ニードル脱毛とは?

針を使った脱毛(ニードル)

「ニードル脱毛」とは、脱毛に針を使用することを指します。最も古くからある脱毛方法です。細い針を毛穴に刺した後、電流や高周波を流して毛乳頭や毛母細胞を死滅させ、脱毛を行います。1本ずつ針を刺していく必要があるため、レーザー脱毛のように一度に広い範囲を処理することができず、レーザー脱毛よりも脱毛完了までにかなりの時間がかかります。しかし、針が毛根を直接刺激するため、脱毛の方法としては最も効率的です。ただし、針を刺す関係上、強い痛みを伴います。また、施術料金の他に、針の購入費用などが発生するため、施術とは別に支払う必要があります。これは、直接人体に針を刺すため、針を他の人に使いまわすことができないためです。

ニードル脱毛のさまざまなメリット

・高い脱毛効果
・永久脱毛が可能
・毛が隠れている場合や、日焼けした肌でも可能

ニードル脱毛のデメリット

・痛みがある(クリニックによっては麻酔を使用できる場合もあります)
・1本1本処理する必要があるため、時間と費用がかかる
・施術者の力量に左右される。

脱毛方法による効果の違いについて

例えばニードル脱毛やレーザー脱毛は1度施術すれば二度と毛が生えてこなくなる、いわゆる永久脱毛です。
ですから施術毎にムダ毛が少なくなることが実感出来ます。
一方、フラッシュ脱毛の場合は1度の施術では少し毛が細くなったり生えるペースが遅くなるといったくらいで、脱毛効果実感しにくいと言えます。
ですがその後に生えてくる毛は細くなりますので、次第に毛が目立ちにくくなっていきます。
比べてみると、ニードル脱毛やレーザー脱毛の方がいいのかと思う人もいるでしょう。
結局、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあるということですので、その点も考慮して脱毛方法を選ぶとよいでしょう。

ニードル脱毛に伴う痛みの強さ

最後に、レーザー脱毛や光脱毛が適さない部位には、ニードル脱毛で施術することができます。これは、毛穴の一つひとつに針を刺し、そこから微弱な電流を流してムダ毛の元を処理するものです。つまり、かなりの不快感を伴うことになります。その為、不快感が苦手な方にはおすすめできません。しかし、いつまでも全身をツルツルにすることができる、という大きなメリットがあります。

「ハイパースキン脱毛」とはどのようなものでしょうか?

これは、今までクリニックやエステサロンなどで施術されてきた脱毛方法とは異なる、新しい方法です。従来の脱毛は、医療レーザーも光(フラッシュ)脱毛もニードル脱毛もすべて、「毛乳頭」という毛根部分に光や電気の熱を当ててダメージを与え、脱毛するというしくみです。毛の生える周期でいうと、毛根が元気な状態にある「成長期」に施術しなければほとんど効果がありません。そのため2?3ヵ月程度の間隔を空けて施術しなければならず、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまうのが普通です。つまり、今生えている毛の根元を破壊して、少しずつムダ毛が生えてこないようにアプローチするわけです。ところが「ハイパースキン脱毛」は、これから生えてくる毛の種ともいえる「発毛因子」に光を照射します。毛の細胞分裂を抑えることによってムダ毛が生えるのを防ぐのです。見た感じでは施術は光(フラッシュ)脱毛などと変わらないのですが、従来の脱毛方法のように熱をほとんど発生させないので、痛みやヤケドのようなリスクがありません。

医療レーザーを使用した施術は、医療行為に該当

医療行為であるため、クリニックや医院のみが行えます。医療レーザーを使った施術後は滑らかな肌に仕上がるので、より効果的なワキ脱毛を希望する場合、医療レーザーを使った脱毛を検討するのがおすすめです。
ニードル脱毛は、毛穴一つひとつに針を刺して電流を流して脱毛します。そのため、広い範囲の脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が使われることが多いです。しかし、レーザー脱毛や光脱毛では施術できない部位もあります。その場合に、針を使った脱毛という方法があります。

ニードル脱毛の仕組みと、ニードル脱毛しかできない場所

光脱毛やレーザー脱毛は必ずしもできるわけではありません。ニードル脱毛なら可能になる場合があります。ニードル脱毛とは、毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流すことで毛を痛め、毛を抜けさせるという施術です。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛なら、黒ずんだ肌や、I・Oライン、バストトップなどの肌の色素が濃くなってしまった場所や、産毛・白・金色の毛であっても、毛の太さや色に関わらず簡単に脱毛することが出来ます。また、肌荒れなどの肌への刺激が気になるような場所でも負担を軽減しながら処理が出来ます。所光脱毛やレーザー脱毛の施術後に僅かに残ってしまったような少量の毛であっても、ニードル脱毛であればきれいに、また確実に処理をすることが出来ます。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。
「永久脱毛」という言葉に惹かれませんか?ムダ毛の自己処理は肌トラブルを起こしやすく、時間もかかるので、エステサロンやクリニックに通って一生ムダ毛とおさらばしたいと思う人は多いでしょう。しかし、「永久脱毛」は必ずしも永久に「毛が全く生えてこない」という意味ではありません。では、具体的にはどのようなことを意味しているのでしょうか。

永久脱毛の効果はどのくらい

「永久脱毛」をうたうことができる医療クリニックで行われる脱毛のうち、その永久性が確認されているといってよいのが「ニードル脱毛」です。ニードル脱毛は130年以上の歴史があり、アメリカの最も厳しいといわれる審査機関で唯一「永久脱毛」として認められています。それ以外の脱毛は、医療クリニックや美容外科のみで行える「医療レーザー脱毛」でも機械は1997年に開発されたもので、その歴史は20年にも満たないため完全に無毛になる「永久脱毛」である証明はまだされていませんが、「永久脱毛」に近い効果を期待することができます。

どのクリニック・サロンで脱毛するかを選びましょう

自分がどこまでの脱毛効果を期待しているかによって決めるのがひとつの方法です。どうしても「永久脱毛」にこだわりたい場合はやはりクリニックで医療脱毛するのがいいでしょうし、自己処理をしなくていい程度の脱毛でよければエステサロンでも十分でしょう。また、価格の問題もあります。1本ずつ処理をするニードル脱毛は部分脱毛でもかなり高額になりますし、医療レーザーも保険適用外なので全身脱毛には相当の費用がかかります。一方、エステサロンの場合は「ワキ脱毛○○円!」といったキャンペーンなどもあり、全身脱毛でもレーザー脱毛の半額程度で受けることができます。トータルの費用と期待している脱毛効果の両方を十分に考えたうえでどこで脱毛するかを決めましょう。
いかがでしたでしょうか。今回は「永久脱毛」についてご紹介しました。エステサロンで行われる施術は「永久脱毛」とは呼べませんし、「永久脱毛」は「永久に一本も毛が生えてこない」という意味ではない、という根拠があるそうです。医療機関もエステサロンも、脱毛には多額の費用がかかります。後で後悔しないためには、事前によく比較・検討し、自分の希望に合ったものを選びましょう。
家電量販店などでは、家で使えるいろいろな脱毛器が販売されています。種類も多く、値段もさまざま。欲しいと思う人が多いのもうなずけます。では、実際に家庭用脱毛器を使用した効果はどうなのでしょうか?今回、脱毛器を購入したいと考えている人が知りたい、種類や効果についてのお得な情報を詳しくお届けします。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました