺激を与えることなく除毛するためには、優しく拭き取ることを意識するのがオススメです。
ヒートカッターを使って、デリケートゾーンのムダ毛を処理する方法をご存知ですか?ヒートカッターは、肌に直接刃物があたらないので、デリケートゾーンの敏感なお肌に負担をかけずに、ムダ毛を処理することができます。また、ハサミなどで毛を切って処理する方法と違い、熱によって毛を短くするので毛先が丸くなり、チクチク防止になります。使い方は、簡単です。ヒートカッターの先端についているくしを使いアンダーヘアを切っていくだけです。事前にVIOそれぞれの長さやデザインを決めてから処理をするとスムーズに作業できます。

ヒートカッターでムダ毛を処理する方法

1つ目は、少量ずつカットしていただくことをお願いします。急いでいるときは一気に全部の毛をカットしたくなるかもしれませんが、これは、ムダ毛処理の失敗原因になります。5本程度を手にもって、少しずつ処理していくことが最も失敗も少なく、スピーディーにムダ毛処理ができて効率的です。
ここで大切な事前準備があります。アンダーヘアに水分や汚れが残っていると、ヒートカッターはうまく作動することが出来ません。ムダ毛処理を行う前には、その部分を清潔にし、完全に乾いた状態であることを確認してからヒートカッターを使用しましょう。アンダーヘアが太くて長いVラインに使用する時は、事前にアンダーヘアをハサミで切るなどして短い状態にしてからヒートカッターを使うと、ムダ毛処理の十分な効果を実感できます。
皮膚を傷つけないように注意してください。直接触れない仕組みにはなっていますが、近づけすぎると皮膚を傷つける危険性があります。ヒートカッターは、治療する部位にできるだけ近づけてください。使用に慣れるまでは、肌から7mm以上離すことをおすすめします。
デリケートゾーンのムダ毛を脱毛するためのワックスの使い方についてです。この方法では、ムダ毛に付着するワックスの特性を利用します。まず処理したい部位にワックス脱毛の施術を行います。その後、シートをはがすだけでムダ毛が一気になくなり、自宅でも簡単にムダ毛処理することができます。ワックストリートメントの多くはオーガニック成分を含んでおり、肌に刺激を与えることなく脱毛することができます。また、毛根からムダ毛を取り除くことができるので、肌触りも抜群です。ただし、永久脱毛の効果はないため、2?3週間程度でムダ毛が再生され、定期的なお手入れが必要になります。

2.毛の長さ

毛の長さを整えてから、ワックスをつけてください。毛が長すぎると上手くつけることが出来ず、良い効果を得られません。また、短すぎてもいけません。ワックスが上手く絡まらないのです。最低でも1センチは必要なので、初めは2センチほどに整えて使用するのが良いでしょう。

3勢いよく剥がす

シートを剥がす際の痛みを気にして恐る恐る剥がしてしまうと、脱毛の効果は期待できません。一気に剥がすことで痛みも軽減されます。シートは上方向ではなく、肌と平行に、毛の流れに逆らうようにはがすのがコツです。ぜひ、これらを参考に、より効果的に脱毛できるワックス脱毛にチャレンジしてみてください。
脱毛器には、デリケートゾーンに使えるものと使えないものがあります。
家庭で気軽に脱毛ができると最近多くの方が話題にし始めている家庭用脱毛器ですが、せっかくならデリケートゾーンの脱毛も行いたいですよね!
ですが、デリケートゾーンの肌は角質層が薄くとても敏感ですので家庭用脱毛器によっては使用禁止になっているものもあるので注意が必要です。
また、脱毛の際には光を当てて細胞にダメージを与えるのですが、この光は黒い色に反応するようになっています。デリケートゾーンの皮膚は他の部位よりも色が黒いため、ダメージを受けることがあります。脱毛機の購入の際はデリケートゾーンにも使用可能かどうか確認するようにしましょう。
サロンに行かずに自宅で簡単にデリケートゾーンのムダ毛処理ができる家庭用脱毛器は忙しい方にはぴったりです。全身使用も可能なので是非お試しください。
体の中で最も敏感な部位であるデリケートゾーンに使用できる家庭用脱毛器の選び方は、最初に、VIOを活用したい場所それぞれに使えるかどうかを判断します。Vラインには使えるものが多いですが、IOラインには使えるものが多くありません。次に、出力レベルにも気を付けましょう。デリケートゾーンに使用すると違和感を覚える人が多いので、そもそも出力レベルができるだけ低いものを選ぶようにしましょう。最後に、照射回数が制限されているものや、必要に応じて交換できるものなどがありますから、自分にとって操作が簡単な種類を選んで購入するようにしましょう。
脱毛クリームを使ったデリケートゾーンのムダ毛処理と3つのコツについてご紹介いたします。デリケートゾーンは肌のなかでもとても敏感な部分です。そのため処理をする際にはデリケートゾーン専門の脱毛クリームを使用します。最初に使用する前にパッチテストを行い、問題がないことを確認して処理を進めた方が安全です。また、クリームが粘膜部分に付着すると思わぬトラブルが生じることもあります。クリームを一度に大量に塗ることは避け、少量ずつ優しく塗っていくことが肌を守るために必要です。一定時間置いた後はクリームをふき取り、ぬるま湯で十分洗い流します。最後にアフターケア専用のクリームをつけ、保湿を忘れないことも大切です。
脱毛クリームを使うには3つのポイントがあります。

毛穴を広げるため湯船に浸かる

毛穴を開いてからクリームを塗ることで、クリームが浸透しやすくなり、脱毛効果がさらに高まります。湯船に浸かって体を温めるのが一番ですが、蒸しタオルでデリケートゾーンを包むのも効果的です。

クリームを塗るときは肌が乾いた状態で

きちんと水分をふき取ることで、クリームの効果が浸透しやすくなります。お風呂に入った後や汗をかいている場合はタオルやティッシュなどで一度水分をふき取ってから塗ってください。少し面倒に感じるかもしれませんが、このひと手間でクリームの効果が変わるので、ぜひ試してみてください。

剃刀で

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました