アトピー、敏感肌の脱毛での注意点とは?

アトピー、敏感肌の人って脱毛できる?

アトピーや敏感肌だと脱毛サロンで施術を受けることができないと思っている方はいませんか?、、、それが、できるのです!複数の脱毛サロンを調査したところ、アトピーや敏感肌をお持ちの方も脱毛の施術をしているところばかりでした。そうとわかっても、まだまだ不安はありますよね?そこで、ここから、どのようなケアをして施術を行なっているのか、具体的に解説していきます。

各サロンが行う敏感肌やアトピーの方への対策

ほぼすべてのサロンで実施されている対策としては、事前のカウンセリングがあります。このカウンセリングで症状をしっかり確認することで施術による悪化の可能性をなくします。さらに、レーザーや光脱毛の場合では、テスト照射で肌の状態を見極めてから本格的な施術が行われます。アフターケアでもステロイド使用などについて個別対応してくれるサロンが登場しており、アトピーや敏感肌の人が安心して利用できる環境はすでに整っていると言えるでしょう。

脱毛サロン選びは、アトピーや敏感肌の人にとっては特に注意が必要

最後に確認したいのは、アトピーや敏感肌の人のための脱毛サロンの選び方です。多くの人が比較検討する施設設備、スタッフの対応、施術料金などに加えて、アトピーや敏感肌の人にとっては、その脱毛サロンが医療機関と提携しているかどうかも脱毛サロン選びの重要なポイントです。医療機関が認める脱毛サロンであれば、肌トラブルが起こる可能性は低く、万が一のトラブルの際にもしっかりと対応してもらえます。

アトピーの人でもエステ脱毛は受けられます

いかがでしたでしょうか?そもそも、敏感肌の人はもちろん、アトピーの人であっても、脱毛の施術を受けることは可能です。脱毛サロンによってさまざまなケアが用意されているので、脱毛をしたい。そう思っている人は、まずは脱毛サロンに相談してみましょう。
光脱毛に伴う痛みについてのお話です。
現在、多くの脱毛サロンでは光脱毛が主流になっています。
光脱毛とは、ムダ毛の元となる部分に特殊な光を当てて、広範囲のムダ毛を処理することができるものです。
広範囲に一度に効果がある便利な脱毛法なのですが、永久脱毛ではないので一定期間が過ぎるとまたムダ毛が生えてきてしまうという欠点もあります。
とはいえ、光脱毛は痛みが少ない、あったとしても小さな痛みで済みますので、痛みが苦手な人にはピッタリの脱毛方法と言えるでしょう。

Dioneディオーネ

3歳のお子様から脱毛の施術を受けることが可能です。そのDioneディオーネの施術方法は、ハイパースキン脱毛です。小さな子供のために「無痛で肌に害がない」をコンセプトに開発された脱毛方法なので、アトピーやニキビ肌、敏感肌、色黒の方の間で大変人気が高まっています。子供の肌は大人より弱く、紫外線にあたる時間が多いので、気にせず脱毛できるのがメリットです。また多くのサロンではフラッシュ脱毛が主流なので、施術中に熱く感じる事がありますが、ハイパースキン脱毛は強い熱量を使用しないため、3歳のお子様でもほとんど無痛で施術が可能です。ですがその分料金が、他のサロンと比べると少し割高になります。

「S.S.C方式」の場合

「S.S.C方式」では、「I.P.L方式」のようなフォトフェイシャル効果は残念ながら期待できないのですが、施術前に塗布する「ビーンズジェル」に含まれている「フィリニーブ」という成分の中に、美肌作用があると考えられています。植物由来の成分が配合された「フィリニーブ」には、肌を柔らかくしリラックスさせる作用があるため、特に肌荒れには効果的です。また「S.S.C方式」は、肌に光を直接照射するのではなく、あらかじめ塗布したジェルにだけ反応するので肌に優しく、敏感肌の方でも使用できるのが特徴です。つまり、肌に与えるダメージを最小限にすることができるのです。
いかがでしたか?エステサロンでの脱毛は主に2つの脱毛形態があり、どちらも脱毛だけではなく美肌効果も期待できるようです。美肌効果は、どちらかというと美容メニューにも使用される方式を選んだほうが効果は高いといわれています。しかし、脱毛のみを目的として脱毛サロンを選ぶのであれば、自分の肌に合った施術を選択する必要があります。最近では独自の美容成分を配合しているエステサロンも多いようですので、お試しコースなどで詳しく確認してみるといいかもしれません。
脱毛エステの一種である、ハイパースキン脱毛のメリットや特徴をご紹介します。ムダ毛の処理には様々な方法があり、シェーバーやカミソリによる自己処理から、エステサロンや医療クリニックでの本格的な施術まで多岐に渡ります。その中でも、近年徐々に人気を集めている脱毛方法が、ハレンチ肌脱毛 です。この方法は、一体どのようなものなのでしょうか?

肌へのダメージが少ない

光を照射したり、針で電気を伝えたりして毛根を熱する従来の脱毛方法は、肌にダメージを与え、不快感や炎症を起こすことがあります。ハイパースキン脱毛は、光線を照射しても熱を発生せず、有害な光線を除去するフィルターが装着されているため、肌へのダメージが少ないのが特長です。そのため、若い人や敏感肌の人、アトピーや肌が荒れている人でも安心して施術を受けることができます。

産毛でもきちんと脱毛の効果が得られる

レーザー脱毛や光(フラッシュ)脱毛は黒い色素(メラニン)に反応する光を照射することにより、毛穴の奥の毛根にダメージを与えるものです。そのため、産毛のような細くて色の薄い毛には、効果的とはいえません。ハイパースキン脱毛は、その点で「発毛因子」つまり「毛の種」に作用し、細い毛や薄い毛であってもきれいな脱毛が可能です。ハイパースキン脱毛は痛みもないので、特におすすめの部位は『顔』です。デリケートで痛みを感じやすい『顔脱毛』は産毛の処理も手間がかかります。
これまでの脱毛施術は、脱毛効果を十分に発揮するために毛の成長サイクルのうち「毛根の成長期」に合わせて施術を受ける必要がありました。そのため、これまでの方法では施術に時間がかかり、終了するまでに何年もかかることがありました。しかし、ハイパースキン脱毛はこれまでの脱毛方法とは異なっているため、施術間隔を最短にすることができます。施術間隔が約3週間と短く、短いスパンで集中して施術を受けることが可能です。施術を始めてから、できるだけ早く脱毛効果を実感したい方におすすめの方法です。
いかがでしたか?今回は新しい脱毛法、「ハイパースキン脱毛」をご紹介しました。従来の脱毛方法では難しかった、敏感肌・肌トラブルに悩む人やお子さんにも安心して施術できる方法のようです。まだ取り扱っているエステサロンが少なく、通常のエステサロンのフラッシュ脱毛などよりも費用が高めであるというデメリットはありますが、今まで脱毛できなかった人でも利用できるのは嬉しいですね。体験脱毛などを活用して自分に合うかどうかしっかり試してみましょう!
夏が近づくにつれて脱毛サロンの広告が目立つようになり、「自分でムダ毛を処理するのは難しいのでは」と不安になる方も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンに通い始めるのは夏よりも秋から冬にかけてがおすすめです。なぜ夏場ではなく、秋冬に脱毛サロンに通うのが望ましいのか、その理由を説明させてください。

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛は痛みが少ないにも関わらず顔の産毛を綺麗に処理できる方法です。顔の産毛処理について簡単なご紹介をいたします。サロンでの顔の産毛脱毛なら、痛みが少なく、お肌にも優しく低刺激なハイパースキン脱毛がおすすめです。ハイパースキン脱毛は、敏感肌の方だけではなく、子どもでもできてしまうほどお肌に優しい脱毛方法です。脱毛サロンや医療脱毛を利用する際には、事前のカウンセリングでしっかりと疑問点や不安を相談し、安心感を持って施術を受けられるようにしておきましょう。
ムダ毛を処理する場合、カミソリを活用することにはメリットとデメリットがあります。顔の産毛や手足のムダ毛、デリケートな場所のハミ毛など、女性には毛に関する悩みが山ほどあります。そんな多くの女性にとって、カミソリやシェーバーで剃ることは、最も手軽な脱毛方法と言えるでしょう。今回は「剃る」ことを改めて見つめ直し、そのメリットとデメリットをご紹介します。

除毛クリームの種類

除毛クリームには、クリームタイプ・ジェルタイプ・ローションタイプ・リキッドタイプ等、様々な種類が多数揃っています。どれを使っても遜色無く、使用になるタイプは個人の好みです。塗布した箇所がよくわかるのはクリームタイプになり、サッパリした使い心地を求めるならジェルタイプがおすすめです。いくつか使用した上で自分好みのタイプを見つけるのも良いかもしれません。また、除毛クリームには用途にもカテゴライズでき、例えば、敏感肌向け・毛が濃い人向け・毛の量は少ないが定期的にケアしたい人向け等、用途に合った除毛クリームを選べるようにもなっています。初めて除毛クリームを使う人は、できるだけ肌に優しく、刺激の少ないタイプや保湿成分がしっかり含まれているものがおすすめです。

お手入れの方法について

お子様がカミソリなどで自己処理をしようとした場合、怪我をしたり、炎症を起こしたりする場合があります。それを防ぐために、小学生のお子様には、カミソリでは絶対に自分で処理してはいけないと伝えましょう。お母様がカミソリなどでお子様の毛を剃ることは悪くはありません。ですが、小学生のお子様の肌はとても敏感です。カミソリを使用した場合、肌荒れや、ばい菌が入ったことによる炎症、カミソリ負けによる痒みなど、様々な肌トラブルを引き起こしかねません。そこで、子供の敏感肌には、一般的なカミソリよりも肌に優しく、摩擦の少ない「電気シェーバー」をおすすめします。中でも肌の刺激の少ない、女性の顔そり用の電気シェーバーが一番です。使用時は毛の流れに沿って刃を当て、シェービング後はローションや乳液で肌にしっかりと水分を補給しましょう。その際、豆乳などがブレンドされた「抑毛ローション」を塗ると、徐々に産毛が目立たなくなり、ムダ毛のお手入れ効果が実感しやすいでしょう。

ムダ毛の自己処理は様々な問題を引き起こします

毛抜きやカミソリ、除毛クリーム等を使用した自己処理は、簡単に綺麗な肌を手に入れることができるので、人気な方法です。一方で、それによる肌トラブルが気になることもありますよね。例えば、毛抜きは毛根が付いたままのムダ毛を引き抜いてしまうので、毛穴が開いたままになります。毛抜きを繰り返し使用することによって毛穴は開きっぱなしとなり、ポロポロの肌になる可能性があります。また、肌に直接刃を当てるカミソリは、毎回皮膚の表面を削り取っていることになります。除毛クリームも、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因となりうるのです。

除毛クリームを利用する

最近のすね毛の処理には、簡単に扱える便利さからクリームを利用する方が多いようです。除毛クリームに含まれる成分には毛を溶かす効果があり、短時間で無理なくすね毛処理ができるためです。使い方は、除毛したい箇所に直接クリームを塗っていきます。ただ、この方法だと肌が弱い方が利用できないという心配があります。しかし、その心配は必要ありません。敏感肌の方でも利用できる商品が発売されています。化粧品やボディソープの刺激で反応してしまうような方でも安心して使える商品です。さらに、処理後の見た目を特に気にされる方にも肌をきれいに整えることができるクリームはおススメです。

初めての除毛クリーム(脱毛クリーム)を使う前には、必ずパッチテストを

特に肌が敏感でなくても、体調によってかゆみや赤みが出ることがあります。パッチテストの際には、二の腕など、腕の肌が柔らかい部分に少量のクリーム(10円玉大)を塗布します。その後に24時間放置して、皮膚の反応を見ましょう。かぶれや発疹などの異常が見られなければ、活用に支障はありません。それでも心配な場合は、敏感肌用の製品を選ぶのがより安心でオススメです。

ご自身の肌質に合ったものを

冒頭でもお伝えしたように、脱毛クリーム(除毛クリーム)は毛そのものを溶かしてムダ毛処理を行うものです。毛を溶かすために使用された化学薬品は、毛のみならずあなたの肌にダメージも与えます。肌質の弱い方はこの化学薬品の影響によって肌荒れなどのトラブルを招くこともあります。そのため、特に自分が敏感肌だと日頃から感じている方は、脱毛クリーム(除毛クリーム)を選ぶ際には敏感肌用を選ぶなど十分な注意が必要ですね。

メリットもある

しかし、欠点ばかりではありません。毛抜きを活用してワキ毛をなくすことにはメリットがあります。脱毛サイクルが遅くなるため脇汗が出にくくなる、自分で綺麗に処理ができた達成感などです。毛抜きで毛を抜くことは絶対にNGというわけではありませんが、雑菌が入り込まないように終了後は必ず冷水で脇の毛穴を濡らすようにしましょう。脇の下を清潔に保っていれば毛抜きを使っても害はありません。それでもワキを清潔に保ちたい、肌トラブルの心配をせずにワキ毛を処理したいという人におすすめなのが脱毛サロンでの脱毛です。最近はキャンペーン価格などで、脱毛クリニックは比較的リーズナブルに利用できるようになりましたので、ワキの脱毛施術はぜひおすすめです。
エステ脱毛に抵抗はありませんか?敏感肌のためのエステ脱毛は、肌に優しく、専門家が行うので、安心・安全です。Vラインは下着やタオルを巻いた状態でベッドに横になって行い、Iラインは下着やタオルを少しずつずらしながら調節して行います。ですが、やはり見られることに恥ずかしさを感じる人もいると思います。そこで今回は、Oラインを処理するために、脱毛エステに代わる方法を模索しました。

美容成分がたくさん

美肌づくりに欠かせない美容成分は、アットベリーの化粧品にふんだんに含まれています。コラーゲン、セラミド、トレハロース、ヒアルロン酸、エラスチン、プラセンタエキス、フラボノイドなどが保湿成分として配合されています。ワキ専用のジェルでありながら、美容液としての実力は格別。そのため、顔にも使用できると言われるほど高い評価を得ています。アットベリージェルには、たくさんの美容成分が含まれていることはもちろん、コラーゲンやオリゴヒアルロン酸など、「ナノサイズ」の美容成分が含まれています。そのため、そうした有効成分は、角質層(肌の表皮)まで浸透する力を持っています。また、高分子ヒアルロン酸に含まれる美容成分は、肌の表面に残り、肌の中の成分や水分が蒸発したり吸収されたりしないようにベールのような役割を果たします。そのため、肌に必要な栄養分や水分をしっかりと保つことができるのです。実は、ワキの下の皮膚は非常に傷つきやすい部分です。そのため、脇の下専門のジェルとして、パラベンや合成香料など、肌に刺激を与える可能性のある成分の使用は避けています。そのため、敏感肌の方にも安心してお使いいただける低刺激性となっています。また、上記の美容成分に加えて、抗菌・抗酸化作用のあるクワエキスと天然ビタミンEを配合。これらは、ワキのニオイの原因となる菌の発生を抑制し、ワキのニオイを抑えるためのものです。アットベリーは、ワキの黒ずみだけでなく、さまざまな肌の状態に活用することができます。膝や肘、腕、お尻などの黒ずみのケアにも活用できるかもしれません。さらに驚くべきことに、体のさまざまな部位にアットベリーを使用し、効果を実感したという口コミが広がっているのです。また、エイジングケアとして、鼻や首にも使用することができます。肌のターンオーバーは28日周期と言われています。そのため、一般的な化粧品のように1~2週間のサンプルセットというものはありません。代わりに60日間の返金保証がついていますが、60日間フルに使ってみて、それでも不満がある場合は返金してもらうことが可能です。つまり、安心して商品を試すことができるのです。これらのことから、アットベリーが有名になったのもうなずけます。つるつるのワキを目指し、夏のおしゃれを存分に楽しむために、ベリーはあなたの強い味方になってくれるはずです。
せっかくワキのムダ毛を全部処理しても、ニオイが気になったら夏を楽しめませんよね。ワキは汗をたくさんかくので、悪臭が強いのです。ワキの汗やニオイが気になって制汗剤を使っている人も多いのでは?制汗剤を選ぶ際も注意が必要です。

「S.S.C方式」について

「S.S.C方式」とは「Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)」の略で、脱毛手法の一つです。
「クリプトンライト」と呼ばれる光と、その光に反応する専用のジェル、「ビーンズジェル」を使用する方式のことを言います。
「S.S.C方式」では、まず「ビーンズジェル」を施術する前に塗ります。
その「ビーンズジェル」に光が反応し、ジェルに含まれる抑毛成分が毛穴に浸透していきます。
そして、その成分が毛根の機能を停止させて脱毛する仕組みとなります。
毛根に直接熱を加えることがないので刺激が少なく、術後の痛みも「I.P.L方式」よりも弱いのが特徴です。す。
「S.S.C方式」は「I.P.L方式」よりも肌へのダメージが少ないのが利点で、デリケートな肌の人にもおすすめです。
脱毛サロンでの脱毛治療の流れです。初めて脱毛サロンに通おうと考えている人は、施術がどのように行われるのか不安になるのも無理はありません。脱毛サロンにより違いは多少ありますが、大まかな流れは以下の通りです。ほとんどのサロンでは事前に毛を剃っておく必要がありますので、予約した日の前日には剃っておきましょう。予約時間の15分前までにはサロンに行きましょう。次に、別室に案内されますので、そこでガウン(またはその他の適切な服装)に着替えます。そして両ワキに多量のジェルを塗布します。その後ジェルにフラッシュ脱毛器の光を照射します。両ワキなら3分以内で終わります。仕上げにジェルを拭き取り、冷たい布や保冷剤で患部を数分冷やします。単にワキを脱毛するだけなら、服を着替えて次回の予約を取るまで30分程度で済みます。
いかがでしたでしょうか?今回は脱毛サロンでのワキ脱毛の手順や様子について解説しました。脱毛サロンで受けられる主な脱毛の種類2種類と、施術方法についてご紹介しました。簡単なワキ脱毛であれば、たった30分程度で施術が終わるので、時間がない人でも気軽にできます。また少し痛みを感じますが効果を早く実感したい人には「I.P.L方式」、少し時間はかかりますが痛みを感じたくない人や敏感肌の人には「S.S.C方式」など、自分のコンディションにあった施術方法を選ぶ事ができます。今まで脱毛サロンに通うことに少し不安があったかもしれませんが、もうこれで不安が取り除かれたのではありませんか?あなたも脱毛サロンで楽にワキのムダ毛を処理してみませんか?
自己処理ではなかなかキレイにできない脇のケア。どう処理していいかわからず大手のサロンでお手入れを考える女性も多いかと思います。でもサロンに行くその前に知っておいた方がいい脇脱毛の必須情報があります。まとめましたのでご覧ください。

S.C.S方式とは

スムース・スキン・コントロールと呼ばれる方式のことで、イタリアの有名な医療会社が考案した除毛法です。
毛根やバルジ領域などに直接作用する他の除毛法とは異なり、ビーンジェルという特殊なジェルにクリプトンライトを照射することで、制毛・抑毛効果のある有効成分が生成され、この有効成分を毛穴から浸透させることで毛根の活動を抑えるという仕組みになっています。
クリプトンライトから発せられる熱や光はジェルに吸収されるため、痛みがなく刺激も少ないため、デリケートゾーンや敏感肌の方でも安心して施術することができ、産毛や太い毛などを問わず広い範囲に施術することが出来るという点がメリットになります。
全身脱毛の施術について説明します。脱毛サロンの全身脱毛には、全身の部位を同時に施術する方法と、全身を部分的に分けて施術する方法の2種類があります。個人の好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができます。では、サロン脱毛の施術のおおまかな流れについて見てみましょう。予約時間までに受付を済ませます。次に個室へ通されたら、服と下着を脱いで用意されているガウン(タオル)に着替えます。(VIOの施術がない日は下着を着けてもOKです。)そして施術部分にジェルを塗り、脱毛機器の光を照射していきます。姿勢などはスタッフの指示に従ってください。最後に脱毛した部分のジェルを拭き取り、冷たいタオルや保冷剤などで冷やして終了です。施術がすべて終わったら、服を着替えて次回の予約をお取りください。

脱毛をする前の約束「脱毛前の約束事 」について

専用の機械の光が誤って生えた部分のムダ毛に反応してしまわないように、
しっかりと毛を剃っておいてください。余程のことがない限り、剃り残しがあってもサロン側で対応してくれる場合がほとんどですが、それでも最悪の場合、施術を断られることもありますので、ご注意ください。
ムダ毛をなくして綺麗な肌にしたい願望を持っている方のうち、アトピーや敏感肌の方にとっては、脱毛によって肌へダメージを受けたり、肌の環境悪化を招いたりすることが懸念されます。脱毛が可能か否か、サロンで必要となるケアのこと、また、サロンの選び方についてお伝えしたいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました