ケノンで気をつけることは何ですか?

ケノンは、エステティッククリニックよりはるかに安価

エステに行かない理由で最も多かったのは「費用がかかりすぎる」で、38%の人が理由に挙げています。エステサロンでは、光脱毛はワキなど一部分の脱毛ならお手頃価格ですが、全身を脱毛しようとすると、エステサロンの費用は高くなります。全身脱毛にかかる費用は、エステサロンにもよりますが50万円程度かかる場合もあります。一方、ケノンは定価でも8万円で購入できますし、分割払いなら毎月3?4千円程度で済みます。さらに、エステティックサロンに行った人の半数以上が、高額なコース受講を持ちかけられたと回答しています。また、無料カウンセリングを受けただけなのに、その場で契約を迫られた人も10%いました。ケノンは、一度買えば全身に使える商品です。衛生面に厳しくにこだわらない方であれば、家族みんなで使うこともできるので良いですね。

エステでの脱毛は予約が取りにくいのが難点

脱毛に通うのを辞めた人は、その理由として「予約が取りにくい」ことを2番目に挙げているくらいです。エステサロンは新規顧客を獲得するために、待ち時間を埋めることに躍起になっています。そのため、コースに申し込んでもキャンセル待ちが混雑しているため、予約を取るのが難しいのが現状と言えます。脱毛の施術は、毛の生え変わりの周期に合わせて行うことが望ましいとされています。それで基本的には、1年に4?6回エステに通う必要があります。でもケノンなら、自分の毛の周期に合わせて、年に10回でも20回でも行うことができます。自宅で好きな時に脱毛できる家庭用脱毛器のケノンが家にあれば、エステに通う手間もいりません。時間とお金をかけてエステサロンに通う必要が無くなるのです。さらに、エステサロンの営業時間とは関係なく、好きな時間に施術を受けることができます。小さなお子様がいて、定期的にエステサロンに通うのが難しいというお客様にとっても、これは魅力的ではないでしょうか。

ケノンは自分だけの脱毛器なので衛生的

エステサロンで脱毛する場合は、衛生面に十分な配慮されているとはいえ、他人が使用した脱毛器を使用することになります。その点、ケノンは自分専用の脱毛器で衛生面での心配もございません。特にデリケートゾーンの処理など、誰が使ったか分からないものを施術で使用されるのは、場合によっては体に良くないこともあります。

他人に見られたくない場所の脱毛も可能

いくらエステティシャン相手でも、デリケートゾーンのような部分を他人に見せるのは抵抗があるでしょう。しかし、ケノンなら自分で施術するので、デリケートゾーンの脱毛も気軽にすることができます。エステに通っている方でも、VIO脱毛には抵抗があるので自分で処理してしまうという方も多くいらっしゃいます。さらに、エステサロンでの脱毛だと、サロンの予約が取れたともしても、生理中だと脱毛することができません。せっかくの予約が無駄になってしまいます。最悪の場合、次の予約は3ヶ月先になってしまうかもしれません。

ケノンは日本のブランド

ケノンは、日本人の肌に合うように作られた日本製の商品です。日本人の肌を徹底的に研究し、日本人の肌に合わせて作られているので、とても安全です。またフェイスケアにも使えるので、脱毛だけでなく美顔効果も期待できます。エステではフェイスケアは別コースになるので、そう考えると1台2役はとてもお得ですよね。エステサロンからケノンに移行される方が急増しており、芸能関係者や元エステティシャンの方にもケノンは多く使われています。それだけ、プロの目から見ても、優秀な脱毛器ということです。エステでの脱毛とケノン、どちらにするか迷っている方にはケノンをおすすめします。
家庭用の光脱毛器ケノンを使ってみたいけど、使いこなせるかどうか不安・・・という人は結構いるのではないでしょうか。そんな方のために、ケノンを効果的、効率的に活用するためのポイントをご紹介していきます。ケノンの購入を検討している方も、すでに購入されている方も、せっかくなら最大限有効活用したいですよね。そこで、ケノンを使う上で最も重要なことをまとめてみました。

ケノンの操作は、わかりやすい

ケノンの画面に使い方を示すグラフィックとテキストが表示されるので、すぐに操作することが可能です。このようなガジェットに抵抗のある人でも簡単にお使い頂けます。ただしケノンの機能を最大限に利用するためには、事前に知っておくべきことがいくつかあります。

ケノンで脱毛する前と後は冷却を

ケノンを使って脱毛する時は、必ず肌を冷やして完全に冷えている事を確認してから行って下さい。照射後も必ず肌を冷やして下さい。これは、痛みを和らげるとともに、赤みや炎症を防ぐ効果があります。保冷剤や冷やしたタオルなどを使っても良いです。暑い夏の時期だけでなく、寒い冬の時期においても肌トラブルを防ぐために必ず冷却を行って下さい。

ケノンをできるだけ肌に近づけて

ケノンを使って脱毛している間は、ハンドピースを常に肌に密着させておくことが大切です。肌に優しく触れるだけでも照射は可能ですが、光漏れを防ぐためにハンドピースをしっかりと肌に密着させる方が効果的なのです。強く押し当てる必要はありませんが、レーザーを照射した後、皮膚に何らかの跡を残しておくことで、どこに照射したのか判断しやすくなります。また、皮膚に悪影響を及ぼす可能性があるため、同じ場所に重複して照射することは避けてください。

照射レベルはかなり低く

ケノンはレベル7以上で使うのが一番効果的です。ただし、肌の色や状態によって個人差があるため、初めて照射する時は低いレベルから始める事をおすすめします。そして慣れてきたら徐々にレベルを上げて行くと良いでしょう。もし痛みなどの異常を感じた時は、無理をせず直ちにレベルを下げて下さい。

ケノンは連続して使用して

エステサロンの脱毛もそうですがケノンでも一度の施術で脱毛が完了する事はありません。ケノンを使って脱毛する場合は、4~6回目の使用で効果を実感する人が大半です。ですが、完全に脱毛できるまでの回数には個人差があるため、何回すれば満足する効果が得られるのかと言う質問には、一概にお答えする事は出来ません。毛は本来、周期的に生えてくるものです。なので、ケノンでも毛穴から完全に除去できないので、毛の周期に合わせて継続して使用する事が重要です。

ケノン使用後は十分な保湿を心がけて

ケノンの脱毛処理は光を照射して行います。これは肌に負担のかかる行為です。そのため、照射前の冷却と施術後の保湿ケアは大変重要になります。ケノンを使用した後は、お肌が乾燥した状態になるため、バリア機能が低下し、少しの刺激でも肌のトラブルを起こしやすくなります。ケノンで脱毛をした後は、ローションや保湿クリームなどでしっかりと肌の保湿ケアをするよう心がけてください。正しい使い方をすれば脱毛ケノンで簡単に脱毛できます。ただし、使用前と使用後のスキンケアはとても重要です。ケノンは使用後1週間ほどで毛が抜け落ちます。きれいに脱毛を行うためにも、使用前に正しい使い方を確認してから使用してください。
海に行くときなど、ビキニラインのムダ毛が気になりますよね。ビキニラインの肌は敏感なので、ムダ毛の処理により肌トラブルが起こり、長い間治療が必要になるケースもあります。しかし、エステに通って、VIO脱毛の施術を受けることに抵抗のある人もいると思います。そんな人には、家庭用光脱毛器のケノンを使用することをおすすめします。

ケノンは、日本国内で販売されている家庭用光脱毛器

光脱毛は、エステサロンで行われている脱毛の中で最も一般的なもので光が黒い色素と相互作用することを利用した脱毛技術です。脱毛したい部分に光を当て、毛根にダメージを与え、脱毛します。ケノンは、エステサロンとほぼ同等の光脱毛ができるように開発されています。 

VIO脱毛をエステサロンで行うのは恥ずかしい

VIOとはあるボディパーツを表しています。「V」は全面の三角形の部分を指し、俗に言うビキニラインです。「I」は女性器の両側を囲むライン、「O」はお尻を囲む部分を指しています。かなりデリケートな部分であるため、自分でカミソリなどを使用して処理すると、トラブルの原因となります。しかし、VIOをエステで施術してもらうとなると、少し屈辱的であったり、衛生面が心配になる人も多いと思います。そこで、家庭で使用でき、肌荒れしにくい「ケノン」を推奨します。

ケノンを使えば自分の好きな時間に脱毛することが可能

エステサロンでの脱毛は仕上がりがキレイですが予約が取りにくい、もし予約が取れても当日急に都合が悪くなったりすることもあり得ます。せっかくの海水浴のために脱毛しようとしているのに時期に間に合わなかったら元も子もありません。ケノンなら自宅で好きな時間に脱毛できますし、予約する必要もありません。営業時間を考えることなく、自分の毛周期に合わせて脱毛を完了することができるのでエステサロンよりも早く処理できるのが大きな魅力です。

自分だけの脱毛器美容

脱毛サロンでは、衛生的にきちんと処理されているとはいえ他の人が脱毛したのと同じ器械を使うことになります。脱毛箇所がデリケートな部分であるほど生理的に気持ちが悪いという人もいます。その点、自分専用の脱毛器ケノンは、衛生面でも気にする必要がありません。また、何度も通うサロンに比べ、一度購入すれば、VIO部分だけでなく、全身に使えるのも嬉しいですよね。ケノンなら夏までにツルツルになれる!ケノンは、美容エステ等で行われる光脱毛とほとんど同じ効果が得られます。面倒な予約の必要もなく、自分のペースで脱毛できるので、夏の海水浴にもまだ間に合います!ケノンで、きちんとビキニラインの処理をして、ムダ毛を気にすることなく、夏を楽しみたいですね。
ワキのムダ毛は自己処理ですと頻繁にケアする必要があります。露出の少ない冬場はそれほど気になりませんが、薄着の季節に処理をし忘れてしまうと…と考えると不安になりますよね。脱毛サロンを利用すると夏場もムダ毛の処理をする手間が省けることもあり、利用を考える人が増加しています。しかし、サロンでの脱毛に痛みがあるのではないか、どんな施術スタイルなのかと不安に感じる点もありますよね。そこで今回は、一般的な脱毛サロンで行われているワキ脱毛の方法や特徴についてわかりやすくまとめています。

脱毛器を使用してすね毛を処理することにはいくつかのメリットが

。濃くないすね毛であっても剃刀で処理し続けると断面が広がり目立つようになります。しかし家庭用脱毛器を使用し処理することで毛を少しずつ薄くしていくことが可能です。すね毛は毛が太くないため、脱毛をする際の痛みもあまり感じずに行うことができます。私自身も使用しているオススメの家庭用脱毛器、ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器で照射範囲が広く、他の脱毛器よりも使用時間が短くて済みます。濃いすね毛にお悩みの男性にもオススメです。

大豆を食べ過ぎてしまうと体に副作用が出る?

イソフラボンは摂取後すぐに体外に排出されるので、それによる副作用はありません。なので、安心して食べられます。いかがでしたか?今回はわき毛を薄くする方法や食べ物について調べてみました。注目の大豆を、早速取り入れてみましょう!
ムダ毛を処理するためにサロンに通う人が多くなっています。しかしある調査によると、エステサロンで脱毛した人のうち仕上がりに満足しているのは半数程度という調査結果も出ています。そんなエステサロンでの脱毛に満足できない人たちが注目しているのが、自宅でできる光脱毛器「ケノン(ケノン)」です。なぜ多くの人がケノンを支持しているのか、その理由を探ってみましょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました