フラッシュ脱毛とは?

フラッシュ脱毛(光脱毛)について

IPL(Intense Pulsed Light)などを用いて光を照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを活性化させて脱毛を促すことで、フラッシュ脱毛を実現することができます。サロンによって、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。レーザー脱毛よりも出力が低く、肌への当たりがソフトで、痛みが少ないことが、フラッシュ脱毛(光脱毛)とレーザー脱毛の違いです。ところで、毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階からなるサイクルを経ており、これを「毛周期」と呼んでいます。毛が成長する成長期に治療を行うため、2~3カ月に1回のペースで治療を受ける必要があります。この施術を約1~2年行うことで治療が終了します。レーザー脱毛に比べ、フラッシュ脱毛は弱い光を使用するため、研修を受けたエステティシャンであれば誰でも施術を行うことが可能です。

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどの医療用レーザーを利用してムダ毛を処理する技術です。フラッシュ脱毛は幅広い周波数を持つ光のスペクトルを利用しますが、レーザー脱毛は単一波長の光を利用します。フラッシュ脱毛に比べて出力が大きいため、痛みを感じることがありますが、クリニックでは施術前に麻酔クリームを塗るなどして、可能な限り痛みを軽減しています。レーザー脱毛は医療従事者のみが行うことができるため、サロンでの施術は認められていません。基本的に、施術は病院で行われます。フラッシュ脱毛とは対照的に、施術は通常5~6回の施術で終了します。フラッシュ脱毛も光脱毛も、メラニンが多く含まれる場所では特に痛みを感じることが多いようです。

レーザーとフラッシュ、どちらの脱毛方法を選ぶべき?

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、脱毛の仕組みがかなり似ていますが、上記で説明したように、この2つの方法にはいくつかの違いがあります。レーザー脱毛でよく言われるのは、痛みを感じることが多いということですが、光脱毛ははるかに痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが苦手な人は、フラッシュ脱毛にした方がいいかもしれません。余談ですが、以前はフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方がはるかに高額でしたが、近年は医療脱毛の専門家が行うレーザー脱毛のコースを低価格で提供しているサロンも増えています。また、レーザー脱毛は、脱毛後の毛の再生が少ない、あるいは頻度が少ないという報告もあり、多少費用がかかっても、最終的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のどちらを選ぶか悩んだら、カウンセリングに参加したり、各コースの無料体験をしてみることをおすすめします。
手や足、ワキなど、ムダ毛が気になる部位はたくさんありますよね。しかし、自己処理には限界があると考える人も多くいます。では、専門家のサポートを受けるとしたら、どんな方法があるのでしょうか?今回は、脱毛サロンと医療脱毛の違いと共通点を見ていきたいと思います。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンや脱毛サロンでは、「光脱毛」が最も多く行われている脱毛方法です。黒い色素「メラニン」と相互作用しやすい波長の光を肌に当てて、ムダ毛の黒い毛乳頭にダメージを与え、その結果、毛の再生細胞にダメージを与えて新しい毛が生えてこないようにする仕組みです。クリニックのレーザー脱毛との最も大きな違いは、この光線の強さです。医療レーザー脱毛と比較すると、光脱毛は約3分の1の弱さで、痛みがほとんどなく、肌への負担が少ない脱毛法です。ただし、光が弱いため、施術の回数も増えることになります。

光脱毛の様々なメリット

・一度に広い範囲の脱毛が可能
・痛みが軽減される
・リーズナブル

光脱毛のデメリット

・脱毛を完了させるためには、時間と回数が必要
・脱毛の効果は、エステサロンや施術者により大きく異なる。

いかがでしたでしょうか?クリニックでしか受けられない脱毛と、エステや脱毛サロンで受けられる脱毛の区別や、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。毛の種類や肌の性質も様々で、どの程度の体毛を取り除きたいかということも人それぞれです。エステサロン、クリニックどちらにしても、それなりの額の施術費が必要になりますから、それぞれの利点を比較検討して、自分の条件に一番合う脱毛技術を選ぶことがポイントです。

結婚式の披露宴に肌を露出した服を着たい! 海水浴や温泉にも行けるようにツルツル肌になりたい! そんな時は、自宅での脱毛よりもプロによる脱毛をおすすめします。一方、脱毛は毛周期を考えて時間を選ばないと、効果が出ません。結婚式や休日の予定がある場合、脱毛サロンに通うのはいつが理想的なのでしょうか?

脱毛のタイミングと毛周期の長さ

「毛周期」とは、体毛に起こる発毛のサイクルのこと。サロンでは、この毛周期に合わせて脱毛を実施しています。毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。サロンでの脱毛は、成長期にある毛に効果があります。手や足の毛の再生には平均3~5ヶ月かかると言われています。人によって、年齢によって、部位によって、毛周期はそれぞれ異なります。そのため、適切な時期に脱毛治療を受けないと、肝心な時に美肌になれないということもあり得ます。毛を完全に除去してしっかり処理できるようになるまでには、何度も脱毛サロンに通う必要があります。しかし、結婚式や旅行などのイベントに合わせて、タイミングよく脱毛をしなければならない場面もあります。そんなとき、1回の施術でツルツル肌を実現できる可能性があります。しかし、難しいのは、いつ脱毛するかということです。脱毛のスケジュールは、イベントのだいたい3~4週間前に決めておくと、余裕を持って施術を受けることができます。レーザー脱毛と光脱毛、どちらの方法で施術を受けるかにもよりますが、約2週間後に毛が抜けてきます。逆に言えば、イベントの3~4週間前にサロンに通えば、イベント時にはきれいなツルツルの肌になっているということです。
この記事では、脱毛する前に知っておきたい、毛周期についてご紹介します。サロンでの脱毛は、1回の来店で完了するわけではありません。すべての毛を処理するためには、何度も通う必要がありますが、それは毛が生えてくる周期である「毛周期」に関係しているためです。
毛周期によって、脱毛のペースなども影響してきますから、理解しておくといいですね。

身体の部位によって異なる毛周期

体毛には毛周期というものがあり常に生え変わっています。成長期にはムダ毛を処理しても、毛母細胞が活発なためすぐに生えてきます。毛周期は、身体の部位によって少しずつ異なります。個人差や年齢差はありますが、頭髪は体の部位の中で最も毛周期が長く、生え変わるまでに何年もかかると言われています。逆に眉毛やまつ毛は毛周期がとても短く、およそ2カ月で生え変わります。手や足の毛は3~5カ月で生え変わると言われています。そのため、顔と体の両方を同時に脱毛した場合でも、顔のうぶ毛の方が早く生え始めることがあります。脱毛サロンで使用するレーザーや光脱毛は、一部を除き成長期の毛しか処理できません。休止期の毛には効果がないので、1回の脱毛施術ですべての体毛を処理するのは不可能なんです。そのため、サロンでの脱毛は、毛周期に合わせて複数回行う必要があります。

定期的に脱毛サロンに通うこと

では、脱毛サロンに通う頻度は、どれくらいが適当なのでしょうか。毛が伸びるスピートには、もちろん個人差があります。ただ、一般的には、2・3カ月の周期で通う方が多いようです。その理由としては、多くの方が利用されるレーザーや光脱毛が皮膚表面に現れる成長期の毛だけを処理することにあります。そのため、回数を抑えたコスパの良い脱毛をするには3カ月程度がベストなのです。しかし、これらはあくまで一般的なことで脱毛部位によって期間は異なります。サロンと事前のカウンセリングを行ってしっかり確認することをおススメします。

大豆を食べ過ぎてしまうと体に副作用が出る?

イソフラボンは摂取後すぐに体外に排出されるので、それによる副作用はありません。なので、安心して食べられます。いかがでしたか?今回はわき毛を薄くする方法や食べ物について調べてみました。注目の大豆を、早速取り入れてみましょう!
ムダ毛を処理するためにサロンに通う人が多くなっています。しかしある調査によると、エステサロンで脱毛した人のうち仕上がりに満足しているのは半数程度という調査結果も出ています。そんなエステサロンでの脱毛に満足できない人たちが注目しているのが、自宅でできる光脱毛器「ケノン(ケノン)」です。なぜ多くの人がケノンを支持しているのか、その理由を探ってみましょう。

ケノンは、エステティッククリニックよりはるかに安価

エステに行かない理由で最も多かったのは「費用がかかりすぎる」で、38%の人が理由に挙げています。エステサロンでは、光脱毛はワキなど一部分の脱毛ならお手頃価格ですが、全身を脱毛しようとすると、エステサロンの費用は高くなります。全身脱毛にかかる費用は、エステサロンにもよりますが50万円程度かかる場合もあります。一方、ケノンは定価でも8万円で購入できますし、分割払いなら毎月3?4千円程度で済みます。さらに、エステティックサロンに行った人の半数以上が、高額なコース受講を持ちかけられたと回答しています。また、無料カウンセリングを受けただけなのに、その場で契約を迫られた人も10%いました。ケノンは、一度買えば全身に使える商品です。衛生面に厳しくにこだわらない方であれば、家族みんなで使うこともできるので良いですね。

ケノンは日本のブランド

ケノンは、日本人の肌に合うように作られた日本製の商品です。日本人の肌を徹底的に研究し、日本人の肌に合わせて作られているので、とても安全です。またフェイスケアにも使えるので、脱毛だけでなく美顔効果も期待できます。エステではフェイスケアは別コースになるので、そう考えると1台2役はとてもお得ですよね。エステサロンからケノンに移行される方が急増しており、芸能関係者や元エステティシャンの方にもケノンは多く使われています。それだけ、プロの目から見ても、優秀な脱毛器ということです。エステでの脱毛とケノン、どちらにするか迷っている方にはケノンをおすすめします。
家庭用の光脱毛器ケノンを使ってみたいけど、使いこなせるかどうか不安・・・という人は結構いるのではないでしょうか。そんな方のために、ケノンを効果的、効率的に活用するためのポイントをご紹介していきます。ケノンの購入を検討している方も、すでに購入されている方も、せっかくなら最大限有効活用したいですよね。そこで、ケノンを使う上で最も重要なことをまとめてみました。

ケノン使用後は十分な保湿を心がけて

ケノンの脱毛処理は光を照射して行います。これは肌に負担のかかる行為です。そのため、照射前の冷却と施術後の保湿ケアは大変重要になります。ケノンを使用した後は、お肌が乾燥した状態になるため、バリア機能が低下し、少しの刺激でも肌のトラブルを起こしやすくなります。ケノンで脱毛をした後は、ローションや保湿クリームなどでしっかりと肌の保湿ケアをするよう心がけてください。正しい使い方をすれば脱毛ケノンで簡単に脱毛できます。ただし、使用前と使用後のスキンケアはとても重要です。ケノンは使用後1週間ほどで毛が抜け落ちます。きれいに脱毛を行うためにも、使用前に正しい使い方を確認してから使用してください。
海に行くときなど、ビキニラインのムダ毛が気になりますよね。ビキニラインの肌は敏感なので、ムダ毛の処理により肌トラブルが起こり、長い間治療が必要になるケースもあります。しかし、エステに通って、VIO脱毛の施術を受けることに抵抗のある人もいると思います。そんな人には、家庭用光脱毛器のケノンを使用することをおすすめします。

ケノンは、日本国内で販売されている家庭用光脱毛器

光脱毛は、エステサロンで行われている脱毛の中で最も一般的なもので光が黒い色素と相互作用することを利用した脱毛技術です。脱毛したい部分に光を当て、毛根にダメージを与え、脱毛します。ケノンは、エステサロンとほぼ同等の光脱毛ができるように開発されています。 

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

脱毛サロンの施術はどういった方法がとられているのでしょう?

一般的には”フラッシュ脱毛”と呼ばれる光脱毛の技術を利用していることが多いようです。医療脱毛で用いられるレーザー脱毛とよく似た仕組みですが、光の強さが医療レーザーの3分の1ほどで痛みが少ないのが特徴です。カメラのフラッシュのように光を照射し、脇のムダ毛の黒い色素であるメラミンに光を集中させることで、毛根部分の毛乳頭を破壊します。医療脱毛より痛みが少なく、一度に広範囲を処理でき施術時間が短いため多くの女性に選ばれています。

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は主に2種類

I.P.L 法 と S.S.C 法 と呼ばれるものです。いずれも「光脱毛(フラッシュ脱毛)」であり、基本的な施術方法や結果に大きな違いはありませんが、施術に使われる光や肌に塗るジェルの種類に違いがあります。これらは脱毛サロンによってそれぞれ独自の呼び方がされていることがありますが、基本的に脱毛サロンは2種類に分けられます。

脱毛サロンでの脱毛方法はどのようなものでしょうか?

「フラッシュ脱毛」と呼ばれている光を使った脱毛方式は、脱毛サロンで行われている一般的な脱毛方式です。カメラのフラッシュのような光を脱毛したい部位に照射する事により毛根にあるメラニン色素を破壊して、毛の成長を止めます。以前は毛穴に針を刺して電気を流す事により、毛根を死滅させる「針脱毛」が主流でした。この脱毛方式は、施術に時間がかかり、また痛みを伴うリスクがありました。ですので「フラッシュ脱毛」が一般的な脱毛方法になってからは、痛みを感じる事なく広範囲を短時間で施術できるようになったため、全身脱毛がより身近になりました。
光脱毛(フラッシュ脱毛)には「I.P.L方式」と「S.S.C方式」という2種類の形態があります。これらは、使用する光の種類やジェルの種類などが異なります。一般的な方式は「I.P.L方式」です。

脱毛サロンへ行こうと決めたなら

脱毛サロンへ行く前日か2日前までに自己処理をしなければなりません。VIOラインの脱毛を受ける場合は是非自分でデリケートゾーンの処理をしていきましょう。ただ、背中や腰、I.Oラインなど自己処理が難しい部位は当日にシェービングしてくれることもありますが、サロンの中には剃り残しがあるとそこだけ脱毛できないこともあります。またサロンによっては、シェービングが有料になることもあるので是非事前に確認しておきましょう。
今回は脱毛サロンで行われる全身脱毛の技術や特徴、施術の流れについてご紹介させていただきました。光脱毛には2つの形態がありそれぞれの特徴を知ったことでさらに理解を深めていけたと思います。おさらいをしますと、毛根に直接働きかける結果、「I.P.L.テクニック」の方が効率的であり、肌への影響も嬉しいという事でしたね。
サロン選びの際に特に痛みについての不安が強い方は事前のカウンセリングで体験しておくとより安心できるかもしれません。今回の記事を参考に自分にあったサロンを選んで、全身ツルツル肌を楽しみましょう。
最近のサロンでは、手ごろな価格でできるということでわき脱毛が人気です。ただし、その効果を感じられるまでには少し時間が必要なようです。そこで変な誤解をしてサロンとの関係が悪くなることを避けるためにも、わき脱毛の効果を実感できるまでに必要な期間について確認しましょう。

各サロンが行う敏感肌やアトピーの方への対策

ほぼすべてのサロンで実施されている対策としては、事前のカウンセリングがあります。このカウンセリングで症状をしっかり確認することで施術による悪化の可能性をなくします。さらに、レーザーや光脱毛の場合では、テスト照射で肌の状態を見極めてから本格的な施術が行われます。アフターケアでもステロイド使用などについて個別対応してくれるサロンが登場しており、アトピーや敏感肌の人が安心して利用できる環境はすでに整っていると言えるでしょう。

アトピーの人でもエステ脱毛は受けられます

いかがでしたでしょうか?そもそも、敏感肌の人はもちろん、アトピーの人であっても、脱毛の施術を受けることは可能です。脱毛サロンによってさまざまなケアが用意されているので、脱毛をしたい。そう思っている人は、まずは脱毛サロンに相談してみましょう。
光脱毛に伴う痛みについてのお話です。
現在、多くの脱毛サロンでは光脱毛が主流になっています。
光脱毛とは、ムダ毛の元となる部分に特殊な光を当てて、広範囲のムダ毛を処理することができるものです。
広範囲に一度に効果がある便利な脱毛法なのですが、永久脱毛ではないので一定期間が過ぎるとまたムダ毛が生えてきてしまうという欠点もあります。
とはいえ、光脱毛は痛みが少ない、あったとしても小さな痛みで済みますので、痛みが苦手な人にはピッタリの脱毛方法と言えるでしょう。

レーザー脱毛の痛さについて

続いて光脱毛と同じぐらい人気のあるレーザー脱毛です。レーザー脱毛とは、レーザーの光と熱でムダ毛を処理する方法のことです。光脱毛と違い、施術が完了すると毛根が死ぬため永久脱毛ができるというメリットがあります。一方で施術できる場所は美容クリニックといった医療機関のみで、限られた機関でしか施術を受けられないという点はデメリットでしょう。感じる痛さは個人差がありますが、熱による処理なのでどうしても痛みを感じる人が多いです。痛みに苦手意識がある方にはあまりおすすめできません。

ニードル脱毛に伴う痛みの強さ

最後に、レーザー脱毛や光脱毛が適さない部位には、ニードル脱毛で施術することができます。これは、毛穴の一つひとつに針を刺し、そこから微弱な電流を流してムダ毛の元を処理するものです。つまり、かなりの不快感を伴うことになります。その為、不快感が苦手な方にはおすすめできません。しかし、いつまでも全身をツルツルにすることができる、という大きなメリットがあります。

痛みが苦手な方は光脱毛を選ぼう!

いかがでしたか?こちらの記事では、痛いのは苦手という人にもぜひ見ていただきたい、脱毛方法ごとの痛みの度合いを評価しました。結論として、痛みが苦手な人は光脱毛を選びましょう!嬉しいことに、光脱毛なら痛みをほとんど感じずに脱毛できるサロンもあります。まずは、光脱毛を得意としているサロンに相談してみてはいかがでしょうか。
フラッシュ脱毛の仕組みは、特定の光が毛の黒い色相(メラニン)に反応して、毛根を熱処理します。
そのため、皮膚の黒い部分にも光が反応してしまい、熱を帯びてしまいます。ですから、フラッシュ脱毛では、全身くまなく脱毛するということは不可能になります。必然的に脱毛できない部位が出てくるのです。この記事では、体の中でフラッシュ脱毛ができない場所をご紹介します。

エピレエピレ

「キッズ脱毛」というコースがあり、7歳のお子様から脱毛ができるようになっています。エステティックTBCの脱毛ノウハウをもとに、肌にやさしく安全に使える画期的な脱毛機器を開発し、「光脱毛」という技術を採用しています。光脱毛はお子様の肌にも使用でき、お客様一人一人のご要望に合わせて出力レベルを変更することができるので、安心して施術を受けることができます。また、お母さまの施術と同日にお子さまをお連れいただくと、お子さまの「両ワキ脱毛」を追加料金なしでご提供します。お子様もお母様と同じ部屋で施術を受けられるので、親子共に安心感が得られるのも嬉しいポイントです。

ワキ脱毛後のわき汗対策について

脱毛後に、わき汗が増えた、ワキの臭いがきつくなったと感じる方は、ぜひこれらの方法を試してみてください。また、今後ワキ脱毛をする予定の方も、わき汗を気にする必要はありません。正しい方法でわき汗対策を行うことで、苦痛を軽減できます。
痛みが少なく、広範囲の処理が短時間でできる等のメリットのあるフラッシュ脱毛は、脱毛サロンでは人気で、主流メニューとなってきています。ただ光脱毛のデメリットもあり、部位によっては完全に脱毛できない箇所も出てきます。そこで、フラッシュ脱毛ができない、また避けるべき部位を紹介します。

光(フラッシュ)脱毛ができない部位(場所)

1.色素が強い部分(ほくろ、タトゥー、日焼け部分等)
光(フラッシュ)脱毛は、特殊な光がメラニンと言われる毛の黒い色に反応し、その部分を熱処理するという方法で脱毛します。そのため、ほくろなどの皮膚の黒い部分にも反応して熱を与えてしまいダメージを受けることとなるのでお断りの可能性が。
2.粘膜部分
粘膜部分にも光(フラッシュ)脱毛の光を照射することができません。理由は、粘膜部分はデリケートで傷つきやすいためです。個人差がありますが、粘膜部分は色素が濃い場合が多いため、光脱毛による熱でやけどの可能性が高くなります。

生理中の脱毛サロンの利用について

生理中の脱毛を拒否するサロンもあると言われています。生理中のお肌への影響を考慮しているという理由とは別に、サロンの本音としては「衛生面の管理」という理由もあるようです。確かに、生理中だけどワキならOKであったとしても、仰向けになって施術を受けるとなるとモレなどが心配な場合もあります。サロンのトイレを使わなければならないこともあり、エステサロンでは衛生面や清潔感が重要視されますので、「VIOを除き生理中の施術もOK」と書いてあるサロンでも、生理1日目~3日目は、サロンでのマナーを守るためにも行くのは避けた方が良いでしょう。
近頃は、エステサロンでの脱毛がかなり楽にできるようになってきました。しかし、日焼けをしたことによって、スケジュールを変更されたり、施術を断られた方も多いのではないでしょうか。現在エステサロンで使われている光脱毛は、日焼けした肌や色素沈着した肌には使用することができないのです。その理由は、主に2つあります。

脱毛では肌に強い負担が

例えば日焼けした肌は、紫外線により強いダメージを受けています。その弱った肌へ、キツい光を当てると肌細胞はさらに弱ってしまいます。脱毛マシンの光はかなり強い為、日焼けによって弱った肌の後に施術をすると、火傷を起こしてしまう危険があるのです。
2つ目の理由は、光脱毛の特性によるものです。光脱毛は、黒い色に反応して熱を加えます。つまり、肌が白ければ毛だけに反応するわけですが、肌が黒色に近ければ近いほど肌の色にも反応してしまうというわけです。なので、そのままの強い光ではお肌にやけどのようなダメージを与えてしまう恐れがあります。そのため、肌に負担がかかったり火傷を防ぐために照射レベルを下げて対応するのが一般的なんです。しかし、あまりレベルを下げ過ぎると今度は肝心の毛根へのダメージも減り、脱毛効果が得られにくくなってしまいます。このような理由から、エステでは日焼けした肌では脱毛出来ないと言われています。

脱毛をした後は、日焼けをしないように

日焼けした後に脱毛することも注意が必要です。光脱毛により肌が弱い状態になっているので、少し日焼けしただけで火傷のようになってしまう可能性があります。脱毛後は通常よりも肌のダメージを受けていることを自覚して、長時間紫外線を浴びないことが大切です。
ムダ毛のないツルスベ肌を目指して通いたい脱毛サロンですが、脱毛でやけどをするなどのちょっぴり不穏なウワサを聞きつけました。もしもそれが本当だとしたら、ツルスベ肌どころか、傷を負ってしまいます……。脱毛サロンは危険?というのは本当でしょうか。実際に脱毛とやけどの関係性についてリサーチしてみます。

実際の脱毛にはどのような方法があるでしょうか?

一般にはレーザー脱毛、光脱毛、針脱毛、電気脱毛といった手法が主なところです。ではこれらの中で火傷のリスクを考慮した場合、どの程度までは安全だと言えるのでしょう?

脱毛で毛穴が広がるのはイヤ

どんな脱毛なら毛穴が広がらないのでしょうか?それはプロによる脱毛、そう、脱毛サロンです。脱毛効果と肌への負担の絶妙なバランスを考えて生み出されている脱毛サロンの施術ならば、肌トラブルの危険性も少ないですよね?しかも、光脱毛など一部の脱毛施術なら、毛穴が広がらない&目立たないだけではなく、特殊な光の効果で毛穴の引き締め効果もあるというから驚きです。

エステサロンで使われている脱毛技術の一つである「光脱毛」は、「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます。この脱毛では、「I.P.L方式」と「S.S.C方式」という2種類の脱毛方法が主流です。

まずは「I.P.L方式」を見てみましょう

「I.P.L方式」で使用される「インテンス・パルス・ライト」は、出力可能な波長が幅広く、調整して波長を変えることができます。この機器は出力によって美顔効果の高い、美容エステ「フォトフェイシャル」にも使用することができます。実際、脱毛サロンによっては「フォトフェイシャル」をメニューにしているところもあるほどです。この「インテンス・パルス・ライト」には、シミやくすみ、そばかすなどの原因となる「メラニン」にダメージを与えて薄くする効果があるといわれています。さらに、コラーゲンの生成を助けて肌を活性化する効果もあるので、ムダ毛を処理しながらキメをととのえ、さまざまな肌トラブルの解消も期待できるというわけです。また光脱毛の場合、サロンによって多少の違いはあるものの、ムダ毛処理をした後に保湿ケアとしてコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分が含まれたローションやジェルを使用します。これらの相乗効果で肌が潤い、美しい肌が導かれるのです。

医療用レーザーは、脱毛用レーザーよりも強力

また医療用レーザーは医療機関でのみ使用が許可されていますが、エステサロンでは同様の動作をするフラッシュライトによる光脱毛を行うことができます。医療用レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、新しいムダ毛が生えてこないようにするために、特殊な光を使って毛根の部分にダメージを与えます。医療用レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は同じような脱毛施術ですが、医療レーザーで使う光は深く直線的な光です。そのため皮膚の奥にまで脱毛効果を及ぼすことが可能です。また医療レーザーの光は、照射範囲において奥深くの毛にも働きかけることができるのが特徴です。医療用レーザーの脱毛力は、高濃度フラッシュ脱毛の光に匹敵します。

医療レーザーを使用した施術は、医療行為に該当

医療行為であるため、クリニックや医院のみが行えます。医療レーザーを使った施術後は滑らかな肌に仕上がるので、より効果的なワキ脱毛を希望する場合、医療レーザーを使った脱毛を検討するのがおすすめです。
ニードル脱毛は、毛穴一つひとつに針を刺して電流を流して脱毛します。そのため、広い範囲の脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が使われることが多いです。しかし、レーザー脱毛や光脱毛では施術できない部位もあります。その場合に、針を使った脱毛という方法があります。

レーザー脱毛と光脱毛について

これらの脱毛は黒い色素に反応して脱毛します。つまり肌の色が白い場所の脱毛は可能ですが、反対にもともとの体質や日焼け、色素沈着で肌の色が黒みを帯びている場所の脱毛はできません。他にも太くて黒い毛は脱毛できますが、産毛や白色または金色を帯びているような毛には脱毛の効果は期待できません。

ニードル脱毛の仕組みと、ニードル脱毛しかできない場所

光脱毛やレーザー脱毛は必ずしもできるわけではありません。ニードル脱毛なら可能になる場合があります。ニードル脱毛とは、毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流すことで毛を痛め、毛を抜けさせるという施術です。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛なら、黒ずんだ肌や、I・Oライン、バストトップなどの肌の色素が濃くなってしまった場所や、産毛・白・金色の毛であっても、毛の太さや色に関わらず簡単に脱毛することが出来ます。また、肌荒れなどの肌への刺激が気になるような場所でも負担を軽減しながら処理が出来ます。所光脱毛やレーザー脱毛の施術後に僅かに残ってしまったような少量の毛であっても、ニードル脱毛であればきれいに、また確実に処理をすることが出来ます。

エステサロンでの脱毛は意味がない?

厳密には「永久脱毛」とは言えないエステサロンでの脱毛は意味がないのでしょうか?エステサロンで使用される光脱毛と、医療機関で使用される医療レーザー脱毛の違いは光線の強さです。エステサロンでの光脱毛は、レーザー脱毛の3分の1程度の強さしかないため、、レーザー脱毛よりも多くの回数通う必要があり、「脱毛」というより「減毛処理」だと認識するといいかもしれません。医療機関と比べると値段が安く、比較的気軽に通うことができるのが特徴です。最近では、回数無制限のコースを設定しているエステサロンもあるので、光脱毛であっても永久脱毛にかなり近い状態に処理できることがあります。さらにサロンによっては施術から何年も経っていても、毛が復活した場合無料でメンテナンスをしてくれるところもあります(「生涯保証メンテナンス」)。つまり、一生ツルツルのお肌が期待できるのです。このようなタイプのエステサロンを検討してみてはいかがでしょうか。

家庭用脱毛器もあり

家庭で使えるレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の機械も売られています。自分のペースで脱毛できるので、時間やお金がない人はこちらの方がいいかもしれませんね。
脱毛サロンで行われている脱毛の中で、最もよく見かけるのがフラッシュ脱毛(光脱毛)ではないでしょうか。少し前までは、レーザー脱毛が主流でしたが、最近は医療脱毛でも人気が出てきました。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛(光脱毛)は一見似ているようですが、そのプロセスは大きく異なっています。この2つの脱毛方法の違いは、どちらの方法を選ぶか迷っている人にとって気になるかもしれません。ここでは、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いについて比較していきます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました