ムダ毛の脱毛で気をつけることとは?

施術後はしっかりと保湿すること

近年、ムダ毛を自分で処理するのではなく、プロの手で脱毛することを選択する女性が増えています。プロによる脱毛は、自己処理と比較すると、当然ながら効果は高く、長持ちしますし、自然な仕上がりになります。せっかく手に入れた「つるつる」肌を維持するためにはどうすればよいでしょうか?脱毛後は肌が乾燥しやすくなるため、その後の保湿ケアが重要になります。しかし、まず脱毛をする前に、肌の保湿をしなければならないことをご存知でしょうか?
レーザーを照射した後の肌は、軽く火傷をしたような状態になります。レーザーは毛根を加熱するため、施術中に肌の水分が一部失われるのは当然のことなのです。しかし、施術が終わったときにしっかりと保湿をしていただければ、特に気にする必要はありません。

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを利用してムダ毛を処理する技術です。フラッシュ脱毛は幅広い周波数を持つ光のスペクトルを利用しますが、レーザー脱毛は単一波長の光を利用します。フラッシュ脱毛に比べて出力が大きいため、痛みを感じることがありますが、クリニックでは施術前に麻酔クリームを塗るなどして、可能な限り痛みを軽減しています。レーザー脱毛は医療従事者のみが行うことができるため、サロンでの施術は認められていません。基本的に、施術は病院で行われます。フラッシュ脱毛とは対照的に、施術は通常5~6回の施術で終了します。フラッシュ脱毛も光脱毛も、メラニンが多く含まれる場所では特に痛みを感じることが多いようです。

レーザーとフラッシュ、どちらの脱毛方法を選ぶべき?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組みがかなり似ていますが、上記で説明したように、この2つの方法にはいくつかの違いがあります。レーザー脱毛でよく言われるのは、痛みを感じることが多いということですが、光脱毛ははるかに痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人は、フラッシュ脱毛にした方がいいかもしれません。余談ですが、以前はフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方がはるかに高額でしたが、近年は医療脱毛の専門家が行うレーザー脱毛のコースを低価格で提供しているサロンも増えています。また、レーザー脱毛は、脱毛後の毛の再生が少ない、あるいは頻度が少ないという報告もあり、多少費用がかかっても、最終的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらを選ぶか悩んだら、カウンセリングに参加したり、各コースの無料体験をしてみることをおすすめします。
手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。しかし、自己処理には限界があると考える人も多くいます。では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?今回は、脱毛サロンと医療脱毛の違いと共通点を見ていきたいと思います。

サロンでの脱毛と医療脱毛の費用比較

では、この2つの選択肢に価格設定の差はあるのでしょうか?脱毛サロンより実績のある医療脱毛ですが、はっきり言って脱毛サロンよりコストがかかります。確かに料金を比較すると脱毛サロンの方がリーズナブルですが、この比較をする際に考慮すべき要素が1つあります。それは、施術にかかる期間です。前にも言いましたが、医療脱毛は他の方法よりも効果が強く、脱毛の効率が高いとされています。そのため、キメの整ったツルツルの肌を実現するために必要な時間が短縮されるのです。さらに、通常「永久脱毛」と呼ばれるものは、医療機関でしか行えないものです。別の言い方をすれば、安い費用で長期間脱毛サロンに通ってムダ毛が再発するリスクを負うより、多少費用がかかっても短期間でムダ毛のない永久脱毛を実現して良い結果を出す方が、長い目で見ればコストパフォーマンスがいいということです。

医療脱毛も検討すべき選択肢の一つ

いかがでしたでしょうか?脱毛を考えている人は、脱毛サロンと医療脱毛のどちらに通うべきか迷うことがあるようです。効果、痛み、費用の3つの要素を考慮した結果、筆者は医療脱毛が最も効果的な方法であると感じました。最終的にムダ毛と「永久に」サヨナラできるのが、何よりのポイントです。医療脱毛を検討し始めたら、すぐに医療脱毛クリニックの予約を!もちろん、脱毛サロンと同じように、脱毛前にしっかりとした丁寧なカウンセリングを受けることができますよ。
夏の訪れとともに、肌を露出する機会が増えることでムダ毛の存在が目立ちますね。自己処理といっても、カミソリやシェーバーでは限界がありますし、肌トラブルを起こす可能性もあります。また、エステサロンやクリニックで脱毛できることは知っていても、「痛くないのかな……」と不安を抱えている可能性もあります。今回は、エステサロンやクリニックで採用されている数種類の脱毛施術と、それぞれのアプローチの特徴についてご紹介します。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンや脱毛サロンでは、「光脱毛」が最も多く行われている脱毛方法です。黒い色素「メラニン」と相互作用しやすい波長の光を肌に当てて、ムダ毛の黒い毛乳頭にダメージを与え、その結果、毛の再生細胞にダメージを与えて新しい毛が生えてこないようにする仕組みです。クリニックのレーザー脱毛との最も大きな違いは、この光線の強さです。医療レーザー脱毛と比較すると、光脱毛は約3分の1の弱さで、痛みがほとんどなく、肌への負担が少ない脱毛法です。ただし、光が弱いため、施術の回数も増えることになります。

身体の部位によって異なる毛周期

体毛には毛周期というものがあり常に生え変わっています。成長期にはムダ毛を処理しても、毛母細胞が活発なためすぐに生えてきます。毛周期は、身体の部位によって少しずつ異なります。個人差や年齢差はありますが、頭髪は体の部位の中で最も毛周期が長く、生え変わるまでに何年もかかると言われています。逆に眉毛やまつ毛は毛周期がとても短く、およそ2カ月で生え変わります。手や足の毛は3~5カ月で生え変わると言われています。そのため、顔と体の両方を同時に脱毛した場合でも、顔のうぶ毛の方が早く生え始めることがあります。脱毛サロンで使用するレーザーや光脱毛は、一部を除き成長期の毛しか処理できません。休止期の毛には効果がないので、1回の脱毛施術ですべての体毛を処理するのは不可能なんです。そのため、サロンでの脱毛は、毛周期に合わせて複数回行う必要があります。

脱毛サロンには長期間通うことになります

脱毛サロンで施術を受けても、数週間後には毛が生えてきます。これは、休止期から成長期に移行した毛が再生するためです。もちろん、通い続けることで徐々に毛が薄くなり、自己処理の頻度も少なくなっていきます。しかし、部位にもよりますが、自分でムダ毛処理をしなくてすむようになるまでに、最低でも6~12回の施術が必要になります。つまり、2ヶ月に1回の施術なら2年程度、3ヶ月に1回の施術なら3年程度かかるということです。そのため、できる限り早く脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。
女性なのに濃いすね毛が生えているとちょっと恥ずかしいと言う気持ちになりませんか?コンプレックスに感じている人も多いと思います。実際に私も濃いすね毛に悩まされていましたので、女性の濃いすね毛を薄くする方法を調べてみました。その方法を皆さんに紹介したいと思います。

すね毛が濃くて悩んでいる方も多いのでは

このお悩みの改善方法として「食事に大豆製品を取り入れること」「ストレスを減らすこと」がおすすめです。その理由としまして、一般的に、ホルモンの分泌量は毛の密度に影響を与えます。女性ホルモンが多いと、ムダ毛が細くなり髪の量が増え、男性ホルモンが多いとその逆になります。そのため、すね毛が多いという方は、体内の男性ホルモンが増えている可能性があります。ストレス発散と健康習慣を普段の生活に少しだけ取り入れてみましょう。

体毛が濃くて悩んでいる方にお薦めの食材

女性ホルモンの分泌を促すような食品をうまく食事に取り入れれば毛が薄くなると言われています。すね毛などを薄くしたい人は試してみるとよいかもしれません。特に、大豆製品などは女性ホルモンの分泌を助けてくれます。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が男性ホルモンの働きを抑え、ムダ毛の成長を抑制してくれます。そのため、食事に、納豆や豆腐、煮豆や豆乳などを取り入れることにより体質が変化していきます。また、サプリ等で大豆イソフラボンを摂取する場合は、1日30mg程度にしておきましょう。それ以上を摂取すると過剰摂取となり、体に悪影響を及ぼしかねません。食材として、大豆を使用したものを食べる分にはいくら食べても問題はありません。大豆に、イソフラボンの過度の吸収を抑える成分が含まれているからです。

濃いすね毛にお悩みの方に試していただきたいこと

ローションを使ってみる方法があります。この方法でしたらご自分で手軽にお試しいただけます。最近では、ムダ毛を薄くする効果が期待できるローションも販売されています。このローションは、大豆イソフラボンの力を利用したもので、使っているうちにムダ毛が薄くなるというものです。足のムダ毛処理を行った後のアフターケアとしても使えますので、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。
わき毛には、空気の流れを妨げたり、臭いを発生させたりすることがあります。もちろん肌を外部の刺激から守る役割もあるので一概に敵とは言えませんが、濃いわき毛が悩みの種となっている人が多いのも事実です。では、ワキ毛の濃さを抑えるには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、特に食べ物でワキ毛を薄くするアプローチに重点を置いてお届けしたいと思います。

大豆を食べ過ぎてしまうと体に副作用が出る?

イソフラボンは摂取後すぐに体外に排出されるので、それによる副作用はありません。なので、安心して食べられます。いかがでしたか?今回はわき毛を薄くする方法や食べ物について調べてみました。注目の大豆を、早速取り入れてみましょう!
ムダ毛を処理するためにサロンに通う人が多くなっています。しかしある調査によると、エステサロンで脱毛した人のうち仕上がりに満足しているのは半数程度という調査結果も出ています。そんなエステサロンでの脱毛に満足できない人たちが注目しているのが、自宅でできる光脱毛器「ケノン(ケノン)」です。なぜ多くの人がケノンを支持しているのか、その理由を探ってみましょう。

ケノン使用後は十分な保湿を心がけて

ケノンの脱毛処理は光を照射して行います。これは肌に負担のかかる行為です。そのため、照射前の冷却と施術後の保湿ケアは大変重要になります。ケノンを使用した後は、お肌が乾燥した状態になるため、バリア機能が低下し、少しの刺激でも肌のトラブルを起こしやすくなります。ケノンで脱毛をした後は、ローションや保湿クリームなどでしっかりと肌の保湿ケアをするよう心がけてください。正しい使い方をすれば脱毛ケノンで簡単に脱毛できます。ただし、使用前と使用後のスキンケアはとても重要です。ケノンは使用後1週間ほどで毛が抜け落ちます。きれいに脱毛を行うためにも、使用前に正しい使い方を確認してから使用してください。
海に行くときなど、ビキニラインのムダ毛が気になりますよね。ビキニラインの肌は敏感なので、ムダ毛の処理により肌トラブルが起こり、長い間治療が必要になるケースもあります。しかし、エステに通って、VIO脱毛の施術を受けることに抵抗のある人もいると思います。そんな人には、家庭用光脱毛器のケノンを使用することをおすすめします。

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

脱毛サロンの施術はどういった方法がとられているのでしょう?

一般的には”フラッシュ脱毛”と呼ばれる光脱毛の技術を利用していることが多いようです。医療脱毛で用いられるレーザー脱毛とよく似た仕組みですが、光の強さが医療レーザーの3分の1ほどで痛みが少ないのが特徴です。カメラのフラッシュのように光を照射し、脇のムダ毛の黒い色素であるメラミンに光を集中させることで、毛根部分の毛乳頭を破壊します。医療脱毛より痛みが少なく、一度に広範囲を処理でき施術時間が短いため多くの女性に選ばれています。

「S.S.C方式」について

「S.S.C方式」とは「Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)」の略で、脱毛手法の一つです。
「クリプトンライト」と呼ばれる光と、その光に反応する専用のジェル、「ビーンズジェル」を使用する方式のことを言います。
「S.S.C方式」では、まず「ビーンズジェル」を施術する前に塗ります。
その「ビーンズジェル」に光が反応し、ジェルに含まれる抑毛成分が毛穴に浸透していきます。
そして、その成分が毛根の機能を停止させて脱毛する仕組みとなります。
毛根に直接熱を加えることがないので刺激が少なく、術後の痛みも「I.P.L方式」よりも弱いのが特徴です。す。
「S.S.C方式」は「I.P.L方式」よりも肌へのダメージが少ないのが利点で、デリケートな肌の人にもおすすめです。
脱毛サロンでの脱毛治療の流れです。初めて脱毛サロンに通おうと考えている人は、施術がどのように行われるのか不安になるのも無理はありません。脱毛サロンにより違いは多少ありますが、大まかな流れは以下の通りです。ほとんどのサロンでは事前に毛を剃っておく必要がありますので、予約した日の前日には剃っておきましょう。予約時間の15分前までにはサロンに行きましょう。次に、別室に案内されますので、そこでガウン(またはその他の適切な服装)に着替えます。そして両ワキに多量のジェルを塗布します。その後ジェルにフラッシュ脱毛器の光を照射します。両ワキなら3分以内で終わります。仕上げにジェルを拭き取り、冷たい布や保冷剤で患部を数分冷やします。単にワキを脱毛するだけなら、服を着替えて次回の予約を取るまで30分程度で済みます。
いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンでのワキ脱毛の手順や様子について解説しました。脱毛サロンで受けられる主な脱毛の種類2種類と、施術方法についてご紹介しました。簡単なワキ脱毛であれば、たった30分程度で施術が終わるので、時間がない人でも気軽にできます。また少し痛みを感じますが効果を早く実感したい人には「I.P.L方式」、少し時間はかかりますが痛みを感じたくない人や敏感肌の人には「S.S.C方式」など、自分のコンディションにあった施術方法を選ぶ事ができます。今まで脱毛サロンに通うことに少し不安があったかもしれませんが、もうこれで不安が取り除かれたのではありませんか?あなたも脱毛サロンで楽にワキのムダ毛を処理してみませんか?
自己処理ではなかなかキレイにできない脇のケア。どう処理していいかわからず大手のサロンでお手入れを考える女性も多いかと思います。でもサロンに行くその前に知っておいた方がいい脇脱毛の必須情報があります。まとめましたのでご覧ください。

ワキ毛の処理は自分で行うだけで十分?

ワキ毛の処理はムダ毛処理の中でも最も基本的なお手入れです。ワキ毛の処理は比較的簡単に行えるため「わざわざサロンで脱毛する必要はないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。では、自宅での脱毛とサロンでの脱毛は一体何が違うのでしょうか。

脱毛サロン

脱毛サロンで専用の脱毛機器を使用したプロの施術を受けると肌への負担が少ないため、トラブルのないきれいな肌を手に入れることができます。サロンに通わなければ施術ができないため、いつでもできないというデメリットがありますが、施術回数が増えるにつれてムダ毛が目立たなくなるので、自分で処理する必要がなくなります。サロンに通うと家で自分で処理をするよりもお金がかかりますが、割引キャンペーンがあるサロンもあり、施術後はムダ毛処理する必要がなくなるメリットがあります。

ワキ脱毛にはどの程度の期間が必要なのか?

通常、エステサロンで使用している脱毛機器は医療用のものに比べ、出力が弱く抑えられているため、より多くの時間を必要とします。
ムダ毛が目立たず薄くなるまでには10回程度の施術が必要になり、期間にすると1年半から2年程度。完全にワキ毛を脱毛したいと考えるのでしたら15~18回程度、約2年半から3年以上はかかる計算になります。
ただし、毛周期や毛質など個人差があるため、完了までに必要な期間が前後しますので、あくまでも目安の一つとして捉えてください。

サイクルを守ってキレイにワキ脱毛を体験しましょう

いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンに通う前に知っておくと役に立つ基礎知識についてまとめました。自己処理に慣れてきた人にとってサロンでの脱毛は、時間がかかるし、好きな時に通えないので不便に感じるかもしれません。脱毛10回コース の場合、毎月通って10ヶ月で完了する!と自分で思い込んでいるかもしれません。ところが脱毛機器でワキ脱毛をする場合、ムダ毛の生えてくる“毛周期”を無視して頻繁に通っても効果がないばかりか肌にダメージを与えてしまいます。脱毛は、体内の細胞分裂が最も盛んな“成長期”にしか効果がありません。焦る気持ちは分かりますが、毛周期に合わせて間隔を空けてつるつるすべすべのワキを手に入れましょう!
脱毛サロンで全身脱毛をする場合、いくつかの方法と特徴があります。あなたはいつもサボることなく、ムダ毛の処理ができていますか?肌の露出が少なくなる季節に、見えないからとムダ毛処理をサボっていたら、急なお泊まりや暑いからと服の袖をまくり上げた時に、ムダ毛処理を忘れていた!と恥ずかしい思いをしたことはありませんか?他にもムダ毛処理をサボったことで、恥ずかしい経験をしたことがあると思います。最近は脱毛サロンの料金もリーズナブルになったので、全身脱毛にトライしてみたい人も多いでしょう。そんな人のために、脱毛サロンの特徴や脱毛方法についてまとめてみました。

脱毛方法による効果の違いについて

例えばニードル脱毛やレーザー脱毛は1度施術すれば二度と毛が生えてこなくなる、いわゆる永久脱毛です。
ですから施術毎にムダ毛が少なくなることが実感出来ます。
一方、フラッシュ脱毛の場合は1度の施術では少し毛が細くなったり生えるペースが遅くなるといったくらいで、脱毛効果実感しにくいと言えます。
ですがその後に生えてくる毛は細くなりますので、次第に毛が目立ちにくくなっていきます。
比べてみると、ニードル脱毛やレーザー脱毛の方がいいのかと思う人もいるでしょう。
結局、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあるということですので、その点も考慮して脱毛方法を選ぶとよいでしょう。

ワキ毛を完全に脱毛するには、最低でも1年かかります

大多数の方は、およそ6回の施術で脱毛が完了するそうです。そのため、ほとんどのエステサロンでは、脱毛コースに最低6回は通う必要があります。では、なぜ期間が1年かかるのでしょうか?毛周期に合わせて施術を行った場合、1回の施術から次の施術まで大体2ヶ月ほどかかります。その結果、人は毎年最大6回までしか施術を受けることができません。
これまで面倒な「ムダ毛の自己処理」を長い間繰り返して、もういい加減にこの終わりのない重労働から解放されたい、なんて思ったことはありませんか?
誤ったムダ毛の処理方法で肌荒れや色素沈着を起こし、最終的に黒ずみになってしまうなんて絶対に嫌ですよね。
そんな悩みを抱えているのが嫌で、思い切って脱毛サロンに初挑戦してみたい!と考えている方も居らっしゃるのではないでしょうか。
しかし、決死の覚悟をもって脱毛サロンに初来店したものの、いわゆる「脱毛の施術前のお約束事」を知らなかったせいで、施術を拒否されてしまった!なんて方も実際いらっしゃるようなのです。
そこで今回はそんな悲しい結末にならないように、大事な「脱毛の施術前のお約束事」の中身についてご紹介させていただきたいと思います。

脱毛サロンでの施術の方法

初回に「無料カウンセリング」が行われ、その後、ムダ毛の毛根に脱毛専用機械で照射を行う事によって毛根を弱らせ、最終的には殆ど生えない状態までもっていくというものです。一般的には「美容脱毛」と呼ばれています。

美容脱毛を受ける前に、ムダ毛を自己処理した方がいいのでしょうか?

これは「YES」です。むしろ、しなければなりません。初めて脱毛サロンに行く場合、大抵はまず無料カウンセリング を受けることになります。気になる部分についてや、費用はどれくらいかかるのか、どんなコースがあるのかなどを、このカウンセリングで質問できます。その結果に納得いったら契約を結ぶ形となります。サロンでは通常、独自の機器で照射するのはムダ毛の根元だけで、根元から生えている毛は施術の妨げになると、担当者から説明があります。その為、施術前に自分でムダ毛を処理しておく必要があるのです。

脱毛をする前の約束「脱毛前の約束事 」について

専用の機械の光が誤って生えた部分のムダ毛に反応してしまわないように、
しっかりと毛を剃っておいてください。余程のことがない限り、剃り残しがあってもサロン側で対応してくれる場合がほとんどですが、それでも最悪の場合、施術を断られることもありますので、ご注意ください。
ムダ毛をなくして綺麗な肌にしたい願望を持っている方のうち、アトピーや敏感肌の方にとっては、脱毛によって肌へダメージを受けたり、肌の環境悪化を招いたりすることが懸念されます。脱毛が可能か否か、サロンで必要となるケアのこと、また、サロンの選び方についてお伝えしたいと思います。

アトピーの人でもエステ脱毛は受けられます

いかがでしたでしょうか?そもそも、敏感肌の人はもちろん、アトピーの人であっても、脱毛の施術を受けることは可能です。脱毛サロンによってさまざまなケアが用意されているので、脱毛をしたい。そう思っている人は、まずは脱毛サロンに相談してみましょう。
光脱毛に伴う痛みについてのお話です。
現在、多くの脱毛サロンでは光脱毛が主流になっています。
光脱毛とは、ムダ毛の元となる部分に特殊な光を当てて、広範囲のムダ毛を処理することができるものです。
広範囲に一度に効果がある便利な脱毛法なのですが、永久脱毛ではないので一定期間が過ぎるとまたムダ毛が生えてきてしまうという欠点もあります。
とはいえ、光脱毛は痛みが少ない、あったとしても小さな痛みで済みますので、痛みが苦手な人にはピッタリの脱毛方法と言えるでしょう。

レーザー脱毛の痛さについて

続いて光脱毛と同じぐらい人気のあるレーザー脱毛です。レーザー脱毛とは、レーザーの光と熱でムダ毛を処理する方法のことです。光脱毛と違い、施術が完了すると毛根が死ぬため永久脱毛ができるというメリットがあります。一方で施術できる場所は美容クリニックといった医療機関のみで、限られた機関でしか施術を受けられないという点はデメリットでしょう。感じる痛さは個人差がありますが、熱による処理なのでどうしても痛みを感じる人が多いです。痛みに苦手意識がある方にはあまりおすすめできません。

ニードル脱毛に伴う痛みの強さ

最後に、レーザー脱毛や光脱毛が適さない部位には、ニードル脱毛で施術することができます。これは、毛穴の一つひとつに針を刺し、そこから微弱な電流を流してムダ毛の元を処理するものです。つまり、かなりの不快感を伴うことになります。その為、不快感が苦手な方にはおすすめできません。しかし、いつまでも全身をツルツルにすることができる、という大きなメリットがあります。

子供の脱毛の影響・効果は?

小学生や低学年の子供の脱毛は良くも悪くも様々な意見があり、まだ早いと考える人も多いようです。女の子の場合、ホルモンバランスが整う20歳くらいまではムダ毛の状態も不安定であり、子供の頃に一度脱毛してもまた生えてくる可能性があります。ただ子供がどうしても悩んでいて対策をしたいようであれば、「またムダ毛が生えてもその時はその時だ」と思って、エステに相談してみるのも良いでしょう。

脱毛のためのラボ

全身脱毛を専門とするこの施設では、12歳から脱毛が可能です。また、中学生でも保護者同伴であれば脱毛が可能です。どの店舗も徒歩0~5分圏内にあり、駅近で便利な立地です。また、万が一効果がなかった場合の100%返金保証も行っています。エステティックサロンで初めて「月額定額制」を導入し、全身脱毛が毎月9,980円からとなっています。カウンセリングの現場 子供向けの脱毛サロンを選ぶ場合も、大人向けのサロンを選ぶ場合とほぼ同じ流れになります。子どもの肌はとても弱いので、安全性や不快感、肌への負荷には気をつけたいものです。また、店内や従業員間で、若い人が気持ちよく過ごせるような環境を整えることも肝心です。お近くのサロンの無料カウンセリングを予約し、サロンの雰囲気や接客を吟味した上で、どのサロンにするか選ぶことを提案します。
皆さんは、普段どんな方法でムダ毛の処理をしていますか?自宅で簡単に使えるカミソリや毛抜き、塗って拭き取るだけの除毛ローション、電気シェーバー、家庭用脱毛器など、さまざまなものがありますよね。そんな中、自宅でのムダ毛処理をせず、脱毛サービスを選ぶ人が増えているそうです。その原因、きっかけは一体何なのでしょうか?脱毛サロンに乗り換えた人たちの証言をもとに、今回はその理由を探っていきます。

剃刀で危機一髪!?脱毛サロンに行こうと決意した日

A子さんは前々から家で剃刀を使ってムダ毛の処理をしていたそうです。大事な面接の前日の夜、お風呂の中でいつもの様に剃刀でムダ毛を剃っていました。ところが、明日の大事な面接を控えたその日に限って、剃刀が滑ってしまい右足を切ってしまいました。翌日の面接には、大きな絆創膏を貼った格好で面接を受け、大変な屈辱を味わったそうです。この苦い経験からA子さんは、安全なムダ毛処理をするために脱毛サロンでのムダ毛の処理を考え始めました。そこでA子さんが選んだのは、自分の都合に合わせて通う事ができる、最寄り駅にある著名エステサロンに通う事にしました。

彼氏の一言にショック!毛抜きを使ったせいで肌トラブル

次にご紹介するのは、毛抜きを使ってずっとムダ毛処理をしてきたB子さんです。ある時B子さんは、通常通り毛抜きを使ってムダ毛を丁寧に処理していました。その時彼氏から「丁寧にムダ毛処理をするなら、足の目立った毛穴の手入れもしたら?」と強烈な一言を言われたそうです。長い間、毛抜きを使ってムダ毛を処理してきたせいで、足の毛穴が開いて肌がボコボコになってしまいました。焦ったB子さんは、脱毛サロンに行き、正しい脱毛施術と肌トラブル改善コースに申し込んだそうです。

家計簿を見直してみて気づいたムダ毛処理のムダ

最後に紹介するのは、意外なきっかけで脱毛サロンに通い始めたC子さんの話です。C子さんは、もともと家計簿への支出の記入を日課にしていました。そんなある日ふと毎月かかっている美容代が目に付きました。カミソリ代や脱毛クリーム代、抑毛クリーム代などが毎月かかっており、その額が思った以上に積み重なっていることに気づいたC子さん。そして、それとともに、先日見たインターネット広告の永久脱毛キャンペーンの存在を思い出しました。小さいとも思ってたけどあの毎月の支出を続けるくらいなら、キャンペーンを使って1年で脱毛してしまったほうが安い!そのことに気づいたC子さんは、思いついたら吉日。翌日にはサロンへの予約を済ませたそうです。

ムダ毛の自己処理をやめ、脱毛サロンに通う理由は、主に三つ

一つ目は、自己処理による肌トラブルがなくなることです。二つ目は、脱毛後の仕上がりが綺麗なことです。三つ目は、自己処理の手間がなくなり当然時間もかからないことです。長い目で見ると、自己処理による脱毛はかなりの時間と労力を要します。それを考えると、仕上がりが綺麗でトラブルが少なく、手間を削減できるので、コストパフォーマンスは脱毛サロンのほうがよいかもしれません。脱毛サロンへの乗り換えを考えている方は、ぜひご参考ください。
サロンに行く前にNGサロンの見分け方を事前に知っておきたいものです。みなさんは、脱毛サロンを選ぶ際にどのような点を重視しますか?立地や価格、サービスなど、いろんな基準があるかと思います。脱毛サロンを選ぶポイントはたくさんあります。では、どのサロンが自分に一番あっているのでしょうか?今回は、「こんなサロンは絶対にいけない!」という「NGリスト」をご紹介したいと思います。

アフターケアを行うことで脱毛後の美肌を実現

脱毛はムダ毛を無くすために欠かせないものですが、肌への負担が大きいのも事実。そこで正しい保湿の方法を行い、肌を守ってあげることが大切になるんですよ。
脱毛サロンに通うってどんな感じなんだろう?具体的にどんなことをするんだろう?初めてのことで疑問だらけだと思います。まずは、実際に通う前に脱毛サロンとはどんなところなのかお教えしますね。

脱毛サロンのシミュレーション

まずは、初めて脱毛サロンに行く時のシミュレーションをしてみましょう。まずは病院の問診票と同じように、脱毛サロンで渡されるカウンセリングシートに、名前や連絡先、これまでの病歴やアレルギーについて記入します。次に、そのカウンセリングシートに基づいてサロンスタッフとのカウンセリングを行います。スタッフは「どの部位のムダ毛が気になりますか?」「どのくらいの期間で脱毛を完了させたいですか?」など、あなたの希望を聞き取ります。あなたからも「実際にどんな施術をするんですか?」「何回、どれくらい通えばいいですか?」など、気になることを積極的にたずねましょう。自分の希望をしっかりと伝えたら、次のステップです。

脱毛をした後は、日焼けをしないように

日焼けした後に脱毛することも注意が必要です。光脱毛により肌が弱い状態になっているので、少し日焼けしただけで火傷のようになってしまう可能性があります。脱毛後は通常よりも肌のダメージを受けていることを自覚して、長時間紫外線を浴びないことが大切です。
ムダ毛のないツルスベ肌を目指して通いたい脱毛サロンですが、脱毛でやけどをするなどのちょっぴり不穏なウワサを聞きつけました。もしもそれが本当だとしたら、ツルスベ肌どころか、傷を負ってしまいます……。脱毛サロンは危険?というのは本当でしょうか。実際に脱毛とやけどの関係性についてリサーチしてみます。

脱毛は火傷を起こす可能性が

脱毛施術が火傷の原因になると言われているのは、熱源を使用して脱毛していることが話の発端になっています。レーザーや光はすべて熱を持つものですよね?これらを直接肌に当ててムダ毛や毛根、毛の種を除去をするのですが、その熱でやけどをするのではないかという噂が流れているのです。しかし、よく考えてみるとこれらの脱毛方法はとってもメジャーなものです。もし、施術するたびに火傷をしていたら、誰も脱毛しませんよね?言い方を変えると、脱毛施術の中には、いくつか熱を利用するものもあります。しかし、それはやけどにはならない程度の熱でダメージを与えるほど焼くわけではありません。とはいえ、怪しい脱毛サロンで誤って脱毛器を肌に近づけてしまった場合、火傷をしないとは言い切れません。しかし、評判の良い脱毛施設で十分な施術を受ければ、やけどになる危険性は非常に少ないと言えます。

脱毛サロンではサービスの2つの「保証」があります

1つ目は保証書の発行。2つ目は施術を受けられる「回数」です。脱毛サロンで施術を行った後、万が一ムダ毛が復活した場合契約内容に応じた回数分再度脱毛施術を受けることができます。
この保証には、いくつかの制限があります。有効期限や利用できる回数などです。
このような制限がある理由としては、例えば「50年後にまた100回施術を受けてください」と言われても困るからです。
脱毛サロンの契約をする際には有効期限や回数を確認しておきましょう。サロン側のミスで肌に傷が付いたり、施術に使用するジェルでひどい肌荒れを起こしたといった場合に、治療費などの負担を保証してくれているサロンがあります。
もちろんあってはならないことですが、脱毛施術は人が行うもの。もしもの場合に備えて、これらの保証がある脱毛サロンを選ぶのもポイントです。お客様にトラブルを負わせてしまうリスクを想定していない無責任な脱毛サロンは利用を控えた方がよいでしょう。

脱毛サロンを決める前に再確認!

いかがでしたか?脱毛サロンを選ぶ際には、立地やサービス、価格といった最も大きなポイントに加え、サロンの保証制度も非常に重要です。脱毛サロンでは、「返金保証」「回数保証」「肌悩みに対する保証」の3種類の保証を用意していることが多いです。もちろん3種とも揃っていることが理想的ですが、3つを同時に提供している脱毛サロンを探すのは難しいかもしれません。そんな時は、肌荒れ対策を含めた保証を筆者はおすすめします。せっかくの脱毛ですから、安心して通えるサロンを見つけてください。
全身脱毛は、毛のないピカピカのボディにすることができる施術です。一刻も早く全身のムダ毛を処理したいですよね?では、1回の施術でどれくらいの範囲を脱毛できるのでしょうか。また、1回の施術で全身を脱毛できるのであれば、どれくらいの期間で全身を脱毛できるのでしょうか。そんな理想的なことが本当に可能なのでしょうか?

全身脱毛とは一体どのようなものでしょうか?

全身脱毛と言われている通り全身に及ぶムダ毛を脱毛できる、女性にとって満足度の高いコースです。全身と一括りしていますが通常、上半身・下半身それぞれさらに細かくパーツが分けられています。例えば、ヒジ上、ヒジ下、Vライン、おへそ周り、ヒザ上、ヒザ下などパーツごとに脱毛を行います。それでは、一度の施術でどの程度の範囲、毛量を脱毛できるのでしょうか?

お肌と体をいたわりつつの脱毛

いかがでしたか?全身脱毛は1度ですべて脱毛できる施術ではありません。それはお肌と身体のため。ツルピカ肌を目指しつつ、お肌と身体をケアする脱毛だから腰、ムダ毛のない理想の肌を手に入れられることができます。
脱毛すると毛穴が広がるという噂を聞いたことはありますか?というのも俗説では「毛を無くせば無くすほど毛穴が目立って大きくなってしまう」という物らしいです。この噂がもし本当であれば何の為の脱毛なのか…と落胆してしまいますよね。そこで、この噂が本当なのかについて調べてみました。

脱毛後に毛穴の開きが大きくなる理由は様々

まずは、脱毛によって「毛穴が大きくなった」「毛穴が目立つようになった」と答えた方に、その理由をお聞きしました。毛抜きを使用しているとのご回答が多いですね。皆さん、世に言うところの自己処理をしているようです。ムダ毛の自己処理によって、毛穴が大きくなる可能性はあるのでしょうか?答えは、「イエス」です。肌トラブル、特に毛穴の開きは、間違った自己処理によって引き起こされます。毛抜きによる脱毛は、毛根とつながったままの不要な毛を無理に引き抜きます。毛抜きで脱毛した結果、毛穴が開いてしまいます。本来、毛穴は自然に閉じるはずですが、定期的に毛抜きによる脱毛を行うと、毛穴を塞ぐ力が弱まり、毛穴が広がってしまいます。たしかに脱毛で毛穴が広がったり目立ったりすることはあるので、この考え方は論理的ですね。

まずは「I.P.L方式」を見てみましょう

「I.P.L方式」で使用される「インテンス・パルス・ライト」は、出力可能な波長が幅広く、調整して波長を変えることができます。この機器は出力によって美顔効果の高い、美容エステ「フォトフェイシャル」にも使用することができます。実際、脱毛サロンによっては「フォトフェイシャル」をメニューにしているところもあるほどです。この「インテンス・パルス・ライト」には、シミやくすみ、そばかすなどの原因となる「メラニン」にダメージを与えて薄くする効果があるといわれています。さらに、コラーゲンの生成を助けて肌を活性化する効果もあるので、ムダ毛を処理しながらキメをととのえ、さまざまな肌トラブルの解消も期待できるというわけです。また光脱毛の場合、サロンによって多少の違いはあるものの、ムダ毛処理をした後に保湿ケアとしてコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分が含まれたローションやジェルを使用します。これらの相乗効果で肌が潤い、美しい肌が導かれるのです。

「S.S.C方式」の場合

「S.S.C方式」では、「I.P.L方式」のようなフォトフェイシャル効果は残念ながら期待できないのですが、施術前に塗布する「ビーンズジェル」に含まれている「フィリニーブ」という成分の中に、美肌作用があると考えられています。植物由来の成分が配合された「フィリニーブ」には、肌を柔らかくしリラックスさせる作用があるため、特に肌荒れには効果的です。また「S.S.C方式」は、肌に光を直接照射するのではなく、あらかじめ塗布したジェルにだけ反応するので肌に優しく、敏感肌の方でも使用できるのが特徴です。つまり、肌に与えるダメージを最小限にすることができるのです。
いかがでしたか?エステサロンでの脱毛は主に2つの脱毛形態があり、どちらも脱毛だけではなく美肌効果も期待できるようです。美肌効果は、どちらかというと美容メニューにも使用される方式を選んだほうが効果は高いといわれています。しかし、脱毛のみを目的として脱毛サロンを選ぶのであれば、自分の肌に合った施術を選択する必要があります。最近では独自の美容成分を配合しているエステサロンも多いようですので、お試しコースなどで詳しく確認してみるといいかもしれません。
脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介します。ムダ毛の処理には様々な方法があり、シェーバーやカミソリによる自己処理から、エステサロンや医療クリニックでの本格的な施術まで多岐に渡ります。その中でも、近年徐々に人気を集めている脱毛方法が、ハレンチ肌脱毛 です。この方法は、一体どのようなものなのでしょうか?

「ハイパースキン脱毛」とはどのようなものでしょうか?

これは、今までクリニックやエステサロンなどで施術されてきた脱毛方法とは異なる、新しい方法です。従来の脱毛は、医療レーザーも光(フラッシュ)脱毛もニードル脱毛もすべて、「毛乳頭」という毛根部分に光や電気の熱を当ててダメージを与え、脱毛するというしくみです。毛の生える周期でいうと、毛根が元気な状態にある「成長期」に施術しなければほとんど効果がありません。そのため2?3ヵ月程度の間隔を空けて施術しなければならず、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまうのが普通です。つまり、今生えている毛の根元を破壊して、少しずつムダ毛が生えてこないようにアプローチするわけです。ところが「ハイパースキン脱毛」は、これから生えてくる毛の種ともいえる「発毛因子」に光を照射します。毛の細胞分裂を抑えることによってムダ毛が生えるのを防ぐのです。見た感じでは施術は光(フラッシュ)脱毛などと変わらないのですが、従来の脱毛方法のように熱をほとんど発生させないので、痛みやヤケドのようなリスクがありません。

産毛でもきちんと脱毛の効果が得られる

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する光を照射することにより、毛穴の奥の毛根にダメージを与えるものです。そのため、産毛のような細くて色の薄い毛には、効果的とはいえません。ハイパースキン脱毛は、その点で「発毛因子」つまり「毛の種」に作用し、細い毛や薄い毛であってもきれいな脱毛が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みもないので、特におすすめの部位は『顔』です。デリケートで痛みを感じやすい『顔脱毛』は産毛の処理も手間がかかります。
これまでの脱毛施術は、脱毛効果を十分に発揮するために毛の成長サイクルのうち「毛根の成長期」に合わせて施術を受ける必要がありました。そのため、これまでの方法では施術に時間がかかり、終了するまでに何年もかかることがありました。しかし、ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛方法とは異なっているため、施術間隔を最短にすることができます。施術間隔が約3週間と短く、短いスパンで集中して施術を受けることが可能です。施術を始めてから、できるだけ早く脱毛効果を実感したい方におすすめの方法です。
いかがでしたか?今回は新しい脱毛法、「ハイパースキン脱毛」をご紹介しました。従来の脱毛方法では難しかった、敏感肌・肌トラブルに悩む人やお子さんにも安心して施術できる方法のようです。まだ取り扱っているエステサロンが少なく、通常のエステサロンのフラッシュ脱毛などよりも費用が高めであるというデメリットはありますが、今まで脱毛できなかった人でも利用できるのは嬉しいですね。体験脱毛などを活用して自分に合うかどうかしっかり試してみましょう!
夏が近づくにつれて脱毛サロンの広告が目立つようになり、「自分でムダ毛を処理するのは難しいのでは」と不安になる方も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンに通い始めるのは夏よりも秋から冬にかけてがおすすめです。なぜ夏場ではなく、秋冬に脱毛サロンに通うのが望ましいのか、その理由を説明させてください。

脱毛サロン通いは1回では終わりません

脱毛サロンに通えば、すぐにムダ毛なしのツル肌になると思っている人は多いようですが、体毛には毛周期というものがあり、施術で処理できるのは、「成長期」にある毛だけです。このため数回にわたって行う必要があり、一般的にサロンに通うペースは2~3ヶ月に一度のペースで通うことになります。

脱毛施設への訪問は、前もって計画を

なぜなら、暖かくなったら 脱毛サロンに行くと考えていても、いつの間にか夏が来て、今年も予約がいっぱいで行けなかったりするからです。脱毛には長い時間かかると想定し、計画的に脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。
女性はいつでも魅力的でありたいですよね。白く滑らかで、ツルツルの肌は誰もが憧れるものです。女性の間では、脱毛を選択する人が増えてきています。最近では、大手サロンから個人サロンまで、多くの脱毛サロンがオープンしています。ムダ毛の自己処理は、肌荒れやトラブルが起こる可能性があるので、専門家に任せるべきだと私は思います。しかし、あまりにも多くのサロンがあり、どこから手をつけていいかわからないというのが現状ではないでしょうか。

サロン選びの3つのポイント

私は脱毛をするにあたり、コスト、雰囲気、アクセスの良さの3点を意識していました。特に金額についてはサロンを決める上で重要視していました。美しくなるための支出が負担やストレスになっては意味がありません。サロンの多くは月額制のシステムとなっています。私が通っているサロンは毎月現金での支払いのため、ローンを組む必要がないので気軽に通うことができます。しかし料金が安くても、サロンの雰囲気が良くなければ通い続けるのは難しいですよね。担当者の接客が失礼だったり、勧誘が何度もあるサロンも多いと聞きます。この点を考慮すると大手のサロンの方が安心感があるかもしれません。そして通い続けるにはアクセスの良さも大切です。仕事帰りに来店できるサロンだと仕事の休みをとる必要もありません。最近は1時間以内で全身脱毛ができるサロンが増えてきています。実際に私もこのサロンと出会うまでに何店舗ものサロンでカウンセリングを受けてきました。カウンセリングは無料で受けることができるので色々なサロンのカウンセリングを受けてしっかりと比較をしてから検討をするのも1つの方法かと思います。皆さんも綺麗な素肌を目指して頑張りましょう。
水着やノースリーブを着ると、ワキがキレイか気になりますね。今は一年中ワキのお手入れをしている人がほとんどなのではないでしょうか?多くの女性が気にしているワキのムダ毛処理について、色々な角度から徹底的に調査してみました!

脇のムダ毛を処理する方法

まず大きく分けて考えると、自宅で処理する方法と、プロにお願いして処理する方法、の二種類があります。自宅で処理する方法としては、①毛抜きで抜く、②剃刀を使って剃る、③電気シェーバーを使って剃る、④薬剤を使って溶かす、といったやり方があります。プロにお願いして処理する方法としては、①レーザー脱毛をしてもらう、②フラッシュ脱毛をしてもらう、③ワックス脱毛をしてもらう、などがあります。ずいぶんとたくさんの方法があることがおわかりいただけたでしょうか。では、これから、上にあげた各方法について、長所と短所を説明いたします。

専門家に任せることのメリットとデメリット

まずメリットは肌の悩みを予防しながら、ワキのムダ毛を十分に処理できることです。特に永久脱毛の場合は、専門家のアドバイスに従い、時間をかけてケアすることでムダ毛と「永遠に」サヨナラできるかもしれません。一方、デメリットは費用と難易度が高いことです。しかし、素人ではない専門家のサービスを受けるわけですから、多少の金銭的な弊害は我慢しなければなりません。また、自宅や会社からサロンが遠い場合、通うのが億劫になり、コース回数の半分近くを利用する前に期限が切れていることに気づくこともあります。どうでしたか?今やファッションの一部ともなっているワキのムダ毛処理には、実にたくさんの方法があります。自分に合った施術を選び、簡単な方法で行えば、ノースリーブも自信を持って着られる綺麗なワキになりますよ。
ワキの衛生管理は大切です。ノースリーブの服や水着を着たときに、ワキのお肉の見え方が気になったことはありませんか?ワキは、体の中でもムダ毛処理の影響を受けやすい部位です。清潔で整ったワキ肌は、あなたにとって大切なものです。ワキのお手入れ方法について考えてみました。

脇の下の皮膚の衰えにはさまざまな原因が

なぜなら脇の下の皮膚はすごくデリケートでちょっとした刺激にもダメージを受けてしまいます。なので、ダメージの原因を正しく理解して皮膚へのダメージを抑えることが重要です。具体的にはムダ毛処理のやりすぎや失敗、衣服や下着の摩擦による締め付け、乾燥制汗剤などの薬品の刺激などの原因が考えられます。

わき下の肌ダメージを少なくする方法

まず自分でムダ毛処理を行う場合にはあまり頻繁に行うことは避け、お肌への負担を減らすよう注意しましょう。できれば、脱毛サロンでケアをしてもらったり、パイナップル豆乳ローションなどの毛の発育を抑制するローションを一緒に使うのがおすすめです。上記のようなダメージの原因になる行為に注意してわき下の肌を守ってあげましょう。

わき下の専用美容ジェルを使ったお手入れ方法

最近ではわき専用の美容ジェルも販売されています。色々なブランドから乾燥やぶつぶつ、黒ずみなど症状別に色々なタイプのものが発売されているので気になる方は試してみではいかがでしょうか。中には返品保証がついているものもありますので、気軽にお試しできます。
ワキの脱毛を行う際、ムダ毛処理をしつつもきれいな肌を維持するために、エステサロンやクリニックでの脱毛を考えている人も少なくありません。永久脱毛には様々な方法がありますが、医療レーザーを用いた脱毛が最も一般的で効果的な方法のようです。

医療用レーザーは、脱毛用レーザーよりも強力

また医療用レーザーは医療機関でのみ使用が許可されていますが、エステサロンでは同様の動作をするフラッシュライトによる光脱毛を行うことができます。医療用レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、新しいムダ毛が生えてこないようにするために、特殊な光を使って毛根の部分にダメージを与えます。医療用レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じような脱毛施術ですが、医療レーザーで使う光は深く直線的な光です。そのため皮膚の奥にまで脱毛効果を及ぼすことが可能です。また医療レーザーの光は、照射範囲において奥深くの毛にも働きかけることができるのが特徴です。医療用レーザーの脱毛力は、高濃度フラッシュ脱毛の光に匹敵します。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。
「永久脱毛」という言葉に惹かれませんか?ムダ毛の自己処理は肌トラブルを起こしやすく、時間もかかるので、エステサロンやクリニックに通って一生ムダ毛とおさらばしたいと思う人は多いでしょう。しかし、「永久脱毛」は必ずしも永久に「毛が全く生えてこない」という意味ではありません。では、具体的にはどのようなことを意味しているのでしょうか。

永久脱毛とは、どのようなもの?

厳密な定義としては、永久脱毛は50年以上毛が生えてこない状態であると言われています。また、アメリカの電気脱毛協会による定義では「脱毛後1ヶ月の間に生えるムダ毛が20%以下である」といったものもあります。これらの定義から言えることは、エステサロンの光(フラッシュ)脱毛は、新しい技術を用いているため歴史が浅く、永久脱毛に関する確証が得られておらず、永久脱毛を謳うということは、薬事法に抵触することになります。そして厚生労働省では、永久脱毛を医療行為であると定めています。このため医師免許を持たない者が永久脱毛の施術を行うことは、医師法違反となってしまいます。従って永久脱毛を施術できるのは、医療行為を行うことができる医療機関(医療クリニックや美容外科)だけということになります。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・熱線式除毛という異なる3つの方式が主に採用されています。その違いを見ていきましょう。一つ目のフラッシュ脱毛器は光を当ててムダ毛を処理をします。照射範囲が広く一度に多くの毛を処理することが出来ます。光を当てるだけなので痛みも中々感じません。使用される光はフラッシュ光というもので、美肌効果も期待出来ると言われており、脱毛と美肌対策が一度に出来る優れものです。二つ目はレーザー脱毛器です。クリニックなどで専門的に使用されているレーザーを一般家庭用に出力を下げ調整したもので、その効果は抜群です。ただし、比較的施術時の痛みが出やすいタイプなので、痛みに敏感な方は別のタイプをおすすめします。最後に熱線式除毛器です。熱を使用して毛を焼いて処理するものなので、これまでの二つとは違い毛根の処理をすることはありません。ムダ毛を根本的になくすことは出来ませんが、手軽に処理が出来ると言う面で、敢えて好んで使用する方もいます。

脱毛器に効果があるって本当?

脱毛器はどのくらい効果があるのでしょうか?それは本当です!多くのサロンで採用されているフラッシュ式脱毛器は脱毛効果が実証されています。家庭用脱毛器も原理は同じですから、脱毛効果はあるとみてよいでしょう。レーザー脱毛器も同様です。これらは医療用レーザーと同じ仕組みで動き、すべてのムダ毛を完全に根絶することができるでしょう。しかし、これらの脱毛器は即効性はありません。使用回数はお持ちの脱毛器の種類や毛の量、濃さによって異なりますが、10回前後を目安に使用するとよいでしょう。いかがでしょうか?これから購入を考えている方は、自分のニーズに合った種類を選び、早速自宅で脱毛にチャレンジしてみてください。
一般的なワキ脱毛やVIO脱毛はサロンや皮膚科で知られていますが、顔の脱毛はそれほど認知されていないでしょう。しかし、この顔脱毛は化粧ノリが良くなるということで、今注目を集めています。そこで、今号の特集は「顔脱毛」です。

顔の産毛の脱毛について

顔の産毛脱毛の処理にはカミソリや毛抜きを使う人が多いかと思います。
カミソリは顔そり用のものが販売されていますので、これを利用するのがおすすめです。また、その際には石鹸ではなくシェービングクリームを使うようにします。
パックや脱毛クリームなどは肌への刺激が強いので推奨できませんが、どうしてもこれらを使いたい人は、顔に使う前に目立たない場所でパッチテストを行って問題がないことが確認できてからにしましょう。
いずれにしても、ムダ毛処理後はアフターケアをきちんと行うようにしてください。
脱毛を行うと肌は極端に乾燥しますので、放っておくと思わぬ肌トラブルに繋がることがあります。

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛は痛みが少ないにも関わらず顔の産毛を綺麗に処理できる方法です。顔の産毛処理について簡単なご紹介をいたします。サロンでの顔の産毛脱毛なら、痛みが少なく、お肌にも優しく低刺激なハイパースキン脱毛がおすすめです。ハイパースキン脱毛は、敏感肌の方だけではなく、子どもでもできてしまうほどお肌に優しい脱毛方法です。脱毛サロンや医療脱毛を利用する際には、事前のカウンセリングでしっかりと疑問点や不安を相談し、安心感を持って施術を受けられるようにしておきましょう。
ムダ毛を処理する場合、カミソリを活用することにはメリットとデメリットがあります。顔の産毛や手足のムダ毛、デリケートな場所のハミ毛など、女性には毛に関する悩みが山ほどあります。そんな多くの女性にとって、カミソリやシェーバーで剃ることは、最も手軽な脱毛方法と言えるでしょう。今回は「剃る」ことを改めて見つめ直し、そのメリットとデメリットをご紹介します。

ムダ毛を剃るメリットをご存知ですか?

カミソリやシェーバーでムダ毛を剃る一番のメリットは、短時間で簡単に処理をすることができます。道具さえあれば、自宅で空いた時間にムダ毛のお手入れをすることができます。また毛抜きとは違い、広い範囲を一度で処理できるのもシェーピングのメリットです。手や足のムダ毛を毛抜きで一本一本抜くことを考えたら、カミソリやシェーバーの方が広い範囲を短時間で処理することができます。

カミソリでムダ毛を剃ることのデメリット

それは、一時的なムダ毛処理にすぎないということです。毛抜きでの処理やサロンでの永久脱毛と違い、カミソリで剃るだけの処理では毛根は残ったままです。つまり、毛を剃ってから数日中にはまた元の状態に戻ってしまいます。結果、剃る頻度は多くなり、肌への負担が大きくなるため、肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

ムダ毛の正しい剃り方

では、肌トラブルを防ぐためにムダ毛の正しい剃り方をご紹介します。まずは剃りたい箇所をホットタオルでしっかりと温めます。手足や全身を剃りたい方はゆっくりとお風呂に浸かるのもおすすめです。毛穴が開いてから、シェービングフォームやジェルを塗ります。その後、毛の生えている方向に剃っていきます。毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きくなってしまいトラブルを生む可能性があります。ムダ毛を剃り終えたら、次は冷たいタオルで処理した箇所をクールダウン。開いた毛穴を閉じさせます。その後、化粧水や乳液、アフターシェービングローションなどでしっかりと保湿してください。シェービング後の肌はかなり敏感になっているので、爽快感をうたうようなアイテムより、マイルドな付け心地のものを選ぶとさらに効果的です。処理をした後に赤みや刺激を感じたら、迷わず一度、皮膚科を受診してください。いかがでしたか?女性が日常的に取り入れている“剃る”という処理方法。手軽さというメリットもありますが、リスクがないわけではありません。正しい剃り方でトラブルが少ない方法を身につけてください。
ワックス脱毛は手軽にできて、ある程度の期間はムダ毛のない状態を維持できます。自宅で処理できる自己処理用のワックス以外にもワックス脱毛をおこなっているサロンもあり、ムダ毛に悩む多くの女性からの支持を集めています。では、ワックス脱毛にはどのような効果があるでしょうか?

ワックス脱毛とは?

ワックス脱毛とは、専用に開発されたワックスを使用して、ムダ毛を処理する方法です。ワックスを肌に塗って専用のシートを貼り、その後シートを剥がしたら完了です。ワックス脱毛はシェービングよりもお手入れが簡単で、月に1回程度行うだけでムダ毛のない肌を維持することができます。そのため、欧米では最もポピュラーな脱毛方法の一つとなっています。

ワックス脱毛の特徴は?

それでは、ワックス脱毛にはどんな効果があるのでしょうか?まず第一には先程の通り、施術の間隔が長いことが挙げられます。ワックス脱毛は毛根から処理をするので、最長で1ヶ月間ほどムダ毛のない状態を保てます。そしてその結果、長期間のムダ毛処理による肌トラブル防止につながります。またムダ毛と一緒に古い角質も取ることができるため、ピーリング効果も期待されます。同時にスキンケアになるというのはワックス脱毛の大きな特長ですね。ただワックス脱毛も完璧とは言えません。他の脱毛方法と同じく、肌には負担をかけるので、直射日光を避ける、保湿を徹底する、ワックス脱毛後はプールや温泉には入らない等、注意が必要な点があります。いずれにせよ、手軽で長持ち、美肌効果もあるかも!?というのが、他で得難いワックス脱毛の利点ですね。
いかがでしたでしょうか?欧米を中心に人気が高まっているワックス脱毛ですが、日本でも人気が出てきて広まっています。自宅で簡単にできる一般的な脱毛で、サロンでは処理しづらい場所の脱毛も可能で、美肌効果まであることが判明しました。ムダ毛が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?
きれいな女性を見て素敵な人だなぁと思っていたら、腕にムダ毛が生えていたのを見てしまった…という経験をしたことがある女性も多いのではないでしょうか。ムダ毛は女性の大敵です。季節を問わず、いつでもツルツルの美しい肌でいたいものです。皆さんは、どのようにムダ毛のお手入れをしていますか?カミソリや永久脱毛、それとも手軽に使える除毛クリームでしょうか?今回は除毛クリームをテーマとして、ご紹介していきます。

除毛クリームのメリット

それでは、除毛クリームを使ってみる前に、なぜ除毛クリームがムダ毛の処理に効果的なのかを説明します。ほとんどの除毛クリームは、アルカリ性の薬剤で毛のタンパク質に働きかけて溶かし、除毛する仕組みになっています。しかし、タンパク質で出来ているのは毛だけではありません。皮膚もタンパク質で出来ているため、除毛クリームは皮膚への負担となるのです。このことを考慮して除毛クリームを使用する前には、パッチテストを行うことが必要になります。パッチテストの手順としては、腕の裏側などの目立たない場所にクリームを塗って、そのまま5分ほど放置します。その後、説明書に従ってクリームを除去したら、24時間その部位に問題が起きないか、経過を観察します。そのときに、かゆみや赤みといった症状が現れた場合は除毛クリームの使用を中止してください。パッチテストに問題がなければ、除毛したい部位にクリームを塗って、説明書に記載の時間放置した後に、ヘラなどで取り除いてください。

除毛クリームの注意点

除毛クリームを使用する時にいくつか注意点があります。除毛クリームは前述の通り、肌への負担が大きいものです。そこで重要なのは、除毛した直後に化粧水や乳液などで保湿をすることです。また、デリケートゾーンや顔などの皮膚が薄く弱いところへの使用は禁止です。肌の調子が悪い時に使うのも控えましょう。いかがでしたか?手軽に処理ができる除毛クリームで、すべすべ肌を手に入れてくださいね。
腕や脚はもちろん、ワキやビキニラインなどに現れるムダ毛は、女性を悩ませ続けている憎き存在です。そんなムダ毛を見つけると、思わず「抜いてしまう」ことも多いのではないでしょうか。今回は多くの女性が一度はおこなったことがあるであろうムダ毛を抜くことに着目し、そのポイントをおさらいします。

毛抜きのメリット

ムダ毛を処理する方法はいろいろありますが、毛を抜く、というのもひとつの方法です。この方法の最大の長所は、手軽だということです。なにしろ毛抜きを使って、毛を抜けばよいのですから、とても簡単です。数本の毛を抜くだけなら、たいした手間はいりません。その上、抜いたあとの肌がツルツルしている、というのも大きな長所です。一方、カミソリを使ってムダ毛を剃るとなると、一日か二日後には新しい毛が伸びてくるために、ざらざらした肌ざわりになって、嫌なものです。

毛抜きのデメリット

毛抜きには、さまざまなデメリットもあります。一方、間違った方法で毛を抜くと、肌を傷つけてしまう可能性があります。ムダ毛を抜く場合には毛根ごと抜いてしまうため、皮膚に傷や炎症が生じたり、間違った方法で慢性的に行うと毛穴が開いたままになったりすることがあります。さらに、ムダ毛を無理に強く引っ張りすぎて途中で切れてしまうと、毛が皮膚の中で成長する埋没毛という状態になる可能性もあります。そして、ムダ毛を抜くことは、皮膚を直接刺激しているのと同じことになります。皮膚に炎症が起きると、メラニンという色素が作られます。このメラニン色素が皮膚に沈着すると、皮膚の変色や黒い斑点といった問題を引き起こすことがあります

ムダ毛の正しい抜き方

メリット、デメリットのあるムダ毛の処理ですが、正しいやり方は案外知られていません。今回は、美容のプロが勧めるムダ毛の処理方法をご紹介します。まずは、処理を行いたい箇所をホットタオルなどで温め、毛穴が開いた状態にします。次に毛の流れを確認し、流れの方向に沿ってムダ毛を抜きます。不要な毛を抜き終えたら、冷やしたタオルで毛を抜いた箇所を十分に冷やします。そうすることで、開いた毛穴が閉じます。最後は化粧水や乳液でたっぷりと保湿をします。アフターケアをしっかり行うことで、肌の負担を軽減することができます。以上が、正しいムダ毛の処理方法です。
いかがでしたか?ムダ毛に悩む女性の、毛抜きによるムダ毛ケア。これは肌トラブルの元になる可能性があります。ホットタオル、冷やしたオルでのアフターケアを入念に行って正しいお肌のお手入れを行ってくださいね。
わき毛の自己処理をする時、せっけんを使っても大丈夫なのか、それともよくないのか、気になるところです。では、わき毛の自己処理にせっけんを使うのは問題ないのか、それとも避けた方がよいのか、2点に分けて解説していきます。
ワキ毛の自己処理をする際、いきなりカミソリを当てると、肌の角質層を傷つけてしまう恐れがあります。カミソリを当てる部分にせっけんやボディーソープなどを使うとスムーズに剃れ、脱毛ローションを使わなくてもキレイに処理できます。一方で、ワキ毛を自己処理するのはおすすめしないという意見もあります。ワキ毛を自己処理するのは確かに誰にでも簡単にできるのですが、正しい知識がないと石鹸を泡だてすぎてしまったり、色々な方向に剃ったりしてしまいます。これでは、皮膚を傷つけて、出血までしてしまいます。また、せっかくワキ毛の処理をしたのにワキの黒ずみが目立つようになることもあります。そして、日頃からワキ毛の自己処理をしている肌には、せっけんやボディソープは洗浄力が強すぎて油分を多くとってしまうため、当然、乾燥や肌荒れの原因にもつながります。やはり、ワキ毛の自己処理にはせっけんを使わない方が良いでしょう。
肌を露出するファッションが楽しい季節になると、大切になってくるのがわきの下のお手入れですよね。わきの下のムダ毛をカミソリなどで剃る人は多い様ですが、そのムダ毛処理が皮膚の黒ずみを引き起こしているかもしれないということはご存知でしょうか。ここでは、わきのムダ毛を剃ることで黒ずんでしまう理由を簡単にご説明します。

肌が黒ずむ原因は

そもそもわきの下に限らず、肌が黒ずむのはメラニンという黒い色素が原因です。メラニン色素は、紫外線など外からのダメージを受けると肌に生成されるもので、これが肌の中に沈着してしまうと黒ずみになってしまいます。でも、わきの下の皮膚って、紫外線は浴びにくいのでは?と思うかもしれません。確かにわきの下はめったに紫外線の刺激を受けることがありません。しかし、カミソリや毛抜きによるムダ毛処理も肌にとっては強い刺激となるので、メラニンを生成してしまうことがあるのです。

黒ずみはどうしたら消えるの?

肌に負担もかかるし、脇の下を剃る事は出来れば避けたいです。脇の下が黒ずんできたのを確認した時点で、カミソリの使用はすぐに中止しないといけません。でも脇の処理をしないまま、この季節を過ごす事は、女性にはすごく抵抗がありますよね?そんな女性の肌には刺激が少ないムダ毛処理をおすすめすると同時に美白クリームを使用する事で黒ずみ対策になると考えます。
ある調査によると、小学校3年生になる頃には、約1割がムダ毛を気にするようになるそうです。私たちの時代はそんなこと気にしていなかったのに・・・と思われる親御さんもいるかもしれません。しかし、テレビやインターネットの普及によって、小学生でも簡単に情報が手に入りやすくなっている昨今、親が思っている以上に子どもはムダ毛に対して悩みを抱えているのかもしれません。そんな子どものムダ毛処理、一体どうしたらいいのでしょうか?

ムダ毛の処理にはどのような方法があるのでしょうか?

成長期の若者のムダ毛処理は、大人と全く同様の方法で行なってはいけません。若者の肌の厚さは大人の1/3?2/3程度と言われています。大人と比べて薄くて弱く、皮脂も少ないため、より注意しなければなりません。できるだけ肌に負担をかけない方法を選びましょう。

抑毛ローションとは

抑毛ローションは肌に極力負担をかけず、ムダ毛が生えるのを抑えるものです。ほとんどの製品は天然成分から作られています。使用後の即効性はありませんが、徐々に毛を細く、薄くしていき、再びムダ毛が生えにくくなる効果があります。また高い保湿効果があるので、肌荒れも防止できます。そしてなにより、刺激を与えたくない子供の肌のムダ毛処理に使えるのが大きな利点です。

シェービングなら電気シェーバーでの処理がおすすめ

ムダ毛処理の際にカミソリを使用してしまうと、毛と共に皮膚の角質を削ってしまう為肌への負担が大きくなります。一方で肌に直接触れることのない電気シェーバーであれば摩擦が起こりにくく、肌へ与えるダメージもカミソリより少なく済みます。電気シェーバーの中でも一番のおすすめは女性用のフェイスシェーバーです。ムダ毛処理をする時は毛の流れに逆らわないように剃るのがポイントです。電気シェーバーでの処理の後は比較的早めに毛が伸びてきますので、水泳や体育など肌の露出が気になる授業の前の日には、お子様の処理状況をこまめに確認してあげるようにするといいですね。

子供のムダ毛を処理する上手な方法は

子供の肌は大人と比べると、弱くて敏感です。
大人と同じようなやり方をすれば、負担が大きくなりすぎることがあります。ご家庭で行う場合は、まずは電気シェーバーで処理を行い、その後は抑毛ローションを薄く塗るとよいでしょう。
抑毛ローションを使うことで毛は細く薄くなり処理の回数を減らせますし、また肌への保湿効果も期待できます。
どの方法でムダ毛処理をするとしても、処理後の子供の肌はいつも以上にデリケートな状態です。処理後のダメージや細菌の感染を防ぐために、きちんと化粧水、乳液などで保湿するアフターケアが重要です。もし、あなたのお子さんがムダ毛で悩んでいるのなら、子どもだから・・と軽く考えず、しっかりと相談にのってあげて、子どもに合った方法でムダ毛の悩みを解消してあげましょう!
お子さまの眉毛がつながっていることや、口の周りの毛が濃いなどが気になり、産毛をきれいにした方がいいのか悩む母親も多いと思います。それが原因となって、友達からいじめを受けるのではないかということも心配になることもあると思います。一方で、自己流の処理をして、大切なお子さまの肌に傷がついてしまったら大変です。そんな、お子さまの産毛の処理、したほうがいいのか解説していきます。

子どものムダ毛の処理には、賛否両論ある

ネットで検索してみると「小さな子どもにムダ毛の処理は必要ない」という意見の書き込みがあります。「気にしているのは親だけで、本人は特に気にしていない」というケースもある一方で、「本人が悩んでいるならムダ毛の処理はしてあげたほうがいい」という書き込みもあります。子どもが周りの友達より少し濃いムダ毛をからかわれるなどしてイヤな思いをしているのであれば、親が手を貸して脱毛の処理をしてあげてもいいのかもしれません。

子供の肌は非常にデリケート

より正確に表現すると、角質が薄く、その厚みは大人の3分の1から3分の2ほどしかないと言われているほどです。そのため、ちょっとした刺激で肌に傷がついてしまいます。また、皮脂も少ないので、ムダ毛を処理する際には大人以上に注意して行う必要があります。できるだけ肌に優しい方法でムダ毛処理を行いましょう。

子供の毛について、いつから処理すべきなのか悩まれる方は多い

何歳からすべきといった決まりはありません。赤ちゃんには産毛が多いですが、その心配は不要です。じきに産毛ではなくしっかりとした毛が生えてくるでしょう。幼稚園に入ると中には体毛がしっかりしていることでいじめられるお子さんもいらっしゃいます。お子さんとの対話の中で、いじめなどが起こってないかを探ると良いかもしれません。女の子は小学3年生あたりで体毛について悩みを持つようになるといいます。そのくらいの年齢であれば脱毛したり、エステに行ったりすることが可能です。ただし、肌が弱い方は肌トラブルなどを起こすこともあるので注意してください。つまり、体毛の処理ついてはお子さんご本人の意思を尊重し、悩みがあれば対処してあげましょう。自宅でムダ毛を処理するのであれば、女性用の電動シェーバーなどで剃った後、ローションをなることで毛を薄くすると肌への負担が少なく、良いかもしれません。いずれにせよ、肌へはどうしてもダメージを与えてしまいます。ムダ毛を処理した後には化粧水や乳液を使って保湿し、ダメージをなるべく最小限に抑えましょう。
子供を持つ親にとって、我が子の悩みは尽きません。ある日、子供が学校から帰ってきて、友達に「○○ちゃん、口の周りにヒゲが生えてるよ」と言われ、自分の産毛を気にするようになったら、親としてはどうしたらいいのか戸惑うことがあるかもしれません。小学生の女子のヒゲは高学年になると目立ってくる場合が多いといわれています。ホルモンバランスの乱れから、「産毛」の段階を越えてヒゲが濃くなることもあります。子供のムダ毛は産毛のような細い毛ですが、それでも口の周りに生えればヒゲのように目立ってしまいます。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

小学生の女の子の毛が濃いと、将来さらに毛が伸びてコンプレックスにならないか、学校でクラスの男子や仲間からバカにされないか、親として心配になることもありますよね。一方で、小学生のムダ毛処理なんてまだ早い!と思う方もいるかもしれません。この場合、「子供が何を望んでいるのか」というのが問題となります。月経が始まり、女性ホルモンが活性化すると、女の子の体毛は自然と減っていくことがあるのです。若い子が気にしないのであれば、放置しておいてもよいでしょう。しかし、小学生のお子さんが、同級生から「ヒゲが生えたね!」とからかわれ、悩みを抱えてしまうようなことがあれば注意が必要です。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

小学生の気になる「ひげ」対策

親にとって、子どもの悩みは自分の悩み以上に気になることです。正しいケアでお子さんの悩みを一つでも減らし、楽しい学校生活を送れるように助けてあげてくださいね!
もうすぐ暖かい季節がやってきますね。この時期はワクワクしながら楽しいことを考えたいものですが、毛穴の開きや黒ずみといった肌トラブルで憂鬱になっていませんか?トラ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました