なぜ、ワキ脱毛後の保湿が重要なのでしょうか?

自己処理でも脱毛サロンでの施術でも、ワキ脱毛後のアフターケアとして保湿は欠かせません。ここでは、ワキ脱毛後の保湿ケアが重要である理由とその方法についてご紹介します。健康な肌を保つためにもぜひ参考にしてみてください。

わき毛の自己処理後には必ず保湿ケアがおすすめ

カミソリやピンセット、除毛クリームなどの自己処理での脱毛は、手軽な反面わき毛処理するだけではなく肌の表皮までも傷つけてしまいます。
一般的に手足などの皮膚よりも、特にデリケートと言われているのが脇の皮膚です。
身体のほかの肌よりも傷つきやすいうえ、繰り返し自己処理をした肌には深刻なダメージが残ってしまいます。
これを保湿もせずにそのまま放置してしまうと、皮下にあるメラニンが傷つけられ刺激を受けた肌に集中し、黒ずみの原因となってしまいます。
深剃りなどの無理な処理は絶対に避けて、正しい自己処理を行いましょう。
また、わき毛の処理をした後は、保冷剤や冷やした濡れタオルなどを使って肌を冷却してから、化粧水などで保湿すると良いでしょう。

脱毛サロンでの施術後は、保湿ケアが大切

脱毛サロンでの脱毛は、レーザー脱毛などでムダ毛を焼いて処理するため、夏の日焼けのような影響を肌に与えます。この日焼けを放置しておくと、肌の黒ずみの原因となってしまいます。脱毛後も白さと綺麗さを維持するためには、保湿をしっかりと行うのが良いでしょう。脱毛クリニックでもある程度は保湿をしてくれますが、自分でも自宅でのシャワー後や洗顔後などに保湿をして、肌の健康を保つようにしましょう。

きれいなお肌を保つために、保湿はとても重要

効果的な保湿は、お顔に化粧水を塗って蒸発する前に、両手でお顔をやさしく包み込み、化粧水を浸透させます。化粧水がお肌から逃げてしまう前に、塗った直後に乳液や保湿バームを塗ることで、潤いのあるお肌が保てます。忘れがちですが、わきの下のお手入れ後も、同様の保湿を行うことで、黒ずみが予防できます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました