レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを利用してムダ毛を処理する技術です。フラッシュ脱毛は幅広い周波数を持つ光のスペクトルを利用しますが、レーザー脱毛は単一波長の光を利用します。フラッシュ脱毛に比べて出力が大きいため、痛みを感じることがありますが、クリニックでは施術前に麻酔クリームを塗るなどして、可能な限り痛みを軽減しています。レーザー脱毛は医療従事者のみが行うことができるため、サロンでの施術は認められていません。基本的に、施術は病院で行われます。フラッシュ脱毛とは対照的に、施術は通常5~6回の施術で終了します。フラッシュ脱毛も光脱毛も、メラニンが多く含まれる場所では特に痛みを感じることが多いようです。

レーザーとフラッシュ、どちらの脱毛方法を選ぶべき?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組みがかなり似ていますが、上記で説明したように、この2つの方法にはいくつかの違いがあります。レーザー脱毛でよく言われるのは、痛みを感じることが多いということですが、光脱毛ははるかに痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人は、フラッシュ脱毛にした方がいいかもしれません。余談ですが、以前はフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方がはるかに高額でしたが、近年は医療脱毛の専門家が行うレーザー脱毛のコースを低価格で提供しているサロンも増えています。また、レーザー脱毛は、脱毛後の毛の再生が少ない、あるいは頻度が少ないという報告もあり、多少費用がかかっても、最終的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらを選ぶか悩んだら、カウンセリングに参加したり、各コースの無料体験をしてみることをおすすめします。
手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。しかし、自己処理には限界があると考える人も多くいます。では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?今回は、脱毛サロンと医療脱毛の違いと共通点を見ていきたいと思います。

医療レーザー脱毛(レーザー脱毛)

レーザー脱毛は、皮膚表面の黒い色素(メラニン)にのみ反応するレーザー光を照射し、毛穴の中の毛の黒い部分(黒色)に反応させます。レーザーの熱で毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛を永久的に除去する仕組みになっています。そのため、毛が細く薄い場合よりも、太く黒い毛の方が効果が大きいと言われています。これは研究でも裏付けられています。毛周期に合わせて決められた回数の施術が必要ではありますが、エステサロンよりも少ない施術回数で済みます。正しく処理すれば、ほとんどの場合、毛は完全に生えなくなり、その結果、肌は滑らかでつるつるの質感になります。レーザー脱毛は医療行為であるため、皮膚科や美容クリニックでしか行えません。

医療レーザー脱毛のさまざまなメリット

・一度に広い範囲の毛をなくすことができる
・黒い色素だけに限定して反応させるため、肌にダメージを与える可能性が低い
・通院回数を減らせる

医療レーザー脱毛のいくつかのデメリット

・比較的痛みが強い
・黒い色に反応するため、日焼けした肌への施術はできない場合がある
・レーザーの出力によっては、火傷をする可能性がある。

針を使った脱毛(ニードル)

「ニードル脱毛」とは、脱毛に針を使用することを指します。最も古くからある脱毛方法です。細い針を毛穴に刺した後、電流や高周波を流して毛乳頭や毛母細胞を死滅させ、脱毛を行います。1本ずつ針を刺していく必要があるため、レーザー脱毛のように一度に広い範囲を処理することができず、レーザー脱毛よりも脱毛完了までにかなりの時間がかかります。しかし、針が毛根を直接刺激するため、脱毛の方法としては最も効率的です。ただし、針を刺す関係上、強い痛みを伴います。また、施術料金の他に、針の購入費用などが発生するため、施術とは別に支払う必要があります。これは、直接人体に針を刺すため、針を他の人に使いまわすことができないためです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンや脱毛サロンでは、「光脱毛」が最も多く行われている脱毛方法です。黒い色素「メラニン」と相互作用しやすい波長の光を肌に当てて、ムダ毛の黒い毛乳頭にダメージを与え、その結果、毛の再生細胞にダメージを与えて新しい毛が生えてこないようにする仕組みです。クリニックのレーザー脱毛との最も大きな違いは、この光線の強さです。医療レーザー脱毛と比較すると、光脱毛は約3分の1の弱さで、痛みがほとんどなく、肌への負担が少ない脱毛法です。ただし、光が弱いため、施術の回数も増えることになります。

脱毛のタイミングと毛周期の長さ

「毛周期」とは、体毛に起こる発毛のサイクルのこと。サロンでは、この毛周期に合わせて脱毛を実施しています。毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。サロンでの脱毛は、成長期にある毛に効果があります。手や足の毛の再生には平均3~5ヶ月かかると言われています。人によって、年齢によって、部位によって、毛周期はそれぞれ異なります。そのため、適切な時期に脱毛治療を受けないと、肝心な時に美肌になれないということもあり得ます。毛を完全に除去してしっかり処理できるようになるまでには、何度も脱毛サロンに通う必要があります。しかし、結婚式や旅行などのイベントに合わせて、タイミングよく脱毛をしなければならない場面もあります。そんなとき、1回の施術でツルツル肌を実現できる可能性があります。しかし、難しいのは、いつ脱毛するかということです。脱毛のスケジュールは、イベントのだいたい3~4週間前に決めておくと、余裕を持って施術を受けることができます。レーザー脱毛と光脱毛、どちらの方法で施術を受けるかにもよりますが、約2週間後に毛が抜けてきます。逆に言えば、イベントの3~4週間前にサロンに通えば、イベント時にはきれいなツルツルの肌になっているということです。
この記事では、脱毛する前に知っておきたい、毛周期についてご紹介します。サロンでの脱毛は、1回の来店で完了するわけではありません。すべての毛を処理するためには、何度も通う必要がありますが、それは毛が生えてくる周期である「毛周期」に関係しているためです。
毛周期によって、脱毛のペースなども影響してきますから、理解しておくといいですね。

身体の部位によって異なる毛周期

体毛には毛周期というものがあり常に生え変わっています。成長期にはムダ毛を処理しても、毛母細胞が活発なためすぐに生えてきます。毛周期は、身体の部位によって少しずつ異なります。個人差や年齢差はありますが、頭髪は体の部位の中で最も毛周期が長く、生え変わるまでに何年もかかると言われています。逆に眉毛やまつ毛は毛周期がとても短く、およそ2カ月で生え変わります。手や足の毛は3~5カ月で生え変わると言われています。そのため、顔と体の両方を同時に脱毛した場合でも、顔のうぶ毛の方が早く生え始めることがあります。脱毛サロンで使用するレーザーや光脱毛は、一部を除き成長期の毛しか処理できません。休止期の毛には効果がないので、1回の脱毛施術ですべての体毛を処理するのは不可能なんです。そのため、サロンでの脱毛は、毛周期に合わせて複数回行う必要があります。

定期的に脱毛サロンに通うこと

では、脱毛サロンに通う頻度は、どれくらいが適当なのでしょうか。毛が伸びるスピートには、もちろん個人差があります。ただ、一般的には、2・3カ月の周期で通う方が多いようです。その理由としては、多くの方が利用されるレーザーや光脱毛が皮膚表面に現れる成長期の毛だけを処理することにあります。そのため、回数を抑えたコスパの良い脱毛をするには3カ月程度がベストなのです。しかし、これらはあくまで一般的なことで脱毛部位によって期間は異なります。サロンと事前のカウンセリングを行ってしっかり確認することをおススメします。

ケノンをできるだけ肌に近づけて

ケノンを使って脱毛している間は、ハンドピースを常に肌に密着させておくことが大切です。肌に優しく触れるだけでも照射は可能ですが、光漏れを防ぐためにハンドピースをしっかりと肌に密着させる方が効果的なのです。強く押し当てる必要はありませんが、レーザーを照射した後、皮膚に何らかの跡を残しておくことで、どこに照射したのか判断しやすくなります。また、皮膚に悪影響を及ぼす可能性があるため、同じ場所に重複して照射することは避けてください。

脱毛サロンの施術はどういった方法がとられているのでしょう?

一般的には”フラッシュ脱毛”と呼ばれる光脱毛の技術を利用していることが多いようです。医療脱毛で用いられるレーザー脱毛とよく似た仕組みですが、光の強さが医療レーザーの3分の1ほどで痛みが少ないのが特徴です。カメラのフラッシュのように光を照射し、脇のムダ毛の黒い色素であるメラミンに光を集中させることで、毛根部分の毛乳頭を破壊します。医療脱毛より痛みが少なく、一度に広範囲を処理でき施術時間が短いため多くの女性に選ばれています。

脱毛方法による効果の違いについて

例えばニードル脱毛やレーザー脱毛は1度施術すれば二度と毛が生えてこなくなる、いわゆる永久脱毛です。
ですから施術毎にムダ毛が少なくなることが実感出来ます。
一方、フラッシュ脱毛の場合は1度の施術では少し毛が細くなったり生えるペースが遅くなるといったくらいで、脱毛効果実感しにくいと言えます。
ですがその後に生えてくる毛は細くなりますので、次第に毛が目立ちにくくなっていきます。
比べてみると、ニードル脱毛やレーザー脱毛の方がいいのかと思う人もいるでしょう。
結局、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあるということですので、その点も考慮して脱毛方法を選ぶとよいでしょう。

各サロンが行う敏感肌やアトピーの方への対策

ほぼすべてのサロンで実施されている対策としては、事前のカウンセリングがあります。このカウンセリングで症状をしっかり確認することで施術による悪化の可能性をなくします。さらに、レーザーや光脱毛の場合では、テスト照射で肌の状態を見極めてから本格的な施術が行われます。アフターケアでもステロイド使用などについて個別対応してくれるサロンが登場しており、アトピーや敏感肌の人が安心して利用できる環境はすでに整っていると言えるでしょう。

レーザー脱毛の痛さについて

続いて光脱毛と同じぐらい人気のあるレーザー脱毛です。レーザー脱毛とは、レーザーの光と熱でムダ毛を処理する方法のことです。光脱毛と違い、施術が完了すると毛根が死ぬため永久脱毛ができるというメリットがあります。一方で施術できる場所は美容クリニックといった医療機関のみで、限られた機関でしか施術を受けられないという点はデメリットでしょう。感じる痛さは個人差がありますが、熱による処理なのでどうしても痛みを感じる人が多いです。痛みに苦手意識がある方にはあまりおすすめできません。

ニードル脱毛に伴う痛みの強さ

最後に、レーザー脱毛や光脱毛が適さない部位には、ニードル脱毛で施術することができます。これは、毛穴の一つひとつに針を刺し、そこから微弱な電流を流してムダ毛の元を処理するものです。つまり、かなりの不快感を伴うことになります。その為、不快感が苦手な方にはおすすめできません。しかし、いつまでも全身をツルツルにすることができる、という大きなメリットがあります。

実際の脱毛にはどのような方法があるでしょうか?

一般にはレーザー脱毛、光脱毛、針脱毛、電気脱毛といった手法が主なところです。ではこれらの中で火傷のリスクを考慮した場合、どの程度までは安全だと言えるのでしょう?

脱毛は火傷を起こす可能性が

脱毛施術が火傷の原因になると言われているのは、熱源を使用して脱毛していることが話の発端になっています。レーザーや光はすべて熱を持つものですよね?これらを直接肌に当ててムダ毛や毛根、毛の種を除去をするのですが、その熱でやけどをするのではないかという噂が流れているのです。しかし、よく考えてみるとこれらの脱毛方法はとってもメジャーなものです。もし、施術するたびに火傷をしていたら、誰も脱毛しませんよね?言い方を変えると、脱毛施術の中には、いくつか熱を利用するものもあります。しかし、それはやけどにはならない程度の熱でダメージを与えるほど焼くわけではありません。とはいえ、怪しい脱毛サロンで誤って脱毛器を肌に近づけてしまった場合、火傷をしないとは言い切れません。しかし、評判の良い脱毛施設で十分な施術を受ければ、やけどになる危険性は非常に少ないと言えます。

脱毛は1回の施術である程度まで完了する場合があります

レーザー脱毛の1回の施術で脱毛できる範囲が決まっているわけではありません。基本的には脱毛サロンごとに決められた範囲での脱毛となります。たとえば全身を2つのパーツに分けて2回の施術で全身をカバーするサロンもあれば、さらに細かく4つのパーツに分けて、4回の施術で全身をカバーするサロンもあります。あまり浸透していないのが、1回の予約で全身脱毛の施術を行うサロンの種類です。これにはどのような理由があるのでしょうか。

I.P.L.

I.P.L.メソッドとは、どのような方法でしょうか?I.P.L.メソッドとは、インテンス・パルス・ライトと呼ばれる独自の光線を使用して効果を得る方法です。レーザー脱毛の光線と比較すると、光線の強さは3分の1程度ですが、毛根にある「毛母細胞」を破壊し、細胞内のタンパク質を加熱することで、毛を抜けさせて脱毛させることができます。

「ハイパースキン脱毛」とはどのようなものでしょうか?

これは、今までクリニックやエステサロンなどで施術されてきた脱毛方法とは異なる、新しい方法です。従来の脱毛は、医療レーザーも光(フラッシュ)脱毛もニードル脱毛もすべて、「毛乳頭」という毛根部分に光や電気の熱を当ててダメージを与え、脱毛するというしくみです。毛の生える周期でいうと、毛根が元気な状態にある「成長期」に施術しなければほとんど効果がありません。そのため2?3ヵ月程度の間隔を空けて施術しなければならず、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまうのが普通です。つまり、今生えている毛の根元を破壊して、少しずつムダ毛が生えてこないようにアプローチするわけです。ところが「ハイパースキン脱毛」は、これから生えてくる毛の種ともいえる「発毛因子」に光を照射します。毛の細胞分裂を抑えることによってムダ毛が生えるのを防ぐのです。見た感じでは施術は光(フラッシュ)脱毛などと変わらないのですが、従来の脱毛方法のように熱をほとんど発生させないので、痛みやヤケドのようなリスクがありません。

産毛でもきちんと脱毛の効果が得られる

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する光を照射することにより、毛穴の奥の毛根にダメージを与えるものです。そのため、産毛のような細くて色の薄い毛には、効果的とはいえません。ハイパースキン脱毛は、その点で「発毛因子」つまり「毛の種」に作用し、細い毛や薄い毛であってもきれいな脱毛が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みもないので、特におすすめの部位は『顔』です。デリケートで痛みを感じやすい『顔脱毛』は産毛の処理も手間がかかります。
これまでの脱毛施術は、脱毛効果を十分に発揮するために毛の成長サイクルのうち「毛根の成長期」に合わせて施術を受ける必要がありました。そのため、これまでの方法では施術に時間がかかり、終了するまでに何年もかかることがありました。しかし、ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛方法とは異なっているため、施術間隔を最短にすることができます。施術間隔が約3週間と短く、短いスパンで集中して施術を受けることが可能です。施術を始めてから、できるだけ早く脱毛効果を実感したい方におすすめの方法です。
いかがでしたか?今回は新しい脱毛法、「ハイパースキン脱毛」をご紹介しました。従来の脱毛方法では難しかった、敏感肌・肌トラブルに悩む人やお子さんにも安心して施術できる方法のようです。まだ取り扱っているエステサロンが少なく、通常のエステサロンのフラッシュ脱毛などよりも費用が高めであるというデメリットはありますが、今まで脱毛できなかった人でも利用できるのは嬉しいですね。体験脱毛などを活用して自分に合うかどうかしっかり試してみましょう!
夏が近づくにつれて脱毛サロンの広告が目立つようになり、「自分でムダ毛を処理するのは難しいのでは」と不安になる方も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンに通い始めるのは夏よりも秋から冬にかけてがおすすめです。なぜ夏場ではなく、秋冬に脱毛サロンに通うのが望ましいのか、その理由を説明させてください。

脇のムダ毛を処理する方法

まず大きく分けて考えると、自宅で処理する方法と、プロにお願いして処理する方法、の二種類があります。自宅で処理する方法としては、①毛抜きで抜く、②剃刀を使って剃る、③電気シェーバーを使って剃る、④薬剤を使って溶かす、といったやり方があります。プロにお願いして処理する方法としては、①レーザー脱毛をしてもらう、②フラッシュ脱毛をしてもらう、③ワックス脱毛をしてもらう、などがあります。ずいぶんとたくさんの方法があることがおわかりいただけたでしょうか。では、これから、上にあげた各方法について、長所と短所を説明いたします。

わき下の専用美容ジェルを使ったお手入れ方法

最近ではわき専用の美容ジェルも販売されています。色々なブランドから乾燥やぶつぶつ、黒ずみなど症状別に色々なタイプのものが発売されているので気になる方は試してみではいかがでしょうか。中には返品保証がついているものもありますので、気軽にお試しできます。
ワキの脱毛を行う際、ムダ毛処理をしつつもきれいな肌を維持するために、エステサロンやクリニックでの脱毛を考えている人も少なくありません。永久脱毛には様々な方法がありますが、医療レーザーを用いた脱毛が最も一般的で効果的な方法のようです。

毛周期

毛には「成長期」と「退行期」、「休止期」という3段階の生まれ変わりのサイクルがあります。エステ脱毛と医療脱毛いずれも、この毛の性質を理解した上で施術を受けなければなりません。脱毛処理できるのは「成長期」の毛だけです。この時期に潜在していた毛はしばらくするとまた生えてきます。つまり、このサイクルに合わせて数か月に一度のペースで、何度か脱毛の施術をする必要があります。これは、医療レーザーのワキ毛脱毛も同様です。

医療用レーザーは、脱毛用レーザーよりも強力

また医療用レーザーは医療機関でのみ使用が許可されていますが、エステサロンでは同様の動作をするフラッシュライトによる光脱毛を行うことができます。医療用レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、新しいムダ毛が生えてこないようにするために、特殊な光を使って毛根の部分にダメージを与えます。医療用レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じような脱毛施術ですが、医療レーザーで使う光は深く直線的な光です。そのため皮膚の奥にまで脱毛効果を及ぼすことが可能です。また医療レーザーの光は、照射範囲において奥深くの毛にも働きかけることができるのが特徴です。医療用レーザーの脱毛力は、高濃度フラッシュ脱毛の光に匹敵します。

医療レーザーを使用した施術は、医療行為に該当

医療行為であるため、クリニックや医院のみが行えます。医療レーザーを使った施術後は滑らかな肌に仕上がるので、より効果的なワキ脱毛を希望する場合、医療レーザーを使った脱毛を検討するのがおすすめです。
ニードル脱毛は、毛穴一つひとつに針を刺して電流を流して脱毛します。そのため、広い範囲の脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が使われることが多いです。しかし、レーザー脱毛や光脱毛では施術できない部位もあります。その場合に、針を使った脱毛という方法があります。

レーザー脱毛と光脱毛について

これらの脱毛は黒い色素に反応して脱毛します。つまり肌の色が白い場所の脱毛は可能ですが、反対にもともとの体質や日焼け、色素沈着で肌の色が黒みを帯びている場所の脱毛はできません。他にも太くて黒い毛は脱毛できますが、産毛や白色または金色を帯びているような毛には脱毛の効果は期待できません。

ニードル脱毛の仕組みと、ニードル脱毛しかできない場所

光脱毛やレーザー脱毛は必ずしもできるわけではありません。ニードル脱毛なら可能になる場合があります。ニードル脱毛とは、毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流すことで毛を痛め、毛を抜けさせるという施術です。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛なら、黒ずんだ肌や、I・Oライン、バストトップなどの肌の色素が濃くなってしまった場所や、産毛・白・金色の毛であっても、毛の太さや色に関わらず簡単に脱毛することが出来ます。また、肌荒れなどの肌への刺激が気になるような場所でも負担を軽減しながら処理が出来ます。所光脱毛やレーザー脱毛の施術後に僅かに残ってしまったような少量の毛であっても、ニードル脱毛であればきれいに、また確実に処理をすることが出来ます。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。
「永久脱毛」という言葉に惹かれませんか?ムダ毛の自己処理は肌トラブルを起こしやすく、時間もかかるので、エステサロンやクリニックに通って一生ムダ毛とおさらばしたいと思う人は多いでしょう。しかし、「永久脱毛」は必ずしも永久に「毛が全く生えてこない」という意味ではありません。では、具体的にはどのようなことを意味しているのでしょうか。

永久脱毛の効果はどのくらい

「永久脱毛」をうたうことができる医療クリニックで行われる脱毛のうち、その永久性が確認されているといってよいのが「ニードル脱毛」です。ニードル脱毛は130年以上の歴史があり、アメリカの最も厳しいといわれる審査機関で唯一「永久脱毛」として認められています。それ以外の脱毛は、医療クリニックや美容外科のみで行える「医療レーザー脱毛」でも機械は1997年に開発されたもので、その歴史は20年にも満たないため完全に無毛になる「永久脱毛」である証明はまだされていませんが、「永久脱毛」に近い効果を期待することができます。

エステサロンでの脱毛は意味がない?

厳密には「永久脱毛」とは言えないエステサロンでの脱毛は意味がないのでしょうか?エステサロンで使用される光脱毛と、医療機関で使用される医療レーザー脱毛の違いは光線の強さです。エステサロンでの光脱毛は、レーザー脱毛の3分の1程度の強さしかないため、、レーザー脱毛よりも多くの回数通う必要があり、「脱毛」というより「減毛処理」だと認識するといいかもしれません。医療機関と比べると値段が安く、比較的気軽に通うことができるのが特徴です。最近では、回数無制限のコースを設定しているエステサロンもあるので、光脱毛であっても永久脱毛にかなり近い状態に処理できることがあります。さらにサロンによっては施術から何年も経っていても、毛が復活した場合無料でメンテナンスをしてくれるところもあります(「生涯保証メンテナンス」)。つまり、一生ツルツルのお肌が期待できるのです。このようなタイプのエステサロンを検討してみてはいかがでしょうか。

どのクリニック・サロンで脱毛するかを選びましょう

自分がどこまでの脱毛効果を期待しているかによって決めるのがひとつの方法です。どうしても「永久脱毛」にこだわりたい場合はやはりクリニックで医療脱毛するのがいいでしょうし、自己処理をしなくていい程度の脱毛でよければエステサロンでも十分でしょう。また、価格の問題もあります。1本ずつ処理をするニードル脱毛は部分脱毛でもかなり高額になりますし、医療レーザーも保険適用外なので全身脱毛には相当の費用がかかります。一方、エステサロンの場合は「ワキ脱毛○○円!」といったキャンペーンなどもあり、全身脱毛でもレーザー脱毛の半額程度で受けることができます。トータルの費用と期待している脱毛効果の両方を十分に考えたうえでどこで脱毛するかを決めましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は「永久脱毛」についてご紹介しました。エステサロンで行われる施術は「永久脱毛」とは呼べませんし、「永久脱毛」は「永久に一本も毛が生えてこない」という意味ではない、という根拠があるそうです。医療機関もエステサロンも、脱毛には多額の費用がかかります。後で後悔しないためには、事前によく比較・検討し、自分の希望に合ったものを選びましょう。
家電量販店などでは、家で使えるいろいろな脱毛器が販売されています。種類も多く、値段もさまざま。欲しいと思う人が多いのもうなずけます。では、実際に家庭用脱毛器を使用した効果はどうなのでしょうか?今回、脱毛器を購入したいと考えている人が知りたい、種類や効果についてのお得な情報を詳しくお届けします。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・熱線式除毛という異なる3つの方式が主に採用されています。その違いを見ていきましょう。一つ目のフラッシュ脱毛器は光を当ててムダ毛を処理をします。照射範囲が広く一度に多くの毛を処理することが出来ます。光を当てるだけなので痛みも中々感じません。使用される光はフラッシュ光というもので、美肌効果も期待出来ると言われており、脱毛と美肌対策が一度に出来る優れものです。二つ目はレーザー脱毛器です。クリニックなどで専門的に使用されているレーザーを一般家庭用に出力を下げ調整したもので、その効果は抜群です。ただし、比較的施術時の痛みが出やすいタイプなので、痛みに敏感な方は別のタイプをおすすめします。最後に熱線式除毛器です。熱を使用して毛を焼いて処理するものなので、これまでの二つとは違い毛根の処理をすることはありません。ムダ毛を根本的になくすことは出来ませんが、手軽に処理が出来ると言う面で、敢えて好んで使用する方もいます。

脱毛器に効果があるって本当?

脱毛器はどのくらい効果があるのでしょうか?それは本当です!多くのサロンで採用されているフラッシュ式脱毛器は脱毛効果が実証されています。家庭用脱毛器も原理は同じですから、脱毛効果はあるとみてよいでしょう。レーザー脱毛器も同様です。これらは医療用レーザーと同じ仕組みで動き、すべてのムダ毛を完全に根絶することができるでしょう。しかし、これらの脱毛器は即効性はありません。使用回数はお持ちの脱毛器の種類や毛の量、濃さによって異なりますが、10回前後を目安に使用するとよいでしょう。いかがでしょうか?これから購入を考えている方は、自分のニーズに合った種類を選び、早速自宅で脱毛にチャレンジしてみてください。
一般的なワキ脱毛やVIO脱毛はサロンや皮膚科で知られていますが、顔の脱毛はそれほど認知されていないでしょう。しかし、この顔脱毛は化粧ノリが良くなるということで、今注目を集めています。そこで、今号の特集は「顔脱毛」です。

キレイな肌って憧れる…

透明感のあるキレイな肌を作るために欠かせないのがこまめな産毛の処理です。化粧ノリも良くなるし、くすみの解消にも繋がります。ただ、カミソリや毛抜きでの自己処理は肌トラブルを起こすことも…。プロに任せるのが1番だとは思っても、痛みがあるのではないか…と不安になってしまいます。
産毛の脱毛処理法はさまざまありますが、色素が少ないため、光やレーザー脱毛法ではうまく反応せず、その効果は少ないと言われています。しかしハイパースキン脱毛なら効果的で、同時に痛みや肌へのダメージも少ないのです。

脱毛サロンでの施術後は、保湿ケアが大切

脱毛サロンでの脱毛は、レーザー脱毛などでムダ毛を焼いて処理するため、夏の日焼けのような影響を肌に与えます。この日焼けを放置しておくと、肌の黒ずみの原因となってしまいます。脱毛後も白さと綺麗さを維持するためには、保湿をしっかりと行うのが良いでしょう。脱毛クリニックでもある程度は保湿をしてくれますが、自分でも自宅でのシャワー後や洗顔後などに保湿をして、肌の健康を保つようにしましょう。

施術後はしっかりと保湿すること

近年、ムダ毛を自分で処理するのではなく、プロの手で脱毛することを選択する女性が増えています。プロによる脱毛は、自己処理と比較すると、当然ながら効果は高く、長持ちしますし、自然な仕上がりになります。せっかく手に入れた「つるつる」肌を維持するためにはどうすればよいでしょうか?脱毛後は肌が乾燥しやすくなるため、その後の保湿ケアが重要になります。しかし、まず脱毛をする前に、肌の保湿をしなければならないことをご存知でしょうか?
レーザーを照射した後の肌は、軽く火傷をしたような状態になります。レーザーは毛根を加熱するため、施術中に肌の水分が一部失われるのは当然のことなのです。しかし、施術が終わったときにしっかりと保湿をしていただければ、特に気にする必要はありません。

脱毛前に保湿は必要?

治療後の保湿アフターケアの意義については、ご理解いただけたかと思います。では、脱毛を受ける「前」に肌の保湿をしなくても問題ないのでしょうか?実は、施術後だけでなく、施術前にも保湿をすることが望ましいのです。これには2つの要因があります。1.脱毛施術の効果を高めるため。1つ目の理由は、脱毛前に肌が乾燥していると、レーザーが毛根に届きにくくなり、脱毛施術の効率が下がるからです。サロンによっては、肌が乾燥した状態ですと施術を断られる場合もあるほどです。2.痛みを軽減するため。乾燥肌の状態ではレーザーによる痛みがより強く感じられるケースがあります。ほとんどのサロンでは、施術前後のケアの方法を説明・アドバイスしてくれるので、きちんと指導を受け、施術が終わったときには確実に「ツルツル肌」を手に入れられるようにしましょう。
まず言えることは、エステ脱毛の施術を受けた日はお風呂に入ってはいけないということです。シャワーのみにしてください。エステサロンに行くと、脱毛当日はお風呂に入らないようにと言われることが多いのですが、これは脱毛クリニックのルールにも書かれていることです。

脱毛施術当日にお風呂に入らない方がいい理由

湯船につかると、身体が温まりますね。しかし、施術後はそれが悪影響になってしまいます。体温が上がることで、肌がかゆくなる可能性があるからです。また、かゆいからと肌を掻いたり、こすったりすると、肌を傷つけてしまいます。脱毛後に保冷剤で肌を冷やすのは、肌のかゆみや赤みが抑えられるからです。ですから、湯船に浸かるのはよくありません。ただし、水やぬるめのシャワーでしたらOKです。ただし、体を洗うときは、あまりゴシゴシと強く洗わないようにしてください。その代わり、手で泡を転がすようにして体を洗ってください。原則として、治療当日だけ気をつけていただき、翌日からは通常通り入浴していただいて結構です。翌日以降も赤みやかゆみ、腫れが引かない場合は、数日間シャワーのみで済ませた方がよいでしょう。
エステサロンで脱毛をしようと考えたとき、どの方法で行うかを決める必要があります。主に使われているレーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、どちらも同じところで出来るわけではなく、脱毛の仕方が違うので、カウンセリングに行く前にいろいろと調べておくと良いでしょう。この文章では、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについてご紹介します。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じ場所で受けられるとは限らない

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いとしてまず挙げられるのが、施術を行う場所です。レーザー脱毛は医療行為であり、クリニックでしか行うことができません。フラッシュ脱毛は医療行為ではないので、エステサロンで行うことができます。また、フラッシュ脱毛はいろいろな場所の脱毛に効果がありますが、レーザー脱毛は1つの部位にしか効果がありません。

脱毛の効果や早さにも大きな差が

こう聞くと、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛の方が早そうな気がしますが、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛ほど光を使わないので、脱毛が終わるのに2年程度かかることもあります。その代わり、フラッシュ脱毛の最大のメリットは、光の出力が小さいので、脱毛するときに肌を傷つけにくいということです。レーザー脱毛の場合、痛みを伴ったり、肌を傷つけてしまうこともあります。レーザー脱毛の場合は光の出力がかなり強いので、5~6回ほど通院すれば脱毛が完了します。

痛みの感じ方について

日焼けをした人はレーザー脱毛をさせないという医師もいるようです。理由は レーザー脱毛の強い光でやけどをする可能性があるからです。光が強いという事は、痛みも強くなるという傾向があります。痛みの感じ方は人それぞれです。痛みを感じない人もいれば、チクチク、ピリピリとした痛みを感じる人もいます。しかし、耐えられないほどひどい痛みではありません。もう一つの違いは、費用です。レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛より少し費用がかかるようです。

家庭用脱毛器もあり

家庭で使えるレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の機械も売られています。自分のペースで脱毛できるので、時間やお金がない人はこちらの方がいいかもしれませんね。
脱毛サロンで行われている脱毛の中で、最もよく見かけるのがフラッシュ脱毛(光脱毛)ではないでしょうか。少し前までは、レーザー脱毛が主流でしたが、最近は医療脱毛でも人気が出てきました。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)は一見似ているようですが、そのプロセスは大きく異なっています。この2つの脱毛方法の違いは、どちらの方法を選ぶか迷っている人にとって気になるかもしれません。ここでは、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて比較していきます。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も光を使うのは同じ

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、特定の光を使って脱毛を行います。2つの脱毛治療の違いは、皮膚から毛を除去するために利用されている光の波長です。レーザー技術による脱毛では、単一の波長の強い光を利用しますが、フラッシュ脱毛では、広い範囲に多数の波長の光を利用します。

フラッシュ脱毛(光脱毛)について

IPL(Intense Pulsed Light)などを用いて光を照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを活性化させて脱毛を促すことで、フラッシュ脱毛を実現することができます。サロンによって、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。レーザー脱毛よりも出力が低く、肌への当たりがソフトで、痛みが少ないことが、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛の違いです。ところで、毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階からなるサイクルを経ており、これを「毛周期」と呼んでいます。毛が成長する成長期に治療を行うため、2~3カ月に1回のペースで治療を受ける必要があります。この施術を約1~2年行うことで治療が終了します。レーザー脱毛に比べ、フラッシュ脱毛は弱い光を使用するため、研修を受けたエステティシャンであれば誰でも施術を行うことが可能です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました