わき毛の脱毛で気をつけることとは?

濃いすね毛にお悩みの方に試していただきたいこと

ローションを使ってみる方法があります。この方法でしたらご自分で手軽にお試しいただけます。最近では、ムダ毛を薄くする効果が期待できるローションも販売されています。このローションは、大豆イソフラボンの力を利用したもので、使っているうちにムダ毛が薄くなるというものです。足のムダ毛処理を行った後のアフターケアとしても使えますので、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。
わき毛には、空気の流れを妨げたり、臭いを発生させたりすることがあります。もちろん肌を外部の刺激から守る役割もあるので一概に敵とは言えませんが、濃いわき毛が悩みの種となっている人が多いのも事実です。では、ワキ毛の濃さを抑えるには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、特に食べ物でワキ毛を薄くするアプローチに重点を置いてお届けしたいと思います。

わき毛を薄くする方法とは?

ワキ毛を薄くする方法といえば、脱毛や除毛が真っ先に思い浮かぶという方も多いのではないでしょうか。しかし自分で脱毛や除毛を行うことは肌トラブルが発生する可能性が高いので、専門家に診てもらうことをおすすめします。他にはどんな方法があるでしょうか?実は、ある食べ物を摂取するとわき毛が薄くなるということがわかったんです。食べ物とわき毛、一見何の関係もなさそうですよね。

ワキ毛を薄くするための食べ物はあるのでしょうか

さて、ここからは本題の「ワキ毛を減らす効果が期待できる食べ物」について見ていきましょう。
そもそも、人間の体毛の濃さや薄さには、ホルモンが影響しています。男性ホルモンが多いと体毛は濃くなり、女性ホルモンが多いと体毛は薄くなるというのが通説です。ですから、女性ホルモンの分泌を促す食事が、わき毛を薄くする食べ物なのです。女性ホルモンに作用する食事としては、イソフラボンを多く含む大豆が有名です。その他、豆乳や納豆など大豆由来の食品も、脇毛の成長を抑える効果があるとされています。

効果が出るまでどのくらいかかるの?

副作用のリスクはありますか?わき毛を薄くするという点では、イソフラボンが豊富な大豆や大豆関連の食事はどの程度効果があるのでしょうか?一言で言ってしまうと、かなり長いスパンでの変化となります。だって、今日大豆を食べて、明日わき毛が薄くなるなんて、怖いですもんね……。このように、食べ物を積極的に摂取して体内環境を変化させる方法は、1日や2日ではなく、数カ月、数年単位で持続します。しかし、そのような長期間にわたって大豆を摂取することで副作用が出てしまっては元も子もありません。

大豆を食べ過ぎてしまうと体に副作用が出る?

イソフラボンは摂取後すぐに体外に排出されるので、それによる副作用はありません。なので、安心して食べられます。いかがでしたか?今回はわき毛を薄くする方法や食べ物について調べてみました。注目の大豆を、早速取り入れてみましょう!
ムダ毛を処理するためにサロンに通う人が多くなっています。しかしある調査によると、エステサロンで脱毛した人のうち仕上がりに満足しているのは半数程度という調査結果も出ています。そんなエステサロンでの脱毛に満足できない人たちが注目しているのが、自宅でできる光脱毛器「ケノン(ケノン)」です。なぜ多くの人がケノンを支持しているのか、その理由を探ってみましょう。

わき毛脱毛を目的としたサロン通いは継続しないと効果がありません

1回目の施術後、おおよそ1週間から2週間で大量に毛が抜け落ちます。しかし毛には毛周期というものがあり、ここでは表面的、すなわち皮膚上に生えている毛が抜けているだけなのです。ですから皮膚の下にある毛にも脱毛施術が必要です。

ムダ毛の正しい抜き方

メリット、デメリットのあるムダ毛の処理ですが、正しいやり方は案外知られていません。今回は、美容のプロが勧めるムダ毛の処理方法をご紹介します。まずは、処理を行いたい箇所をホットタオルなどで温め、毛穴が開いた状態にします。次に毛の流れを確認し、流れの方向に沿ってムダ毛を抜きます。不要な毛を抜き終えたら、冷やしたタオルで毛を抜いた箇所を十分に冷やします。そうすることで、開いた毛穴が閉じます。最後は化粧水や乳液でたっぷりと保湿をします。アフターケアをしっかり行うことで、肌の負担を軽減することができます。以上が、正しいムダ毛の処理方法です。
いかがでしたか?ムダ毛に悩む女性の、毛抜きによるムダ毛ケア。これは肌トラブルの元になる可能性があります。ホットタオル、冷やしたオルでのアフターケアを入念に行って正しいお肌のお手入れを行ってくださいね。
わき毛の自己処理をする時、せっけんを使っても大丈夫なのか、それともよくないのか、気になるところです。では、わき毛の自己処理にせっけんを使うのは問題ないのか、それとも避けた方がよいのか、2点に分けて解説していきます。
ワキ毛の自己処理をする際、いきなりカミソリを当てると、肌の角質層を傷つけてしまう恐れがあります。カミソリを当てる部分にせっけんやボディーソープなどを使うとスムーズに剃れ、脱毛ローションを使わなくてもキレイに処理できます。一方で、ワキ毛を自己処理するのはおすすめしないという意見もあります。ワキ毛を自己処理するのは確かに誰にでも簡単にできるのですが、正しい知識がないと石鹸を泡だてすぎてしまったり、色々な方向に剃ったりしてしまいます。これでは、皮膚を傷つけて、出血までしてしまいます。また、せっかくワキ毛の処理をしたのにワキの黒ずみが目立つようになることもあります。そして、日頃からワキ毛の自己処理をしている肌には、せっけんやボディソープは洗浄力が強すぎて油分を多くとってしまうため、当然、乾燥や肌荒れの原因にもつながります。やはり、ワキ毛の自己処理にはせっけんを使わない方が良いでしょう。
肌を露出するファッションが楽しい季節になると、大切になってくるのがわきの下のお手入れですよね。わきの下のムダ毛をカミソリなどで剃る人は多い様ですが、そのムダ毛処理が皮膚の黒ずみを引き起こしているかもしれないということはご存知でしょうか。ここでは、わきのムダ毛を剃ることで黒ずんでしまう理由を簡単にご説明します。

わき毛の自己処理後には必ず保湿ケアがおすすめ

カミソリやピンセット、除毛クリームなどの自己処理での脱毛は、手軽な反面わき毛処理するだけではなく肌の表皮までも傷つけてしまいます。
一般的に手足などの皮膚よりも、特にデリケートと言われているのが脇の皮膚です。
身体のほかの肌よりも傷つきやすいうえ、繰り返し自己処理をした肌には深刻なダメージが残ってしまいます。
これを保湿もせずにそのまま放置してしまうと、皮下にあるメラニンが傷つけられ刺激を受けた肌に集中し、黒ずみの原因となってしまいます。
深剃りなどの無理な処理は絶対に避けて、正しい自己処理を行いましょう。
また、わき毛の処理をした後は、保冷剤や冷やした濡れタオルなどを使って肌を冷却してから、化粧水などで保湿すると良いでしょう。

きれいなお肌を保つために、保湿はとても重要

効果的な保湿は、お顔に化粧水を塗って蒸発する前に、両手でお顔をやさしく包み込み、化粧水を浸透させます。化粧水がお肌から逃げてしまう前に、塗った直後に乳液や保湿バームを塗ることで、潤いのあるお肌が保てます。忘れがちですが、わきの下のお手入れ後も、同様の保湿を行うことで、黒ずみが予防できます。
なぜ、わき毛が濃い人と薄い人がいるのでしょうか?その違いはいったい何なのでしょうか?ワキ毛を処理しなければならないのは面倒なことですよね。ワキ毛が濃い人もいれば、薄い人もいる。ワキ毛や体毛が濃い人と薄い人の違いは何なのでしょうか?体毛の濃さに影響する要素をまとめてみました。

わき毛が濃いことの原因について

先天性の体質由来のため解決が不可能なこととしてホルモンと遺伝があります。ホルモンについて、男性ホルモンに含まれるテストロンには毛を濃くする作用があり、男性ホルモンが多く分泌される人はわき毛が濃くなる傾向にあります。遺伝について、親のわき毛が濃いと子供も濃くなることがあります。

わき毛が濃い原因と、わき毛を処理するためにできること

過剰体毛とストレスには関係があるという研究結果があります。これは、ストレスにより男性ホルモンが増加し毛が濃くなってしまうことが原因です。過度なストレスは自律神経を乱し、ホルモンバランスを乱すことが分かっています。その結果、男性ホルモンの分泌量が増え、体毛は濃くなり、ワキ毛も自然に濃くなるのです。遺伝や生まれつきのホルモン分泌量はコントロールすることができませんが、ストレスが体毛を濃くする原因であれば、なるべくストレスを溜めないようにし、こまめに発散することで対処できる可能性があります。

医薬品には、わき毛や体毛が濃くなる副作用があるものも

例えば、皮膚の病気をステロイドで治療した場合、副作用として多毛症、つまり体毛が濃くなる可能性があります。例えば、アトピー性皮膚炎の患者さんがステロイドを常用すると、症状の出ている部分の毛が濃くなることがあります。また、飲み薬としてステロイドを使用する場合には、全身的に多毛症となる場合もあります。ただし、これは薬の副作用であり、薬の服用を中止すれば元に戻ります。
脱毛クリーム(除毛クリーム)は、自宅で簡単に脇毛をなくすことができる方法の一つです。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、カミソリのように肌に摩擦が生じないため、剃るだけの処理よりもきれいな仕上がりになります。でも、使い方がよくわからない…。そんな方のために、脱毛クリーム(除毛クリーム)の効果的な活用法をご紹介します。

自分の毛量や毛質に適したクリームを選びましょう

脱毛クリーム(除毛クリーム)には毛量が多い人や毛が太い人向けのもの、毛量が少ない人や毛が細い人向けのものなどさまざまなものがあります。自分の毛の状態を把握し、最適な脱毛クリーム(除毛クリーム)を選ぶことが大切です。以上がわき毛処理をおこなうときの脱毛クリーム(除毛クリーム)の選ぶポイントです。こうすることで、自分に合った脱毛クリーム(除毛クリーム)を見つけることができ、安全で効果的なわき毛処理ができるようになります。
お風呂に入って身体を洗うついでにそのままわきの処理を行っている人はかなり多いと思います。実は、その習慣には多くのリスクが潜んでいるということを知っていますか?そこで、入浴中のわき毛処理がおすすめ出来ない理由をリストアップしてみました。コレを読んできれいな仕上がりと肌に優しいムダ毛処理の両方を手に入れましょう。

お風呂でわき毛の処理をするのがNGと言われるのは何故

入浴時にわき毛の処理をお風呂場で済ますという人は多くいると思います。しかし、お肌のダメージを考慮するとお風呂場でわき毛処理を行うのは避けた方が良いとされます。入浴により体が温まると毛穴が開いていきます。この状態でカミソリを使用しわき毛を処理すると開いた毛穴をキズつけてしまうのです。また入浴により、肌の表面がふやけて柔らかくなっている状態でカミソリを使用することで肌の表面を傷つけてしまう恐れもあります。ムダ毛処理の後にヒリヒリしてしまういわゆるカミソリ負けが最も起こりやすいのは、入浴時に処理をした時なのです。

ワキ毛の処理は寝る前が理想的

この時間帯が、最も肌へのダメージは少なくて済みます。肌がきちんと乾いて常温に戻っていると毛穴が閉じた状態になるので、カミソリ負けを起こしにくくなります。処理した後は乳液、クリームをつけてから就寝するようにしましょう。そうすることで、わき毛の処理のダメージを一晩で回復させることが可能になります。さらに睡眠中は、毛が伸びるスピードが起きている時より遅いので、寝る前にしっかりとわき毛の処理を行えば朝はそのまま外出することが可能になります。

紫外線ダメージの回避も

就寝前がわき毛の処理におすすめな理由として、紫外線浴びないようにするためです。ムダ毛処理を行ったあとの肌は紫外線に非常に弱く、カミソリ処理後に出来る黒ずみは紫外線を浴びるとさらに悪化してしまいます。就寝前にムダ毛の処理を行なうことで、弱った肌を紫外線にさらすリスクがなくなるわけです。
みなさん、大変な思いをしてムダ毛を処理しておられることと思います。なかでも腋毛は、毛が太いことと、敏感な部位にあることから、処理するのがいっそう大変です。その大変な処理を、毛抜きによって行っている方も少なくないかもしれません。しかし、腋毛を毛抜きで抜く、というのは、けっこうな危険性をともなう行為なのです。

わき毛処理に毛抜きを使った時のデメリット

肌が荒れたり、肌が傷付いたりする事などが考えられます。体の中でも脇の部分は、特に皮膚が薄くデリケートな部分です。沢山の神経も集まっている部分でもあり、毛抜きで抜いたりすると、皮膚が一緒に引っ張られてしまう事もある為、傷付いたり、毛穴の上に引っ張られた皮膚が被さり、鳥肌状態になったり、皮膚の下で毛が育ってしまい埋没毛になったりします。その上、皮膚が炎症を起こすと、脇が黒ずんだりや赤みを帯びたりしてしまう事も考えられます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました