すね毛を家庭用脱毛器でセルフケアすることのメリットとデメリットについて

足のムダ毛はこまめに処理しておきたい箇所ですよね。濃いすね毛のセルフケアの方法として、家庭用脱毛器を使う人も増えているようです。
家庭用脱毛器なら、自分の好きな時間に処理できるというメリットもあります。
そこで、すね毛を家庭用脱毛器でセルフケアすることのメリットとデメリットについて、まとめてみました。

家庭用脱毛器のメリットに注目

家庭用脱毛器には様々なメリットがありますが、中でも注目すべきは「いつでも脱毛できる」という点です。サロンに通う際の脱毛は、忙しい人にとっては時間的に厳しいときもあります。しかも、サロンは何十万円もかかるかもしれませんが、家庭用脱毛器は長く使うことができ、サロンと同じような効果が期待できます。ワキ毛、腕毛、すね毛などの気になる部位に、数週間にわけて活用することにより、毛が薄くなっていくのを実感でき、継続して行えます。また、家族で共有することもできるため、コストパフォーマンスも抜群です。

家庭用脱毛器には欠点も多い

メリットはいくつかありますが、サロンにある機器よりも弱く作られていたり、すぐに毛を抜くことができなかったりします。また、自分で手の届かない部分や見えない部分は、家族や友人にお願いするしかないのが不便ですね。サロンに通う必要はありませんが、毛の周期をある程度自分で考えて脱毛しなければならないので、自分で計画を立てて実行する形になります。また、素人が脱毛をしているので、肌トラブルが発生しても対処できないことがデメリットとして挙げられます。

脱毛器を使用してすね毛を処理することにはいくつかのメリットが

。濃くないすね毛であっても剃刀で処理し続けると断面が広がり目立つようになります。しかし家庭用脱毛器を使用し処理することで毛を少しずつ薄くしていくことが可能です。すね毛は毛が太くないため、脱毛をする際の痛みもあまり感じずに行うことができます。私自身も使用しているオススメの家庭用脱毛器、ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器で照射範囲が広く、他の脱毛器よりも使用時間が短くて済みます。濃いすね毛にお悩みの男性にもオススメです。”

すね毛を脱毛するデメリット

一般的に男性のすね毛は女性に比べて濃いと言われています。個人差はありますが、男性の濃いすね毛は家庭用脱毛器で処理することが難しいことが多いです。また脱毛前に一度剃らなくてはならないため、生えてくるまでのチクチク感が気になる方も多いです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました