エステサロンでは日焼けした肌の脱毛はできないって本当ですか?

近頃は、エステサロンでの脱毛がかなり楽にできるようになってきました。しかし、日焼けをしたことによって、スケジュールを変更されたり、施術を断られた方も多いのではないでしょうか。現在エステサロンで使われている光脱毛は、日焼けした肌や色素沈着した肌には使用することができないのです。その理由は、主に2つあります。

脱毛では肌に強い負担が

例えば日焼けした肌は、紫外線により強いダメージを受けています。その弱った肌へ、キツい光を当てると肌細胞はさらに弱ってしまいます。脱毛マシンの光はかなり強い為、日焼けによって弱った肌の後に施術をすると、火傷を起こしてしまう危険があるのです。
2つ目の理由は、光脱毛の特性によるものです。光脱毛は、黒い色に反応して熱を加えます。つまり、肌が白ければ毛だけに反応するわけですが、肌が黒色に近ければ近いほど肌の色にも反応してしまうというわけです。なので、そのままの強い光ではお肌にやけどのようなダメージを与えてしまう恐れがあります。そのため、肌に負担がかかったり火傷を防ぐために照射レベルを下げて対応するのが一般的なんです。しかし、あまりレベルを下げ過ぎると今度は肝心の毛根へのダメージも減り、脱毛効果が得られにくくなってしまいます。このような理由から、エステでは日焼けした肌では脱毛出来ないと言われています。

脱毛をした後は、日焼けをしないように

日焼けした後に脱毛することも注意が必要です。光脱毛により肌が弱い状態になっているので、少し日焼けしただけで火傷のようになってしまう可能性があります。脱毛後は通常よりも肌のダメージを受けていることを自覚して、長時間紫外線を浴びないことが大切です。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました