フラッシュ脱毛(光脱毛)で処理できない体の部位(場所)とはどこでしょうか?

痛みが少なく、広範囲の処理が短時間でできる等のメリットのあるフラッシュ脱毛は、脱毛サロンでは人気で、主流メニューとなってきています。ただ光脱毛のデメリットもあり、部位によっては完全に脱毛できない箇所も出てきます。そこで、フラッシュ脱毛ができない、また避けるべき部位を紹介します。

光(フラッシュ)脱毛ができない部位(場所)

1.色素が強い部分(ほくろ、タトゥー、日焼け部分等)
光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光がメラニンと言われる毛の黒い色に反応し、その部分を熱処理するという方法で脱毛します。そのため、ほくろなどの皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるのでお断りの可能性が。
2.粘膜部分
粘膜部分にも光(フラッシュ)脱毛の光を照射することができません。理由は、粘膜部分はデリケートで傷つきやすいためです。個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高くなります。

妊娠中や生理中の時期

これもフラッシュ脱毛ができない時期でもあります。脱毛器の光が、妊娠中のお腹の赤ちゃんに影響を与えることはないと言われています。しかし、痛みやストレスなどから、子宮が収縮して陣痛を引き起こす恐れが無いとは言い切れません。そして、妊娠中や生理中において、肌が荒れる女性がいらっしゃることが知られています。特に妊娠中は肌が刺激に弱くなるため、この時期のフラッシュ脱毛は避けた方が良いと言われているのです。脱毛サロンによって、脱毛を避ける部位や時期は異なる場合があるので、慎重に検討してから契約することをおすすめいたします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました