すね毛の脱毛で気をつけることとは?

すね毛が濃くて悩んでいる方も多いのでは

このお悩みの改善方法として「食事に大豆製品を取り入れること」「ストレスを減らすこと」がおすすめです。その理由としまして、一般的に、ホルモンの分泌量は毛の密度に影響を与えます。女性ホルモンが多いと、ムダ毛が細くなり髪の量が増え、男性ホルモンが多いとその逆になります。そのため、すね毛が多いという方は、体内の男性ホルモンが増えている可能性があります。ストレス発散と健康習慣を普段の生活に少しだけ取り入れてみましょう。

体毛が濃くて悩んでいる方にお薦めの食材

女性ホルモンの分泌を促すような食品をうまく食事に取り入れれば毛が薄くなると言われています。すね毛などを薄くしたい人は試してみるとよいかもしれません。特に、大豆製品などは女性ホルモンの分泌を助けてくれます。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が男性ホルモンの働きを抑え、ムダ毛の成長を抑制してくれます。そのため、食事に、納豆や豆腐、煮豆や豆乳などを取り入れることにより体質が変化していきます。また、サプリ等で大豆イソフラボンを摂取する場合は、1日30mg程度にしておきましょう。それ以上を摂取すると過剰摂取となり、体に悪影響を及ぼしかねません。食材として、大豆を使用したものを食べる分にはいくら食べても問題はありません。大豆に、イソフラボンの過度の吸収を抑える成分が含まれているからです。

ストレスとすね毛の関係について

もしすね毛を薄くしたいと悩んでいる方がいたら、ぜひ日頃のストレス度を見直してみましょう。ストレスを減らし、ホルモンバランスを整えることで、男性ホルモン優位の状況を解消することができます。他にもストレスをためると、男性ホルモン優位になることから毛が濃くなるだけではなく、肌が荒れたり、ニキビなどの他の美容的な問題も引き起こします。それぞれ、自分に合ったストレス解消法を見つけながら、すね毛の解消に役立ててみてはいかがでしょうか。個人的なストレス解消のオススメは、カラオケで大声を出して熱唱することです。日頃の鬱憤も晴らせてスッキリしますし、日常から離れて歌の世界に没頭することもよい効果をもたらします。

濃いすね毛にお悩みの方に試していただきたいこと

ローションを使ってみる方法があります。この方法でしたらご自分で手軽にお試しいただけます。最近では、ムダ毛を薄くする効果が期待できるローションも販売されています。このローションは、大豆イソフラボンの力を利用したもので、使っているうちにムダ毛が薄くなるというものです。足のムダ毛処理を行った後のアフターケアとしても使えますので、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。
わき毛には、空気の流れを妨げたり、臭いを発生させたりすることがあります。もちろん肌を外部の刺激から守る役割もあるので一概に敵とは言えませんが、濃いわき毛が悩みの種となっている人が多いのも事実です。では、ワキ毛の濃さを抑えるには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、特に食べ物でワキ毛を薄くするアプローチに重点を置いてお届けしたいと思います。

ピンセットのデメリット

脱毛サロンに通おうと思った時、もしピンセットで自己処理していると分かった場合、お店から断られる事があります。
なぜなら、脱毛の施術中にピンセットでワキ毛の自己処理をしてしまうと、脱毛の効果がなくなってしまう可能性があるからです。
さらに、ピンセットでの自己処理は雑菌が繁殖し、感染症に繋がるケースもあります。その為、ピンセットでの自己処理は禁止されています。
脚は年間を通して露出することが多い部分なので、いつもムダ毛を処理しておきたいです。すね毛が濃い人にとっては深刻な問題ですが、自宅でムダ毛を自己処理するとき、どのような方法があるのでしょうか。自宅でのすね毛の自己処理について、オススメの方法をまとめました。

除毛クリームを利用する

最近のすね毛の処理には、簡単に扱える便利さからクリームを利用する方が多いようです。除毛クリームに含まれる成分には毛を溶かす効果があり、短時間で無理なくすね毛処理ができるためです。使い方は、除毛したい箇所に直接クリームを塗っていきます。ただ、この方法だと肌が弱い方が利用できないという心配があります。しかし、その心配は必要ありません。敏感肌の方でも利用できる商品が発売されています。化粧品やボディソープの刺激で反応してしまうような方でも安心して使える商品です。さらに、処理後の見た目を特に気にされる方にも肌をきれいに整えることができるクリームはおススメです。

カミソリを利用する方法

すね毛が気になったものの処理する時間がない、そんなときはカミソリを使うのがいいでしょう。カミソリは毛量や毛質を問わず使えるので、すね毛が濃い人におすすめです。太くて処理しづらい毛もカミソリの刃を使えば、素早く処理できるので、時間がないときも簡単におこなえます。またカミソリを使う方法は費用を抑えることができます。金銭的な負担を減らしたいときでも、カミソリとボディーソープだけでお金をかけずにすね毛を処理できます。

プロに任せることも考えて

すね毛を自分で一時的に処理しても、時間が経つと再生してしまいます。そのような場合、経験豊富な専門サロンで専用の機器を使って脱毛してもらうことで、再発を防ぐことができます。施術後は自分で処理することは不要になります。専門サロンで使用されている機器は、毛根の働きを抑制する効果が高いので、繰り返し施術を受けることで毛が生えにくくなり、肌の状態を良好に保つためのサポートもしてくれます。
脚のムダ毛の自己処理といえば、カミソリを使う方が大多数でしょう。カミソリですね毛をカットするのは、最も手軽で便利な自己処理方法ですが、いくつかのデメリットもあります。ここでは、すね毛をカミソリで剃ることのメリットとデメリットをまとめています。

すね毛をカミソリで剃ることのメリットについて

すね毛をカミソリで剃るという方法のメリットは、第一に費用がかからないことです。
除毛クリームは繰り返し使わないと効果が感じられませんし、毎回クリーム購入する必要があり、コストがかかります。
電動シェーバーについても、1万円以上するものもありますので、金に余裕がないときなど、カミソリで剃るのが最も手軽で安価だといえます。
第二のメリットは、カミソリですね毛を剃る場合、自分の好きなタイミングで処理できると言うことです。
電動シェーバーは使いたい時に充電をしておかないといけませんし、除毛クリームや脱毛クリームは使用後に洗い落とさなければならない為、お風呂のタイミングで使わないと不便です。
カミソリは思い立ったときに手軽に処理できるので、忙しいワーキングママや子育て中のママには大助かりです。

カミソリですね毛を剃ることにはデメリットが

カミソリを使用してすね毛を剃ると、毛を剃るのと同時にお肌も一緒に削ってしまうことになります。その結果、カミソリで毛を剃る度にお肌を傷つけてしまうことに繋がるのです。毛を剃りやすくするために、クリームをやボディーソープの泡を使用してお肌の保護をしないと、毛が剃りにくいというのもカミソリを使用する際の面倒な点の1つになりますね。また、肌を削っているということは、皮膚が乾燥してしまったり、剃ったあとの保湿をしっかりしないと痒みや皮膚の身がでてしまうデメリットもあるのです。さらにカミソリを使用する場合、誤って肌を切ってしまい、傷をつけてしまうという危険性もあります。

すね毛をカミソリで剃る行為は肌にとって良い事?

カミソリで事故処理をする事は肌に良くないと脱毛サロンでは言われます。理由として乾燥肌になってしまったり、肌が弱い人の場合カミソリ負けをしてしまう事もある為、電動のシェーバーで処理をする方が肌には良いそうです。万が一カミソリでの処理しか手段がない場合は、剃った後に保湿クリームを塗ったり、ローションで保湿をするなどして肌のケアをしましょう。また、肌が赤くなったり痒くなったりした場合は、冷たいタオルで冷やすと良いでしょう。
濃いすね毛の自己処理方法として毛抜きで抜くという方法のメリットは、仕上がりがきれいになることです。逆にデメリットとしてリスクが高く危険な方法でもあるので注意が必要です。すね毛を毛抜きで抜くことのメリットとデメリットについて、ご説明させて頂きました。

痛みが強い

足のムダ毛を処理する際にすね毛を毛抜きで抜くと、抜いた瞬間に痛みが走ります。この痛みと戦いながら頑張ってすね毛を抜いている方も多いでしょう。また、毛を抜いてから時間が経つと、毛穴の部分が赤くなり、ひりひりすることがあります。このような痛みや肌荒れを軽減するポイントとして、お風呂上がりに毛を抜くということをオススメします。お風呂上がりだと毛穴が開いた状態になっていますので、すね毛を抜いたとしてもそれほど痛みを感じることはなく、肌荒れも起こしません。お風呂に入っていなくても、脚に温めた布を当てて毛穴を開くとよいでしょう。

時間はかかりますが、きれいに仕上がる

ピンセットなどですね毛を一本一本抜くのは、他の処理方法よりも時間がかかって忙しい時にはとてもできません。しかし、剃るよりも抜いた方が、見た目の仕上がりや肌触りがツルツルになるので、すね毛を毛抜きで処理するのがクセになっている人は多いのではないでしょうか。細い毛は比較的簡単に抜けますが、太い毛は、毛根がしっかりしていてなかなか抜けなかったり、毛根が毛穴に残ってしまうこともあります。それでも、時間と労力をかけてきれいになるという達成感があるのは事実です。

皮膚に毛が埋もれてしまうことも

これは、すね毛を抜くということを繰り返すうちに、毛が表面にでてこず、皮膚の下で渦を巻いてしまうことがあります。これを「埋没毛」といいます。すね毛を無理矢理抜くことで皮膚を傷つき、かさぶたができてしまします。これが毛穴をふさぎ、毛が皮膚の表面に出てこなくなってしますのです。針などを使って埋没毛を取り出すことも可能ですが、自分でやると皮膚を傷つけてしまう可能性があるので、その場合は専門家にしっかり診てもらうことをおすすめします。
足のムダ毛はこまめに処理しておきたい箇所ですよね。濃いすね毛のセルフケアの方法として、家庭用脱毛器を使う人も増えているようです。
家庭用脱毛器なら、自分の好きな時間に処理できるというメリットもあります。
そこで、すね毛を家庭用脱毛器でセルフケアすることのメリットとデメリットについて、まとめてみました。

家庭用脱毛器のメリットに注目

家庭用脱毛器には様々なメリットがありますが、中でも注目すべきは「いつでも脱毛できる」という点です。サロンに通う際の脱毛は、忙しい人にとっては時間的に厳しいときもあります。しかも、サロンは何十万円もかかるかもしれませんが、家庭用脱毛器は長く使うことができ、サロンと同じような効果が期待できます。ワキ毛、腕毛、すね毛などの気になる部位に、数週間にわけて活用することにより、毛が薄くなっていくのを実感でき、継続して行えます。また、家族で共有することもできるため、コストパフォーマンスも抜群です。

脱毛器を使用してすね毛を処理することにはいくつかのメリットが

。濃くないすね毛であっても剃刀で処理し続けると断面が広がり目立つようになります。しかし家庭用脱毛器を使用し処理することで毛を少しずつ薄くしていくことが可能です。すね毛は毛が太くないため、脱毛をする際の痛みもあまり感じずに行うことができます。私自身も使用しているオススメの家庭用脱毛器、ケノンは、フラッシュタイプの脱毛器で照射範囲が広く、他の脱毛器よりも使用時間が短くて済みます。濃いすね毛にお悩みの男性にもオススメです。

すね毛を脱毛するデメリット

一般的に男性のすね毛は女性に比べて濃いと言われています。個人差はありますが、男性の濃いすね毛は家庭用脱毛器で処理することが難しいことが多いです。また脱毛前に一度剃らなくてはならないため、生えてくるまでのチクチク感が気になる方も多いです。
自己処理でも脱毛サロンでの施術でも、ワキ脱毛後のアフターケアとして保湿は欠かせません。ここでは、ワキ脱毛後の保湿ケアが重要である理由とその方法についてご紹介します。健康な肌を保つためにもぜひ参考にしてみてください。

脱毛サロンには長期間通うことになります

脱毛サロンで施術を受けても、数週間後には毛が生えてきます。これは、休止期から成長期に移行した毛が再生するためです。もちろん、通い続けることで徐々に毛が薄くなり、自己処理の頻度も少なくなっていきます。しかし、部位にもよりますが、自分でムダ毛処理をしなくてすむようになるまでに、最低でも6~12回の施術が必要になります。つまり、2ヶ月に1回の施術なら2年程度、3ヶ月に1回の施術なら3年程度かかるということです。そのため、できる限り早く脱毛サロンに通い始めることをおすすめします。
女性なのに濃いすね毛が生えているとちょっと恥ずかしいと言う気持ちになりませんか?コンプレックスに感じている人も多いと思います。実際に私も濃いすね毛に悩まされていましたので、女性の濃いすね毛を薄くする方法を調べてみました。その方法を皆さんに紹介したいと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました