ニードル脱毛でしか脱毛できない場所(部位)があるのですか?

ニードル脱毛は、毛穴一つひとつに針を刺して電流を流して脱毛します。そのため、広い範囲の脱毛ではレーザー脱毛や光脱毛が使われることが多いです。しかし、レーザー脱毛や光脱毛では施術できない部位もあります。その場合に、針を使った脱毛という方法があります。

レーザー脱毛と光脱毛について

これらの脱毛は黒い色素に反応して脱毛します。つまり肌の色が白い場所の脱毛は可能ですが、反対にもともとの体質や日焼け、色素沈着で肌の色が黒みを帯びている場所の脱毛はできません。他にも太くて黒い毛は脱毛できますが、産毛や白色または金色を帯びているような毛には脱毛の効果は期待できません。

脱毛する範囲が健康な状態なら可能

脱毛範囲が肌荒れを起こしていたりすると、肌に負担になってしまいます。

ニードル脱毛の仕組みと、ニードル脱毛しかできない場所

光脱毛やレーザー脱毛は必ずしもできるわけではありません。ニードル脱毛なら可能になる場合があります。ニードル脱毛とは、毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流すことで毛を痛め、毛を抜けさせるという施術です。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛なら、黒ずんだ肌や、I・Oライン、バストトップなどの肌の色素が濃くなってしまった場所や、産毛・白・金色の毛であっても、毛の太さや色に関わらず簡単に脱毛することが出来ます。また、肌荒れなどの肌への刺激が気になるような場所でも負担を軽減しながら処理が出来ます。所光脱毛やレーザー脱毛の施術後に僅かに残ってしまったような少量の毛であっても、ニードル脱毛であればきれいに、また確実に処理をすることが出来ます。

脱毛方法を理解して効果的な方法を選択しよう

ニードル脱毛でしか脱毛できない場所と光・レーザーが適切な場合を良く理解して、適切に使い分けることができれば、脱毛に悩まなくなりますね。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました