フラッシュ脱毛で処理できない部位(場所)はありますか?

フラッシュ脱毛の仕組みは、特定の光が毛の黒い色相(メラニン)に反応して、毛根を熱処理します。
そのため、皮膚の黒い部分にも光が反応してしまい、熱を帯びてしまいます。ですから、フラッシュ脱毛では、全身くまなく脱毛するということは不可能になります。必然的に脱毛できない部位が出てくるのです。この記事では、体の中でフラッシュ脱毛ができない場所をご紹介します。”

フラッシュ脱毛の仕組みを知っていますか

黒い色は熱を吸収しやすい性質があることから、その原理を利用して光が発する熱が黒い毛根部分に作用して脱毛するのです。このようにフラッシュ脱毛は黒い色に反応して脱毛する方法です。
つまり、肌に色素沈着がある場合、同じように熱をもってしまいます。
すると、色素沈着している部分がやけどのような状態となってしまったり等、肌にダメージを与えてしまう可能性が考えられることから対応できない箇所としています。”

フラッシュ脱毛では脱毛できない部位があります

ほくろ、しみ、あざ、色素沈着、日焼けした肌、乳首周り、タトゥーのある部位など、一般的に色素沈着が強い部位はフラッシュ脱毛を行わない方が良いとされています。また、日焼けした肌にもフラッシュ脱毛はおすすめできません。

粘膜の部分も同様にNG

これは粘膜部分が敏感で傷つきやすいからです。個人差もありますが、粘膜部分は一般的に色素が濃いため、フラッシュ脱毛の熱で火傷するリスクがかなり高くなっています。特に眉毛の下や目の周りの皮膚は薄いので、安全面を考慮してフラッシュ脱毛の光を照射できないとされています。
フラッシュ脱毛法は日進月歩で向上しており、日焼け肌やほくろにも施術可能なことが多くなっています。また施術したくない部分は保護シールを貼付するなどもできますので、事前のカウンセリングで相談・指定するといいでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました